マイル換算率

むすひ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

結婚式&神事 in ハワイ  その13 

Posted on  2014/07/13 Sun. 15:15   
帰国の飛行機の中、8時間ずっと読書とビデオ鑑賞。

お土産として三冊だけ本を買ったのですが、オバマ大統領についての本の最後に、アロハの意味と精神が書かれていました。(オバマ大統領の本・ハワイの神さまについての本・日系二世の視点から見たアメリカ人の精神という本を購入)
アロハ州と呼ばれるハワイで、シンボルともいえる「アロハ」という言葉を何度も聞き、アロハで対応されましたが、
アロハの直訳としては、「生命の息」を意味し、生きていく過程、人生、お互いに愛と敬意の心を持つことを現す言葉だそうです。自分も愛し他も愛する。自他の愛と精神を理解し、愛のエネルギーのやり取りすること、そして調和も意味するそうです。前向きな生き方や精神を示し、それが周りに大きく広がって行くということがアロハの精神だそうです。

以下が、ハワイ出身のオバマ大統領の本「 A President from HAWAII 」に記されていたことです。(自分流ではありますが、横に日本語訳を載せておきます)

A  Akahai,  meaning kindness, to be expressed with tenderness, (アカハイ  親切  優しさの表現)

L  Lokahi,  meaning unity, to be expressed with harmony, (ロカヒ  一致  調和の表現)

O  Oluolu,  meaning agreeable, to be expressed with pleasantness, (オルオル  賛成  楽しさの表現)

H  Haahaa,  meaning humility, to be expressed with modesty, (ハアハア  謙遜  控えめさの表現)

A  Ahonui,  meaning patience, to be expressed with perseverance. (アホヌイ 我慢 忍耐の表現)

アロハは、お互いへの愛や配慮や思いやりの心が込められているとても温かい言霊。アロハの精神、素敵ですね(*^_^*)



もう一冊の本 「Japanese Eyes  American Heart 」という本に載っていたことにも、なるほど~と思ったことがあります。原文で読んでもらった方のがしっくりいくと思うので、英語で載せますね。

When I think of the strength and spirit of the Nisei's soul, I am reminded of a katana, a Japanese sword. The
Japanese sword is made through a special porocess of fusing metals. The center of the blade is made of malleable metal while the outer blade is made of steel. The two metals are pounded hundreds of times and fired thousands of times to create an extraordinarily strong blade. The cross-section of the Japanese sword revealing the fusion of
the two metals-one hard and strong and the other malleable and resilient-is like the strength and spirit of the Nisei. The character values that the Nisei learned from their parents, teachers, in Sunday schools and even in
Japanese language schools are the malleable part of the sword. Values such as gambari, to persevere against all
odd; on, a debt of gratitude in the deepest sense; okagesama de, acknowledgment and gratitude for the good that
one has benefited from as a result of others, were lessons that Japanese immigrant parents consciously instilled
in their American-born children. The part of the sword that is hard as steel are the lessons the Nisei learned in
their American schools
(一応、自己流ですが、訳も載せておきます。)
二世の強さと精神を考える時、日本刀を思い起こさせます。日本刀は、二つの金属と融合させる特別なプロセスを経てできます。刃の外側が硬い金属でできているのに対して、中央部は、打ち伸ばされやすい柔らかな金属でできています。二つの金属は、特別に強い刃をを創りあげるため、数百回たたかれ、数百回火にくべられます。二つの金属の融合を示す日本刀の断面はーーーひとつは硬く強い、そしてもうひとつは柔らかく弾力があるーーー二世の強さと精神のようです。二世が、両親、先生、日曜学校や日本語学校からでさえも学んだ国民性は、刃の柔らかで弾力がある部分です。全ての不平等に耐えるためのガンバリという特性、深い恩義や義理、他の人のお陰で得た恩恵への感謝や感謝の言葉は、日本人の移民の両親たちが意識してアメリカ生まれの子供たちに浸み込ませた教えでした。鋼のように硬い刃の部分は二世がアメリカの学校で学んだことです。


なるほどね~~日系二世は、日本刀のようだ・・・と。柔らかな部分と硬い部分を同時に持ち合わせた精神。私も以前、日本の国民性を現す「オキシモロン」について日記に記したことがあるのですが、それを思い出しました。ちょっとその時の日記も再掲しますね。

2009年7月30日  ≪オキシモロンの国   日本≫
外国人が「日本人はよくわからない」って言いますが、本当にこの日本 人の精神を理解するのは難しいみたいです。
私に御縁ある外国人は皆理解するのに苦労 していました。 日本はオキシモロンの国かな。
オキシモロンというのは、ギリシャ語から来た修辞学用語ですが、たと えば「ゆっくり急げ」とか「大きな小犬」とか「欠点のないのが欠点」 とか・・・パッと見たとき「ありえな〜い」っていうような 反対概念 の共存を示します。
「菊」というのは日本人にとって特別なお花でしょうが、同時に戦時中の外国人にとっては敵意と 嫌悪の対象だった日本の皇室のシンボでもあります。刀も殺人の道具であり、同時 に美術品です。こういう感じのオキシモロンが一つに重なって日本という国を作り日本人の精神を作っているような気がします。 あちらの方、Yes Noがはっきりしていて あいまいさがないような気が します。仏教でもキリスト教でも神道でもなんでも受け入れる、このオ キシモロン的な精神性を持っている日本人だからこそ 人に寛大で相手 の立場にたって物事みることができる。 実際外国人と生活してみるとよ〜くわかります。いかに日本人と違うか ってことが。このオキシモロン的な感覚が彼らにはないような。どちら がいいとか悪いということではないんです。ただ 違う! って感じざ るをえない。自分はどちらも好きです。違ってるからお互い学びあ える。でも、このオキシモロン的な精神性を持ってる日本人がだ〜〜〜〜い好きです。これって神道の世界ですよね。 自然の中に深く神性をみようとする宇宙的な捉え方。 国際フォーラムでダライ・ラマも仰ってました。 「神道は日本人の一部であり自分の中に存在しているものであり 日本人の遺産である」って。 神道は自然に対する畏敬の念や尊敬の念を呼び起こし、私たちがその一 部であることを思い出させてくれ、自然の搾取者であってはならないという感覚を湧きあがらせる宇宙的な次元のものですよね。 この神道的考え オキシモロン的感覚に世の人がなったとき世界はもっと平和になるでしょう。
日本人として生まれ 日本にいるからにはみなこの精神性を世に広げ世界平和に繋げる役割があると思います。
日本人として生れてよかったわ。民族性の違いを考えると・・・日本の縄文時代の墳墓の方位は太陽光線のもっとも衰えた時期に射し昇る朝日の方角に向けられていて 魂の再生や復活を願う信仰の現れだと言ってる人もいます。自然界の蘇りと魂の蘇りがひとつの連続した事象であることを示しているのかも。他にも自然界の生命の根源的な形態である渦巻きは再生する魂の象徴で、太陽も海も川も魂も渦巻きのパタ ーンを持っています。こ〜いった魂の再生や自然崇拝を基層信仰に持つ民族は全ては「元ひとつ」というのを知っていて、だからこそオキシモロン的な考え方ができるのではないでしょうか。 キリスト教では魂の再生 自然崇拝という信仰ではないですよね。だからなんでも切り離して考えるという精神性を持っているのかも。 う〜〜〜ん、日本人って素晴らしい!全ては元ひとつ。肉体がはずれれば誰だって全ての存在が繋がっていることを知っている。地球の人が、早くこれに気づき、争いのない、愛溢れる地球になることを願っています。(終了)

国が違えば国民性も違う。他の民族や文化に接し学ぶことは我が国・国民を見つめることでもあります。お互いの良きところを学び合い、それぞれの持ち味を活かし、尊重し合い、みんなで良き地球にしていくことができたらと思います。

ハワイ編を書いている間に、たくさんの方々から娘へのお祝メッセージをいただきました。ありがとうございました! その1~その13まで続いたハワイ編は、これで終了です。アロハ~~の精神で、これからも縁ある方々と共に人生楽しみながら精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくお願い致します

296.jpg


163_20140713150244b81.jpg
Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

« 結婚式&神事 in ハワイ  その12 «  prev  |  next  » マリア様の想いを詩にしてみました(*^_^*) »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん