マイル換算率

むすひ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

日本刀 

Posted on  2014/09/01 Mon. 19:58   
皆様お元気ですか?
私は元気です(^.^) いつもと変わらず、心穏やか楽しい♪日々を過ごしています。 ここのところちょっと忙しくて、ブログ書けませんでした。メール下さった方々への返信も時間かかってしまいすみませんでした。神事としては、最近は愛知県や関東のあちこちでお祈りしてました。

で、最近ハマッてることは? というと、『日本刀』。 『え? 日本刀?!』 っていう反応ですよね?(笑)
はい、日本刀です(*^_^*) つい最近まで全く興味なかったのですが、あるきっかけがあり、刀に目覚めた?って感じで(笑) フツヌシノカミ様の導きがあり、日本刀が頭から離れなくなってしまいまして・・・私にとっては、御神宝であり、護りとしての『日本刀』。 神そのものに視えるのです。そんな流れにいた時のこと・・・東京に行くために新幹線に乗るためホームに向かっていたのです。その時、直前に店の中に突然ス~~ット吸い込まれてしまったのです。 特に買う物があったわけではなく、新幹線に乗る時間も迫ってて時間の余裕もないのに、入ることになってしまいまして・・・で、そこで一番に目にとまったのが『日本刀の本』というタイトルの本((By 別冊 宝島)! わぉ~~~! これ凄い! ペラペラとめくると写真入りでたくさんの刀がいっぱい紹介され、説明もかなり充実してる。 本を置くスペースが数十冊しかないのに、よくぞこの本を置いておいてくれました、ありがとうございます! って感じでした。 私の中では、神と刀が重なって自分の中に浸み込んでいて、日本刀を勉強することイコール祈りも深くなるという感覚なので、これは、買うしかないと思い、 店のおばちゃんに「お願いします」と本を差し出しました。すると「いい趣味されてますね~」としみじみ言われ、「趣味?」 そっか~趣味か~(^.^)自分の中では、趣味という感覚は全くなくて、もっと深い意味があったので、おばちゃんの反応に笑っちゃいました。 目次の次にはこう書かれています。

『古より人々は刀に想いを寄せていた。 神として、権威の象徴として、人をあやめる武器として、時の流れの中で刀はいろいろな姿をみせてきた。同時に、刀も私たちの姿をみてきたのだ。ある人は言う。「刀は時を写す鏡だ」と。たった一振りの刀に込められた想いを私たちは今、詠むことが大切なのではないだろうか。』 

ね? いい感じでしょ?! ということで、今、日本刀を勉強中。 あっ、先週は2回東京に通ってたので、2回日本刀の店に足を運びました。 が・・・2回とも店が休みでガクって感じ。 調べて行ったのですがね。、残念。 格闘技をやる神事仲間がいるのですが、気持ちがピッタリ合って、二人ともワクワク♪モードで日本刀屋さんへ。 女性仲間たちは、特に興味ないので遠く後ろからついて来ながらニコニコ見守るって感じで(*^_^*)私たちのテンションがあまりに高く、ガンガン歩いていってしまうので、笑われていたようです。格闘技をやるお仲間のお父様も格闘技を究めていて、それはそれは、聞いたことのない世界のお話しをしてくれる。 あまりに凄すぎて、人間ですか!? って感じなのです。格闘技を究めている人には他にも会ったことはことはあって、ぶっ飛んだ話を聞くことには免疫がある私なのですが、さらにそれを超える話で、もう人間の域を超えている。こんな人間じゃないような方たちが世の中にはいるんですね~って感じです。

私たちが日頃何気なく使っている言葉には、刀がもとになっているものがこんなに数多くあるっていうことも知りませんでした。刀がいかに私たちの生活に密着していたかを教えてくれるということで、この本に、刀に関する言葉もたくさん紹介されていました。
例えば・・・

『あいづちをうつ』・・・相槌を打つ 鍛冶で職人たちが交互に鎚を打ち合わすことから、相手に同意を示したり、話に調子を合わせたりすることを言う。

『おりがみつき』・・・折り紙つき 折り紙とは昔、刀の鑑定を行っていた本阿弥家が正真のものに発行した鑑定書のこと。このことから、間違いない物・人物のことを言う。

『とんちんかん』・・・トンテンカンという相槌の音の調子が外れてトンチンカンと聞こえたことから。物事の辻褄が合わないことを言う。

『きゅうばしのぎ』・・・急場凌ぎ 急場とは「急刃」であり、戦場で刀の刃が欠けた時に使う、取りあえず戦えるが切れ味の悪い刀のこと。よってなんとかその場を切り抜ける意となり「急場」と転じた。

日本刀を勉強することは、歴史、日本人の心や精神、人としての生き方や在り方、神・を知ることでもあります。次回、東京に行ったときには、是非、刀を直に手にとって感じてみたいです(*^_^*)

007_2014090119552790b.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん