マイル換算率

むすひ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

大和の地へ  その5 

Posted on  2014/01/21 Tue. 16:02   
三輪山の次は、日本一たい焼き~~~とナビ設定(笑)うふふ 好きなんです ここのたい焼き(^^)あれ、次は聖徳太子のお墓じゃないの? いえ、三輪山に来たら、次はたい焼きなんです! って感じ(笑)お店の名前『日本一たい焼き』の由来は、このたい焼きを食べた二鶴堂の創業者が「このたい焼きの味は日本一(にっぽんいち)たい!」と博多弁で言ったのがきっかけだったそうです。こだわりのあんこと、サクサクパリパリとした皮がおいしいんです(o^o^o)ということで、私のわがままでたい焼き屋さんにGO! で、おいしかったかって?めっちゃ美味しい~~~\(^▽^)/\(^▽^)/\(^▽^)/三人でパクパクとエネルギー補給♪♪♪

はい、次は大阪叡福(えいふく)寺、聖徳太子のお墓です。聖徳太子に呼ばれている・・・と、仲間がメッセージをキャッチしたので行くこととなりました。大阪にいらっしゃるとは、全く知りませんでした(・・)聖徳太子が伝えたいことも他の神々と皆同じですね(^^)

そして、奈良県に戻り石舞台。ここは、仲間のお友達が神様からビジョンを見せられ、大和三山を眺めることができる地に行って! 時間は日が傾く頃! と指示されリストに加わりました。その時は、『石舞台』という文字をメールで見ただけで、『ふ~~ん、そっか~石舞台ね~』とそれ以上調べることもなく(仲間たちは念入りに調べていたようなのですが・・・)前日の夜を迎えていました。そして出発6時間前のこと・・・私は、いつものように中学生に英語を教えていました。すると、ひとりの少年が突然何を思ったのか?授業とは、全く関係ないページを(英語の教科書の)開き、そのページの話をし出したのです。そして、そのページに書かれている内容が国語の教科書にも載っていることを示したくて、国語の教科書を取り出したのです。そして私に国語の教科書を見せながら説明『ふ~ん、そうなのね~一緒だね~(^^)』と見ました。その後、手渡された教科書を何気なくパッと開いて仰天(◎_◎) そこには、次の日に行く、天香具山のことを詠んだ持統天皇の歌が書かれていて、その隣のページには大和三山(天香久山 畝傍山 耳成山)の絵が。そして、その手前には額田王(ぬかたのおおきみ)が大和三山を眺めている様子が描かれていて、その下に大和三山の説明が。まさに、次の日の夕方の情景そのもの。その瞬間、額田王や聖徳太子や聖武天皇や昔その地に関わってきた方々の想いや祈りが魂に響いてきてじ~~ん。行く前に情景を見せられ神の想いを感じさせられ、この場でこのような想いで祈って下さいというメッセージを受けました。まさか生徒が神のメッセージを持ってくるとは・・・生徒に、なぜ国語の教科書を持ってきたの?と聞くと『僕、いつもはこのカバン持ってこないんだけど・・・初めてだよ。で、たまたま国語の教科書が入ってた・・・国語の教科書なんか持ってきたことないのになあ~』と言ってました。不思議ですよね。偶然とは思えなかった。メッセージというのは本当にいろいろな形でもたらされます。私があまりにボ~~っとしているので、神々が行く前に、バシっと強烈なインパクトを与えたのかも(笑)

次の日、大阪から甘樫丘展望台に向かっている時・・・車を運転しながら、涙が溢れて泣きそうになってました。額田王の想いが入ってきたからです。涙ウルウルしながら、泣いちゃダメ!泣いちゃダメ!と自分に言い聞かせながら必死にこらえて運転していました。後で知ったことなのですが、仲間も同じく後ろの席で泣きそうになっていたということでした。やはり額田王のエネルギーが来ていたのを感じていたようです。前日脳裏にしっかり焼き付けられた大和の情景と甘樫丘展望台に実際立って見る情景が完全に重なり、神々や大和の地に縁あった歴史上の方々の想いも重なり言葉にできない程の感動を受けました。360度見渡せるこの大和の地で、祈らせていただいていたら、額田王や聖徳太子や聖武天皇や後醍醐天皇やたくさんの存在たちを感じまた涙。天も地も人も全ての命が一つに繫がり溶け合い愛溢れる世の中になりますように! そして、日の傾く時間に行ってください・・・時間に何の意味があるのか全くわからずでしたが、天からの夕日のプレゼントだったとわかった時はただただ感動でした。皆様も御自分の近くにある360度見渡せるような地で全ての命を感じてみてください。きっと天の想いを感じ取ることができるでしょう。

聖徳太子御廟
010_20140121211208aaf.jpg

016_20140121211244d3c.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 1月19日 お茶会の報告 «  prev  |  next  » 大和の地へ  その6 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん