マイル換算率

むすひ

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

 

Posted on  2013/05/15 Wed. 18:10   
ここ数日、友達の守護霊様も加わっての会話をずっとしているのですが、大爆笑の連続。笑いの中でも私たちの知らない世界・神仕組みなど、かなりいい勉強もさせていただいてます。
そんな中で、今日、ちょっと心に残った言葉。

私が「過去の記憶とかも戻ったり、宇宙のこと天のことなどもっと見通すことできたら、地球や日本の建て直しするのに、もっとわかった状態でできるんだけどなぁ~あまりにもわからないこと多すぎるわ~」と発した後の天からのお声は以下でした。

『わからない方が、自分の頑張りがないと進まないと思いませんか? 全てわかってしまったら、探究心もなくなり、その場で事は終わってしまうでしょうね。未知があるから、人も輝けるのですよ』と。

その通りですよね。わからないからこそ、頑張れる。その努力が大切。

2011年4月2日に書いた日記の一部を再掲します。

『人の昇沈(しょうちん)は定めて道にあり』ちょっと難しいかもしれませんが、空海の言葉です。人が向上するか、落ちぶれていくかは、必ずその人の生き方とか学び方とかに関係があり、どのように道を進むかにかかっています。「道」とは到達点に向かって進んでいく過程を示しています。最終目標である、到達点に辿りつくことが大切なのではなく、そこに到達するまでの努力や心がけが大切であって、その努力がその人の個性になり、強さになり、力となり、徳(他人を敬服させる人格の力)となります。最初は小さな流れでも、その流れがいくつも重なり大河ができます。努力と根気の積み重ねが、その人の道を作っていきます。どの人も、生まれたときに真っ白なキャンバスを与えられていて、そのキャンバスに何を描くかは、その人の自由。神様が、その人の人生の流れを決めているわけではありません。与えられた、わずか数十年の時間をどう生きようと、全くの自由。どんな知識を入れようと、その知識を生きた智慧として生かせなければ何のための知識なのか・・・

それぞれの方が素晴らしい道を歩み、輝く人生を送れますこと、心からお祈りしています。

029_20130515184427.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 神島  その2 «  prev  |  next  » 魂 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん