マイル換算率

むすひ

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

関西へ  その4 

Posted on  2014/05/03 Sat. 09:30   
4月29日は、「昭和の日」だったのですが、その昭和の日に、滋賀県の近江神宮に導かれ、昭和祭に参列する流れになりまして、昭和天皇とともにあった昭和の時代を見つめ直し祈らせていただきました。どのように導かれたかと当日の流れは次の日記に記しますが、まずは国民の休日について。

昭和の日とは?

4月29日は、もともと昭和の時代に「天皇誕生日」という祝日だったというのをご存知の方も多いと思います。それが、昭和64年(1989)1月7日に昭和天皇が崩御されたことを受けて年号が平成に改まり、「天皇誕生日」も平成元年(1989)から「みどりの日」となりました。しかし、多くの国民の要望を受けて、平成17年に国会で「国民の祝日に関する法律」(祝日法)が改正。平成19年(2007)より「昭和の日」とすることになったのです。1年に一度廻ってくるこの日に、昭和天皇とともにあった昭和の時代を改めて見つめ直してみましょう。(抜粋終了)

2009年12月22日の日記を再掲します。

昨年の12月23日は東京に用事があり 少し時間があったのでふら〜っと明治神宮を訪れました。その日はたまたま天皇誕生日。 天長祭が行われている真っ最中でした。 せっかくだから・・・とちゃっかり後ろで参加してきました(*^_^*)入口にはこのような紙が貼られていました。


天長祭

十二月二十三日は天皇陛下の御誕生遊ばれた日です。この佳(よ)き日には宮中を始め全国の神社で天長祭が斎行されますが、天長とは「天長地球」つまり天地が永遠に変わらないという意味で皇室と国民が共に栄えていくことを祈念する祭典です。国民挙(こぞ)って聖寿の万歳と平成の大御代(おおみよ)の弥栄(いやさか)を祈り国旗を掲げてお祝い致しましょう 。


そういう意味で私も儀式に参加しながらお祈りさせていただきました 。

「国民の祝日」について ちょっと考えてみたいと思います。みなさんはなぜこういう日が設けられているか考えたことありますか? 昔は自分もなんとなく過ごしていた祝日なのですが、最近は 少しまじめに考えてます。「国民の祝日」について 以前どこかで学んだことをまとめ 記してみます。「国民の祝日」は天皇の統合力によって日本国民が誕生したという由来を確認するという意味を含んだ日なのです。 「国民の祝日に関する法律」というのがあるのですが、その第一条に「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てて、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、または記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名付ける。」とあります。 つまり、1年の内に何回も繰り返し「国民の祝日」を祝うことによって「わたしたちは同じ日本国民だ」「この国はわたしたちの国であり、わたしたちが支えている」ということを国民一人一人が自覚するためのものです。 近代以前のヨーロッパでは国民は国家の担い手ではなく担い手は王や貴族や僧侶で、土地や人民はそれらの人々の財産でした。日本でも同じで、建国記念日が定められたのは近代国家の建設を目指した変革でした。明治の初め、旧暦から新暦へ変え、建国記念日も2月11日に定められ「紀元節」と呼ばれることに。「紀元」というのは「暦の始まり」のことで「歴史のはじまり」「日本の始まり」のこと。 2月11日は日本書紀の中で、初代の天皇神武天皇が即位した日を新暦に換算したものです。 国民の祝日がすべて皇室の祭祀・行事と「かんけいづけられている理由は、古来から日本人が持っている天皇意識を母胎とし、尊皇心を高めることで、国民意識を生みだし国をまとめるということです。 11月3日は明治天皇によって近代日本が建設されたから「文化の 日」。11月23日は収穫を祝い、感謝する新嘗祭が行われるから「勤労感謝の日」。7月20日の「海の日」は明治天皇が全国を視察してあるかれたのですが、その時函館(?だったかな〜)から横浜に船でいかれ、途中で海が大荒れ。7月20日は無事に上陸された日ということで「海の日」と言われています。 ということで、ただ「おやすみ〜〜〜〜〜〜〜!」っと喜ぶだけじゃなく、「国民の祝日」の意味を理解した上で、今一度日本人として生まれ てきた意味を考え、今 世の中がこんなだからこそ、心をひとつにし、日本が地球再生をするリーダーとしての自覚を持ち、今の自分に何ができるのかをゆっくり考えてみたいですよね(^。^)

004_201405021614159b8.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 関西へ  その3 «  prev  |  next  » 関西へ  その5 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん