マイル換算率

むすひ

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

傲慢さ 

Posted on  2016/04/28 Thu. 20:04   
中庸こそ一番の調和
不安も恐れも心配も必要無きもの
全ての調和を目指し己が正しきと思う道を迷わず進めよ
調和とは周りに全てを合わせ己を殺すことに非ず
己を生かすことなり
人生に悪など無し 無駄なこともひとつも無し
全てが学び 全ての経験が己を形創る
広き視野持ち高き視点で見渡し中庸なれば
物事の本質見極めることができようぞ
人との関わりは己の心との関わりの現れなり
人に責任を押し付ける前に己を見よ
人のあらを探す前に己を見よ
人に怒りぶつける前に己の心に向き合えよ
己の心見えずとも 己の人に対する態度や想いや言葉に現れておる
人の愚かな面ばかりが目につくのは 己にも愚かな面がそれだけあるということ
人を責めることだけに必死になり周りの想いの上辺だけしか理解出来てはおらぬということ
人が己と同じ考え同じ想いだと思い込むこと
まずはそのこだわりを捨てぬ限り心は決して楽にはならぬ
人の間違いもその者の生き方である
生き方はそれぞれであり決して間違いはどこにもない
己とは心の在り方が違うだけで その者の選んだ道であるというだけ
間違いも正しいことも時が来ればわかる
気づく心 良し悪しの分別みんなわかりおる
それぞれの者 その者の内に悟る仕組みは授けておる
人を認められぬというのは 己の学ぶべき面を認めていないから
人を許すことはとても心が苦しいことだろう
なれど全て相手が悪いということはなし
良し悪しの判断も人それぞれ
お互いに良し悪しの線を引く位置が違うということ
人それぞれ考えや想いがあるということを決して忘れてはならぬ
良かれと思い行動していても人を裁くという権限はないのだから
人を尊び
人を愛す
それだけ
人には心がある
それは人のことを思いやり考え人のために行動できるということ
己の言葉や行動を通し希望を見せ周りに愛と喜びを伝えよ
まずは己自身
偏らず中庸なれば全ての物事好転し平和な世を創ることに繋がる
人を批判する者
人を受け入れることの出来ぬ者
人を大切に出来ぬ者
人に優しく出来ぬ者
人を査定し裁く者
全ては傲慢さの現れ
人は何故苦しむのか 何故恐れを抱くのか
それは己の魂の未熟さ傲慢さ故なり
何かを失うことの恐れ 守ることの恐れの中で 苦しみ嘆きもがいている
日々感ずること目に映ること全てを受け入れること
受け入れられぬは弱さ故 
平安なる心になり愛溢れ神の心で生きるとき
不安 弱さ 恐れ 孤独などの心阻む曇り消え 目に映る全ての苦難を喜んで受け入れられる己になるだろう
この世は影
己の影を見ることにより己の光に気づき 己の浄化をしていく場である
生まれ持ったありのままを表現して生きるなれば
安らぎを得 平安穏やか幸せである
神の視点に立ち光として生きよ
光として生きるとは
日頃の言葉 思い 行動
全てが神の意に沿うておるかである
そが究極の祈りである


RIMG6565.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん