マイル換算率

むすひ

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

忘年会(^^♪  平成28年12月17日(土) 

Posted on  2016/12/09 Fri. 10:24   
皆さまお元気ですか~?
今年もあとわずか、あちこちで忘年会が開かれていることでしょう。
うちもや~~~~~ろおって思ったので、お知らせを(^^♪
いつもの茶話会ではセミナー形式でガッツリ話をするのですが、忘年会ですので、ゆる~~~~い感じで行いたいと思います。集った方々が皆自由に交流でき楽しめる場としたいと思っています。特に私が中心になって話すということはしませんが、皆さまの輪に加わらせていただきたいとおもっています(#^.^#)

来る時間も自由、帰る時間も自由、事前のお申込も必要なしってことで、氣が向いたらいらして下さい。


参加費は1000円とさせていただきます。
全額、奈良県三輪の地の立て直しに使わせていただきます。セミナーや茶話会では事情をお話ししていますが、まだ事情を御存知ない方々や初めての方には、当日ごご説明させていただきます。
毎月三輪の地に通い、事を進めていますが、確実に事が良き方向に進展しています。長くかかる神事ではありますが、皆さまと力を合わせて頑張っていきたいと思いますのでこれからもどうかお力を貸して下さい。よろしくお願い致します。



日時  平成28年12月17日(土)   10:00~21:00

※トランブレーみゆき宅は初めてという方は、住所をお伝えしますので、事前にご連絡下さい。

※お昼のお弁当や夕食は出ませんが、お茶菓子用意してお待ちしています。お食事時にかかる場合は、ご持参下さい。


みんなで楽しみましょうね~~\(^o^)/☆\(^o^)/☆\(^o^)/☆\(^o^)/☆\(^o^)/☆\(^o^)/☆\(^o^)/☆\(^o^)/☆


2009_12_19_103.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

徳川家康公霊言   光を、なげかける    

Posted on  2016/12/15 Thu. 20:05   
皆様に素晴らしい本をご紹介したいと思います。


徳川家康公霊言  光を、なげかける
 

久保山雅文  【寄稿】日光東照宮  宮司  稻葉久雄



image1 (10)


表紙カバーより

『今のままの日本では、国の未来はない。 これからは、政治家、国民が一丸となり、新たな国造りにつとめなければならない。  そのためには、人として何が大切なのかを国民一人一人が気づく必要がある。 主に書いていただきたい。 我が伝えることを自らの足で調べ、真実を書いていきなさい。 我は主と共に筆をとる。 心配することはない』 (家康公)




よく「困難に遭遇し迷った時は、原点に戻れ」と言われます。 今こそ、私たちは公の「御遺訓」が説く「我慢の精神」を学び、また忍耐強く目標に向かって歩みを進めることが大切だと思います。
 2015年は、公が日光に東照大権現として祀られて400年に当たります。 この御遺訓に盛られた精神は、決して色あせることなく、現代も、そして未来においても、人々の生き方の指針になり続けることでしょう。 (日光東照宮宮司稻葉久雄)




『これまで我が生涯を書いた書には、真実の姿が語られていない。我は主(久保山雅文)を選んだ。 我が本来の姿を描き伝えてほしい』 (家康公)



著者紹介
久保山雅文 くぼやま まさふみ
評伝ライター、ジャーナリスト、週刊現代記者。 福岡県出身。 大学卒業後、物流業界紙記者を経て週刊現代記者。 オウム真理教事件、北朝鮮による日本人拉致事件など社会事件を取材する。 その後、政治、経済分野を担当。 人物ノンフィクションをムック本に執筆。 取材対象の内面に入り、心の機微を描く手法を得意とする。 仏教や神道、心理学に造詣が深い。



 この本を著者の久保山様が私にプレゼントしてくださったのですが 『はじめに』 を数ページ読んだだけで、家康公の想いが伝わってきて涙が溢れました。 その後も読みながら何度も涙を流し、そして、『おわりに』 を読んでいる時も、家康公の想い・光・苦労・愛が私の中になだれ込んで来て、魂に響き過ぎ、また涙。感無量!  この本を通して、家康公がこの三次元の私の中に甦り一緒に生きているのを感じます。
 まさに光の本です。人としての在り方を伝え、人々に気づきを与え、光に導く素晴らしい本です。
これ程の光強き本を出すのには、大変な苦労があり、それを阻止するエネルギーも相当動いたことと思います。光の本を書いて下さった久保山様に心から感謝です。
 家康公ぐらい光強き方の御霊言を降ろしながら本を書くには、当然ながら相当な器が必要です。 強い光を降ろすわけですから、器となる人間の純粋さ、精神力、知識、書く技量、全てにおいてバランスがとれてないとできることではありません。 著者の久保山様は、私の茶話会に時々参加してくださるので、直接お会いしているのですが、それはそれは穏やかで、純粋で、真っ直ぐで、ユーモアがあり、聡明で、とても素晴らしい方です。家康公が久保山様を選んだということが、お会いした方なら納得できることでしょう。 


この本で、家康公の想いや愛を魂で感じて下さい。きっと、家康公の素晴らしさや光が皆さまに伝わってくることでしょう。
そして、家康公の光と共に、この日本・地球に光を広げていきましょう。
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

三輪の地での学びの会 平成29年1月15日(日) 

Posted on  2016/12/19 Mon. 10:31   
日時  平成29年1月15日(日) 9時30分~16時頃

場所 大神神社 (おおみわじんじゃ) 奈良県桜井市三輪

集合 9時30分に   二の鳥居(←クリック)

交通アクセス(←クリック)

参加費  5000円 *当日にお持ちください。(2回目以降の参加者様は、1000円  5名の中にカウントしません.。)

定員 5名まで(1名でも催行します)


講師  トランブレーみゆき (Tremblay Miyuki)   


◎参拝セミナー内容
大神神社を詣でながら、セミナーを行います。
日ノ本の歴史 ・ 参拝の仕方 ・  神々から伝えられている事や学ばせていただいたこと ・ 人としての在り方 ・ この地の神様や龍神様や地域の方々が関係し合い、現実世界で今現在起こっている事など、その場に御案内しながらお伝えしたいと思っています。
平成28年3月に事が起こり (事は数十年前から起こっているのですが、私が知らされたのがこの時) 数カ月に渡り何度もこの地に足を運ぶことになり、調査・奈良県の神職の方々や地域住民との話し合いに入らせていただき全力を尽くしたのですが、力不足でいまだ解決せずで、・・・そして再度、神様からメッセージをいただきましたことから、この地で学びの会をさせていただくことを決めました。たくさんの方のお力が必要なのですが、たくさんの方々が関係していて事情が複雑で、ブログに載せるとご迷惑をおかけする可能性があるので、御縁ある方々に直接お伝えしたいと思います。


皆さまの御蔭で、確実により良き方向へと事が動いています。
ありがとうございます!
まだ時間がかかりますが、私も全力を尽くします。どうかお力を貸していただけますようお願い致します。


※ランチは美味しい三輪そうめん・にゅうめんのお店に行きましょう♪

※この日は、三輪山登山はいたしませんが、あちこち歩くので歩きやすい靴、そして寒さ厳しい時ですので、温かい服装でお願いします。

※集合時刻に間に合わない方は遅れてのご参加可能。早いお帰りのご参加も可能です。

※雨天の場合は、傘をご用意ください。

※お申込みされてその後キャンセルする場合、お手数ですが必ずご連絡下さい。






お申し込み
powerful_tremblay☆yahoo.co.jp  トランブレーみゆき (☆を@に変えてください)



059_201611111412179a2.jpg
Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

茶話会(千葉県) 平成29年1月22日(日) 

Posted on  2016/12/26 Mon. 19:42   
日時 平成29年1月22日(日) 13:00~17:00(受付 13:00~13:10)

会場 千葉中央コミュニティセンター・松波分室   (千葉県千葉市中央区松波2-14-8) 

 JR「西千葉」駅から徒歩5分。

※ 駐車場は収容台数に限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。 (お車でお越しの方は、お申込時にお知らせください。)

駐車場収容台数計8台  
敷地内2台 敷地外6台



参加費  5000円


講師  トランブレーみゆき (Tremblay Miyuki)




『人が相手を想う時、全くの私情を挟まぬことは無し。

わずかな私欲・私意・私心が混ざり合うのが人間なり。

己には優しく甘く、他には厳しくなりがちで、厳しさの裏にある己の弱さや傲慢さには気付かぬもの。

相手の為と思いつつも、そは己の独善であり自己防衛や弱さや傲慢さの現れである場合多く

己が他より優れり優位に居るとの勘違い。

厳しさの奥の己の傲慢さに気付き、厳しさを他に押し付けることなかれ。

温かく優しい心で全てを受け止め包み込み、全てを生かす純粋な水のようであれ。』


茶話会では、過去で行ってきた神事や現在取り組んでいる神事について、また神々や人々や様々な事から学ばせていただいたことなどをお話ししたり、神の歴史について触れたり、人としての在り方などについて皆で話す中で、弥勒の世創りについて一緒に考る場としたいと考えています。

私が一方的にお話しするのではなく、皆様の質問・意見などを交えながら参加者様と共に会を進め、集った人全てがお互いに学び合い、楽しく有意義な会としたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。


 


お申し込みは シオンさんまでお願いします。


earth10aあっとまーくgmail.com  ※あっとまーくを@に変えてお送りください。


~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ * ~ * ~* ~ ~* ~
出張による会も承っております。

日本各地からの主催依頼ありがとうございます! 主催される方のお仲間だけでお部屋がいっぱいになる場合はブログでのお知らせをしていませんが、あちこち行かせていただく機会が多くなっています。
これからも 会を日本の各地で開催出来たらと思っています。

《主催にあたって》

その際の『不可条件』

・主旨を御理解頂けない環境であったり、あまりにも波動の悪い環境
・時間的・距離的・金銭的に難しい場合
・政治団体・右 左翼団体・暴力団関係者等の企画
・天候不順等で交通機関が動かない場合

☆主催者様からは参加費はいただきません。そして、主催者様とは茶話会の当日の午前中または次の日か前日、開催地近辺の神社などを一緒に参拝できればと思っています。(主催者様の御都合がつき希望がある場合は)

☆遠くの地の場合、交通費などを考慮した上で参加費設定をお願いしたいと思っています。

これらを考慮いただきました上で、茶話会主催をして下さるという方は、お手数ですが以下までメールをいただけたらと思います。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp  トランブレーみゆき

(☆を@に変えてください)

茶話会のお申し込み 及び 出張茶話会のお問い合わせのお返事は、都合により、5日前後のお返事となりますことをご了承ください。

出会った人たち皆がお互い学び合い、光を引き出し合い、楽しい場となればと思っています。
御縁ある皆様にお会いできますことを心から楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します


039_2016122521205345e.jpg


Check

カテゴリ: 茶話会

[edit]

TB: --    CM: --

今年も一年お世話になりました。ありがとうございます(*^-^*) 

Posted on  2016/12/27 Tue. 12:32   
今年もあと数日。
皆さまにとってはどんな年だったでしょうか?
私にとっての平成28年は、個人的にはとても幸せな日々だったとも言えるのですが、もっと視野広く、日本・地球と意識を拡大させれば、やはり幸せとは言えません。この世に一人でも不幸せと感じる人がいる限り幸せな世とは言いませんよね。


ちょっと一年を振り返ってみます。

ノラ猫ちゃんが来て赤ちゃん産んだから、家族が増えました~(^^♪8月生まれの猫ちゃんたち大きくなりましたよ。5カ月なので、ライフステージとしては、人の年齢でいうと5~8歳。まだ赤ちゃん子猫期なので、家の中で暴れまわって遊んでいますが、障子や本や紙など破るのも面白いし、物を落とすのも面白いし、本当に人間の幼児と同じなのですよね。猫のお世話に結構時間かかる(-_-;)でも、かわいいんですよね~。めっちゃ癒される。


ちょっとピンボケですが、こんなに大きくなったのよ

image1 (11)


娘のあいちゃん、一年間38~38.5度の原因不明の熱が続き休学していましたが、今年の春ぐらいに少しづつ熱が下がってきて、夏あたりには平熱に戻ってきました。2週間に一回の治療も1カ月に1回の治療に切り替わり、今現在も治療には通っていますが、もう大丈夫です。今月は、2週間だけですが初めてのバイトもしました。
お見舞いを下さった方、祈って下さった方、本当にありがとうございました。



左半身マヒして動かなくなるとか、先月は右半身マヒで鉛筆も持てないし、タオルも絞れないほどの状態に陥ってました。積み重なる神事の影響で、じわりじわりと蝕まれていたようで・・・右手は痛いし動かない、右足も芯の部分に達してて、動かなくなる寸前でマズい状態だったようで、整体の先生も「ちょっと酷い状態です。」 と仰り、治療も2時間以上かかりました。私の現在と未来を見通し 「これから先の神事は更に過酷なものになるから、十分気をつけるように」 と自分の弱い部分を教えていただきアドバイスいただきました。
だいぶ回復しましたが、やはり目に見えないエネルギーのすさまじさを痛感しています。
お正月は、しっかりと体を休めたいと思います。



大切な神事の場面では、良くも悪くも予期せぬ事が起こります。先週は北陸で重要な神事だったのですが、またしても一番重要な地の直前で事が・・・一番重要なる地に到着する直前にパンク。またか~~!って感じ。今まで何回こういうことになったことか。パンク、エンジンがかからない、エンジンが止まる。普通パンクってそう起こらないでしょ? 普通に走っているのに、何故かこうなる。普通ではあり得ない頻度で起こるのです。仲間の車もエンジンが止まるとか・・・またきたか~って。呼吸ができなくなったときも何回かあります。あっ、そういえば、倒れた時がありました。全く動けなくなりました。これは、本当に息のあるうちに救急車を呼ぼうかと思ったくらいのたうち回るぐらいの状態で、でも身動きできないから携帯をとりに行く事さえできず電話かけれなかった('_')携帯取りに行けるぐらいならまだ大丈夫ですよね(笑)
本当に死ぬかと思ったわ。

護り、導きも見事ですが、絶対に行かせない、阻止するエネルギーも半端じゃないです。
今回は、10センチ程の大きくピカピカのスクリューねじが刺さってました。
光の世を創ろうとすれば、その反対のエネルギーが働きそれを阻止しようとされますが、タイやにこういうものが刺さり神事を阻止されるということは、自分の力がまだまだということだし、まだ隙があるという証拠なのです。家族や乗り物や仲間やその家族を守ってこそなのです。何がきても、それを溶かし包み込む程でなければなりません。人や大地の波動に影響されて、ぐったりしているとか、事がスムーズにいかないとかでは、本当の意味での神事はできません。結界を張ると言うのも同じです。自分の周りに結界を張っているようでは、まだまだ力がないということです。壁を作って跳ね返すということは、それを包むだけの器がないということ。影響されているうちは、まだまだ。
事が大きくなればなるほど、反するエネルギーも大きくなるので、より自分を戒め精進したいと思います。


今年もほぼ毎週2~3日は県外でのセミナー・茶話会・神事と駆け回っていました。
日本のたくさんの地に行かせていただき、たくさんの方々に御縁いただき、たくさん学ばせていただきました。溢れる程の愛を神々様や皆様からいただき、返し切れない程です。

未熟な私を支えて下さりありがとうございます!
応援して下さりありがとうございます!
たくさんのアドバイスや学びをありがとうございます!
力を貸して下さりありがとうございます!
そして、たくさんの愛をありがとうございます!
心から感謝申し上げます。


年末は、明日は長野県、明後日は名古屋、明々後日は、母とおせち料理の材料の買い出し、今年最後の日は一日中母とおせち料理作りです(*^^)v

皆さまも楽しい時間をお過ごしください(^^♪



心からの愛と感謝をこめて

みゆき


RIMG4236.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

茶話会 (埼玉県) 平成29年1月21日(土) 

Posted on  2016/12/30 Fri. 11:54   
日時       平成29年1月21日(土) 13:00~17:00 (受付 13:00~13:10)

会場       埼玉県社会福祉協議会  彩の国すこやかプラザ  会議室4 (さいたま市浦和区針ケ谷4丁目2番65号)

交通アクセス  
JR 京浜東北線与野駅西口から徒歩約10分
JR 京浜東北線北浦和駅から徒歩約15分
※駐車場の数に限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。

駐車場
建物敷地内に69台(内、障害者用駐車場4台)を完備していますが、数に限りがありますので、公共交通機関のご利用をお願いしています。また、満車の場合もありますので、その際はご容赦ください。


参加費     6000円

講師       久保山雅文 & トランブレーみゆき



久保山雅文 くぼやま まさふみ


『徳川家康公霊言  光を、なげかける』   
久保山雅文 【寄稿】日光東照宮 宮司 稻葉久雄




image1 (10)


表紙カバーより

『今のままの日本では、国の未来はない。 これからは、政治家、国民が一丸となり、新たな国造りにつとめなければならない。  そのためには、人として何が大切なのかを国民一人一人が気づく必要がある。 主に書いていただきたい。 我が伝えることを自らの足で調べ、真実を書いていきなさい。 我は主と共に筆をとる。 心配することはない』 (家康公)




よく「困難に遭遇し迷った時は、原点に戻れ」と言われます。 今こそ、私たちは公の「御遺訓」が説く「我慢の精神」を学び、また忍耐強く目標に向かって歩みを進めることが大切だと思います。
 2015年は、公が日光に東照大権現として祀られて400年に当たります。 この御遺訓に盛られた精神は、決して色あせることなく、現代も、そして未来においても、人々の生き方の指針になり続けることでしょう。 (日光東照宮宮司稻葉久雄)




『これまで我が生涯を書いた書には、真実の姿が語られていない。我は主(久保山雅文)を選んだ。 我が本来の姿を描き伝えてほしい』 (家康公)



著者紹介
久保山雅文 くぼやま まさふみ
評伝ライター、ジャーナリスト、週刊現代記者。 福岡県出身。 大学卒業後、物流業界紙記者を経て週刊現代記者。 オウム真理教事件、北朝鮮による日本人拉致事件など社会事件を取材する。 その後、政治、経済分野を担当。 人物ノンフィクションをムック本に執筆。 取材対象の内面に入り、心の機微を描く手法を得意とする。 仏教や神道、心理学に造詣が深い。



 この本を著者の久保山様が私にプレゼントしてくださったのですが 『はじめに』 を数ページ読んだだけで、家康公の想いが伝わってきて涙が溢れました。 その後も読みながら何度も涙を流し、そして、『おわりに』 を読んでいる時も、家康公の想い・光・苦労・愛が私の中になだれ込んで来て、魂に響き過ぎ、また涙。感無量!  この本を通して、家康公がこの三次元の私の中に甦り一緒に生きているのを感じます。
 まさに光の本です。人としての在り方を伝え、人々に気づきを与え、光に導く素晴らしい本です。
これ程の光強き本を出すのには、大変な苦労があり、それを阻止するエネルギーも相当動いたことと思います。光の本を書いて下さった久保山様に心から感謝です。
 家康公ぐらい光強き方の御霊言を降ろしながら本を書くには、当然ながら相当な器が必要です。 強い光を降ろすわけですから、器となる人間の純粋さ、精神力、知識、書く技量、全てにおいてバランスがとれてないとできることではありません。 著者の久保山様は、私の茶話会に時々参加してくださるので、直接お会いしているのですが、それはそれは穏やかで、純粋で、真っ直ぐで、ユーモアがあり、聡明で、とても素晴らしい方です。家康公が久保山様を選んだということが、お会いした方なら納得できることでしょう。 



トランブレーみゆき
『生きるとは
自然 動物 人を愛すること
全ての存在に愛を注ぎ続けること

生きるとは
全ての存在たちの歓び 痛み 悲しみを
自分のこととして感じること

生きるとは
この世の全ての存在を通して神を感じること
この世の全てが神の現れである

生きるとは
真(まこと)の愛を命の限り貫くこと
全ての存在を愛し慈悲の心で生き続けること』




茶話会では、久保山氏が家康公や神々のメッセージも降ろしながら、皆さまに大切な事をお伝えするセミナーになることと思います。

また、過去で行ってきた神事や現在取り組んでいる神事について、神々や人々や様々な事から学ばせていただいたことなどをお話ししたり、真の歴史について触れたり、人としての在り方などについて皆で話す中で、弥勒の世創りについて一緒に考る場としたいと考えています。

私たちが一方的にお話しするのではなく、皆様の質問・意見などを交えながら参加者様と共に会を進め、集った人全てがお互いに学び合い、光を引き出し合い、楽しく有意義な会としたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。




お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ * ~ * ~* ~ ~* ~
トランブレーみゆき講師の出張による会も承っております。

日本各地からの主催依頼ありがとうございます! 主催される方のお仲間だけでお部屋がいっぱいになる場合はブログでのお知らせをしていませんが、あちこち行かせていただく機会が多くなっています。
これからも 会を日本の各地で開催出来たらと思っています。

《主催にあたって》

その際の『不可条件』

・主旨を御理解頂けない環境であったり、あまりにも波動の悪い環境
・時間的・距離的・金銭的に難しい場合
・政治団体・右 左翼団体・暴力団関係者等の企画
・天候不順等で交通機関が動かない場合

☆主催者様からは参加費はいただきません。そして、主催者様とは茶話会の当日の午前中または次の日か前日、開催地近辺の神社などを一緒に参拝できればと思っています。(主催者様の御都合がつき希望がある場合は)

☆遠くの地の場合、交通費などを考慮した上で参加費設定をお願いしたいと思っています。

これらを考慮いただきました上で、茶話会主催をして下さるという方は、お手数ですが以下までメールをいただけたらと思います。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp  トランブレーみゆき

(☆を@に変えてください)

茶話会のお申し込み 及び 会のお問い合わせのお返事は、都合により、5日前後のお返事となりますことをご了承ください。

出会った人たち皆がお互い学び合い、光を引き出し合い、楽しい場となればと思っています。
御縁ある皆様にお会いできますことを心から楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します。


2009_10_03_101.jpg
Check

カテゴリ: 茶話会

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん