マイル換算率

むすひ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

東北へ(2013年)  その5(岡崎城隣 龍城神社の井戸) 

Posted on  2013/09/19 Thu. 09:38   
その4の日記に徳川家康様が登場しましたので、東北の旅に進む前にホットなニュースをひとつ。徳川家康様と龍神様のお導きで昨日起こったことを記しておきます。

昨日の朝の事・・・突然、『龍城(たつき)神社に(徳川家康様の生地である岡崎城敷地内)来て下さい!』と呼ばれたので、行く事になりました。朝中学校でのお仕事を終え(挨拶運動があり、役員は毎朝7時45分に集合して子供たちと接しています。)そのまま呼ばれた井戸へ。家事もそこそこで毎朝中学校に行くので、まだ家事が残っていたのですが、今!行かなければならない!って感じでしたので、残りの家事もほかったままで岡崎城へ直行。いったい今日は何があるんだろう? 何があるのかはその時点では分かりませんでしたが、行けばわかるかな・・・って思って。井戸に着くと、あれ~~~!! 井戸の屋根を支えてる柱がきれいになってるし、井戸の蓋の枠が金属製のしっかりしたものに造りかえられてるぅ~~!しかも、井戸の中に水がある!?(*゚0゚)いったい何が起こったんだぁ~~!?びっくりして、巫女さんに聞きに行きました。巫女さん曰く、400年祭に向け、あちこち見直しをしていて造り替えたり修復したりしているとのこと。「金龍を目覚めさせよ!」とのメッセージをいただいたのは数年前のこと。宮司様ともお話をしました。井戸は涸れてしまっていたのですが、井戸をいじるつもりはないことを告げられ、う~~ん、どうしたものか? 井戸が涸れていれば、金龍様が力を発揮できない・・・でもまだタイミングではない・・・それ以来、井戸にせっせと通い日本中の御神水を井戸に入れ(宮司様の許可はいただいてます)祈りを捧げる数年だったのです。巫女さんから事情を聞いた後、井戸の前に戻り、日本中の龍脈が繋がるように、全ての龍神様が繋がりあって日本列島を守っていただけるように、長い長い祈りを捧げていました。やっと、繋がる。やっと金龍が目覚める時が来た! 嬉しくて嬉しくて・・・一生懸命取り組んできた想いが天に通じた!感動の瞬間でした。祈りが終わり、静かに目を開けました。すると、ある女性が私に寄ってきて「いったい何故井戸の前でそんなに長く祈りを捧げているのですか?こんなに真剣にここの井戸の前で祈っている方は初めてみました。お話聞かせていただけませんか?」と言われたのです。ということで、事情を説明したのです。一通りお話をして「あなたは、カメラマンですか?(性能のよさそうな大きなカメラを持っていたので)」と、今度は私が聞きました。後ろにも数人いらっしゃって、どういう方々か聞いてびっくり! 市役所の方、井戸のあれこれを作る方、井戸を修復するために宮司様に声をかけた方、カメラマン、歴史学者・・・つまり、この井戸を復活させようとした方々の集まりです。まさに私が祈っていたその時間に、そこに集まることになっていたようなのです。そしてその日は、鉄枠の上に竹を組んで作った蓋を乗せることになっていて、完成の日だったのです。市役所の方も、この井戸がきちんと守られ人々に注目されるように協力をしてくれる体制をとってるということだったので、お願いをしました。今までは、人が通り過ぎてしまうような状態だったことも話しました。きちんと皆さんに守られ祈りを自然にするようになる場になるように、立て札を立てる方向で考えてくださるみたいです。よかったです! 本当に嬉しいです。この金龍様の守りあっての三河の地であるということを三河の人々が自覚し、見えないものに感謝する心で生きる事ができたら嬉しいです。写真を撮らせてくださいとのことで、井戸をバックにパチリ。その後も皆様と一緒に何枚も撮ることになり、飛び入りトランブレーみゆきは、ちゃっかりカメラにおさまってしまいました(笑)

私は、徳川家の御先祖様である松平家のお墓に両サイド囲まれた家で幼い時を過ごしました。松平一族のお墓がいっぱいあるところが秘密基地だったし、お墓に小さい頃から祈っていました。もちろん、意味もわからず(笑)しかし、やっぱり繋がってるんですね~。

井戸の件が終わっても、ちゃっかり皆にまぎれて一緒に行動する みゆき(笑)本殿の裏に案内して下さり、工事現場へ。社務所建て替えの現場やら発掘作業を見学。石垣に積まれた大きな石に龍神の姿が浮き上がってると、最近大騒ぎになってる石を見せて下さいました。歴史学者の方がいらっしゃったので、いろいろな説明も詳しかったです。そういえば・・・徳川家の三つ葉葵の御紋ですが、岡崎城の瓦に描かれている葵は、葉脈がないそうです。このようなデザインで描かれているのは、日本で岡崎城のみということです。

「我も惜しまず力を貸そうぞ」と仰ってくださった徳川家康様。お言葉通りお導き下さいました。感謝しかありません。

014_201309191201030f9.jpg

013_2013091912015570f.jpg

016_2013091912034404e.jpg

017_201309191204149e3.jpg

022_20130919120448a40.jpg


Check

カテゴリ: 東北(2013年)

[edit]

TB: --    CM: --

中秋の名月 

Posted on  2013/09/19 Thu. 17:44   
今日は、9月19日 中秋の名月。暦の関係で、中秋の名月は必ずしも満月になるとは限らないのですが、今年2013年は、2011年・2012年と連続で中秋の名月が満月です。中秋の名月の満月は、2013年を最後に2021年まで見ることができないそうです。ということで、私も今日はお団子買ってきたので、お月様を見ながらちょっと日本酒をいただき、感謝 感謝の時間を過ごしたいと思います(^^)

お月見団子は、地域によって形が違うようなのですが、いつもは丸い白いお団子をお供えして食べるのですが、今回は、ちょっと違うタイプのを買ってみました。里芋を供えることから、芋名月と呼ばれいますが、その「芋名月」にちなみ里芋の形に作り上げられたお団子。家の前に生えているススキを飾り、実家の近くで拾ってきた栗をお供えしてます。満月は、20時13分ですよ~(^^)

004_2013091918174757a.jpg


Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん