マイル換算率

むすひ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

恵那山(岐阜県・長野県) 

Posted on  2012/12/06 Thu. 18:16   
昨日は、長野県と岐阜県にまたがる、木曽山脈(中央アルプス)の最南端、恵那山(えなさん)に行ってきました。
ゆき~~~~凄い雪でした(*_*)
中津川のIC降りてすぐの気温は、1度(・_・)まだ山に登る前の平地で、この気温です。
予定地の登山口に車で行こうと思ったのですが、「凍結!冬期通行止め!」でした。先の方をちょっとチェックしてみたのですが、表示の通り、雪はあるし、バリバリに凍ってて、やはり無理っぽかった(・_・)覚悟はしていましたが、やっぱり下から登るしかないのか・・・って感じで、普通なら車でピューンってところをひたすら山道をテクテクです。予定していた登山口に辿りつくまで随分歩かなければならなかったので、余分な時間がかかってしまいました。冬の登山はやっぱり厳しいわ~。上に行くに従って、どんどん、雪は深くなる。「雪山に登るなんて、とんでもない!無理!無理!」といつものように母に止められたのですが「行ってみなければわからないし、やってみなければわからないでしょ?やる前から無理だ!って決めないで・・・大丈夫、無理しないし・・・限界まではやらないから・・・軽く登ってくるだけだから・・・」とお許しをもらって出かけました(^^)
当たり前ですが、10メートル20メートル30メートルと高さが変わると景色もどんどん変わって行くのです。雪の量も、気温も、木々の様子も・・周りは誰ひとり居ない。し~~~~ん、と静まりかえった世界。雪の上についているいろいろな動物たちの足跡を見ながら「これは、うさぎかな~? これは、鹿? これは、いたち?ん?これは、きつねかな? タヌキかな?・・・」と足跡ひとつで、動物たちのことを想像しながら楽しめるのです。「もし、おおっきな足跡があったら(熊)どうしよ~(・_・)」とも思いました。でも、この時期熊は冬眠かな?
登山口には「熊出没注意!」って書いてあるので、いつも覚悟しているんですよ。運が悪ければ、ガオ~~~って食われて死ぬ覚悟。あはは~私は山奥深くにいつも入り込んでいるので、その可能性大なのです(#^.^#)
今回のコースは普通に行っても、1日がかりのコースだったのですが、下から登ったので、かなりピッチを上げて登る必要がありました。でもね・・・雪があるから思うように歩けないのですよ。滑るし、こけるし、木に触れるとドサッと頭に雪は落ちてくる・・・雪道は登るのにコツが要ります。登る時は、つま先を雪にズボっと突っ込むような形でひっかけないと、滑り落ちる、で、下山の時は、かかとに重心を置いて滑るのです。歩くと言うより、滑り落ちるって言った方がいいかも(笑)調子に乗ってると、勢いついて、転がり落ちるので要注意。とっても楽しいです♪♪♪
でも、崖っぷちのある登山道の場合、横にバランス崩したらそのまま下まで転落となるので、その場合は気をつけなくちゃいけませんね。体力は雪なしの時より、2倍以上は必要ですし、寒さも氷点下となり厳しいので、体力・精神力共につけてから挑戦した方がいいかな(^^)1日歩き続けましたが、さすがに登山客はひとりもいませんでした。
まる1日がかりのコース、しかも下から、おまけに雪でしたから、パワー全開で歩きました。この時期、4時半には暗くなり始め5時には完全に暗いですから、何がなんでも、4時半には下山しないとマズイのです。暗くなったら、道がわからなくなり、遭難し、凍死しますからね。だから、絶対に無理しない! が鉄則です。遅くとも12時半になったら、たとえ頂上に辿りつけなくても絶対にユーターンして下山し始めると決めていました。判断を間違えると目の前は「死」です。いろんな意味で、死ぬ覚悟でやっていますが、できれば、死ぬことなく事をやらなければなりません。周りに悲しい想いをさせてはいけないですからね。だから、無理しないようにおとなしい動きにしています。
あっ そういえば、2000メートル以上の所を登ってると、アクエリアスが凍るのです(*_*)飲もうとしたら、全体がシャーベット状態になって、飲み口は氷で塞がれてしまってるのです。ヒャ~~~~~~ここってこれほど寒いの!? 体が冷えてるのに、こんなの飲んだら余計に冷えちゃうって感じ。まるで冷凍庫ですね(-_-;)

夏よりちょっと厳しくはありますが、体があることに感謝し、神事やらせていただけることに感謝し、神々・応援して下さってる皆さまに感謝し、これからも頑張りたいと思います。

今回、信濃国・美濃国を繋ぐ山でお祈りでき、あちこちと繋がったことに感謝します。



いつも応援して下さってる皆さまに、感謝の想いを込めて素晴らしい雪の世界をプレゼントします。



真っ白な世界、本当に美しかったです
039_20121206211102.jpg

北アルプス、中央アルプス、南アルプス、富士山などが見えます
053.jpg

これ、なんの足跡でしょうね?
055_20121206211358.jpg


020_20121206211453.jpg

ちょっと休憩お遊びタ~~~イム、雪だるま作ったの(^^)
015_20121206211542.jpg




Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« 伊吹山 «  prev  |  next  » コ ホ ヂ »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん