マイル換算率

むすひ

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

三つのありがとう 

Posted on  2014/08/19 Tue. 18:42   
NPO法人ネットワーク「地球村」代表の高木善之さんが書かれた「ありがとう」という本からの抜粋です。

『三つのありがとう』
アメリカ先住民など、多くの先住民では、「人は幸せをもたらすために生まれてきた」と考えられています。そして、一生の間に三つの「ありがとう」を言われるのです。

★バースディ(誕生)
人は幸せをもたらすために、遠い国からやってくると考えられているので、赤ちゃんは、生まれたとき、みんなから「ありがとう」と言われて、抱きしめられます。生まれて来た時、「ありがとう」で迎え入れられるのです。

★リ・バース(再誕生)
成長するにしたがって、その人の役割が発揮されてきます。その特徴をこの人の名前にするのです。元気な子は「ブレイブ・ボーイ」、かわいい娘は「ポカホンタス」。さらに大きくなって、一人前になると、グッドハンター(狩りの名人)、メディスンマン(薬草を見つける名人)など。その名前をつける日を リ・バースディと呼び、みんなに「ありがとう」と祝福されます。

★ギブ・アウェイ(与え尽くす)
これは、お葬式のことです。私たちは、お葬式は悲しいと思っていますが、先住民は、この日は最後の感謝の日なのです。人は、幸せをもたらすためにやってきたのですから、死ぬことは、「幸せを与え尽くした」と考えられています。だから人は死ぬと、「幸せを与え尽くしてくれて、ありがとう」と、最後の感謝をするのです。人は、生まれたときと、役割を見つけたときと、死ぬときに、「ありがとう」を言われるのです。

人はみんな、幸せのために生まれてきた。
幸せを与え、幸せを味わい、人は死んでいく。

085_20140819183917031.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 美しい~(^.^) «  prev  |  next  » 夢でもあなたを想う »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん