マイル換算率

むすひ

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

富士山  その1 

Posted on  2012/07/26 Thu. 13:10   
富士山頂上に行かなければならない!と感じていた矢先の神からのメッセージ。

『そはお願い申する。
富士の山について。この者にも(私の友達です)今、申し伝えたのだが、一厘の仕組みの手伝いじゃ。場所は頂上(これが理想的じゃが)とこだわらなくてよい。そこで各々神事を行って欲しい。そが時、そなたら一人でやると思うなかれ。天上の地底の光の兄弟達との共同作業と思え。心を意識を兄弟達に向け心を一つにして行えよ。そなたはかごめ紋で富士の山を大きく包み込むイメージで行えよ。富士の山は要ゆえしかと守らなければならぬ。そが後に次にやる動きが出てくるぞ。』

「場所は頂上とこだわらなくてよい」と仰られても、頂上が理想的であることは、行ったことのある本人が一番よくわかってましたので、当然のごとく頂上まで行かせていただきました。直前に足が折れて松葉づえ状態になっても頂上まで登っていたことでしょう。富士山に行く数日前に庭の木々を脚立にのって剪定していたのですが、その時母とそう話していたのです。「今、脚立から落っこちて足折れて松葉づえになっても頂上まで行くよ!」と言ったら、母はあきれて物言えずでした(笑)松葉づえ状態でも登頂できる自信ありますね。「なんでそこまでして登るの?」と言われると、「神様が仰る、理想的な場所で理想的な形の神事をやるため自分にできる精一杯をやりたいから・・・」どんな時もベストを尽くす。ただそれだけです。

あっ 話戻します。
23日 月曜日の午前2時出発。麓の富士山本宮浅間大社で5時に東京の友と待ち合わせ、神様に「今から富士山に登らせていただきます」とご挨拶。途中、車を一台停めて、富士宮口へ。
富士山頂上へは何ルートかありますが、今回は富士宮口から登ることに。朝の6時半頃、5合目に行き登り始める予定でしたが、こんなに朝早くても駐車場は満車(*_*)1キロ以上下に停めなければならなくなってしまいました。6時半頃ならいいだろう・・・と思ってましたが、甘かった。真っ暗なうちに着いていて、車の中で仮眠を取る形か、または、御来光を拝んで下山する方々がいらっしゃる10時頃と遅い時間帯に合わせて来れば駐車場に停めれますね。今回は9合目まで行き、そこで宿泊ということにしました。頂上まで一気に行けるのですが、一緒に行く友達は富士山初めてでしたので、無理のないように・・・ということで9合目でストップ。高山病にかからないように、ゆっくりゆっくりのペースで行ったのですが、お昼前には9合目には着いてしまいました。前回は高山病にはかからなかったのですが、今回は軽い頭痛を感じましたので、9合目ストップは正解だったかもしれません。9合目でしっかり休むことで、気圧に体を慣らすことができました。


9合目の山小屋はこんな感じです。
055.jpg

小さなお部屋がいくつも並んでて、5人で一部屋なのですが、それほど混んでなかったので4人で一部屋、ラッキーでした。
054.jpg
4人でも狭いのに5人で・・・といったら、かなりきつい状態です。
私が足を伸ばしていっぱいいっぱいなので、背の高い方はかなり辛い状態になります。
山小屋では男も女も関係なし!って感じ。隣に知らない男性が寝てるなんて当然のこと(笑)今回は知ってる男性の友達が寝てましたが・・・。隣同士くっついて寝てるから、いつの間にか友達の肩に頭がのっかって寝てることも有りです。実際、私の頭は隣の友の肩にのっかっていたようで(笑)(すみません(-_-;))
「キャ~~~~お隣に知らない男性がいるのぉ~~~!?ヤダ~~~」とか「知ってる男性が隣に寝てるの~~~!?ヤダ~~~~」などとお上品なことを言ってるような方は、富士山宿泊は無理です(笑)


つづく
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 江ノ島 龍宮神 «  prev  |  next  » 富士山  その2 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん