マイル換算率

むすひ

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

天河の五十鈴 

Posted on  2012/08/08 Wed. 21:11   
昨日、神様からいただいたメッセージ。

『天河神社に参れ。五十鈴を鳴らし、一体となれ』と。

最近は東北と関東に集中して動いていたので、このメッセージにはキョトン(・_・)でした。
なぜ、突然関西から呼ばれるのか?さっぱりわからず・・・でした。

「一体となれ?」・・・意味がわかりませんでした。
何と一体となるのか?どうして五十鈴を振ることで一体となれるのか?
御存知のように、五十鈴というのは三つの鈴がくっついてひとつになっています。
その三というのが何を意味するのか?

『五十鈴を鳴らして神を呼び、、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)の三神と一体となれ。そなたが祈る時、そばにいる。これからの祈りは、この三神が共にする』と返ってきました。

五十鈴の三が魂の進化の状態を現わすということは言われているので知っていたのですが、なぜこの三神と繋がるのに天河の五十鈴を鳴らすのかわからなかったのです。
天河の御祭神でもないのに・・・
友達が調べてくれて初めてわかったのですが、
天河の五十鈴の意味・・・「天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神の三神の働き」とも伝えられているそうです。私のところにきているメッセージと一致しました。
神の系図の一番最初に書かれている造化三神。
この三柱の神々がバックについて下さるということを重く受け止めています。
やっと、ここまで到達した・・・という想いはありますが、やっとゼロ地点に立てた・・・という感じです。ここからがスタートです。全ての神々が力を貸して下さる域まで到達するには、死ぬ程の努力は欠かせないと思っていました。だから、死ぬ思いで動き続けてきました。やっと・・・ここまで来れた!という想いです。でも、この三神がバックについて下さるということは、今までとは比べ物にならないぐらいのレベルで、より自分に厳しくしなければならないと言うことです。もっともっと純粋でなければならない・・・もっともっと愛深き人間にならなければならない・・・動きもまだまだ全く足りない・・・自分磨きを徹底的にしなければなりません。神々に力を貸していただくことに恥ずかしくないような生き方、動き、心でありたいです。まだまだの自分であることを自覚し、新たにゼロからスタートする気持ちです。未熟すぎる自分をしっかり自覚し、神々の応援を無にしないようにしっかりと頑張りたいです。東北に行く前に何が何でも天河神社に行っておきたい。次元の高い神々と一体化した状態で東北で祈れるように、来週急遽、奈良県に足を運ぶことにしました。

地球の立て直し、精一杯頑張るぞぉ~~~~~お~~~~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


050_20120808220617.jpg

Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 再度 江ノ島から «  prev  |  next  » 天河のあたたかな神様 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん