マイル換算率

むすひ

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

大切にする心 

Posted on  2015/08/04 Tue. 11:20   
こころに痛みを抱えず生きし者この世になし
人は悩み苦しむ生き物なり
智慧 知能を与えられた故 考え 迷い 悩み 苦しみ 
時に負の感情湧きおこり その渦に巻き込まれん
自然に湧き出づる負の感情 己の魂を高める為の自然な感情なれど
そを光に変えるは修行のひとつ
その感情に背かず反省しひとりで向き合うは 時に難しく
縁ある者の思いやりの言葉や行動が負の感情を光に変化させる手助けをすることもあろう
思いやりとは想像力
苦しかろう
辛かろう
悲しかろう
と他者の心を察し 心を配り 心寄り添い 温かい心で包むこと
詩を読んだり 芸術に親しんだり 自然に触れたり 
心に栄養を与えることで想像力は育まれる
周りの全てを思いやれる美しい世に
どうか自分を大切に
どうか人を大切に
どうか動物を大切に
どうか自然を大切に
どうか光と水を与えてくれる地球を大切に

217_20150804111225e20.jpg
島根県 隠岐諸島 赤壁(せきへき)
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

光を繋ぐ 

Posted on  2015/08/06 Thu. 20:29   
食や物あふれ便利になり過ぎた今の世
我欲にまみれ 我慢忍耐できぬ者増え 人を騙し命を奪ってまでも金品奪う者もあり
周りの人を信じることが難しい世なれど 人を信じる心を失うなかれ
己の周りにいる人 誰も信じられなくなる世ほど悲しきものはなし
誰も信じることができぬ世 日本の終わりなり
闇強き今のこの時こそ 
人と人との絆深め信じることのできる人を増やしゆjけよ
茲(ここ)とは 生まれてより父母の懐(ふところ)を不離(はなれず)して
父母の光と愛を受け継ぎ物覚而育(ものおぼえしてそだ)つこと
人は父母の誠から生まれる
父母の間(ま)に ひとつの凝(こり)を為(な)し生を享(う)ける
これを間凝與(まこと)といふ
間凝與は 誠  真  信  光なり
茲とは光を繋ぐこと
己を信じ 人を信じることをあきらめることなく 
光の世を創るべし

021_2015080411530926c.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

心の本源を悟る 

Posted on  2015/08/09 Sun. 11:41   
今立て分けの現象はっきりと表面化し 道は完全に二つに分かれゆくを見せられる
純粋に生き努力の報われる者
邪と欲の心を持ち闇の渦に巻き込まれ自ら滅びゆく者
光と影両方見せられ 心穏やかに保つも難しきなれど
闇深き中 邪と欲にとらわれず いかに己の光を保つことができるや試されておる
謙虚な心 周りと和する心大切に 光となりひたすら努力なせば神は必ずや光を当てん
この世は全て映し鏡なり
心の鏡が曇りておれば 歪みが生じ正義も真の正義にならぬこと多し
澄み静まった清き水が森羅万象の姿を映し出すように
心の鏡を美しく磨きて 真の光を映し出し 心の本源を悟るがよい


064_20150809110811915.jpg
ここ2週間は、滋賀県・京都・静岡県・山梨県で神事でした。この写真は本栖湖です。この日は雲がかかり富士山があまり見えずちょっと残念でしたが、綺麗に澄んだ湖がお空とお山とマッチしてとっても綺麗でした(^.^)
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

茶話会(京都)平成27年8月29日(土) 

Posted on  2015/08/12 Wed. 21:03   
日時  平成27年8月29日(土) 13:30~17:30(受付13:15~)
 
会場  京都ペレット町家ヒノコ 2階 (←クリック) 住所  京都市中京区寺町通二条下ル榎木町98-7


参加費  3000円

講師  トランブレーみゆき (Tremblay Miyuki)

定員  10名

『この世の万物見えぬ糸にて引き寄せあい縁を結ぶ。神との縁、人との縁、物との縁、動物や虫や植物との縁。この世に何十億という人がいる中で、親子 夫婦なるは奇跡のようなもの。親しく交流するも極稀なる縁。人と人との縁希薄なるこの時代、結ばれし縁大切に、互いを思いやり魂磨きて生きることが、苦難を乗り越える助けとなり、この集まりたる光こそ世を救うことに繋がらん。』

今回の茶話会は、京都在住のお友達が企画・準備などして下さいました。素敵なNさんを当日御紹介しますね(^.^)
茶話会では、今までの経験から得た学びや神事について、日本の禁足地などもあちこち入らせていただくのでその聖地などについて、また皇室関係者との御縁をいろいろな形でいただくので、私が見せられる世界や関係者から伝えられたことなども話せる範囲でお伝えできればと思います。 私が一方的にお話しするのではなく、皆様の質問・意見などを交えながら参加者様と共に会を進め、集った人全てがお互いに学び合い、楽しく有意義な会としたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。


お申し込みは、トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ * ~ * ~* ~ ~* ~
トランブレーみゆき講師の出張による茶話会も承っております。

日本各地からの主催依頼ありがとうございます! 主催される方のお仲間だけでお部屋がいっぱいになる場合はブログでのお知らせをしていませんが、あちこち行かせていただく機会が多くなっています。
これからも 茶話会を日本の各地で開催出来たらと思っています。

《主催にあたって》

その際の『不可条件』

・主旨を御理解頂けない環境であったり、あまりにも波動の悪い環境
・時間的・距離的・金銭的に難しい場合
・政治団体・右 左翼団体・暴力団関係者等の企画
・天候不順等で交通機関が動かない場合

☆主催者様からは参加費はいただきません。そして、主催者様とは茶話会の当日の午前中または次の日か前日、開催地近辺の神社などを一緒に参拝できればと思っています。(主催者様の御都合がつき希望がある場合は)

☆遠くの地の場合、交通費などを考慮した上で参加費設定をお願いしたいと思っています。

これらを考慮いただきました上で、茶話会主催をして下さるという方は、お手数ですが以下までメールをいただけたらと思います。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp  トランブレーみゆき

(☆を@に変えてください)

茶話会のお申し込み 及び 出張茶話会のお問い合わせのお返事は、ご神事などの都合により、5日前後のお返事となりますことをご了承ください。

出会った人たち皆がお互い学び合い、光を引き出し合い、楽しい場となればと思っています。
御縁ある皆様にお会いできますことを心から楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します。

085_201508101141057bc.jpg
Check

カテゴリ: 茶話会

[edit]

TB: --    CM: --

元気ですか~? 

Posted on  2015/08/17 Mon. 11:37   
皆様お元気ですか~?
お盆休みはどのように過ごされたのかな?
お客様、旅行、お買いもの、海・山・川へ、ゆっくり身体を休める、お仕事、実家へ・・・いろいろですよね。
私もいろいろ(^.^) お墓参り、セッション、勉強会、新しい御縁をいただいたり、身内が集ったり、実家にお泊まりに行ったり、韓国からのファミリーが来て一緒に過ごしたり・・・私は韓国語が全く喋れないのですが、お友達は、ロシア語、英語、日本語、韓国語の4カ国語がペラペラなので、通訳してもらいコミュニケーションをとりました。楽しかったわ♪

娘のあいちゃんへのお見舞いメッセージもありがとうございます! 相変わらず熱は続いていて、37.5~38度が当たり前の毎日。もうかれこれ、半年です。市民病院ではあらゆる検査をして異常なし! しかし、高熱が続くこの状態にお医者様は変だな~?と頭をひねりつつも、原因がわからないから治療のしようもなく、経過だけみさせて下さいということで、時々血液検査だけしています。そして、東洋医学の先生に2週間に1回治療をしていただいてます。氣の達人や霊能者の意見は皆一致で、「基本的に巫女・霊媒体質という体質の上、みゆきさんの影響も大きい」とのお言葉。地球や人々の負の念やらエネルギーやらをスポンジのように吸い取ってしまい、自分の体で浄化をするために熱を上げて対処する。自分の許容範囲を超えている状態。
娘が昨日「映画を見に行きたい」と言うので、「まっ たまにはいいっか~」と思い、許可したのですが、帰ってくるなり「頭いた~い」と('_')
映画館の中の濁った空気を吸い取り帰宅、浄化のために熱急上昇。38度を遥か超えてしまった~(-_-;)
やっぱ人混みはちょっと無理だったか~
ということで、二人三脚で地球の浄化活動頑張っていますが、、あいちゃんに負担かけすぎないため、御霊上げなどあまりやりすぎないようにとか、神事も、ポイントポイントの軸になるものだけ、どうしても!ということのみに絞ってやるというように私も自粛しています。というか・・・神々からは「御霊上げなどやってる場合ではない・・・ 御霊上げは他の者に任せよ! そなたには他にやることがあるとわかっておろうが・・・」と厳しいお言葉をいただいてしまってます。元々御霊上げは私の役目じゃない・・・とわかっちゃいるんだけどね・・・出会うとほかっていられない性格でして(-_-;)

あっ 8月は、原爆記念日や終戦記念日やお盆などで祈ることが多いですよね。そういえば・・・お昼寝していた時、突然 『国常立尊』という文字がズドーンと天から眼前に降りてきて私の中に溶け込みびっくりして飛び起きたことがありました(・_・) で、それがどうした!?って感じですが(笑)別にど~ってことないですけど、あまりにド迫力でインパクトあり過ぎ鮮明な夢で、それ以来私の中に焼きついていて離れなくて(^.^)

国常立尊様と言うと・・・『とこしえ(床石上)』という言葉を思い出しますよね。「岩の上にあって不変というところから永久の意味。または、「常(とこ)+形容語尾+へ(方)」という解釈。「床(とこ)=常(とこ)+立つ」。「タツ」は見えなかったもの存在しなかったものが、下から上に姿を現し、動き出すということ。風がタツ、煙がタツ、虹がタツ、音がタツとか言いますよね。だから、トコタチというのは「土台(大地)が姿を現し、動き出す」ってことよね。神話の中の最初に出現した神様に「国常立」という名前をつけたということは、昔の人は「トコタチ」という語が、永久、安定ということをわかっていて、この日ノ本がそうなりますように! という深い願いも込めて、そう名付け祈っていたのでしょう。

「祈る」・・・「い」とは「命也(いのちなり)」
「い」を着ることが「生きる」
「い」をギュッと絞めることが「いじめる」
「い」を貸す事が、「生かす」
「い」を削がれるから「急ぐ」
「魔」を絞めだすことが「戒める」
「い」とは、私たちを生かす根源にある、「命の素」である。
「い」が身体の中に入ると「血」になる(「ち」は母音の i  を含む)。
「いい」は御飯のこと。
空気・磁気・氣・地など、私たちを生かす要素「い」を含んだ存在を示す言葉には「い」の音がある。「い」という音は、自分の命の要素そのものを現している。

「祈る」とは、「斎(イ)」と「宣(ノリ)・告(ノリ)・法(ノリ)」の複合語だとも解釈されてます(by 日本語源大辞典)。「斎」は「神聖なるもの」、「宣・告・法」は「みだりに口に出すべきでない言葉を口にだす」という意味。つまり、「神聖なことばを告(ノ)ることが「祈る」の原義。

究極の真の祈りとは、「行為・言葉・想い」全てにおいて、この「意・命」が「乗る」こと。呼吸にも、自分の発する氣にも全てにおいて。究極の光に少しでも近づけるように努力し続けたいですね(^.^)



この鳩さんは最近毎日お庭に遊びに来るの(^.^)網戸を開けて覗き込んでも逃げなくなったわ。もうすぐ手にのってくれるかも(*^_^*)
004_201508171044355c4.jpg

昔うちに居たむささびの む~君。夜になると屋根や塀の上を走ったり、高いところから飛んで来たりして、手や頭にちょこんと乗るのよね。かわい~い(*^_^*)
402.jpg

昔庭に放し飼いしてたきなこちゃん。猫と犬と庭を走り回って一緒に遊んでたんだけど、ある日穴を掘って山に脱出して帰らず。数日後帰宅したのですが、また穴を掘って脱出、2度目は帰宅しませんでした('_')
1092.jpg

昔おうちに居たつばめのピーちゃん
ピ~ちゃ~ん! って呼ぶと、手にのったり、帰宅して車のドアを開けると遠くのお空からピュ~ンって飛んできて頭にとまったり、ドア開けておくと部屋の中に入ってきて飛んでました。かわいかった~(^.^)
012_201508171102336fb.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

中庸 

Posted on  2015/08/19 Wed. 20:33   
人は皆善と悪の心を持つ
なれど真の悪は善を生かすものであり光なり
今の世情 光伴わぬ悪の波動広がりて人を不安にさせ心悲しくなる事件も多し
人の善悪を判断するものさしは皆異なり
それぞれの感じ方次第の身勝手なものなり
人と己の善悪同じと勘違いするなかれ
物事必ず二つの極あり
中庸の状態保つことで 片方の視点だけにとらわれず別の景色が見える
別の景色見えるならば 己も他人も赦すことができようぞ
中庸とは 右でも左でもない 真ん中という意味でなく
一切の執着から離れ 物事の本質を見極め ありのままに捉えることぞ
中庸であってこそ正しき判断 選択 決断できる
中庸の精神で 己の邪心 悪心気づきて 素直に認め反省することが
全ての循環の滞りをなくし 正しき流れにすることに繋がりゆく
宇宙万物全ての事象は調和へと向かうのが自然の流れ
そが宇宙の意思であり宇宙法則なり
地球規模 宇宙規模なる大立て直し
全ての毒排出され浄化され 元ある姿に戻され調和に向かうこの時に
命を与えられたる意味を真摯に受け止め 
魂美しき中庸の状態となり己の真の姿を悟るがよい

037_20150819202209150.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

お友達の本を紹介します(^.^) 

Posted on  2015/08/27 Thu. 12:23   
最近は・・・

一昨日は静岡県で茶話会でした。参加して下さった皆様ありがとうございました! 主催者様の画廊での茶話会。 素敵な絵に囲まれる心地の良い温かな雰囲気の中での茶話会。 これも、軸となる主催者様が温かいお心を持つ素敵な方だからです。その方の波動に引き寄せられて集まった方々は、やはり皆キラキラと輝く素敵な方ばかりでした。午前8時に参加者様と合流、数ヶ所の神社へ。地元の方々と地元の神社へ行けるというのは、本当に嬉しくありがたいことです。一緒に行かせていただき本当にありがとうございました!その後、昼食、茶話会、夕方には、お知り合いのおじいちゃまがお食事を配達してくださいました。趣味でやってるからということで、材料費だけしかとらないというおじいちゃま。美味しい御馳走がズラリと並べられ感動。とっても素敵なおじいちゃまでした。解散したのは21時半ぐらいだったかな? 素敵な時間を過ごせたことに心から感謝しています。ありがとうございました(^.^)次の茶話会は明後日、京都です。京都に集まって下さる皆様よろしくお願いします。(兵庫県・滋賀県・愛知県など他県からの参加者様もいらっしゃいます)道中お気おつけていらしてくださいね。

哲学・神道・仏教・キリスト教・・・などガンガン話すアメリカ人とまた立ち話し(^.^)このお友達、話し出すと止まらなくて、ちょっと家にナスやゴウヤを届けるために立ち寄っただけとか玄関先でも最低1時間は話す(笑)先日も玄関先で、エピクロスの思想(古代ギリシャのヘレニズム期の哲学者)についてもガンガン話してた。禅や曹洞宗や臨済宗との違いなどについても詳しく語りましたよ~。古事記なども全部読んでます。昔、日本に来た外国人向けのツアーガイドのバイトもやってて、富士山に登りながら古事記や神話について語ったりしてました。聖書が出来る前の話とかも詳しいです。日本の歴史についてこんなに詳しく日本語で語るアメリカ人は他に知りません。いるんですね~こういう方。あっ、この方、国立研究所で通訳・翻訳などやってます。いろんな国の方々の考えに触れる機会を持つことは、偏った考えにならないためにも大切なことだと感じています。

9ヶ月になる孫がスクスクと成長してま~す\(^o^)/
つかまり立ちしてて、机にも這い上がりどこにでも楽々移動できるようになりました。そして、先月ぐらいから、おまるにおしっこ&うんちもできるようになってきました~♪ 

あいちゃんは、相変わらず高熱の日々。先日の治療では・・・随分邪気を吸い取って腰にも影響が出てるって言われました。原因は心あたりあったのよね。(ちょっと、親子でガ~っと吸い取ってしまうことがあって・・・二人とも調子悪くなってしまいました。娘は、その日から熱がグワ~ンと上がり、私はその瞬間から数時間頭痛。)今後は、もっと敏感になって吸い取るようになるしこの子は腰にもたまりやすい子なので要注意だそうです。

すずめさんと鳩さんが急に来なくなったの。よく考えたら、稲刈りだ~!!当然ですよね。稲刈りしたら、いっぱいイモムシさん出てくるし、お米がこぼれてるしね。また冬になったら帰ってくるかな?って待ってます(^.^)

お友達が本を出版し送ってくれましたので紹介しますね。
農学博士の長谷山俊郎さん。『食が体をつくる』

著者紹介
1942年、秋田県に生まれる。農水省の研究機関である、農業研究センター、および独立行政法人 農業工学研究所などで、地域農業・地域づくり・地域活力・六次産業化などの研究を行う。2003年に「日本地域活力研究所」を設立し、その代表として現在に至る。特にこの10年間は、食と健康の関係について力を込めて究明し、講演・講座を通して、”地域の人たちの健康支援”を行っている。農学博士。

023_20150827112818238.jpg

数年前に、日本全国有機農業大会に、私も長谷山さんも参加したのです。たまたまお食事の時、お互いに引き寄せられお隣に座ったことで、話が超盛り上がりお友達になり、二日間ずっと一緒に勉強していたのです。その時からのお友達です。とってもお心が綺麗で愛深く、国民の健康のことを真剣に考え日々研究・発信をされている方です。

本と一緒に同封されてたお手紙も公開しますね。

『この本は、食と健康・不健康の関係を明らかにするために書いたものです。
といいますのも、いま国民の9割以上が不健康や病気になっているからです。その要因は、主に食の摂り方が不適切なところにあります。逆にいいますと、食の摂り方が適切だと、健康で元気な日々になります。そうなので、どんな食が健康をもたらすかを、知ってもらいたいと思います。摂り入れる食が、健康な体・不健康な体をつくるからです。
 国民の多くが不健康や病気になってきたのは、昭和30年代を境にした食の摂り方の変化からでした。その年代を境に、それまで摂っていた食をスミに追いやったことが、今日の不健康・病気の多くを生んでいるからです。われわれの先輩・先人は、経験を通して体に良い食を摂ってきました。私たちは、いま先人のその知恵=食の摂り方を学び、実行する時のように思います。
 アメリカでは約40年前に、「慢性病(これは日本でいう今日の生活習慣病とほぼ同じ)が増加した要因は、誤った食生活にあるので、それを改善しないと、多くの国は慢性病によって滅びるであろう」と、警告しました(しかもアメリカは、日本からの学びで食の改善を勧めています)。いま日本では、生活習慣病の増加で、その警告に当てはまるような状況になってきています。国民で健康な人はわずか7%になり、増え続ける医療費と介護費に苦しんでいるからです。
 今日、私たちが摂っている食の何が不適切なのかを知っていただければと思いますそれを知って適切な食に替えた日々を過ごしていると、いつの間にか健康になってきます。どうか体にとって、おだやかでやさしい食を摂って下さい。そうすることによって、個々人の医療費・介護費(および介護の労)と、自治体や国の医療費・介護費を下げることに通じてきます。しかも、健康な人達の増加は、それぞれの家族と社会を明るくするし、地域や国の活気・活力も高めていきます。
 本の中に出てくることの、1つでも取り入れていただけたら、私はうれしく思います。ご健康を心から祈ってます。』

まえがきから少し抜粋

『私たちは、なぜ病気になるのでしょうか!?それを知るに当たり、テンジン・チョーダラックは、「あらゆる病の源は、われわれ人間の無知にある」といっています。この方は、、ノーベル平和賞を受けられたダライ・ラマの侍医で、チベット仏教界の高い地位の人です。チョーダラックは、人間の病は"体に入れるものと、生命の関係を知らないことから起きる”といっています。やさしくいうと、私たちは、食と健康の関係を知らないことから、多くの病気を招いていると!・・・』


正しい食生活が、良き日本・地球にしていくことに繋がりますよね。私も勉強させていただき、できるだけ正しい食生活を心掛けたいと思います(^.^)



031_20150826135551eb3.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん