マイル換算率

むすひ

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

紀伊半島  その5  

Posted on  2012/12/30 Sun. 11:36   
17 吉野山(如意輪時)・・・玉置神社に行く時吉野町を通過したのですが、後醍醐天皇のエネルギーがドバ~~っときて、涙がポロポロ、運転ができなくなってしまいちょっと落ち着くまで車停止。「はい、帰りに御陵に寄らせていただきます」と約束して、運転再開。そして・・・約束通り、数日後、如意輪寺にある後醍醐天皇の御陵を訪れました。初めての御陵にドキドキ。静かでとってもいいお寺でした。宝物館に入った時なのですが、入った途端、凄いエネルギーに包まれいきなり号泣。後醍醐天皇がいつもお祈りしていた蔵王権現の像や仏様があり、そこから発せられてるエネルギーと後醍醐天皇のエネルギーが混じり合って圧倒されました。如意輪寺・・・行けてよかったです(^^)「いつも一緒にいますよ」と」温かいメッセ―ジいただきました。後醍醐天皇、本当に紳士で品があって素敵です。

25日は如意輪寺で暗くなり時間切れ。さて?今日はどこでお風呂に入ってどこで寝ようか?・・・吉野山の上の方には、たくさんの旅館やお土産屋さんがあります。その中には日帰り温泉もあるかな?と期待しつつ、吉野山の頂上へ車を走らせる。それらしい所を訪れたり、聞いたりしたのですが、なかなかない。何軒かあたった後「あそこならやってるかも・・・」と情報を得て行ってみたら、立派な旅館(#^.^#)「これ高いんじゃないの???」と思いつつ「日帰り温泉やってますか?」と訪ねました。日帰り温泉は本当は2時までなのだそうですが、なんと特別に入らせて下さるということになり「キャ~~~~~嬉し~~~~い!ありがとうございます!」って感じになったのです。「お泊まり客の学生さんたちが入ってるからちょっと待ってね」と言われたので待つことに。「待ってる間、どこかでお食事してきます。お食事出来る所どこかないですか?」と聞いたのですが、ド~ンと大きな定食は食べれないので、何か軽いものが食べれる所がいいのですが・・・と。すると・・・「じゃ~私がここで作ってあげるわ」と仰る。「え!? いいんですか? 私、こんな立派な旅館に泊まれないのですが、お風呂とお食事だけでも本当にいいのですか?」とお聞きしました。でも、女将さんはい「いいの いいの」と仰る。ということで、めでたく、温泉とお食事ができることに。一部屋空けて下さり、暖房も入れて下さり、温かいお食事とお風呂を感謝 感謝でいただきました。お月さまが見える素敵な岩風呂、天然温泉。素敵な時間を過ごし、お金を払い旅館を出ようとすると、「お食事代はいいです」と仰る。「いえいえ 受け取って下さい。こんなによくしていただいて払わないわけにはいきません・・・」すると、今度は「お部屋空けますので、泊まってってもいいのよ。お金はいらないから・・・」と(*_*)びっくりでした。1泊15000円もする素敵な旅館にただで泊まっていいと言われて、大変恐縮。外は氷点下、こんなに寒い中、車中泊すると知って不憫に思ったのでしょう。女将さんの温かいお気持ちで心が温かくなり、心から感謝しました。強く強く勧められましたが、そこまで甘えることはできず、丁寧にお断りし、感謝の気持ちを伝えて、その日も車中泊(^^)寒いでしょうからと、ホッカイロを2つくれたので、ポカポカで寝ることができました。感謝。

12月26日

18 金峯山寺蔵王堂・・・私の大好きな金剛蔵王権現さまの元でお祈りできて嬉しかったです。修験道なので、朝の祈りは法螺貝で始まります。なんかいい感じ♪三体の御本尊様は、左尊(弥勒菩薩)、中尊(釈迦如来)、右尊(千手観音菩薩)とされていますが、真実の御本尊様は、左尊(植物の元生産親)、中尊(人間の元生産親)、右尊(動物の元生産親)の御姿。

19 吉水神社・・・世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一つ。もとは金峯山寺の僧坊・吉水院(きっすいいん)だったが、明治維新の神仏分離(廃仏毀釈)により、神社となる。後醍醐天皇を主祭神とし、併せて南朝方の忠臣であった楠木正成、吉水院宗信法印を配祀。

20 金峯神社・・・吉野山(858m)の頂上・青根ヶ峯から500mほど下ったところにあります。

21 吉野水分神社・・・創(青)根ヶ峰の頂上で、植物・動物・人間三位一体の神霊真力氣を三津(みっつ)の岩石を並べ、人類人間が自然界に感謝する御祀りされたのが信仰の始まりで、その後、大丹生家(おおにゅうけ)すめらぎ天皇の命(めい)により、分家の丹生家三十六名で、交替制を以って先祖類大にて御祀りしていました。が・・・長い歴史の中で、いろいろあり、下に降ろされてしまい、現在この地に吉野水分の神に変えて三十六社として祀られています。

吉野水分神社の前に住むおば様に今年も会えるかな?って楽しみにしていきました。連絡も何もとってなかったし早朝だったのですが、私が到着したら、神社の前に立ってました(^^)「連絡とらなくてもやっぱり、会える人は会えますね。」この方との出逢いは数年前。初めてこの神社を訪れた時、神社前の道をお掃除してました。御奉仕で毎日そこのお掃除をしているとのことでした。ここを訪れる人々が気持よく参拝できるように・・・との気持ちでいつもお掃除されているそうです。いろいろお話ししている中で、是非情報が欲しいということで、自宅に帰ってから資料をお送りしたのです。そしたら、たくさんフルーツを送って下さったのです。そんな御縁で、吉野に行くたびに、この素敵なおば様に会えるのを楽しみにしているのです。今回もいろいろな種類のフルーツやお菓子などがいっぱい詰まったお土産を2袋もいただいてしまいました。途中で飲みなさいねと、お茶やコーヒーまで持たせて下さって。本当によくしていただいて感謝です。いつも いつも皆様のためにお掃除して下さるこのおば様に心からの感謝の気持ちを伝えてきました。そして、地球・日本を良くしていくためにこうして意識繋がり、それぞれの地を整えていくこと一緒に頑張っていきましょうね!と約束してきました。「吉野の地をお願いします。私は愛知県担当なので、あちらで頑張ります」って言ったら「はい、吉野の地ならできますので、頑張ります!」って仰って下さいました。本当にありがたいことです。感謝。

22 吉野神宮・・・初めて行かせていただきました。後醍醐天皇が祀られているとは知りませんでした。

24 鴨都波神社・・・大好きな神社、4ヶ月ぶり。

25 橿原神宮(神武天皇)・・・初めて行かせていただきました。敷地広くあまりに大きくてかなりびっくり(*_*)これほど大きなところとは知りませんでした。橿原神宮は御縁深いのですが、一度も足を運んだことなくて、やっと行けたって感じ。1年に一度、伊勢神宮・明治神宮・橿原神宮・砥鹿神社の宮司様たちと同じ席に座り、20人程で神事に参加しているので、一度は橿原神宮にも行きたいと思っていました。
そういえば・・・神宮の本殿に向かおうとした時のこと。だだっぴろい敷地のド真ん中で「すご~~~い!」と感動しながらキョトキョトして立っていたのです。そしたら、遠くの方からひとりのおじいちゃまがこちらを見て、声をかけながらこちらに向かってくるではないですか(・_・)どう見ても私の方を見てるし、なぜかニコニコして向かってくる。「ん? 私? あの方誰? 知らないおじいちゃまだし・・・う~~ん、わからん(・_・)」でも、待ち合わせしてるかのようにこちらに向かってくる。なぜか私のところまで来たら「こんにちは~」とニコニコ世間話始まる。なんだかとってもかわいいおじいちゃまで、とってもいい感じの方。そして、なぜか一緒に参拝することになる。まっ よくあることですが(笑)今日もかぁ~と思いつつ、出逢いに感謝しながら地元の方と一緒に参拝するのを楽しみました♪

26 崇神天皇御陵

27 聖武天皇御陵

28 東大寺・・・以前、メッセージいただいた時、大仏様から「また来て下さい」とのメッセージいただいていたので行ってきました。鹿も他も全部スル―で大仏殿目がけてダッシュ!


今回の関西の旅はこれで終了です(^^)今回もいい祈りの旅となったことに感謝です。

057_20121230151702.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 紀伊半島  その4 空海 «  prev  |  next  » メッセージ »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん