マイル換算率

むすひ

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

元伊勢参拝セミナー (京都) 平成29年4月9日(日) 

Posted on  2017/03/05 Sun. 11:43   
日時  平成29年4月9日(日) 



集合地と集合時間  
トランブレーみゆき宅に前泊(遠方の方)、または当日3時50分集合。 または八坂神社(京都府京都市東山区祇園町北側625番)6時30分集合。(次の地への出発時間である7時20分ぐらいまでに集合というのも可です)




参拝ルート 

① 八坂神社➡ ② 籠神社 (神倭伊波礼毘古尊(神武派)の手に依り、「天記津州」 (あきつしま )のもっとも重要な貴天原真名井原の元伊勢が取り壊されるのを避ける為に、天照派自らが、神武派が認め気に入る神をお祀りする神社を造営されたのが、籠神社です。)➡ ③ 真名井神社(人類の大祖人「初代」伊邪那岐尊様と伊邪那身命様が御降臨 御降誕なさった地.。アマテルカミ尊が「天照皇大御神(アマテラススメラオオミカミ)」をお祀りし、「初代」伊邪那岐尊様と伊邪那身命様を八和幡之大神に合祀し、十種神鳳(とくさしんぽう)「伊勢生成(いせいいなり)の神」としてお祀りされた地です。)➡ ④ 成相寺(日本三景天橋立を眼下に望む景勝地にあります)➡ ⑤ 比沼麻奈為(ひぬまない)神社「動津」 (どうかい)を司る動物の元生産親(もとうみおや)の「皇親(すめらかむつ)」神漏身六根神が御降誕になった地)➡ ⑥ 藤社(ふじこそ)神社「静津」(せいかい)を司る植物の元生産親「皇親」神漏樹六根神(かむろぎろくねのかみ)が御降誕になった地)➡⑦出雲大神宮 ➡19時00分頃 京都駅解散(または、みゆき宅で解散)






定員 4名



参加費  12000円




現在の京都府与謝郡峰山町から元伊勢・天ノ橋立・大丹生・舞鶴・若狭に通じる地域の「天記津州(あきつしま)」(神が定め置かれた生命の免疫所)に、御降臨・御降誕になりました人祖「初代」伊邪那岐尊様の血脈系譜の大丹生家(天皇家)は、日本だけに継承されてきました。生命の元である「丹(に)」の故郷(ふるさと)が「太陽」であり、その生命遺伝子の故郷が、この日本の與謝津(よさかい)「天記津州」の真名井原の丹庭(たにわ)であることから「日出ずる丹ノ本(にのもと)」 日ノ本となりました。

御縁ある方々と一緒に時間を過ごせますこと楽しみにしています(^^)/



お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)




※お申込の際、希望集合地、前泊希望であるかなど明記お願いします。
前泊希望の場合、駅までのお迎え致しますが、詳しい時間などはまた後日お伝えします。(18時以降の予定。最寄り駅は、名鉄本宿駅)翌朝の出発は朝3時50分となります。(みゆき宅での宿泊費用は不要です。参拝終了後京都駅で解散となりますが、また愛知県のトランブレー宅に宿泊してから翌日帰宅希望の方は、ご自由にお泊り下さい。その場合も宿泊費用は不要ですのでご心配なく\(^o^)/)

※成相寺の入山料は参加費に含まれます。

036_20170303142736ae4.jpg
Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

お花見 (三輪)  平成29年4月3日(月) 

Posted on  2017/03/14 Tue. 18:36   
皆さまいかがお過ごしですか?
春になりポカポカ暖かく、お花も咲き、とってもおだやかな気持ちの日々です(^^♪
一昨日と昨日はまた奈良県いました。三輪の地の事に取り組み始めて、約一年が過ぎるのですが、これまでにたくさんの方々が日本中から足を運んで下さいました。中には、遠方在住にも関わらず何度も足を運んで下さった方々もいらっしゃいます。アドバイスや意見を下さったり、祈って下さったり、様々な形で力を貸して下さいました。心から感謝しています。ありがとうございます。

事が非常に複雑ではあるのですが、龍神様や神々から伝わってくる想いを受け、事をどのように解決していくか考えさせられる日々でした。区長様はじめ、地域の方々や他の関係者の想い、そして神社の関係者の方々の想い、それぞれの立場、意見、状況など全てを把握した上で、何度も何度も話し合いを重ね、事を進めてきました。昨日も、神社の宮司様や総務部長様や区長様たちとそれぞれにお話しをさせていただいたのですが、話すことにより、毎回新しいことを知らされ、学びがあり、お互いの絆が深まり、確実に良き方向に進んでいます。事を解決するためには、最初から年単位で時間がかかると神様から言われてはいましたが、やはり、時間がかかります。100人いたら100通りの考えや価値観があるように、ここに関わる方々も本当に様々な感じ方であることを見せられています。。どの方の意見も大切ですので、尊重しながら、全く逆の意見がある時も、ぶつかることなく中庸の状態で受け止め、事を進めることがいかに大切かも学ばせていただいてます。

皆様からいただいた参加費や寄付金は、三輪の地を立て直す資金として今積み立てをさせていただいています。神職の方々や地域の方々とも相談しながら、ベストな形で使わせていただくつもりでいます。
皆さまの温かい想いに心から感謝しています。
良き流れになってきたのも、皆さまの御蔭です。
本当にありがとうございます!
まだ時間がかかりますが、和を大切に、一つひとつ丁寧に取り組んでいきたいと思っていますので、これからもどうぞ宜しくお願い致します。


4月はセミナーではなく、お弁当を持ち寄り、お花見をすることになりました~(*^-^*)現在5名ほどの人が集まる予定です。一緒に語らい、絆深め、楽しい時間を過ごしたいと思っています(*^-^*)


日時    平成29年4月3日(月)  11時ぐらい?~14時ぐらい?

場所  大神神社(奈良県桜井市三輪)  龍神社の池の土手  さくらのお花の下


交通アクセス(←クリック)


持ち物  お弁当・飲み物・おやつ・敷物(自分が食べたいものをどうぞ)


参加費  なし



私は、いつものように朝3時頃に家を出て奈良県のあちこち参拝し、大神神社に8時には到着しています。8時ぐらいからゆ~っくり大神神社を一周して祈り、その後に龍神社の池のところ、お花見会場にいきます(^^)/ 自由にひとりでまわるのもいいし、一緒にまわるのもOKです。一緒に・・・と言う方は、8時に『二の鳥居』のところへどうぞ。

二の鳥居(←クリック)




お申込は、特に必要ないですが、いきま~~~す(^^)/ってメールくださってもいいし、当日のサプライズでもいいし(笑)今までにお会いしたことない方は、事前に連絡下さった方がいいかもですね。お互いにわからない可能性ありますし・・・

当日、雨天だった場合でも参拝には行きますが、残念ながら土手に座って語らいながらお弁当という形ではなくなります。参拝後、どこかでお茶?ランチ?かな。


事前に連絡を・・・という方は、みゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)



034_201703141305043b4.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

高野・熊野参拝セミナー  (和歌山県) 平成29年5月21(日)~22日(月) 

Posted on  2017/03/16 Thu. 19:22   
日時  平成29年5月21日(日)~22日(月)



集合地と集合時間  
トランブレーみゆき宅に前泊(遠方の方)、または当日3時集合。 または和歌山県橋本駅7時集合。




参拝ルート 

みゆき宅➡①和歌山県 橋本駅➡②丹生津比売神社➡③高野山➡④立里荒神➡⑤難陀竜王の滝➡⑥十津川温泉宿➡⑦八大龍王姫松明神➡⑧玉置神社➡⑨白龍大権現⑩熊野本宮大社➡⑪大斎原➡⑫速玉大社➡⑬神倉山➡⑭飛瀧神社・那智滝➡⑮那智大社➡⑯青岸渡寺➡⑰補陀洛山寺➡⑱熊野三所大神社➡⑲神内神社➡⑳阿須賀神社➡㉑花のいわや➡熊野市駅 19時頃解散




定員 4名(4名からお申込ありましたので、締め切らせてきただきます)



参加費  20000円



金剛峯寺・壇上伽藍(金堂・根本大塔)・霊宝館・那智滝御拝所など拝観料が必要な所もありますので、拝観御希望の方は拝観料をご用意ください。


宿泊  民宿 やまとや  (和歌山県吉野郡十津川村平谷630-5)

夕食付き
男女分けることなく、5人一部屋の和室となりますので御了承ください。



※みゆき宅に前泊希望の方は、どうぞお泊り下さい。(宿泊費は不要です)また、全ての参拝終了後、みゆき宅宿泊・翌日帰宅希望という方もどうぞ遠慮なくお泊りください。前泊、後泊両日お泊りも、もちろんオッケーです(^^)/ みゆき宅に宿泊される方の最寄り駅への送迎は致します。(お申込の際、希望集合地、宿泊希望であるかなど明記お願いします。)

※龍神村で、山の中に入りますので、歩きやすい靴でお願い致します。


今回は朝から晩まで丸二日間一緒ですし、宿泊もしますので、夜もリラックスしてゆっくりいろいろなことをお話しできると思うので、とても楽しみです。
高野と熊野と吉野、三つの「野」で「三野=宮」。 その三つのうちの高野と熊野で、御縁ある方と一緒に参拝できるのは、本当に嬉しいです。楽しみにしています(^^)/

お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)




025_20170311181846450.jpg




Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

茶話会 (京都) 平成29年4月29日(土) 

Posted on  2017/03/25 Sat. 09:42   
日時 平成29年4月29日(土) 13:00~17:00 (受付 13:00~13:15)

会場 京都ペレット町家ヒノコ 2階 (←クリック) 
(京都市中京区寺町通二条下ル榎木町98-7 )


参加費  5000円

講師  トランブレーみゆき (Tremblay Miyuki)





「水」は植物・動物・人間・全ての命を生かし、養います。天の道・神の道(カンナガラの道)に一番近いもののひとつが「水」。
決して出しゃばらず、争うこともせず、全てに浸透し、全てを生かす柔らかな生き方。
己に余裕があるか?中庸保ち、調和が取れている状態か?
人は、天の光、大地や水の恵みあって生きられます。
心に光と水を無くせば、人を思いやる心も余裕も無くなります。
水や光の視点・宇宙の視点・高き視点で周囲を見渡せば、人生に悪も不平等も無いことに気づくでしょう。全ては、幸福への過程、我欲無くし己を完全に無くす段階まで魂を磨き上げる過程の出来事に過ぎません。

偏らず全ての調和を目指し、中庸で生きること肝心





茶話会では、神の歴史・神仕組み・弥勒の世創り・日々神々や人々から学ばせていただいたり感じていることなど・魂磨きについてお話ししたいと思います。そして、この1年三輪の地で関係者と共に立て直しに取り組んでいるのですが、今現在どのような状況・状態であるのかについても詳しくご報告したいと思います。私が一方的にお話しするのではなく、皆様の質問・意見などを交えながら参加者様と共に会を進め、集った人全てがお互いに学び合い、楽しく有意義な会としたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。


お申し込みは、トランブレーみゆきまでお願いします。
powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)




~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ * ~ * ~* ~ ~* ~


出張による会も承っております。

日本各地からの主催依頼ありがとうございます! 主催される方のお仲間だけでお部屋がいっぱいになる場合はブログでのお知らせをしていませんが、あちこち行かせていただく機会が多くなっています。
これからも 茶話会を日本の各地で開催出来たらと思っています。

《主催にあたって》

その際の『不可条件』

・主旨を御理解頂けない環境であったり、あまりにも波動の悪い環境
・時間的・距離的・金銭的に難しい場合
・政治団体・右 左翼団体・暴力団関係者等の企画
・天候不順等で交通機関が動かない場合

☆主催者様からは参加費はいただきません。そして、主催者様とは茶話会の当日の午前中または次の日か前日、開催地近辺の神社などを一緒に参拝できればと思っています。(主催者様の御都合がつき希望がある場合は)

☆遠くの地の場合、交通費などを考慮した上で参加費設定をお願いしたいと思っています。

これらを考慮いただきました上で、茶話会主催をして下さるという方は、お手数ですが以下までメールをいただけたらと思います。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp  トランブレーみゆき

(☆を@に変えてください)

会のお申し込み 及び お問い合わせのお返事は、5日前後のお返事となりますことをご了承ください。

出会った人たち皆がお互い学び合い、光を引き出し合い、楽しい場となればと思っています。
御縁ある皆様にお会いできますことを心から楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します。



2011_11_14_201.jpg
Check

カテゴリ: 茶話会

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん