マイル換算率

むすひ

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

乗鞍岳 

Posted on  2012/10/08 Mon. 10:37   
昨日は、北アルプスの南端に位置する、乗鞍岳の主峰である剣ヶ峰に行ってきました。
3026メートル。
3000メートルを超える山は、さすがにこの時期になると寒い!頂上は雪。深いところで、30センチ~40センチありました。いよいよ登山も厳しさを増してきました。
乗鞍岳って物凄い観光地なんですね!?人の多さにびっくりしました。自然保護のためマイカー規制で、登山口までバスで移動なのですが、駐車場に着いてみると、数百人の人! 調査も何もせずにいつも行くので、紅葉が素晴らしい地で、大勢の人が押し寄せる地だとは全く知らず、人の多さに圧倒されました(*_*)あまり調べもせずに行くので、今回も到着先が、岐阜県だった!ということを着いてみて初めて知ったぐらいです。私はてっきり長野県だと思ってました(笑)まっ、県境ではあるのですが、バスが岐阜県の県境を通過して「あれ???」って感じだったのです。相変わらずボケてます(笑)
あっ、今回は酔い止め持っていったので、おぇ~~~~~~ってなりませんでした
バスに1時間乗るのですが、途中の景色が最高! 今、紅葉が一番綺麗な時期で、その美しさは言葉では言い表すことなど到底できない程で、この美しい自然を絶対に守らなければならないと強く感じました。上に行けば行くほど、樹木はなくなり岩が多くなるので、バスに乗っている観光客の大部分は途中で降りてしまいます。私も、バスを降りて紅葉を楽しみたかったのですが、目的が違うので、バスの中から眺めるだけで通過、ちょっと残念!
当たり前ですが、同じ山なのに標高で全く違う姿を見せてくれる山って、なんだか凄いですね。乗鞍岳では秋と冬を楽しんできました。雪の積もる寒い中の登山も、寒さと闘うという意識でいると辛いものになりますが、「御魂の殖(ふ)ゆ」って考えたら、辛くもなんともないですよね。「冬」は「振る」と同源です。「小さく揺り動かすことによって生命力が目覚め、その人の魂の力が発揮される。宇宙、自然、神の御魂を招いて魂を拡大させる、これが「御魂殖ゆ」です。「ふゆ」は「増ゆ」でもあり、「冬籠り」の「ごもり」をとったもの。穀物や草花の種が、蒔かれるまで種の中で籠り、その一粒一粒が何万倍にも何十万倍にも増えていくこと。だから「殖ゆ籠もり」ですよね。
昨日は雪を踏みしめながら「殖ゆ籠り 殖ゆ籠り・・・」って、ひとり心の中でぶつぶつ言いながら歩いていました(笑)もちろん、天地に感謝の想いを響かせながらです。


あっ そういえば・・・昨日、乗鞍岳に行く途中、高速道路から強制的に降ろされてしまったのですが(自分の降りる予定ではないインター)「え~~~~こんなところで降りるの!?うそでしょう~!? どうしてこんなところで降りなくちゃいけないの!?」と感じながらも、私が降りるべきインターのずっと手前で降りることになってしまいました。インター降りる時、どこかの神様がお呼びになっていることを感じつつも「あ~~予定がずれる~~~こんなところで降りたら、始発バスどころか次のバスにも間に合わないよ~~」って感じで、車のナビからトランブレーみゆき天然ナビに切り替えました。ここからは自分のセンサーだけが頼りなので、車のナビは関係なく行くのです。で、どこかに辿りついたかって?
はい、信濃国二の宮 矢彦神社に辿りつきました。その日はちょうどお祭りの日で、提灯に明かりがついた状態でお出迎えして下さいました。お祭り当日に神さまから直接ご招待ということが異常な程多くあるのですが、この日もそうでした。ピンとメッセージが来た神社に行くと、たまたまお祭りなのです。でも、たまたまにしてはおかしすぎる頻度なので、たまたまではないのでしょう。
御祭神を見て、また納得でした。その神さまから呼ばれているのを感じていたから、ピッタリ一致です。
直々呼んで下さることに感謝!でした。

家事、仕事、いろいろな用事をこなしバランスをとりながら事をやることはなかなかハードではありますが、国常立尊さまの言葉が響きます。

『決してあきらめずに 耐えて欲しい  神たちと共に 日本を守って欲しい  みなで日本をなくしてはならない 耐えよ   心ぶれずに耐えよ』

皆さまへの言葉でもあります。

023_20121008205120.jpg

024_20121008205156.jpg

登山口近く、登り始めは整えられた道です
008_20121008205227.jpg


頂上近くは、こんな感じでした
015_20121008205640.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

« あっ! 伝えたかった 一番大事なこと書き忘れてしまいました! «  prev  |  next  » 豊受大神(とようけのおおかみ) »

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん