マイル換算率

むすひ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

東北へ(2013年)  その18(白神山地) 

Posted on  2013/10/09 Wed. 12:49   
岩木山の次は白神山地。白神山地は青森県南西部から秋田県北西部の青森・秋田県境を中心とした広大な山岳地帯の総称ですが、白神山地全体の面積は青森、秋田両県をあわせて約13万haもあるそうです。このうち人為的な影響の少ない原生的なブナ林16971haが1993年、屋久島とともに世界自然遺産に登録されています。この山の『白神岳』と『十二湖』だけを予定していたのですが、数日前から龍神さまに呼ばれて、急遽予定変更。名前も聞いたことなかった『暗門の滝』というところに行く事になりました。片道90分のトレイルなのですが、入り口のところに行くと「天候により散策道通行止め」と書かれていてガ~~ン。数日間降り続いた雨のため、散策道路が崩れ落ち、三つある滝の全部が通行止めで入ることが出来ませんでした。残念! 龍神様のことがとっても気がかりでしたが仕方ない・・・何か訴えたかったことがあるに違いない・・・と思っていました。あとでメッセージいただいてわかったことなのですが、

『龍神の集う場所があることをわかって欲しかった・・・龍神の集う場所は湖や川や通り道の川だけじゃなく滝にもいることをわかって欲しかった・・・これから繋ぐ龍神たちの神域には、滝も一緒に繋いで欲しい。川は滝もある。川は通り道だけではない・・・ずっと遠くの地にも滝があることを忘れないで下さい。』ということでした。見えないところでひっそりと守っている存在たちがたくさんいるということを私たちは忘れてはいけませんよね。みなさまも祈るときがあったら、是非、滝のことも忘れずに祈っていただきたいと思います。どうかよろしくお願いします。

さて、次の地『十二湖』へGO!です。こちらもたくさんの龍神さまがいる場所です。

十二湖を構成するこれらの湖は、1704年の能代地震による崩山(くずれやま、標高939.9m)の崩壊で塞き止められた川から形成されたのではないかと推定されている。十二湖という名称は広大なブナの森に点在する33の湖沼が、「大崩(標高694m)から見ると湖沼数が12に見える」ということに由来するとも言われているが、詳しくは分かっていない。ただし、偶然にも面積が10,000平方メートルを超える湖沼数は12となっている(by ウィキペディア)

時間のある方は、ゆっくり歩いてまわるといいと思いますが、全部を歩いて回るのは、かなり時間かかります。「青池」が幻想的で一番有名みたいです。とても美しい池でした。

141.jpg

その日は、白神山地・十二湖麓で車中泊だったのですが、既に山の中なので、次の日のお弁当を買う場所がない(・・)近くにコンビニもないし、う~~ん、どうしよう~~まっ いいっかぁ~なんかリュックの中に残ってるかもしれないし・・・とリュックをゴソゴソ。あった~お魚ソーセージみ~~~っけ~~\(^o^)/りんごもあった~\(^o^)/カロリーメイトもあった~~\(^o^)/おにぎりも一個残ってるし。よかった よかった。ということで、アオーネ白神十二湖温泉施設で温泉に入って、おやすみ~~~☆でした。

次の日は『白神岳』。片道5時間の登山ルートです。調査のため事前に世界遺産センターに電話したのですが、白神自然アドバイザーの方がこう仰る『当たり前に熊は出ますから気をつけてくださいネ。人がたくさん登ってるといいんだけど、白神岳は、一日にひとりも登らないこともあるからね~鈴持って行ってね~。でも、鈴は完璧じゃないから・・・ああははは~』 『えっ(・_・)』 そりゃ~わかってますけど・・・そんなにはっきり言われちゃうとやっぱり、ちょっと~って感じなんですけど(-_-;)

白神岳、結構距離あって、きつかったです。一個目の山なら楽勝なのでしょうけど、毎日毎日7時間8時間山を登り続け10個目の山ともなると、ちょっと疲れが出てきてました。でも、よかったですよ~~♪ 遺産地域全体を見渡すことができ、山頂からは日本海を望むこともできましたし、前日行くことができなかった暗門の滝の龍神様たちにもしっかりと意識を繋ぎお祈りすることができました。そして、頂上でたまたま一緒になった宮城県のおじ様と秋田県のおじ様と3人でベンチに座りお喋りしながらお弁当を食べたのですが♪とっても穏やかないい時間でした。この日の登山客は全部で8人でした~(^^)

ところで、「世界自然遺産」に登録されるためには、「自然景観」「地形・地質」「生態系」「生物多様性」のいずれかの条件に当てはまる必要があるのですが、白神山地はどの条件に該当して登録されたか知っていますか?
白神山地は「生態系」に該当し登録されたそうです。都市から遠く離れて、傾斜が急峻なた地形のため、ほとんど手つかずのまま原生的なブナ林が残されていて、ブナを中心に500種以上の多種多様な植物が生育し、ツキノワグマやニホンカモシカなどの哺乳類のほか、イヌワシ、クマゲラ等の94種もにもおよぶ鳥類など、”生物の楽園”ともいえる豊かな森林生態系が育まれています。これらが「類稀な自然環境」と認められて1993年に世界自然遺産に登録されたそうです。走り抜けるような旅ではなく、ゆったりのんびりと時間を過ごしてみたいところです。

森の中はこんな感じです
148.jpg

日本海も見えます
150.jpg

151.jpg

この葉っぱかわい~ですよね(^^)
152.jpg

これもかわい~い(^^)いつものことですが、葉っぱばかり眺めていて前になかなか進まない(笑)
153_2013100908312032c.jpg

どんぐりもかわい~(^^)
154.jpg

この頂上で皆様の想いをしっかり届けてきました~(^^)皆様ありがとうございます!
155.jpg

頂上からの眺め
156_20131009083945e36.jpg
Check

カテゴリ: 東北(2013年)

[edit]

TB: --    CM: --

« 東北へ(2013年)  その17(岩木山) «  prev  |  next  » 東北へ(2013年)  その19(鳥海山) »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん