マイル換算率

むすひ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

アフガニスタンの女性とお茶しました~♪ 

Posted on  2014/02/09 Sun. 11:28   
先日アフガニスタン人のお宅でお茶しました♪日本や地球の立て直しをする上で、日本人だけの視点から見ているのはちょっと視野が狭いです。書物を読んで理解するのもいいですが、実際にこういう方と直接会ってお話することはとても大事で貴重な時間です。宗教も文化も言語も民族性も全部違いますから、自分の気づかないことに気づかされ、本当にいい勉強になります。日本人・日本の良さや至らない部分も感じることでき、嬉しくなったり、日本人として悲しく思ったり反省したりです。

御存知のように、外国人の多くは、「自分は自分、他人は他人」という意識で生きている方が多く、個人主義が強いです。他人と違っていることは当たり前であって、人の目を気にしない。そして、自分の意見をはっきり言う。はっきり言わないと、この人は、考えも意見もないんだな・・・と判断されることが多いです。言いたい事があったら遠慮せずはっきり言います。一方、規律や和を大切にという意識が強く、団体行動が得意で、人となんとなく同じであることで安心できる日本人にとっては、その姿は、時に我がままにさえ映る時があるし、和を大切にとか思いやり故、相手に何も言わず飲み込んでしまったり、我慢したりする人も多い日本。どちらがいいとか悪いとかではないです。どんな場でも自分の意見がはっきり言えることは素晴らしいいことだし、和を大切にする日本人の性質も美徳です。

考え方や国民性の違いですれ違っていることも多々有り。歩み寄るしかないですよね。自分のやり方や考え方のみが正しいんだ!と、主張するのではなく、相手の宗教・文化・国の事情・民族性・・・というバックグラウンドもきちんと考えた上で、和を大切にしながらお付き合いする必要がありますね。私たちは日本の代表だという意識を、全ての国民が持っているべきだと思います。外国人が、日本に旅行に来て接する日本人、日本に住んでいて接する日本人。そのひとりひとりの接し方で、日本の印象が決まってしまうわけですから。御縁あるひとりひとりを大切に、相手の視点に立ちながら接することが、地球上の全ての人の心をひとつに繋ぎ良き地球にしていくことに繫がりますよね。

いろいろお話聞く中で、一番心痛かった言葉は、マザーテレサと同じ言葉でした。『日本は豊かな国です。しかし、これ程、心が貧しい国はありません。』 もちろん、「日本は素晴らしい国だ。心も豊かで本当に優しい人が多い」と感じている人も多くいらっしゃるでしょう。しかし、こういう意見を持った方が実際に日本に住んでいるという事実。彼女からいろいろな話を聞きましたが、中立の立場に立って感じたことは・・・彼女は、決しておかしなことを言ってるわけではないし、筋が通ってる。日本人や日本を否定しているわけでもなく、常識ある心優しい人です。

外国人を混ぜてのお茶会なんかも企画するといいかな?なんて思っています。学ぶ事多し!です。全世界の人の心が少しずつ繫がり理解し合い「自分らしく生きる」ことができるといいですね(^^)


こ~んなおやつが出ました(o^o^o)スリランカの紅茶&アフガニスタンから送られてきたドライフルーツやナッツ。あと、アフガニスタンのケーキみたいなのも出てきました♪ 美味しかった~~♪
001_20140209121527d72.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 諏訪と皆神山へ  その3 «  prev  |  next  » 関東へ  その1 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん