マイル換算率

むすひ

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

右と左 

Posted on  2013/05/22 Wed. 23:28   
何年も前から気になっていたこと・・・

どうして右には神仏のメッセージが来て、左にはご先祖様や守護霊様のメッセージが来るの?ってこと。神棚の右側の榊が枯れると、ん???神仏から何のメッセージ?と神仏に意識を合わせて読み取ろうとしていたし、左側が枯れると、ご先祖様から何のメッセージだろう?とご先祖様に意識を合わせる自分がいました。体へのメッセージも同じです。最近、また そのなぜだろう?の想いが膨らみ、なぜか?を理解したいために太陽系のことや惑星のことやいろいろなことを調べていたのですが、答えは出ませんでした。

でも、今日、月山の(山形県)宮司さまが教えてくださいました。(現在の宮司さまではありません。既に天に還れているので、この世の方ではあ りません。いつの時代の方かまでは、確認していないので、わかりませんが・・・)


以下、宮司様のお言葉です。


陽=神仏   陰=ご先祖様     舞台の下手と上手なども、下手が左側、上手が右側。神の手が、右側なのです。 例えをだしてみましたが、、わかりますか? そうそう、右に出るものはいないなどの言葉もあるように、右側というのは、大きな存在、敬愛する存在という考え方もありますね。左側には、心臓があり、守るのは右手。 右は神。 神は、自分でもありますが・・・ 説明が上手くできなくてごめんなさい。今日は、幾つか例えを出してみました。 わかりますか? みゆきさん。

※説明が上手くできなくてごめんなさい・・・というのは、その前にアマテラスを例に説明してくださったのですが、私の理解力のなさで、よく理解できず、再度質問したからです。宮司さまに謝られてしまったので「宮司様の説明が悪いのではなく、単に私がバカ過ぎるだけで理解力がないだけです。すみません・・・こんなアホすぎる私に丁寧に説明してくださってありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いします」と言うと・・・

とんでもございません。私の方こそ、上手く説明できず、申し訳ありません。 人が、体と心に身についているおもてなしの心が、神を大切にする思いと行動にもなっていますね。車もそうですね。日本人は、運転席の後ろの席に座るのも、神。料理を出すのも、左側の後ろからです。これも、わかりやすいたとえですが・・・日本人は自然とおもてなしが出来ているんですね(^^)

だそうです。

月山の宮司さま、とっても素敵なんです(^^)本当に謙虚で柔らかくて上品で、なんと優しいお方なんだろう!と、毎回感動なのです。いつでも、なんでも聞いてくださいと仰ってくださるので、最近は神道の質問があると聞くことにしています。でも、まずは、自分で調べたり考えたり努力をしてからです。たくさんのことを学び、その知識を日本・地球の立て直しにいかしていけたらと思っています(^^)

014_20130522234402.jpg




Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 愛はとても温かく優しいもの、しかし厳しくもあります «  prev  |  next  » 兵庫県と徳島県へ »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん