マイル換算率

むすひ

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

東北へ(2013年)  その1 

Posted on  2013/09/14 Sat. 10:03   
昨日のお昼前、東北から無事に愛知県の自宅に帰宅しました。今回の旅だけではありませんが、この約2週間たくさんの方々の力をいただきました。無事に終わったのは、神仏やご先祖様の見守り、そして応援し祈ってくださった皆様のお陰であると心から感謝しています。本当に本当にありがとうございました。

仲間が毎日旅の様子を発信してくれたお陰で、皆様とより繋がり皆様の想いと共に山々に登り、祈ることができました。訪れた全ての地の神仏や自然に、皆様の想いや祈りを伝えました。そして、応援してくださる方々の御加護と御多幸を祈ってきました。たくさんの見守りの中、東北の地に行かせていただいたこと、心から感謝しています。

どんな旅であったのか? 旅を振り返り、少しずつ記していきたいと思います(^^)

まずは、出発前日のことから・・・

今回の神事は、かなり危険である!と、何度も神仏から警告が入ってましたので、行くと決まった時点から、かなり気を引き締めていました。ある方からメッセージをいただいたのですが、見た途端違和感を感じました。明らかに言霊に光が乗ってない。闇の存在が私の精神を不安定にさせ神事を邪魔しようとするものであることを感じました。見抜けないと、精神ブレて神事に影響することになったのでしょうが・・・闇の攻撃は、人間をも使います。人の言う事も鵜呑みにすることなく、何事においても見極めが大切。神になりすました存在からの偽りのメッセージの後、国常立尊様からいただいたのですが、以下そのメッセージです。


東北に限らず、どこの地での神業にも、危険は伴う

だからこそ、いつも、心して ブレずに 体調も万全でと言っておる

歩いていても、車中においても、危険は すぐ隣を併走しておるようなもの

今回は、これからの 地の流れがどういうものになるのかも かかっておるのだぞ

わかるな

だから、それだけ過酷であるということ

覚悟なくては、神業は出来ぬ

わかるな

命は、守る

だから、安心せよ

ただし、車中泊する地、気をつけよ

今回は、大きな闇の攻撃ありて

泊まる地、気をつけよ

十和田湖も気をつけよ

中尊寺、気をつけよ

このみちのくの旅、何故 体力万全になるまで行かせることをしなかったのかわかるな

闇に打ち勝て

気持ちで、打ち消せ

○○に、再度願いなさい

守りをつけてくれるぞ


大きな神事をやると決めた時点から、死と隣り合わせです。車を運転していようがいなかろうが、家に居るだけでも、闇の攻撃は容赦なく降りかかってきます。一瞬の心のブレが命とり。感覚を研ぎ澄ませ、神仏とひとつになれるように心身共に完璧な状態に(自分なりの精一杯の状態に)整えます。旅のスケジュールを決めている時に既に神事は始まっています。

035_201309141028030c9.jpg


Check

カテゴリ: 東北(2013年)

[edit]

TB: --    CM: --

« いってきま~~~す\(^▽^)/ «  prev  |  next  » 東北へ(2013年)  その2 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん