マイル換算率

むすひ

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

皆神神社大祭  その5 

Posted on  2015/11/01 Sun. 19:48   
皆さまお元気ですか?
愛知県は、朝晩ちょっとひんやりで上着が欲しいかなという感じです。

毎日お仕事と神事で市内・市外・県外といろいろな地に連れていってもらってますが、お仕事をしながら一日中祈っています。あっ、この新しいお仕事以外に英語教室やセッションや茶話会ももちろん続けているし、娘の治療や自分・母の整体治療や家事など、あれやこれやでほぼ休みなくフル回転です(#^.^#)三河国を整えよ!との指示に従って、いろいろな場に入り関わらせていただき、徹底的に三河国を整えることに全力を尽くしています。詳しいことはまたいつか書かせていただきます。

さて、報告の続き、その5です。

皆神神社大祭終了後は、今年の祭りの当番である牧内地区 藤澤萩神社へ足を運びました。大祭後は毎年当番地区の神社で神楽舞を奉納することになっているそうです。その後は、その地区の長である方の家で獅子舞奉納。私たちも家の中に入り神聖な時間を過ごさせていただきました。

皆神神社大祭は大変素晴らしいものでしたし、地域の方々も大変あたたかい方ばかりで感動の連続でした。
地域社会の秩序を維持し、職業や肩書や年齢の垣根を越えて人々の心をひとつにし、地域の結束力を強くし、人々と神々が一体となる祭りはやはり素晴らしいですね!

『祭りは神との交流の場なり
心をひとつにし 力を合わせ神輿を担ぐ祭りは 和の心そのものであり輪を広げる素晴らしき伝統である
人がそれぞれの心の中に神の社を作るのならば 本来神社は必要なきもの
なれど 神社は人間が神を敬い 神縁繋ぎ 内を見つめ祈る場として建てたものなれば その心を神も喜ぶ
心と心を繋ぎ人と人を結び すべてが和することの素晴らしさを教えてくれる祭り
和の伝統 和の財産を絶やすことなかれ』


全てが終了した後は、4人で皆神山の御神水が湧き出ている地に行き御神水をいただく⇒カフェでゆっくりの時間を過ごす⇒群馬県と神奈川県の仲間たちと解散⇒愛知県の仲間と510円の温泉へ。う~ん、気持ちい~い♪⇒皆神山の方々がお土産に持たせてくれた松茸おにぎりの夕食を食べる♪心のこもったおにぎりめっちゃ美味しい(#^.^#)⇒途中気になる神社に寄りながら、爆笑の連続の中のろのろ運転で諏訪方面へ向かう⇒道の駅到着\(^o^)/⇒車中泊、2人とも眠すぎてあまり喋ることなくコロンと寝てしまう⇒起床~~~~\(^o^)/前日の松茸おにぎりがまだ残っていたので朝食は松茸おにぎり♪⇒諏訪大社へ⇒駐車場で、前日の大祭に参加された方にバッタリ出会う。嬉しかった~(●^o^●)一緒に参拝⇒八ヶ岳神事⇒富士山神事⇒一般道でのろのろ運転、爆笑 爆笑してたらあっという間に愛知県⇒岡崎市の自分の家の近くを通過して豊田市まで仲間を送り届ける⇒バイバ~~イ(^o^)/⇒またのろのろ運転自宅へ。旅終了。

たくさんの方々に大変お世話になりました。そして、たくさんの方々が祈ってくださり大きな力となり天地に届きました。本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます

052_20151031205438b63.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 皆神神社大祭 その4 «  prev  |  next  » セミナー(東京) 平成27年11月21日(土) »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん