マイル換算率

むすひ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

熊野へ  その3 

Posted on  2014/05/21 Wed. 09:08   
その3 に来たのですが、パソコンの前で手がストップしてしまい書けない状態(・_・)神々からストップ
がかかっていて詳しく書けないのです。光で満たされた世の中なのならば、全てを公開してもいいのでしょうが、そうではないからストップがかかるのでしょうね。

4年程前、ある神様から以下のメッセージをいただきました。

『いつも、そなたの○○○への熱き想い、行動に感謝しておる。そなたの想い、わしにしかと届いておる。○○○へ多くの者たちが関心を向けるようになりた。そして、ここを訪れる者も増えた。それはそれでよいことじゃ。その反面、多くの者たちが訪れることにより、この聖地の波動が、場が乱されることにもなった。ここを訪れてくる者たちの想いは、さまざまじゃ。このことは、○○○に限ったことではない。他の聖地と呼ばれる所も然りじゃ・・・必ずメリットあれば、デメリットもついてくる。みゆき殿に問うたい。「○○○復興」をそなたはどのような形で考えておるのか、ということじゃ。聖地と呼ばれる所には、いにしえより秘されたものがあるのじゃ。その秘されたものも時期が参れば、あきらかとなろう。それまでは、秘しておかなければならぬものもある。これより、そこを考えて公開していかれたい。どれを秘さなくてはならなぬか、そなたには分かるはずじゃ。そなたのその心で、直感で分かるじゃずじゃ。つねに○○○復興とはどういう事なのか、ということを考えて行動されたし。よいか、良し悪しなどというものは何もない。いにしえより残っておる、秘されたもの、それを大切に守られたし・・・』

068_201405201148489db.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん