マイル換算率

むすひ

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

八丈島 

Posted on  2013/06/17 Mon. 14:50   
ブログ更新できず、何日もたってしまい、「ブログ更新されてないけど、どうしたの?」と心配メールが来てますが(心配おかけしてすみません)ちょっと寝不足疲れ気味ではありますが、元気で楽しく過ごしています=*^-^*=

うちのワンちゃんが元気なくなりなんだか様子がおかしくなってしまったので、病院へ。血液検査、レントゲン、超音波・・・といろいろな検査のため毎日通院⇒手術⇒入院となりバタバタしていました。脾臓に腫瘍ができていたため摘出、現在入院中です。一方では、友がうちに引っ越してきて、家族が増えました。市役所に行ったり、バイクを買いに行ったり・・・いろいろバタバタ。その間にも、10人のお客様がいらしてお茶して楽しむということもありました♪神事も順調、あちこち行ってます。

まずは、6月9日と10日八丈島のことを。記憶薄れていますが、ほんのちょっとだけ記しておきます。伊豆諸島へ行く必要があると感じたのが、今から約2年前。その時は、神津島へと感じました。活発化した富士のエネルギーを外に抜くために、富士と繋がっている神津島へ行かなければならないと神々からメッセージいただいてました。しかし、そのタイミングを逃してしまい、仲間だけが行くことになったのです。それ以来、ずっと気になっていました。いつか行かなければならない!と。そして、まずは八丈島へ行く!と決定。その決めた当日のこと。仲間から連絡がありました。「どこだかわからないけど、みゆきちゃんが伊豆諸島に行かなければならないって感じるんだけど、みゆきちゃんは何か感じる?」と。まぁ~いつものことなのですが、あまりのタイミングの良さでビックリしますね(笑)「うん、伊豆諸島に行く必要有り!って感じてるよ。八丈島だよ!」と返事。しばらくエネルギー・神々を感じていた仲間「はうん、そうだね。八丈島だ!」ということで、八丈島行きが決定したのです。訪れたところを順番に書いてみますね。(6月9日)八丈富士⇒大神宮⇒護神神社⇒横嶺山薬師堂⇒優婆夷宝明神社(うばいほうめいじんじゃ)⇒三嶋神社⇒裏見ヶ滝⇒(6月10日)弁財天⇒優婆夷宝明神社(2回目)⇒港の明神⇒沖の明神⇒海で亡くなった方々が祀られている碑⇒金比羅神社⇒諏訪神社⇒青ヶ島石場⇒(6月11日)優婆夷宝明神社(3回目)⇒三嶋神社(2ヶ所)

こんな流れでした。1000年以上の古さと言われる優婆夷宝明神社では、たまたま宮司様がいらっしゃり、社務所で2時間も貴重なお話を聞くことができました。神々・人々・日本・地球のことを深く考えて守ってくださってる素晴らしい方です。御縁いただけたことに心から感謝しています。

八丈島への旅は、1泊2日の予定。夕方、予定通り空港に行きました。ところが・・・天候不良のため、着陸できず、飛行機は羽田空港に引き返してしまい、欠航(*゚0゚)欠航となった時「あっ 三嶋大明神さま(*゚0゚)!! やっぱりやり残してしまったから?」実は、三島神社は3ヶ所行く!と最初決めたにも関わらず、1ヶ所だけ行って、あとの2ヶ所はやめてしまったのです。大変気になりつつ、心残りのまま空港に行ったです。飛行機に乗せてもらえなかったので、次の朝行ってきました。やっぱり、魂に響いていることを実行に移さないと、こういうことになりますね(-_-;)もちろん、三嶋大明神さまには、深く深く謝罪しました。

1日目の夜の三嶋大明神さまからのメッセージ



我、三嶋大明神なり

この度、八丈島にそなたたちを導いたのは、八丈島と富士をしっかりと繋いで欲しいのです

出来ることなら、うばいの神の所に出向き、そことも富士を繋いで欲しい

八丈島の富士と富士山、うばの神社と富士山、それぞれを繋ぎ、天からも地からも富士に繋がりをと願っている

何故なら、富士の山のエネルギー分散のため 少しでも、力となればと思っておる

富士には、富士の神おりて、助けたいのだ

まだまだ 日本  繋ぐべき地たくさんあるぞ

鹿島ともしっかり繋がった

日本の繋ぐ地、神々みな 導いておる

これからも、日本のため、人々のため、力を貸して欲しいと思っています


遠くの地まで、ありがとうございます


三嶋大明神より




八丈富士からの眺め
013_20130617145915.jpg

八丈富士では、こんな感じで祀られてます
020_20130617145953.jpg

優婆夷宝明神社
038_20130617150154.jpg

玉石の石垣が多いです六方積みという石の積み方で、ひとつの石を中心に、どの石をみても周りが六個の石で囲まれているそうです。
039_20130617150842.jpg

優婆夷宝明神社の蘇鉄
040_20130617151208.jpg

031_20130617151312.jpg

029_20130617151359.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 冠島・沓島・真名井 その3 «  prev  |  next  » 磯砂山(いさなごさん) »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん