マイル換算率

むすひ

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

茶話会 (神奈川県)  平成28年12月11日(日) 

Posted on  2016/11/18 Fri. 11:40   
日時       平成28年12月11日(日) 13:00~17:00 (受付 12:45~)

会場      神奈川県藤沢市(藤沢駅近く・詳しくはお申込時にお伝えします)
           

参加費     5000円

講師       トランブレーみゆき (Tremblay Miyuki)




この世に生きるのに一応皆さん時間軸を持って生きていると思うのですが、本来時間軸など無くて、過去も現在も未来も今に重なっているわけですから、誰もが常に過去や現在や未来のビジョンなどを見せられたりしていると思います。私も常にいろいろなことがあります。

数日前の出来事をひとつ・・・

長野県の温泉に入っていました。露天風呂の中で、ぼ~~っとしていた時 『あっ やばい!』っていう未来映像がス~~~っと流れました。

露天風呂から出た人がドアのカギをかけて中に入ってしまう映像。『チ~~~ン』です。当然私は外に締め出された状態(-_-;)
まぁいいっか~とのんきに思いながらどうなるか様子を見ていました。

そして・・・
ある方が露天風呂から出て、ドアを開け、中へ入る。ドアが閉まる音の後にもう一度カチャっという音が('_')
あっ やっぱり締めちゃったんだネ~(-_-;)
ドアの所に行って確認すると、やっぱり鍵がかかってた。
数分前に見せられた通りの現実が待っていました。
チャン チャンです。私は裸で外からドアをドンドンってたたき、「あけてくれ~~~~~(#^.^#)」って(笑)

窓の外に裸で立ってドアをドンドンたたく姿に気付いてくれた人がいて、目出度く、露天風呂から脱出\(^o^)/

ドアには、『ドアを閉めてください』とは書いてあるのですが、鍵をしめてくださいとは書いてないのにね~
笑える~  うっかり締めちゃったんだね~って感じ(#^.^#)


未来が予測できるのなら回避できたのに、行動しなかったために現実になってしまった。よくあることです。
露天風呂で締め出されるぐらいの軽いことなら全然OK~なのですが、これが、日本・地球が壊れる級の問題になると、これは絶対回避しなければなりません。現実になっちゃった~ではすまないですよね(-_-;)

ということで、皆の力を合わせて少しでも良き日本・地球にしていくためにこれからも動き続けたいと思っています(^^♪



2008年12月4日の長崎新聞の一部をちょっと載せておきます。


『私たちは「すみません」を連発する。あいさつのように繰り返す。話し かけたり呼びかけるときに「すみませーん」と謝罪するのは国際的にも きわめて珍しいだろう。
この「すむ」は、済む、澄む、住むなどと漢字で使い分けられ、時間的 に「済む」、濁ったものが「澄む」、そして定住して「住む」など、動 いていたものが落ち着くという意味がある。
そしてこの国では「すんでいること」が人生の目標として掲げられる。 つまり清廉潔白で綺麗にすんでいること、すがすがしく潔いことが最高 の規範として共有され、白い雪、掃き清められた庭、澄んだ月の無雑無 難の美が評価され、気持ちを清らかにして、心が透明に澄むことに至高 の価値が認められている。
その否定形である「すまない」「すみません」は、逆に「ご迷惑をおか けして」「ご面倒をおかけして」「お騒がせして」と、自分がなかなか 澄まない、落ち着かない、乱れている、という感覚をとらえている。だ から特別であったり個性的であることですら、おさまりの悪い汚点、落 ち着かない部分として自覚され、事態を不安定にし、濁りを生じてしま ったことを進んで認めて陳謝するのである。
一方、「すまない」をすます方法を「水に流す」とも言うが、われわれ は万事、水によってすますことができると考えてきた。
つまり禊や清め によって「すまない」は処理されてきたのだが、そうして得られるのは 「すっきりする」「心が洗われる」という浄化の体験であった。
しかしながら、何度「すみません」と言っても、簡単にすまされるもの ではない。実際に「すまない」は、文字通りに、すまないのである。 今や、美しい川や海を失い、水や空気が濁って、人々の汚れの処理の方 法として「水に流す」以外のやり方が見出されねばならないのだろう。 「すまない」が簡単にはすまなくなって、これをただかみしめるしかな いところまできてしまったのではないだろうか。ただ「すまない」を連 発するよりも、むしろ「すまない」が簡単にはすまないことをかみしめ ることの方が、本当の謝罪になるのだと思う。     by きたやまおさむ    (抜粋終了)



茶話会では、過去で行ってきた神事や現在取り組んでいる神事について、また神々や人々や様々な事から学ばせていただいたことなどをお話ししたり、神の歴史について触れたり、人としての在り方などについて皆で話す中で、弥勒の世創りについて一緒に考る場としたいと考えています。

私が一方的にお話しするのではなく、皆様の質問・意見などを交えながら参加者様と共に会を進め、集った人全てがお互いに学び合い、楽しく有意義な会としたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。



お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ * ~ * ~* ~ ~* ~
トランブレーみゆき講師の出張による会も承っております。

日本各地からの主催依頼ありがとうございます! 主催される方のお仲間だけでお部屋がいっぱいになる場合はブログでのお知らせをしていませんが、あちこち行かせていただく機会が多くなっています。
これからも 会を日本の各地で開催出来たらと思っています。

《主催にあたって》

その際の『不可条件』

・主旨を御理解頂けない環境であったり、あまりにも波動の悪い環境
・時間的・距離的・金銭的に難しい場合
・政治団体・右 左翼団体・暴力団関係者等の企画
・天候不順等で交通機関が動かない場合

☆主催者様からは参加費はいただきません。そして、主催者様とは茶話会の当日の午前中または次の日か前日、開催地近辺の神社などを一緒に参拝できればと思っています。(主催者様の御都合がつき希望がある場合は)

☆遠くの地の場合、交通費などを考慮した上で参加費設定をお願いしたいと思っています。

これらを考慮いただきました上で、茶話会主催をして下さるという方は、お手数ですが以下までメールをいただけたらと思います。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp  トランブレーみゆき

(☆を@に変えてください)

茶話会のお申し込み 及び 会のお問い合わせのお返事は、都合により、5日前後のお返事となりますことをご了承ください。

出会った人たち皆がお互い学び合い、光を引き出し合い、楽しい場となればと思っています。
御縁ある皆様にお会いできますことを心から楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します。




RIMG4266.jpg
Check

カテゴリ: 茶話会

[edit]

TB: --    CM: --

« 茶話会 (長野県) 平成28年11月27日(日) «  prev  |  next  » 忘年会(^^♪  平成28年12月17日(土) »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん