マイル換算率

むすひ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

元伊勢参拝セミナー (京都) 平成29年4月9日(日) 

Posted on  2017/03/05 Sun. 11:43   
日時  平成29年4月9日(日) 



集合地と集合時間  
トランブレーみゆき宅に前泊(遠方の方)、または当日3時50分集合。 または八坂神社(京都府京都市東山区祇園町北側625番)6時30分集合。(次の地への出発時間である7時20分ぐらいまでに集合というのも可です)




参拝ルート 

① 八坂神社➡ ② 籠神社 (神倭伊波礼毘古尊(神武派)の手に依り、「天記津州」 (あきつしま )のもっとも重要な貴天原真名井原の元伊勢が取り壊されるのを避ける為に、天照派自らが、神武派が認め気に入る神をお祀りする神社を造営されたのが、籠神社です。)➡ ③ 真名井神社(人類の大祖人「初代」伊邪那岐尊様と伊邪那身命様が御降臨 御降誕なさった地.。アマテルカミ尊が「天照皇大御神(アマテラススメラオオミカミ)」をお祀りし、「初代」伊邪那岐尊様と伊邪那身命様を八和幡之大神に合祀し、十種神鳳(とくさしんぽう)「伊勢生成(いせいいなり)の神」としてお祀りされた地です。)➡ ④ 成相寺(日本三景天橋立を眼下に望む景勝地にあります)➡ ⑤ 比沼麻奈為(ひぬまない)神社「動津」 (どうかい)を司る動物の元生産親(もとうみおや)の「皇親(すめらかむつ)」神漏身六根神が御降誕になった地)➡ ⑥ 藤社(ふじこそ)神社「静津」(せいかい)を司る植物の元生産親「皇親」神漏樹六根神(かむろぎろくねのかみ)が御降誕になった地)➡⑦出雲大神宮 ➡19時00分頃 京都駅解散(または、みゆき宅で解散)






定員 4名



参加費  12000円




現在の京都府与謝郡峰山町から元伊勢・天ノ橋立・大丹生・舞鶴・若狭に通じる地域の「天記津州(あきつしま)」(神が定め置かれた生命の免疫所)に、御降臨・御降誕になりました人祖「初代」伊邪那岐尊様の血脈系譜の大丹生家(天皇家)は、日本だけに継承されてきました。生命の元である「丹(に)」の故郷(ふるさと)が「太陽」であり、その生命遺伝子の故郷が、この日本の與謝津(よさかい)「天記津州」の真名井原の丹庭(たにわ)であることから「日出ずる丹ノ本(にのもと)」 日ノ本となりました。

御縁ある方々と一緒に時間を過ごせますこと楽しみにしています(^^)/



お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)




※お申込の際、希望集合地、前泊希望であるかなど明記お願いします。
前泊希望の場合、駅までのお迎え致しますが、詳しい時間などはまた後日お伝えします。(18時以降の予定。最寄り駅は、名鉄本宿駅)翌朝の出発は朝3時50分となります。(みゆき宅での宿泊費用は不要です。参拝終了後京都駅で解散となりますが、また愛知県のトランブレー宅に宿泊してから翌日帰宅希望の方は、ご自由にお泊り下さい。その場合も宿泊費用は不要ですのでご心配なく\(^o^)/)

※成相寺の入山料は参加費に含まれます。

036_20170303142736ae4.jpg
Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

« 伊勢・志摩・鳥羽参拝セミナー(三重県) 平成29年3月20日(月) 春分の日 «  prev  |  next  » お花見 (三輪)  平成29年4月3日(月) »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん