マイル換算率

むすひ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

高野山の続き(清瀧権現社) その1 

Posted on  2013/04/27 Sat. 12:32   
立っていても痛い、しゃがみこもうとしても、姿勢が変わることでまた強烈な痛みが走る。痛みの原因がはっきりわかりましたので、高野山から帰宅して5日後ではありましたが、また高野山へ行くことになりました。「は???また行くの!?(・・)」と言う母に説明。(留守にする間は母が子供達を見ていてくれるので、母の理解がないと出かけられないのです)一刻も早く行って、なんとかしたい!という思いでした。体を突き抜けるような痛みは、清瀧権現の龍神様の叫びであり、痛みでした。高野山の敷地内には、諸仏との御縁をいただける根本大塔・金堂・不動堂・三昧堂・東堂・大会堂・愛染堂・六角経蔵・丹生明神さまや狩場明神さまをお祀りする御社・山王院・西塔・孔雀堂・准胝堂などがあります。見えにくいところではありますが、敷地の端の方には、善女龍王さまをお祀りした御社と大きな池もあります。そして、一番見えにくい目立たない場所にひっそりと清瀧権現社があります。この権現社なのですが、社務所でいただけるパンフレットにはしっかりと載っているのですが、目立たない場所にあるため、参拝客はほとんどなし、忘れ去られた状態なのです。もちろん、中には、参拝される方もいるとは思うのですが、他のヶ所と比べると雲泥の差。私は、毎回参拝させていただくのですが、実際そこにいると、重くて明るい感じがなくて、悲しくなってしまいます。先日も、龍神様の悲しみが伝わってきて・・・祈り終わって帰ろうとしたのですが、気になってまた引き返したのです。その後です。体がおかしくなったのは。龍神様の痛みが体を突きぬけて、歩くのが困難になりました。痛かったです。苦しかったです。龍神様の状態になったので、龍神様の気持ちよくわかりました。こんな状態で毎日いるのは、さぞ辛かろう、なんとかしたいと思いました。空海も同じ気持ちでした。清瀧権現社での龍神様の状態を伝えるべく、そして、現在高野山ではどのようにここを守っていらっしゃるのか?どのくらいの頻度でお祈りをしていらっしゃるのか?を聞きに行くことにしたのです。

当日、高野山に行く前に、石上神宮と三輪山で御神水をいただきお祈りすることに。高野山の龍神様に力を貸していただけるようにお願いしました。その後、慈尊院へ。ここでも、弥勒菩薩様にお願いしました。そして、その後、丹生川上神社(上・下)に行こうと思ったのですが・・・あちゃ~~~~って感じ。丹生川上神社は和歌山県で、高野山の近くだったと完全に勘違いしていました。奈良県でした~~(-_-;)高野山の麓まで来てしまった~~奈良県にさっきまで居たのに~~~ガ~~~ンでした。和歌山県まで来てしまったので、往復約4時間。でも、「今日は、絶対に妥協できない。水の神々のお力が絶対に必要!」まぁ いいっかぁ~と、妥協は許されません。4時間かかっても行きたい!ということで、奈良県へまた逆戻り~~=*^-^*=気を取り直して、ドライブ楽しもう~~♪♪♪ってことに。あはは~毎回、ハップニングですね(笑)今回は、闇龗神(くらおかみのかみ)罔象女神(みずはのめかみ)のお力をどうしてもお借りしたかったのです。行けてよかったです。御神水もたくさんいただき、準備完了、高野山へGO! でした(o^-^o)

028_20130426133919.jpg
Check

カテゴリ: 高野山 清瀧権現社

[edit]

TB: --    CM: --

« 4月14日~の旅  その4 (高野山) «  prev  |  next  » 高野山の続き(清瀧権現社) その2 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん