マイル換算率

むすひ

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

大和の地へ  その1 

Posted on  2014/01/15 Wed. 09:45   
『奈良へ行って欲しい・・・』
2013年10月13日 ヤマトタケルノミコト様のお墓の前で受けたメッセージです。その時は『何のために?』『どこへ?』と問いかけたのですが、急いではない・・・ということしか言われず、詳しいことは一切教えてもらえずさっぱりわからない。仕方ないので、ただ頭に留めておくことに。それから数ヶ月がたちました。

2014年1月に入って、仲間たちと都内への神事のスケジュールを組もうとしていました。ところが、そのスケジュールを組もうとするのですが、全く先に進まない(・・)数日前になってもこのような状態が続き『今回の都内行きは無しになるな・・・行く地が違う・・・いったいどこに行く事になるのだろう???』とひとりで思っていました。そんな時に仲間からメールが。「奈良に呼ばれていること・そこで大きな事をやらなければならない!と神々から告げられたこと・ひとりで行かなければならないと思っているが本当に行けるのか?と不安になっていること・・・」そこには、神からのメッセージと共に、二ヶ所だけ神社の名前が記されていました。そして、これらを読んでピンと来るなら一緒に行って欲しい・・・と。それを読んだ時、この6年か7年の間ずっと感じていたことが溶けました。やっと時期が来たんだ! この件に関わることが何年も前からわかっていたし、そこに関わる人たちが事をどうしたいのかも うすうすわかっていたのですが、あまりに事が大きすぎてどこからどうやって取り掛かっていいのか?が全くわからなかったのです。到達点はわかっているのにスタート地点がどこにあるのかわからずウロウロの7年間。長かったぁ~。昨年12月25日にもこれに関連することがあって、魂が感動し過ぎて仲間の前で泣いてしまいました。お店に居たのですがちょうど、雑炊ができてきたところだったのですが、胸いっぱいで泣けてしまって雑炊を食べることも出来ない程で、冷えた雑炊を泣きながら食べました。
私が生まれて来た目的のひとつをやるためのスタートにやっと立てた!という感じです。今までの助走期間というか?ウォーミングアップというか?スローな動きではありましたが、それがこれから生きてきます。なんか前置きが長くなってしまいました。でも、そのくらい今回の神事は重要なものでした。

1月12日午前1時半、仲間たちがトランブレー家に到着。私の車に乗り換えて奈良県へGO!最初の地は天理市の石上神宮、途中ゆっくり休憩をしても4時半には到着してしまい真っ暗。私たちの車に反応してコケコッコ~~~♪♪♪とニワトリさんが鳴いていましたが、私たちはおやすみ~~~♪♪♪って(^^)

明るくなって参拝させていただいたのですが、フツヌシ様から、道中守って下さるとのお言葉。本当にありがたいお言葉です(^^)石上神宮では、仲間がお友達に『身代り御守り』を買っていましたので、普段御守りを買わない私も購入~(^^)購入したはいいけど、身代り御守り、どこにつけようかな~???身代わりだから、身につけておくべきだし・・・でも、ポケットに入れると、アホな私は忘れてきっと洗濯してしまうし(笑)う~~~ん、カバンに付けてもずっとカバンは一緒じゃないし・・・う~~ん、考えた末収まったところは、携帯のカバーの中\(^▽^)/携帯はいつもポケットの中だしネ(o^o^o)『でも、また携帯トイレに置いてきちゃうんじゃない?』と言う仲間(・・)『あっ そっか~』と納得してしまう私(笑)とにかく携帯をどこかに置いてこないように努力するということで落ち着きました。ホッですね(^^)

080_201401151001070ff.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« まなぶ «  prev  |  next  » 大和の地へ  その2 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん