マイル換算率

むすひ

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

冠島 

Posted on  2012/11/30 Fri. 10:58   
この3日間また祈りの旅に出ていました。
今回は、こんな流れ。

氣比神宮(福井県敦賀市)⇒常宮神社(福井県敦賀市)⇒若狭姫神社(福井県小浜市)⇒若狭彦神社(福井県小浜市)⇒京都府舞鶴市教育委員会 社会教育課(京都府舞鶴市)⇒地元の関係者様宅(京都府舞鶴市)⇒籠神社(京都府宮津市)⇒真名井神社(京都府宮津市)⇒元伊勢内宮(京都府福知山市)⇒天岩戸神社(京都府福知山市)⇒元伊勢外宮(京都府福知山市)⇒鞍馬山(京都市)⇒貴船神社(京都市)⇒伊吹山(滋賀県)⇒美濃国一宮南宮大社(岐阜県不破郡)

それぞれの地で感じること有りでしたが、一言で言うと「しっかり繋がった!よかった!」と言える祈りの旅になりました。

行き先に、京都の教育委員会が入ってて「あれ? 教育委員会に何しに行ってるの?」と思われた方がいるのではないかと思うのでちょっと説明しておきたいと思います。私は数年前から、よく教育委員会や市のいろいろな課と関わって事をやってきました。日本をよくしようと思ったら、必要に応じて、市や教育委員会などと組んだりする必要がある時もあるのです。公開環境講座を企画した時は、映画を市に持ってきて、教育委員会の後援をいただき、新聞やラジオなどメディアさんにも協力していただき、500人集めてスピーチしたりということもありました。教育委員会を通して、800人~1000人という規模で小学校や中学校で、人権・命の教育というテーマで企画をさせていただいたこともあります。
今回、舞鶴市の教育委員会に足を運んだ理由は、まず国常立尊様から「冠島・沓島へ行きなさい」とのメッセージをいただいたことから始まりました。
冠島・沓島について知るため、まず、あちこちに電話。
京都府観光協会⇒環境省⇒京都府庁鳥獣保護区課⇒京都府教育委員会文化財保護課⇒京都府舞鶴市教育委員会⇒漁業組合。っていう流れで調査。
冠島・沓島は、京都府舞鶴市成生岬から約10キロ、日本海にある無人島なのですが、オオミズナギドリの繁殖地として、島全体が国の天然記念物に指定されているし、京都府指定冠島沓島鳥獣保護区に指定されているので、立ち入り禁止区域となっているようなのですが、立ち入りが許可されているのは、テレビなどの取材の方々、鳥の研究者たち、そして神社祭礼のための関係者のみ。しかも、年に2回だけ。他の方々は許されていないということがわかりました。舞鶴市の教育委員会が最終的な権限を握っており、許可した者だけが入ることを許されるそうです。ということで、この話は、私の中で一旦ストップしていました。
が・・・
諦めていたわけではありません。ちょっと、保留って感じ。そして、今回、祈りの旅で舞鶴市を通ることになっていたので、これがタイミング!と思い、足を運ぶことになったのです。
なぜ島に入らなければならないのか?教育委員会が納得できるだけの理由を提示しなければ、許可は得られません。祈りたいから・・・なんて、そんな理由が教育委員会で通用するわけがありません。まずは、自分が教育委員会と関わりながら今までどんな活動をしてきたのか?どういう想いで日本をよくしたいと思っているのか?どんな教育が子供たちに必要なのか?を島のことや環境、自然のことをからめて、熱く語りました。
そして、冠島と教育に繋げ、自分の考えている日本立て直しについて話し、そのための調査も必要であることを話しました。教育委員会がYESと仰って下さるには十分な話であったと思います。
結果、「わかりました。そういうことなら、地元の関係者を紹介しますので、そちらに行ってお話しをされて下さい。」と許可いただけました。
そして、そのまま地元の関係者様宅を訪れ、再度同じ話をしましたところ、「そうですか。そういうことなら許可します。」と仰っていただけました。

やはり何事も諦めてはいけません。6ヶ所の機関からダメだと言われても、本当に必要であれば行くことができます。私は、日本を本当に良くしたいし、日本列島を守りたい! あちこちに電話をかけて断られても、諦めるわけいかない。日本列島がかかってるのですから。エネルギーを繋ぐ必要があります。教育委員会に納得していただくような事を言い切ったからには、それも実行します。

無事に事が済み、次の地である天橋立方面に向かっている時、行く先々で4回大きな虹が出たのですが、まるで、祝福してくれてるようでした。あんなに立て続けに虹を見たのは初めてです。

今回、こうして行けることになったのも、神々のお導き、皆さまの応援・祈りの力がひとつになって、事が進んだと思っており、心から感謝しています。
皆さま、応援いつもありがとうございます!
虹は皆さまにプレゼント(^^)です。

日本・地球の立て直し、今後も頑張るぞ~~~~お~~~~~\(^o^)/って感じ(笑)

016_20121130235143.jpg
Check

カテゴリ: 冠島・沓島・真名井

[edit]

TB: --    CM: --

« 神揃山(神奈川県) «  prev  |  next  » 伊吹山 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん