マイル換算率

むすひ

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

一日遅れちゃいましたが・・・七夕(*^_^*) 

Posted on  2015/07/08 Wed. 14:01   
陰陽分かれたる魂
男である天照国照彦天火明櫛玉饒速日大神(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのおおかみ=彦星)
女である瀬織津姫大神(せおりつひめのおおかみ=織姫)
天照国照彦天火明櫛玉饒速日大神は太陽であり火
瀬織津姫大神は月であり水
どちらが欠けても成り立たぬ
七の数は父と母 陰陽組み合わさりて凝りを為し子を産み出す数なり
産みて後七夜を祝い 七歳を祝い 春の七草 秋の七草に名を為し 万物実る数なり
生(な)り成(な)り也(な)り鳴(な)る
天地創造原理秘める
原初の時
魂は無限の宇宙から陰陽男女と分かれたる
異なるものを受け入れて元ひとつであること気づきて より光り輝く為に
分離したが故
相手を受け入れること 尊重することできず
国と国 人と人との間で起こる分離戦争
地球という星の中で国境という分離も生んだ
全ての分離の中 光と闇の中で調和をとりながら 
元ひとつという統合に目覚める為に生まれし人よ
光り輝け


先日天から告げられました。人間の意識が分離したために神も分離してるかのように見えると。(名前がたくさん分かれ別存在のように感じられるかもしれないが)人間の分離意識が完全に消えた時、神もひとつとわかる。七夕というのは、私たちが元ひとつであるんですよと分離と統合の意味を伝えるために残されている美しい行事だと感じています。私たちは、光であり元ひとつであることを気づきより輝きを増すためにこの地球に肉体と命を与えられました。皆分離の意識なくなり、お互い尊重し合い、美しい心で生きることができることを願います。

神々の啓示により
平成二十六年十一月二十五日 午前六時~七時  三重県志摩市 伊雑宮(いざわのみや)にて天照国照彦天火明櫛玉饒速日大神(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのおおかみ)と
瀬織津姫大神(せおりつひめのおおかみ)の御霊を納める神事をさせていただきました。神界の動きも全開になります。膿み出しで痛い想いをするかもしれませんが、統合という光に向かっていますので、それぞれにできることを全力で頑張っていきたいと思います。


008_201507081354416a4.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« ヒフミ «  prev  |  next  » 蛇さん »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん