マイル換算率

むすひ

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

東北  その5 (八甲田山) 

Posted on  2012/08/30 Thu. 18:42   
4つ目の山は青森県の八甲田山。。何コースかあるのですが、だいたい4時間半~6時間のコースです。
毎度のこと岩はゴツゴツですが、比較的短時間で登れる山なので、それほどハードではありません。ただ、草がかなり生い茂っていて行く手を塞いでいるので、かき分けていかなければならない所もあります。草とかでかぶれやすいとか、かき分けて登るなんてヤダ~~~とか言う人は登れませんし、当たり前にへびとかも出てきますので、踏んだらヤダ~~~こわ~~~いって言う人はダメですね。


こんな感じのところ 草をかき分けて進みます
225.jpg


私は八甲田山という山がひとつド~~~ンとあると思っていたのですが、そうではありませんでした。八甲田山に行って初めて知ったのですが、「八甲田山」と名がついた単独峰は存在しないのですね(・_・)八の(たくさんの)甲(たて)状の峰と多くの田代(湿原)があるからだと現地の人に教えていただきました。
ということで、最高峰の八甲田大岳の山頂に登らせていただくことにし、無事お祈り終えて下山。

下山して駐車場に出た途端・・・また なぜかおじさんに話しかけられました(笑)この方、とっても心が純粋で素直で素敵なエネルギーを発しており、すぐに魂部分で共鳴が起こり一緒に居てとても心地よくお話しできました。
俳句を詠むのが趣味のようで、自分の創った俳句を聞いて欲しいみたいで何句か読んで下さいました。
純粋な方だから俳句もとっても純粋なもので感動しました。嬉しそうにお話しされるおじさまでしたが、ほんの少し話したところで、彼は何を思ったのか???「心が苦しいんです。助けて下さい!」と言うではないですか(・_・)
いつものことですが、出逢ってすぐの人がいきなり悩みを打ち明けてくる方が非常に多いのです。初対面なのに、話し出して涙を流す人も多いのです。
まっ いつものことだから、私にとっては珍しいことでもなんでもないのですが。
事情はこんな感じです。
「娘が外国人と結婚して海外に行ってしまい会えない・・・もう3年も会ってないのです・・・寂しいんです・・・人は贅沢な悩みだと言うでしょうが、苦しいんです。生きてるのに会えない。死んでしまってるのならまだ諦めもつく。子供を亡くした人に言わせれれば、生きてるだけで幸せじゃないかというでしょう。それもわかっています。それでも苦しいんです。」と。

人はそれぞれに悩みを抱え苦しい思いをしています。人から見れば、なんでそんなことで悩んでいるの?どうしてそれが悩みなの?と言うかもしれません。執着捨てて一切のことにこだわらなければ全く悩みにも苦しみにもならないのでしょうが、なかなかそこまでになるには時間もかかります。私たちはそれぞれの心の物差しを持ち周りの人たちのことを判断したり理解したりしていますが、この心の物差しが短いと、人のことを深く理解することができないのでしょう。相手の心の痛みや苦しみと同じぐらいの深さわかってあげられるだけの器になりたい・・・海より深く空より広い愛をもって全ての人を包んであげれる人間に成長できるようにもっともっと努力したいと思います。
「ところで・・・どちらからいらっしゃったのですか?」とおじさまに聞くと「愛知県岡崎市です」と。
「え~~~~~~!?私もです!」お互いびっくり。なんと、同じ市に住んでた!(*_*)
「こんなに共鳴し心通う会話ができる方が同じ市に住んでいたなんて!」とおじさま大喜び。「連絡先教えて下さい!また是非お会いしたいです!」と言って下さったのです。嬉しかったです。「写真撮らせて下さい!」とカメラでパチリ。その後も行く先々で、(とんでもなく変な奴だ(笑))と珍しがられ?「写真を撮らせて下さい」」
と何度も頼まれることに。私は日本のあちこちから来た登山客のカメラにいっぱいおさまってしまいました(笑)

この日は600円の温泉でいつもよりちょっとお高い。でも、いい湯でした~
温泉入った後は次なる地へGO! いざ恐山へ(^^)


登っている途中にある沼
217.jpg

八甲田山に登る途中見える硫黄岳。亜高山帯の代表的な樹種であるアオモリトドマツの群林。右側より左側のが木々が少ないのは残雪のためということです。山のいろいろな姿を見せられ自然の凄さや素晴らしさを感じます。
218.jpg

つづく



Check

カテゴリ: 東北

[edit]

TB: --    CM: --

« 東北  その4 (岩木山・十和田湖) «  prev  |  next  » 東北  その6 (恐山の夜) »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん