マイル換算率

むすひ

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

凡聖不二 

Posted on  2013/05/11 Sat. 13:23   
あるブログを読んだ瞬間・・・私も行くことになるな・・・と感じました。その感覚は間違いないことが、後で判明。その後、ある方からメッセージいただきました。『空海様と○○に行って、○○の御霊をお連れしてください。みゆきさんにしか出来ないお仕事です・・・物事の変革の時は、たとえ悲しくとも覚悟が必要です・・・その第一歩への断腸の決断であることをお伝え致します。』事が大きすぎて、日本を大混乱させることになるので、ブログでは公開することができません(すみません)日本、地球の流れを大きく変えることになる、引き金を引きなさいと言われ、心はちょっと複雑。たんたんと受け止めることができましたが、その内容はぶっ飛んだもので想像もしなかったことです。少なくとも私にとっては・・・しかし、そのような流れが始まっている片鱗は時々みさせられていまた。ただ、それが一柱の神だけのことでなく、全部の流れを変えることになると言われると転地がひっくり返る感じで・・・それでも、動揺することもないし、心がブレることもないし、自分の中にストンとすぐに落ちました。確かに空海ぐらいの力を持っている者しかできないことだったし、私もある方から数年前に告げられていました『断腸の決断をする時が来ます。決して迷わないで下さい・・・』と。私には、その神様と深い関わりがあるので、気持ちも複雑でした。人間や地球に対する愛の深さを痛いほど知っていましたから・・・事を決意してから、その神様に意識を合わせるたびに涙が出ました。胸がものすごく痛かったです。神の痛み、悲しみ、それはそれはもの凄いです。今回の神事は、日本中の御神事を大きく変え、大きな流れを生むもので肝心な御神事でした。大きければ大きい程、命を失う危険性があるので、最悪、命をとられるかも・・・とも思ってました。その覚悟はしていましたし、そうならないように、心も体も完璧な状態で臨める準備をしていました。闇(邪)な存在に入られる隙を絶対に作らないように、常に精神を穏やかなブレない状態を保っていました。車で現地に向かうのにも、事故に合わないように細心の注意、首には直径1センチの水晶が108個ついている数珠をかけて出かけました。(普段、この数珠をはめることはほとんどないですが、今回ばかりは、ちょっとはめて行った方がいいと判断しました)事が大きければ大きい程、魔の攻撃はそれはそれは凄いのです。阻止しようとするエネルギーは半端じゃなく、命さえもっていきます。自分は大丈夫でも、家族にも猛攻撃がかかりますので、守りきれなければ、やはり事故に巻き込まれたり命をもっていかれます。

無事に神事終了したことでホッとしています。無事に終えることができたのも、神仏やご先祖様の見守り、そして皆様の応援・祈りのお陰と思い、心から感謝しています。いつも いつも本当にありがとうございます!!

今回のことで、これからの神事、場所によって祈り方も変わってきます。なぜ、空海がこの時に、この世に降りてこなければいけなかったのかの理由もはっきりわかってきました。遠い遠い昔、神代の時代から決まっていたこと・・・その流れにしていく時がきたのです。空海でなければできないことも、まだまだあります。理解した者として、良きパートナーとしてお手伝いができればと思っています。

神も仏も人間も、全て元ひとつ。神や仏は私たちの中にいらっしゃいます。

『山川草木悉皆成仏(さんせんそうもくしっかいじょうぶつ)』あらゆる生きとし生けるもの、この世に存在する全てのものが仏になれる。『凡聖不二(ぼんしょうふに)』迷える凡夫と悟った仏は不二である。別ではない。

神仏が安心して天から見ていることができる世の中にしていきたいですね(^^)
025_20130511134234.jpg

Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 神島(三重県鳥羽市)  その1 «  prev  |  next  » 神島  その2 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん