マイル換算率

むすひ

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

白山比咩神社参拝セミナー (石川県・岐阜県) 平成29年7月22日(土)~23日(日) 

Posted on  2017/05/27 Sat. 12:24   
日時  平成29年7月22日(土)~23日(日) 



集合地と集合時間  トランブレーみゆき宅  午前3時 (みゆき宅に前泊も可) 



参拝ルート 

氣多大社➡石浦神社➡石川護国神社➡金澤神社➡兼六園➡ランチ➡水戸明神➡白山比咩神社➡船岡山➡飛騨高山天然温泉 ひだまりの湯泊(^^♪➡袈裟山  千光寺➡飛騨総社➡桜山八幡宮➡古い町並みをブラブラ(^^♪➡日枝神社➡水無神社➡恵那神社➡血洗神社(血統神社)





定員 4名(定員に達しましたので締め切らせていただきます。ありがとうございます。)




参加費  20000円





※遠方からご参加の方は、前日みゆき宅に宿泊も可です。(宿泊希望の方は、その旨をお知らせください)駅へのお迎え時間はまた後日お伝えします。(最寄り駅は、名鉄本宿駅)翌朝の出発は朝3時となります。(宿泊費用は不要。参拝終了後、また愛知県のみゆき宅に宿泊してから翌日帰宅希望の方は、どうぞお泊り下さい。その場合も宿泊費用は不要ですく\(^o^)/)


※お申込されてからのキャンセルについて
数日前は半額、当日は全額のお支払いをお願い致します。



兼六園でのランチ代と入園料、飛騨高山での宿泊料金は参加費に含まれます。



金沢白鳥路ホテル山楽  加賀料理まほろば (⇦ クリック)

金沢の郷土料理”治部煮”ご膳(2800円)をいただきます。



飛騨高山 ひだまりの湯 

源泉かけ流し 天然アルカリ温泉





丹生津の神(菊理姫)

「天照皇大御神」は生命を誕生させるために、太陽に「丹」と「芒種のエネルギー」を練り阿弥生み出させ、太陽の周りの日輪界に留め置き、太陽の光をもろに受け留めさせ、お互いに激しく照り輝き返し合わせ激しく高まり来る熱氣をもって日輪太陽界を熱い田(でん)とされました。この世界を「金剛蔵王界」と言います。そして、生命遺伝子の源となる根を創り出すために、たぎりくる太陽の「真光」を「丹(に)」と「芒種のエネルギー」とで更に激しく反応させて、吸着し合い、渾然一体となって「親光(しんこう)となり、「丹」がなんどきでもどこでも吸収吸着する事が出来る「亢進状態」を創られました。この亢進状態の中で、「丹」が「親光」に導かれて、十一次元界を回転し乗り越えて、宇宙十三次元界の最果てにある宇宙産迂迦の障壁賀に運ばれるのです。そして、そこに集う「生(しょう)」と所為愛(しょいあい=神聖な慈しみ合う愛)によって結ばれ「丹生(にしょう)」となって天王平(てんのうびら=宇宙の子ノ宮)に降り「丹生丹生魂遺伝子(にしょうにゅうこんいでんし)」が誕生して、植物・動物・人間の元姿(霊命)が顕現されました。この「所為愛」が生命界の全ての生氣物に授けられて、生命が尽きることないようにお仕組みになりました。

「不動明王」は、生命を御創造になるこの十三次元の中心にある「日輪太陽界の御神理氣」熱田の神を現わされ、「愛染明王」は、宇宙迂迦の世界で霊命遺伝子が誕生する「菊理(氣繰 き く り・括理 く く り)の御神理氣」を現わされました。

障壁賀は、日輪太陽界から放出された「丹」をお受け留めになり、「丹生丹生魂遺伝子」をうみだされる丹生津(にゅうつ)の世界にあるお目出度い処です。
生命の仕組みを良く御存知の空海さまと繋がりがあった嵯峨天皇の離宮(大覚寺)に、障壁賀が遺されています。また二条城にも在り、徳川将軍が京都にお出でになった時、奥方と寝食を共にされたお部屋に遺されています。



水無神社
 「武内宿禰(たけのうちすくね)」は「位山(くらいやま)」の麓に位無き皇祖皇宗の御霊魂をお祀りする「位無(みなし)神社」を造営なさいました。この地域に住んでいた「飛騨丹生家」は、特に最後まで大和の誇りを持った民族でしたが、神武権力によって大切な大和の歴史消されていく中、所詮かなわぬ身ではあるが、大規模な一揆を起こして立ち上がったのです。しかし、処刑されたり自害された方々が、最後の集会場所とされたのが、この「位無(みなし)神社」でした。そのような中で最後まで抵抗した方々は差別の部落にされました。これより前に、この地を逃れて他に移った人々が「八幡神社」をそれぞれがお祀りして遺されたのが「大八ケ村」だそうです。




袈裟山  千光寺

平安時代となり、仏教が伝来していた事により、丹生家の方はこの仏教を隠れ蓑として僧侶になって弾圧から逃れて、人祖の歴史を密かに隠し遺したので御座いました。(泰澄大師・空海大師)

そのような中で「嵯峨天皇」は、飛騨の「位山」に大丹生家・丹生家の位を剥奪された多くの御霊魂をお祀りする「袈裟山(けさやま)・千光寺」を建立なされました。「袈裟(けさ)」とは僧の位を表し、天皇の皇子の真如親王(しんにょしんのう)を初代のご門跡とされたので御座いました。(真如新王は弘法大師の十弟子のお一人)この千光寺の御本地仏は「十一面千顏千手観音菩薩」とされ、位を召された大丹生家・丹生家の方々の御霊魂処・御霊魂祀りされました。

「十一面千顏千手観音菩薩」は、人祖とその御子三十八名を現す仏さま。






御縁ある参加者様と一緒に時間を過ごすことができること、心から楽しみにしています(^^)


お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)





白山頂上からの眺め
/
2009_09_18_201.jpg
Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

« 竹生島参拝セミナー (滋賀県) 平成29年7月16日(日) «  prev  |  next  » 白山登山奥宮参拝セミナー (石川県・岐阜県) 平成29年8月8日(火) »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん