マイル換算率

むすひ

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

みんなが光輝きますように 

Posted on  2014/03/03 Mon. 09:50   
先週も、また何人もの新たな出会いがありました。私は、神事をやってる時以外は相談員というか?カウンセラー?のようなこともやっていて(お仕事ではないのですが)日々たくさんの人に会っています。悩みがあり苦しんでいる人、死にたいとSOSを発信している人、不登校の子供、うつで寝たきりの人・・・とにかくいろいろな方。その方が、生きている意味を見出せるように、自分の良さに気づいていただけるように、悩みが軽くなるように、その方の光を引き出すお手伝いをしています。

先週出会ったお一人、80歳ぐらいのおばあちゃま。会った瞬間に大浄化が始まり、自己紹介もやらぬまま、胸を押さえ『あなたが来た途端に胸が急に痛くなったわ。どうしたのかしら? 奥の方から グ~~~~ってくる・・・大丈夫かしら?』 『はい、大丈夫です(^^)浄化が始まっただけだから。いつものことです。お話して数時間したら、たぶん、軽くなるかスッキリしてると思います』と安心してもらいました。そのおばあちゃま、最初から胸の痛みはあったようで、ズ~~~っと毎日痛み続けているということだったのですが(精神的なものから来てました)、それとは痛みが違ったようで、こんなの初めてだわ・・・と言ってました。ハートチャクラの浄化の痛みだったようです。私にとっては、こういうことは初めてでなく、毎回のように起こることなので慣れてますが、初めて会った方は、突然の体と感情の変化が短時間で起こるので、対応できずびっくりするのです。私がやっている英語教室でも例外ではなく、自働的に浄化作用が起こってしまい、眉間が痛いとか、登頂のチャクラがス~ス~するとか、突然お腹が痛くなるとか、それは毎回のように起こっています。痛いヶ所を聞くと、だいたいチャクラの位置なのです。チャクラがウズウズしビリビリきたり痛くなるようです。で、その後スッキリするみたい。敏感な子供になると、天と繫がり過ぎて幽体離脱を始めたこともあり慌てた事がありました。本人に後で聞いたら、やはり「魂が上に引っ張られ幽体離脱するところだった」と言ってました。子供にとっても初めてのことで、非常に驚いたようです。チャクラに響き過ぎて、ビリビリ来過ぎるという生徒は、私から一番遠い距離の席に座らせるという配慮をしています。でも、生徒達、『この英語教室には浄化のためにきてるよな~~』と友達に言ってたり、『ここ来ると気分がよくなってスッキリするんだよね~』とか、皆さんなんだか勉強に来ているという感覚より、浄化に来てるという感想を持ってるみたいなのです。何より、私の感覚がそうですから無理もないですね(笑)英語を教えているというより、英語を通して人間教育しています。だから、子供たちは『おれ、塾は行ってないけど、おまえ行ってる?』という会話をよく聞くのです。ん? ここは、一応英語教室なんだけど・・・塾ではないと子供たちは捉えている・・・ん? ん? なんなんだ? まるで遊びに来てる感覚を持ってる(笑)でも、英語は皆さんよくできるのよね。それぞれのレベルではありますが、他のどの教科よりも英語が断トツでできる。100点満点の10点以下しか毎回取れなかった子供も、英語が全くわからな~い 助けて~~って入ってくるのですが(中2)2ヶ月かからずして50点以上の点をとりました。その生徒、私が見始めてから半年なのですが、あれから一度も50点以下の点はとったことがありません。見事な頑張りです。この生徒にはもちろん、英語も教えてはいますが、全然違うこともいっぱい話しています。人としての生き方や役割や宇宙のこと地球のこと、ありとあらゆることをレッスンしています。最初出会ってからとは、目の輝き度が変わってきました。こういうのってやりがいありますね(^^)私は、中学3年生までしかみないのですが、卒業して行く時、皆同じ事を言います『ここって英語教室じゃなかったよね!? なんの教室だったの?(・・)宇宙教室? あっはは~~(o^o^o)』って。だから、卒業してから生徒から来るメールは『今の地球の状態は?』とか『友達が交通事故で意識不明なのですが、僕達に何ができますか?』という真面目な質問も多くあります。

あっ おばあちゃまの話に戻ります。このおばあちゃま、小さい頃から自分を抑えて一切甘える事なく生きてきたようなのです。両親と一緒に生きることができず、あちこちたらい回しにされ、自分の言いたい事も言えず小さくなって生きてくる、そして旦那様にも甘えることはなく、子供にも甘えられず、ずっとずっと自分を押し殺し生きてきたそうです。今まで自分の生い立ちを誰にも話さなかったのですが、初めて話したそうです。甘えるってどういうことかわからないし、甘え方もわからない、甘えてもいいの?信用できる人ってこの世の中にいるの? 甘えるなんて・・・そんな夢のようなことがあってもいいの? 過酷な状況で生きてきたから、人間不信に陥り、どの人を見ても疑ってしまう・・・そん自分が嫌になる・・・と自分を責めてました。娘は、教育者だけど、冷たい言葉しかかけてくれないし・・・『あと一年で定年だから、元気でいてもらわなくちゃ困るんだからね! 病気にでもなって迷惑かけないでよ! もし、そんなことになって、定年まで仕事ができなくなったら、お母さんのせいだから! 一生怨んでやる!』という心無い言葉を浴びせかける。食べ物は買って来てはくれるけど、ちょっと何かを言ったら(遠慮がちに控えめに言うのですが)『そんなこと言うなら 自分で全部やればいいじゃない! 迷惑かけるな!』と、とにかく言葉の暴力の連続だそうです。一人暮らしをしているし、病院にも通ってるし、不安でいっぱいなのに、心ない言葉と態度で、心がズタズタの状態でした。誰にも甘えることができずにここまで頑張ってきたおばあちゃん。「一人で頑張らなくてもいいよ。私もいるし、民生委員もいるし、うちの母もいるし・・・みんなで支え合っていこうね。大丈夫だよ(^^)また遊びに来るから。苦しかったらいつでも電話してね。」って気持ちを伝えました。一緒にお昼御飯を食べて、心の内をいっはい話してもらって、スッキリして帰ってもらいました。

そして次の日。『胸の痛みが全くなくなってる(・・)いったいどうしたことか??? 痛くない時なんて一瞬たりともなく、今までず~っと痛かった胸が痛くなくなってるなんて有り得ない!全くわけがわからないけど、スッキリしてるの』と電話がありました。どうしてもまた会いたいと言ってくれるおばあちゃん。本当に嬉しいです。またお昼一緒に食べようね(^^)って約束しています。かわいいおばあちゃんとの御縁大切に大切にしたいと思っています。

そういえば・・・もうひとり。高校生の子供にも会いました。この子も、自分を否定し責めており、やる気を完全に失い行きづまっていました。ところが、3時間程話した後(正確に言うと、話している間にどんどん光が増し、目の輝きがみるみるうちに変わってきました)スッキリ爽やか状態になり、元気満々になったのです。まるで別人。本人も驚いていましたが、お母さんも仰天してました。宝石の原石を見つけた感じですね。彼女もお母さんも気づいてなかった、この子の中にある光と才能に気づいたので二人ともピカピカに輝き始めました。その後も別人になってしまったような状態で、何に対してもやる気で取り組んでいるそうです。以前、何ヶ月も不登校になっている子供の相談を受けたことがあるのですが、その時も超特急の浄化が起こりました。あれだけ嫌がっていたしやる気も全く湧き起こることもなかった子が、別人のようになり、次の日から学校に行ったのです。その後、ずっと休まずに学校に行き続けました。学校に行きなさいとかそういう話は一切しなかったのですがね~お互いに心全開で雑談して笑ってただけなのですが(笑)あっ でも、いろいろな視点から物事見ることができるように、たくさんのことを話はしましたが、(最初は、拒否されました。「お母さん、そんな人つれてきても話なんか聞かないからね。どうして そんな人連れてくるの? 嫌だからね」って当日の朝まで会わない!と言われてました。でも、お母さんに頼み込まれて行く事になったのです。3時間程話すうちに、へんし~~~んでした\(^▽^)/


ということで、日々いろいろな人とお話し、嬉しいことがい~っぱい起こっています(^^)さて、今日の夕方からまた関東に向かいます。頑張るぞぉ~~~~お~~~~!!  いつものことですが、やる気満々(笑)


庭の梅の花が咲き始めました
002_20140303111556a28.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 伊勢へ その2 «  prev  |  next  » みゆき復活\(^▽^)/ »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん