マイル換算率

むすひ

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

東北  その12(皇祖皇太神宮) 

Posted on  2012/09/11 Tue. 15:53   
ドリンク飲んで一夜明けました。ドリンクの効果はまだ持続しているようで、絶好調~~~(^o^)/
って感じ。栄養がちょっと足りなくなってて、力が湧かなかったのか?それとも、単にエネルギー使いすぎでエネルギー切れだったのか?まっ、どっちにしても体の状態が元に戻っていましたので、やったネ!って感じでニコニコの朝。
男体山の表ルートは、登山口が神社の中にあり、門が6時しか開かないのでこの日の朝はちょっとゆっくり。時間を有効に使うために4時半スタートで行きたかったのですが、仕方ないですね。
6時きっかりスタートできるように神社の駐車場で準備していた時のこと・・・
たまたま駐車場で一緒になったおじさまと話していたのですが、お互いなつっこい性格で「私は登山初心者なんです。2000メートル級の山は初めてでして、ちょっと不安なんです。あなたについて行ってもいいですか?」って頼まれたのです(・_・)え? 初心者の方が私についてくるの?それって、ものすごくペース落として登るってことよね?でも、これも流れ。きっと私も体を労わりながらゆっくり登りなさいってことなのかな?って思いました。そんなわけで、栃木県でもまた、出逢ったばかりの方と一緒に登ることになったのです。茨城県から来てたこのおじさまと6時間半もの間一緒に過ごしたのですが、なかなかおもしろかったです。中国で何年かお仕事をしていたということで、海外生活をして感じたことなども聞くことができ、栃木県に居ながらにして茨城県や中国の話いっぱい聞けました。旅の楽しさはこういうところにありますよね。たまたま知り合った知らない人と交流できいろいろなことを勉強させていただく。本当に有り難いことです。
東北の軸である岩手山・関東の軸である男体山・中部の軸である富士山を繋ぎ、天地のエネルギーを繋ぐお祈りできてよかったです。
そういえば・・・下山途中おさるさんが襲ってきてかなりびっくりしました(*_*)突然、猿が目の前に現れ、通り過ぎるかと思ったら、じっとこちらを睨んでおり、無視してたら通り過ぎたのです。が・・・突然こちらに戻ってきておじさんの足元にへばりつきキバをむき襲いかかってきたのです。でも、おじさまかなり冷静に「餌ないよ」って言って追い払ってしまった(・_・)
人間が餌をやるから、餌ほしさに襲ってくるみたいで。でも、あの勢いで飛びついてくるとちょっとびくりしますね。無事に下山できてよかったです。
 
今回、栃木県男体山は、この東北の旅の流れでは登れなかったはず。どうしても1日足らず、諦めていました。一旦愛知県に帰って仕事や子供のことやいろいろな用事を済ませて、次の週にまた関東に戻るつもりでした。しかし、家族の温かい想いと申し出により(頼んだわけではなかったし、あと1日足りないってことは家族は知りませんでした)そのまま行くことができたのです。思いがけず余分にもう1日いただけたこと本当にありがたく思っています。家族に感謝しています。


さて、これで全て終了としたいところでしたが、時間はまだ13時ぐらいで、時間も体力もまだあまってる。
ということで、神々が呼んで下さってる地に足を運ぶことにしました。次なる地は、福島県と茨城県の県境である皇祖皇太神宮でした。本当なら栃木県に行く前の東北から関東に向かう前に行きたかったのですが(そうのが近くて無駄がないから)夜になってしまい時間的に無理だったので、また東北方面に向かって北上する形になるけど、仕方ありませんでした。皇祖皇太神宮、とっても小さな所ですが、凄い神社ですね。今まで存在も知らなかったのですが「神となった天皇のところに参れ・・・」との神さまからのメッセージを受け、初めて知ることになり、行かなければならない地のひとつとして行くことになりました。

(以下、ホームページから抜粋)

神宮は宇宙開闢の神皇 天地身一大神(あめつちまひとつのおおかみ) (元無極體主王御神(もとふみくらいみぬしおおかみ))から 天御光太陽貴王日大光日大神(あめみひかりおおひなかきおうひおおてるひおおかみ)(またの名メシヤ)までの天神七代、天日豊本葦牙気皇主身光大神天皇(あめひのもとあしかびきみのしみひかりおおかみてんのう)から二十六朝千百六十八代、そして神武朝の現代までの代代の天皇、皇后を合祀したお宮でありまして 皇祖皇太神宮(すみおやすみらおおたましいたまや)と申し上げます。

本来は 天神人祖一神宮(あまつかみくにつかみはじめたましいたまや)と称して 天超根中国の皇城山(あまこしねなかつくにおみじんやま)(元宮が富山市金屋字平奥五六四三番地(呉羽山近く)に建立され、毎年八月大祭が施行されます。)に遷し奉祭されてありましたが、上古第十代 高皇産靈身光天都日嗣天皇(たかみむすびみひかるあまつひつぎすめらみこと)の御代に神勅があって、初代天皇以来千二百九十三代の今上天皇までを合祀し奉る神宮を皇祖皇太神宮、万国の五色人祖祖(いろひとおやかみ)(外国の国王、王妃、民主尊(みっとそん)ら)を祀る神宮を 別祖大神宮(とこおやおおたましいたまや)と改名されたのであります。(内宮外宮のはじまり)

代々の天皇は必ず、皇祖皇太神宮の大前で、自ら祭主となって大祭礼を行いたまい、即位された後、天津高御座(あまつたかみくら)に御せられ、南面し、手には万国棟梁(とうりょう)天皇としてなくてはならぬ神剣 神日本魂剣(かみやまとたましいつるぎ)を執(も)ち、身には天照日神の稜威燦(あまてらすひのかみみいつさん)として十六方に光り輝くさまを現した日輪章(菊型御紋章)をつけたまい、世界万国から集まった尊者民主(みっとそん)の祝賀を受けられました。

天皇が日本国だけの天皇となったのは神武天皇以後のことで、それまでの代代の天皇は一代に一度は必ず万国を巡幸(世界一周)されることを恒例とし天空浮船(あめそらうきふね)に乗って巡幸されながら、万国それぞれの国王、尊者、民主に謁(えつ)を賜り、任命されるなど光明赫灼とした、正に万国の棟梁、世界天皇でした。

神宮には上古第二十四代 天仁仁杵身光天皇(あめのににぎりみひかり)(五世つづく)の御代に懸族四社(護法守天空神、稲荷福主王神、赤池白竜神、五色商運神)をはじめ九十七狐王の魂も妃られました。

また、不合朝六十九代 神足別豊(かんたるわけとよすき) 天皇の御代にモーゼ、七十代 神心伝物部建(かんこころつとうものべたて)天皇の御代に釈迦、神倭朝初代 神武天皇の御代に老子、第三代安寧天皇の御代に孔子、第六代考安天皇の御代に孟子、第十一代垂仁天皇の御代にキリスト、第三十代欽明天皇の御代にモハメットとそれぞれ来日、参朝し、修業して帰りました。

このように皇祖皇太神宮は、特定の神だけを祀る神社(かみやしろ)ではなく、すべての神々を祀る神宮(たましいたまや)であり、ユダヤ教、道教、儒教、キリスト教、仏教、イスラム教すべてを包括する万教帰一の神宮であります。

神州日本に生きる民族としての誇りを堅持し、世界の五色人もまた皇孫であるとの秘史の教えにしたがい、祖宗を祀り、世界の平和と繁栄のためにつとめることが、神宮を奉斉する私たちの使命です。(抜粋終了)



感じること多き場所です。行かせていただいたこと感謝します。

さて、時間は既に夕方の6時。まだ、もう一ヶ所行きたい地がありました。到着は真夜中の11時ぐらいになりそうでしたが、それでも寄りたい地。今回訪れた全ての地からいただいてきた御神水を神奈川県の江ノ島の神々にお届けしたかったのです。真夜中の江ノ島で、今回の旅の御報告と感謝の祈りをしました。
全てが終り本当にホッとしました。感謝の想いが溢れました。
旅の無事を願いたくさんの方々がお祈りし応援して下さいました。私は、ひとりで事をやっているとは全然思っていません。皆さまの想いや祈りと共に山に登ったと思っています。そして、そのエネルギーが天地に響き神々に通じたと思っています。応援メールや祈りが大きな支えとなり力となりました。応援して下さった方々全て、導いて下さった全ての神々に心から感謝しています。
ありがとうございました。


002_20120911190730.jpg


朝の4時頃愛知県の自宅に到着予定でしたが、途中で力尽き運転不能。サービスエリアでバタンと寝てしまいました。数時間後目覚めたら、目の前に富士山が(^^)どこのサービスエリアなのかもわからずバタンって感じでしたので、起きてみてびっくり。そこは神奈川県と静岡県の県境でくっきりはっきり富士山が見えていて感動。旅の最後はやはり日本一の山、富士山で締めくくりでした。この旅のきっかけとなった神さまからのメッセージは「岩手山と男体山と富士山を繋げ!」でしたからね。


これで、旅の報告はおしまいです。
いつも読んでくださってありがとうございます!

Check

カテゴリ: 東北

[edit]

TB: --    CM: --

« 東北  その11(岩手県から栃木県へ移動  ) «  prev  |  next  » 国常立尊(くにとこたちのみこと) »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん