マイル換算率

むすひ

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

大和の地へ  その3 

Posted on  2014/01/17 Fri. 09:36   
三ヶ所目は『桧原神社』
大神神社の摂社であり、元伊勢とも呼ばれています。御本殿もなく三輪山を御神体としていて、独特なスタイルの三つ鳥居が建っています。境内に入って振り返ると鳥居の向こうは二上山が見え大和国中が一望できます。御祭神は、天照大神様・伊奘諾尊様・伊奘冊尊様。

2006年9月29日 この日が、私が初めて桧原神社を訪れた日です。その当時、まだ神事をやっていたわけではないのですが、あることに取り組んでいたため、皇室の○○○様から『関係者は10ヶ所参りに行っていただきたい・・・』という指示が出たのです。なぜその10ヶ所なのかもよくわからず・・・しかし、今になってはっきりわかってきました。今 神様からいただくメッセージと皇室からいただいた指示が完全一致しているのです。行く先々で『地球のことをよろしくお願い致します』と深々と頭を下げる宮司様たち。『地球・日本・人々のために全力で取り組み命を使い尽くします!』と神々と宮司様に誓った数年前。その流れで、神宮司庁から「天照皇大神」の掛け軸をいただくことにもなり、神々の想いを形として受け取ることにもなりました。購入したわけではなく直々いただいたので、より重みを感じ神々の想いを厳粛に受け止めました。

あれから何度も桧原神社には足を運んだのですが、今回の事は今始まったわけではなく既にあの時に始まっていたのだと再確認。見えない糸でしっかりと繫がり導かれているこの流れ、またこの地で祈ることができたことに深く深く感謝しました。

この世で起こることは、過去世も含め起こったことが全て繫がり合って事が起こり、縁ある者たちとも出逢うことになります。起こる事・出逢う人に偶然は一切無し。自分に起こる事・出逢う人 全ての出来事と存在を大切に、そして学ばせていただき、少しでも成長できるよう精進したいです。

008_2014011710115128e.jpg


Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

大和の地へ  その4 

Posted on  2014/01/17 Fri. 14:24   
桧原神社の次は、大神神社⇒狭井神社⇒三輪山です。いつもは平日に行くのでスッキスキなのですが、この日は日曜日とあって朝から物凄い人 人 人(゚゚;)無料駐車場は既にいっぱいで、待ってる車の長~~い列。仕方ないので、遠く離れた有料駐車場へ停めることになりました。山登りの格好でペットボトルをいっぱい背中に背負ってテクテク♪他の地で神事に使わせていただきたいので御神水をいただきたくて(o^o^o)鳥居から10分~15分程歩いたところに狭井神社があり登山口があります。ペットボトルを持って登らなくていいように、社務所の横のコインロッカーに預ける事ができます(コインも返却されますよ(^^))さて、参拝が済んだので登山開始です\(^▽^)/

あっ その前に・・・神社からの『入山心得十箇条』を(o^o^o)
一、三輪山は神体山です。敬虔な気持ちでの登拝を願います。
二、入山前に各自御幣でお祓いをして下さい。
三、入山中は、「三輪山参拝証」の襷(たすき)を首にかけて下さい(←かわいい鈴がついています(^^))
四、行程は上り下り約4kmです。
五、登下山に要する時間は普通2~3時間です。
六、山中での飲食は出来ません。
七、山中の草木・土・石は採取出来ません。
八、お供物は必ずお持ち帰り下さい。
九、宗教活動及び勧誘行為などは慎んで下さい。
十、下山は午後4時までに完了願います。

それと、三輪山は、以下登拝できない日があるので注意して下さいネ
・元旦~3日
・2月17日
・4月 9日
・4月18日(午前)
・10月24日
・11月23日
※悪天候等諸事情により危険と判断した時

入り口でお祓いをして一礼して、いよいよ登山開始です\(^▽^)仲間は、登山口に置いてある杖を貸してもらうことにしたようです。一歩一歩ゆっくりゆっくり大地を踏みしめて登り始めました。途中、仲間には神様から応援の言葉がかけられて、うふふ(o^o^o)って感じ。後ろからは後押しするような掛け声、頂上からは待ってるぞとの掛け声。あっ 逞しい私には優しい言葉がなかったような(笑)あはは~です。
この山、龍神様もいっぱいいらっしゃるし浄化力の強いお山なので、霊的に重くなっている方は登ったら体がより軽くなると思いますよ(o^-^o)
楽しく気持ち良く登らせていただき、無事頂上に到着。数ヶ所に分けて神々がいらっしゃるポイントに意識を飛ばし祈りました。多くの地がそうなのですが、大切な地というのは人々の目に触れないようにたいていは隠されていたりします。自分のセンサーを研ぎ澄まし見えるものに惑わされることなく、どこが一番のポイントであるかを見極わめ、そこに意識を飛ばして祈れるといいですよね。

下山後は、三輪そうめんいただきました~♪♪♪その地の水や食を体に入れることはとっても重要。エネルギーを全身に吸収させていただき感謝(^^)


仲間が買ってくれた『龍馬鈴』  『奈良に行くときは必ず鈴を身につけて行くこと。神々の守りもあるが己自身で、その体を守ること・・・』と神様からメッセージがありました。
006_20140118141129f08.jpg
 
裏側です とってもいい音がするんですよ
004_20140118141039ca0.jpg

こんな素敵な袋に入ってます
005_20140118141307633.jpg

袋の裏側に説明があります

『龍馬(りょうま)は馬の中の王者として古来霊獣の一つに数えられています。本社拝殿の正中の蟇股(かえるまた)にその雄姿が大刻されており、三輪明神の神威はこの神馬に感応して天翔っていることでしょう。此の度鋳金家の日展無鑑査津田永寿先生の手により龍馬鈴として謹製していただきました。神勇を鼓舞する護符として身近に奉持して下さい。』

こちらは、熊鈴。これも仲間が買ってくれた~(o^-^o) 熊ちゃんの模様がかわいいし、透き通るようなきれ~な音がするので、とっても気に入っています
019_20140118142627c6d.jpg

ネジを緩めると音が鳴らなくなります
005_2014011814284202f.jpg


Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん