マイル換算率

むすひ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

長福寺(茅ケ崎市) 

Posted on  2013/02/22 Fri. 09:57   
茅ケ崎市のどこかから呼ばれていると知ったのは、前回神奈川県に行った、1月30日頃。でも、どこなのかがわからない。その後・・・お寺であること判明⇒でも、どこのお寺なのかがわからない⇒2月13日 観音様のメッセージを仲間が受け、長福寺であること判明。

以下、観音様のメッセージです。

茅ヶ崎のお寺は、長福寺です

そこに薬師如来さまがおります

トランブレーみゆき氏と繋がって欲しいと存じます

繋がりによってとても大きな力となります

また、その寺の西側に 光を待つ霊がおります

どうか、光となり人々に光を与えられるように 力を貸してください

よろしくお願いします

観音より

メッセージを受け、本当に長福寺という寺があるのか、そしてそこに薬師如来様がいらっしゃるのか?どうして観音様からメッセージが来るのか? お地蔵様 お地蔵様・・・と来るけど、本当にお地蔵様がいらっしゃるのか?西側と言われてる場所に何があるのか?何がなんだかよくわからないのです。ということで、ネットで調べたらやはり長福寺ありました。でも詳しくわからないので、電話して聞いてみることに。観音様が仰る通り、御本尊様は、薬師如来様でした。そして、お地蔵様もいらっしゃるということで。でも、西側にあるのではない・・・ということで、混乱。西側とはいったいどこから見て西側なのか? 行けばわかるかな・・・という感じで足を運びました。(後ほど、わかりました。西側とは、本堂の前に立って、西側ということを伝えたかったと観音様からメッセージいただきました)当日、長福寺で、あちこちウロウロチェック。お地蔵様は確かにあるけど、観音様の仰る御霊たちがいらっしゃらない・・・。う~~ん、いったいどこ???本殿西側にも回ってみたのですが、そこにもいらっしゃらない・・・よくわからず、まずは、本殿で薬師如来様に感謝のお祈りをすることにしました。ご挨拶済んだところ、外に居た仲間が、観音様と御霊たち発見! 死角になっており目立たない場所にいらっしゃいました。英勝寺と同様、傘の下にロウソクやお線香やお弁当をお供えして、お祈りをさせていただきました。首のない悲しい想いの観音様とその悲しい想いに引き寄せられている御霊たちの波動が、なんとも悲しくて・・・悲しい想いで立ちつくしているところに、住職様がいらっしゃって、最初は不審者?と勘違いされたのですが、事情を説明したら理解して下さいました。観音様の悲しい想いと、私たちの想いをお伝えしたところ、優しい住職様は、首の修復をする方向でいきますと仰っていただけました。寺務所に入ってお茶をいただき、いろいろなお話しもして下さり、思いもしなかった御縁もいただきました。本殿の下にいらっしゃる不動明王様のところにも特別に案内して下さり、ロウソクを灯しお祈りさせていただけたのです。お土産までいただき、素晴らしい御縁をいただけたことに感謝の想いいっぱいで長福寺を後にしました。

次の日、長福寺の観音様からメッセージいただきました。

昨日は、私を見つけてくださり、手を合わせてくださり、ありがとうございました

私の思いに同調する御霊たちの心にも光を与え、天に還すお手伝いをして頂き ありがとうございました

御霊たちは、いつも地蔵菩薩さまに 愛を与えて貰い 安らぎを頂いていました

でも、その繰り返しでした

私は、この場所にいるのが嫌なのではなく、ただ首がないというだけで

人々は怖がり、手を合わせて貰えず、存在さえも気づいて貰えずにおりました

でも、そなたたちの思いが住職の心に届き、私の思いをわかってくださる事が出来ました

住職からの大切にしましょうという思いが伝わってきて、とても嬉しく思います

今度、お会いできる時は 私は心からの笑顔でそなたたちを迎えます

本当にありがとうございました

何度も何度も伝えます

ありがとうございました

長福寺 観音より

素敵な観音様や素敵な住職様や素敵な薬師如来様がいらっしゃるこのお寺を訪れる方々が、癒され たくさんの光に包まれますことをお祈りします。

薬師如来様がなぜ呼んで下さったのか? その理由も感じていましたが、こんなメッセージをいただきました。

私は、薬師如来でございます


先日は、この地までお越し頂き ありがとうございました

そなたたちが私と繋がったのは、そなたたちの感じている通り

心の痛み、体の痛みを抱え 苦しもがいている人たちに

心の安らぎ、体の痛みを少しでも和らげる事が出来るように その力を授ける為でもありました

二人とも 現在右の膝が痛み、違和感がありますね

それは、右膝の痛みを抱えたものが、二人に助けを求めているのです

でも、二人に痛みが出たという事は、そのものは痛みが半減しています

本来ならば、その痛みは本人のものであります

二人が決して請け負ってはならない痛みです

でも、今回だけは、その痛みを本人に返す事なく、このまま そなたたちの痛みとして、無にしてくださいませんか

これは、今回だけですよ

これからは、痛みを感じても、本人の心と体が治すものです

そのお手伝いをそなたたちがしていくのです

心の痛みは、とても苦しいものです

良くなっても、また悪くなるの繰り返しです

でも、その繰り返しの中でも、少しずつ光りがさしていくものです

あきらめず、そなたたちも 一人一人の心に寄り添い、助けてあげて欲しいと思います

こちらに来られた際には、また私のところにも顔を見せてください

よろしくお願いします

長福寺 薬師如来より

実は・・・2月16日の朝起きたら、突然右足の膝が真っ赤に腫れて、熱を持ち炎症を起こした状態になって痛くなってたのです。痛くて正座もできず、普通に歩くと痛いので足を引きずった状態で歩いていました。明らかに水が溜まった状態ではないし(膝に水がたまったことあるので、どういう状態が水が溜まった痛さなのか知っているからです)どこかでぶったわけでもないし・・・傷があってバイ菌が入ってるわけでもないし・・・最近はおとなしくしていて山でハードな動きもしてないから、疲れからきてるのでもないことは明らか。全くの原因不明の痛みと腫れです。母や友達は、湿布をはっておきなさいとか病院に行きなさいとか言うけど、明らかに私の痛みじゃないことはわかってるから病院に行く意味もないし、湿布を貼る意味もない。長福寺や英勝寺に行く前だったから、天に還ってない御霊たちの中に、足を痛めて亡くなった方がいるのかな?と思っていました。でも、それは勘違いでした。仲間も同じ部分、右膝が腫れて痛みが出ていました。

優しい薬師如来様からお力を授けていただいたこと心から感謝しています。たくさんの方々が薬師如来様にも守られ、導かれ、癒され、光を増し、素晴らしい人生を歩まれることお祈りしています。

2月18日は、たくさんの地に行かせていただいたのですが、行く先々で、たくさんの神々から物凄い応援メッセージばかりをいただきました。いよいよ始まる鹿島神宮での神事への第一歩が次の日の19日。とんでもない数の神々の想いを神職の方々に確実にお伝えしなければならないというプレッシャーに押し潰されそうな日々でしたが、神々はそれを見抜いており(当たり前ですが)、その気持ちを和らげようとたくさんの応援メッセージを下さいました。本当に感謝しかありません。

鹿島神宮での話し合いについては、次の日記に記します。


長福寺
020_20130222102855.jpg



Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 英勝寺(鎌倉市) «  prev  |  next  » 高天原  その6 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん