マイル換算率

むすひ

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

靖国神社、そして昭和天皇と共にいた御霊たち 

Posted on  2012/11/06 Tue. 16:56   
洲崎神社(江戸時代に安房国一宮とされた神社)⇒安房神社(安房国一宮)⇒玉前神社(上総国一宮)⇒鹿島神宮⇒筑波山⇒明治神宮⇒靖国神社⇒多摩御陵・武蔵野御陵⇒「むすひ」の本を取りに印刷会社へ⇒江ノ島

千葉県・茨城県・東京・神奈川県1300キロ祈りの旅に行ってきました。

東北終わり、本来なら次は関東!という順番でやりたかったのですが、長野県の山々は2000メート 3000メートルを超える山々が多いので、雪が降ってしまい登れなくなってしまうから、早く行かなければ!と思い、関東やりかけて長野県をやってましたが、やっと長野県終了し、関東にまた戻ってこれてホッとしています。
気になっていた房総半島と日本海側や各地繋ぐことできてよかったです。

明治天皇・昭和天皇からもお呼びがかかっていて、早くご挨拶に伺いたい!という想いでいっぱいでした。

10月24日 国常立尊様からメッセージいただいてました。
以下、そのメッセージです。

『御霊たちは、靖国神社にもおるし
昭和天皇と共におるものもいる

明治天皇を呼べば その御霊たちも集まる
その御霊たちは 命をかけて
たくさんの犠牲を心に 日本を守り 神となった

それぞれの神の力は小さくとも
日本を思う思いは とても強い
きっと 天から大きな光となり 日本を守ってくれるだろう

昭和天皇も 日本を思う思い 人々を思う思いは とても強い

その思い 感じてみなさい
その思い どうか 日本のために 人々のためにと 力を尽くして欲しい

そなたの思い これから更に強くなるであろう
神の思いと同じなのだ

昭和天皇にも呼ばれておるぞ
武蔵野で待っておるぞ』


『御霊たちは、靖国神社にもおるし
昭和天皇と共におるものもいる』というメッセージが届けられた理由は、私が以下のような質問したからです。


『靖国神社へ行って御霊を天に還して欲しいというメッセージを以前いただきましたが、御霊たちは、靖国神社にはもういらっしゃらなくて、昭和天皇の元に移られたのではないですか?』と。


そして、上記のようなお答をいただいたので、明治神宮⇒靖国神社⇒武蔵野御陵という順番で行かせていただくことにしました。まずは、明治神宮で明治天皇にしっかりと向き合うことが必要でした。そして、大正天皇と明治天皇と昭和天皇と神々のお力をお借りし、靖国の御霊たちに天に還っていただく祈りをすることに。

明治神宮に行く前日に、明治天皇からいただいたメッセージは以下でした。

『昭和天皇と共におる御霊たちは 待っているのだ

日本の今日と 日本の未来を心配し
日本の為にと思う心がとても強く
天皇の為にも力を授けたいと思う心もとても強い

一人の力は微力でも 何人も集まれば それはとても大きな力になることをわかっておる

だが、体なくては その力を いつ使う時なのかわからない
生きていた時と同じ思いを 長く長く ただ思い続けてきた

でも そなたの力となることで
たくさんの御霊たちの思いが結ばれるのだ

安心して天にかえり 天から光を送ってくれるよう そなたからも その思いを感じ 伝えて欲しい

ただ ただ 日本を 人々を守りたいのだ

天にかえるタイミングを失うと
また この思いを抱えたまま
そこで 天皇につかえようと とどまるであろう

昭和天皇は 今もこれからもすべきことがある

だが 天皇につかえようととどまる御霊は 天にかえり 天皇の力となって欲しい


日本を愛する戦友よ
これからも神と共に
みな 神となり
日本の為に 人々の為に
力を尽くして欲しい
もう 戦争は終わったのだ
人々の怒りや 憎しみを感じようと
日本は まだまだ安泰だ
生きているものたちに 思いを託せ
必ずや その思い 繋げてくれる

戦友よ 光となれ』



最初、私へのメッセージだったのですが、途中から、御霊たちへのメッセージに切り替わってます。

次の日、靖国神社・多摩御陵・武蔵野御陵で、明治天皇や昭和天皇の想いをお伝えし、且つ、自分の想いも伝えました。『貴方方の死を絶対無駄にはしません。どうか、天にお還りになり神となって天から力を貸していただけないでしょうか?貴方方の想いを受け継ぎ、日本・地球の立て直しをすることに全力を尽くすことをお約束します。貴方方がたくさんの神々の光に包まれ、癒されますこと心からお祈り申し上げます。そして、どうか御安心して天に還っていただけますように・・・』と深く深くお祈りさせていただきました。
私たち、残された者全てが、平和な日本・地球にしていくために全力を尽くす生き方をしたら、御霊たちの御心は癒されると思います。私も、誓ったからには、全力を尽くし、それを実行します。

今回の祈りの旅で、大正天皇・明治天皇・昭和天皇・靖国の御霊たちにしっかり繋がることができたことに心から感謝します。


武蔵野御陵
098.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« いつもありがとうございます «  prev  |  next  » 国常立尊 »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん