マイル換算率

むすひ

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

紀伊半島  その4 空海 

Posted on  2012/12/29 Sat. 11:54   
友達がDVDを貸してくれました。
「イエスマン」は面白くて笑いすぎて涙がこぼれた。「里山(命めぐる水辺)」は、命の煌めきがあまりに素晴らしすぎて涙がこぼれた。「マトリックス」は宇宙、地球、空海、密教、キリストを感じて涙がこぼれた。

マトリックスは今から約10年程前に出た映画だと思いますが、映画もテレビも全く見ない私なので、マトリックスがどんな映画かを全く知りませんでした。かなり時代遅れの私です(笑)マトリックスはかなり激しい部分もあり、泣くような映画ではないようなのですが、私には、この地球の成り立ちというか真理を含んだ映画にしか感じられなくて、空海が密教で教えようとしていた真髄が入っているように感じられ、胎蔵界と金剛界が渦巻き、映画終わった途端、涙 涙だったのです。友達は「マトリックス観て泣く人も珍しい(笑)」とコメント。

先日、空海からメッセージをいただいたのですが、そのメッセージは確かにふむふむと頷けるものではあったのですが、「違うでしょ!? 私にはもっと言いたいことあるでしょ!? 本当のこと教えてよ! 空海の苦しみ 悔しさ 悲しさ・・・本当に言いたいことを言って!」とお願いしたのです。空海が言葉で伝えて来なくても、魂の奥にある想い、私にはわかってました。彼が苦しく 悲しく 悔しい想いをずっと持ち続けていることを・・・

実は・・・今回、高野山に行ったのはある覚悟をして、空海にそれを伝えるために行きました。

このメッセージは、かなり個人的なものであり人々を混乱させてはいけないという想いから、公開するつもりはなかったのですが、空海の意思もあるので公開することにしました。


メッセージは特に、私個人的なものではありますが、メッセージの中に彼の想いが入ってますので感じ取って下さい。



我 空海である

我は この日本が好きで、この山が好きである

我と一体となりたいと心の底から思ってくれること とてもありがたい

心から感謝します

我 人々を迷わせていぬか

我 人々を過酷な日々にしてはいぬか

我のようにと 己の体と心を通して、痛みを得て 人として成長しようとしていぬか

我のように どんなことも耐えぬこうとしていぬか

人はみな 人を思い合い 喜び合い 生きていくのが望ましい

どうか、もう自らのその体と心を痛めぬようにと願っています

トランブレーみゆきよ

我と共に生きてくださるか

生きて 生きて 生き抜いてくださるか

我の人々に伝えたい思いを共に一つとなり 伝えてくださるか

我の悲しみと悔しさを 共に一つとなり、愛に変えてくださるか

そなたは 我と共に生きること後悔せぬか

先日のみなの思い、とても嬉しく涙こぼした

我の思いを受け取り、みなが力を合わせてくれることが、どんなに我に光を与えてくれたことだろう

心から、皆に感謝します

トランブレーみゆきよ

そなたの迷い消してくれぬか

そなたの疑い消してくれぬか

我は そなたと一つになり、この世でたくさんの人々にまた気づきを与えたい

気づきを与え、我もまた学び続けたい

どうか、この思いがそなたの心に届くようにと思っています

我もそなたと共に力を合わせ、日本を 人々を 地球を守り通したい

そなたの力になりたい

そなたもどうか、我と共に生きてください

命があれば出来たこと、たくさんあるだろう

体が自由であれば、もっと何か出来たであろう

我は人が好きである

だからこそ、人を幸せにと願っている

トランブレーみゆきよ

我と共に生きてください

よろしくお願いします

この時を迎えられたことに、心から たくさんのものに感謝します


空海より




「そなたの迷い消してくれぬか そなたの疑い消してくれぬか」・・・
これは、2012年1月23日に空海との間に起こった出来事なのですが、事実自分の身に起こったことなのですが、あまりに信じがたいことだったので、未だに半信半疑の状態だったのです。自分だけなら、勘違いということもあるのですが、何人もの関係者が関わってるし。でも、その日、空海の悲しさ 苦しさ 悔しさ 辛さを全部受け号泣。槍で胸を突き抜かれたような状態になり、10日程状態がおかしくなり元に戻るのにちょっと時間がかかったのです。空海がどうしてそういう心の状態なのかは、もしかしたら本人がこれから私を通して語っていくことになるかもしれません。空海が体の中に入り一体となるということは、彼のその苦しさも 悔しさも 悲しさも全部背負うということになります。だから、空海は私に確認してきました。「そなたは 我と共に生きること後悔せぬか」と。最初からそのつもりで高野山に行っているので、後悔などしません。心は決まってます。

空海と共に 生きて 生きて 生き抜いて 地球・日本の立て直し一体となって頑張ります(^^)



善女龍王(高野山)
044_20121229124208.jpg
Check

カテゴリ: 空海

[edit]

TB: --    CM: --

« 紀伊半島  その3  空海 «  prev  |  next  » 紀伊半島  その5  »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん