マイル換算率

むすひ

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

紀伊半島  その1 

Posted on  2012/12/29 Sat. 00:53   
今週は紀伊半島祈りの旅に行ってきました。


12月23日

1 八大龍王姫松明神・・・玉置神社10キロ程手前にあります。小さな滝ですが力強いエネルギーを感じてとってもいい感じ。

2 玉置山(玉置神社)・・・人里離れたかなり不便なところにあり、冬は雪・道路凍結で行くのが難しくなります。凛としたエネルギーで、厳し~い感じを受け自然と背筋がピンとしてしまうような神社です。最近、御祭神の国常立尊様からメッセージをいただくことが多く、知らぬ間にやけに男らしく?なってるようで「みゆきさん、男の神様がかかってない?かなり影響受けて男性モードになってるみたいだから気を付けた方がいいよ」と注意を受けてしまいました(笑)

3 熊野本宮大社・・・一番奥に「結ひの神」発見!熊野本宮大社は何度も行っていて、このお社の前でもいつもお祈りしているのですが、名前まで見てませんでした。「むすひ」にビビビ!でした。どんな神様だろう?と社務所で聞いたら、「熊野本宮大社ではイザナミノミコト様と捉えています。」というお答えでした。「地球・日本の立て直しをするため、良き御縁を繋いでいただけますよ~に!」とお願いしてきました。

4 大斎原(おおゆのはら)・・・熊野本宮大社の旧所在地。伊邪那岐家世襲最後の皇祖の御霊魂所「陵」墳墓の地。ハヤスサノオ尊ご夫妻の墳墓。アマテルカミ尊御夫妻の墳墓。

5 熊野速玉大社・・・大和民族の隠れ家・大斎原の案内所・警護所だったそうです。

6 神倉山(神倉神社)

この日はこれで時間切れ。今晩はどこでお風呂入ろっかな~?と探してたら、那智勝浦に天然温泉発見! 420円で温泉へ。そして、どこで寝よっかな~?と、適当に運転てしてたら「なち道の駅」発見! ということで、その日は那智で車中泊。

12月24日

7 那智の滝・熊野那智大社別宮飛瀧(ひろう)神社・・・熊野は温かな所なので、めったに雪は降らないそうなのですが、この日はかなり冷えていて朝から雪がチラチラ。那智の滝、やっぱり凄い迫力ですね~。これほどの浄化力・パワー目指したいですね~。

8 熊野那智大社

9 朝貴神社・・・本州最南端の神社。神社裏は海、とっても景色がいいです。

10 水門神社・・・紀伊大島にあります。

11 闘鶏神社・・・初めて行く神社でした。私は小さな神社を想像していたのですが、なんと26柱も神々がいらっしゃる神社でびっくり! とっても整ってるしっかりした神社という印象。

12 伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)・・・ここもしっかりした神社でした。ミズハノメノカミ様がいらっしゃって御神水もいただけます。

13 日前神社・国懸神社・・・お友達に連れて行ってもらったことがあり、とってもいい神社だなって感じました。

14 善女龍王尊・・・復興するため、この地は何度も何度もお掃除・お祈りに毎月通った地です。最近、忙しくて数カ月もの間行くことができませんでした。久しぶりに神様に御挨拶と感謝のお祈りできて本当に嬉しかったです。善女龍王さま大好きです。和歌山の地が守られますように!人々が守られますように!日本が守れますように!といつもお掃除やお祈りをして下さってる御家族がいらっしゃいます。本当にありがたいことです。


この日はここで暗くなり時間切れ。いつもお掃除をしてくれるお友達に電話。「今からちょっとだけ時間ある!?渡したいものあるし、ちょっとだけでも会いたいから」と。突然連絡したのでびっくりしていましたが会えました~♪お土産渡し、少しの時間でしたがお話しできてとっても嬉しかったです。お土産にどうぞとお菓子と真名井神社の御神水をいただきました。
その後は友達が教えてくれたお安い温泉へ。そしてお風呂上がりは毎度のこと「今晩はどこで寝よっかな~???」です(笑)この日のお泊まり地は、淡路島が目の前に見える港に決定!(淡島神社が次の目的地でしたので目の前になりました)世間はXmasイブで盛り上がって楽しんでるんだろうな~?な~んて想像しながら波の音を聞きながらイブを静かに過ごしました。

12月25日

次の日は、漁師さんの船のエンジン音でお目覚め。まだ真っ暗なのに漁師さんは早いな~頭ボヤ~としながら漁師さんの声と船のエンジン音を聞きながら、こういう朝もいいな~って港のエネルギーに浸ってました。

15 淡島神社

16 高野山・・・出発前は高野山は予定地に入ってなかったのですが、前日の夜「あっ 呼ばれてる。行かなくっちゃ!」と行くことになり、Xmasは仏教にどっぷりでした(笑)とても冷えた日で、高野山の上の方は凄い雪でチェーン規制していました。
今回、空海に伝えたいこと 聞きたいことありましたので、しっかり向き合ってきましたし、高野山には会いたい方もいたので自宅を訪問してきました。この方と初めてお会いしたのは数年前。私はどこに行ってもお土産屋さんには入らないのですが、その時は道を歩いていて「あれ?」と感じ、その店に足を踏み入れたのです。明らかにその店だけ次元というかエネルギーが違ってる。入ったら、90歳ぐらいのおじい様が出ていらっしゃいました。その瞬間「ん? この方何者? 普通じゃない」って感じたのです。それはそれは深い目をしていらっしゃった。眼力が違う。静かに私の方を見て、しばらくお話ししていたのですが、「どうぞ座って下さい。お茶でもいかがですか?」と言われいろいろお話しすることになったのです。そして判明、彼は、高野山の元お坊様でした。やっぱり!って感じでした。後から知ったことですが、密教の世界で彼の上を行く者はいないと言われているお方みたいで・・・住所と名前聞かれ、また会いましょうとお別れしたのです。今回、また訪問してお話しできたのですが、たくさん本が積んである中に「還源」と書かれた本を発見。「あっ この げんげん って書かれた本は?私、この『還源(げんげん)』っていう言葉好きなんです。」って言ったら、「これは来月出版する私が書いた本だよ」と。びっくりでした。好きな言葉が同じ。密教に縁ある二人が考えることはやはり同じですね(^^)
還源・・・人は皆、本来清浄であり、源に還る必要があります。
コーヒーを御馳走になりながら、良い時間を過ごせたことに感謝でした。



朝貴神社の裏からの眺めです
027_20121229012746.jpg




Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

紀伊半島  その2  空海 

Posted on  2012/12/29 Sat. 01:46   
我 空海である

己の生きる毎日が、幸を感じる事が出来ぬのは

生きている事に 感謝していないのだろう

どんなに悲しみあろうと

どんなに辛かろうと

どんなに逃げ出そうと

苦と共に生きてこそ

人としての優しさが生まれるもの

命を大切にと心から思わぬ為に

人を傷つけたりもする

自分の命は、他人の命

命ある全てのものが、自分の命となっておる

生きている意味わからぬもの

それでも良いのだ

生きて 生きて 生き抜いて

小さな花を見つけたように

生かされている事に気づき

生きていく事が、使命なのだとわかるもの

人は たくさんのものを理解出来ぬ

どんな事も経験せねば、何もわからぬもの

だから、わからぬものを 愚かだと非難すべきでない

非難する己を恥じるべき

人はどんなものも、人それぞれの感じ方、捉え方あり

同じであるものなし

同じでないから、そこに学びがあるのだ

共に学び、共に支え、共に助け、共に喜び、共に悲しみ、共に同じ思いとなりもする

そんな人との繋がりは

心をとても豊かにし、人を愛していく喜びとなり

苦しみを人のせいにするでない

怒りはそなたの感情あるゆえ、人のせいにするでない

これからは、人との関わり 大切となり

己の成長 人にあり

人の成長 己にあり

共に今の世 生きている

全てが己と思い、痛みは与えず、喜び与えよ

生きなさい

生きなさい

命は、生かすもの

心は、育てるもの

そなたたちが生きていること

我の喜びでもある

ありがたい、とてもありがたい

これからも、生きる喜びたくさん感じ

最後は この世に生まれ 良かったと思えるように

それぞれの毎日、生きてください

人々の笑顔が、光となり

希望の未来をつくり、未来の子供たちに笑顔を与える

己の行い、己の思い

未来を明るくしてください

己の為の未来も、己の思いで変わります

言葉も未来をつくり、己もつくる

成長し続ける事が、生きていくことなり

幸多き年を 皆が送れるようにと

我も心から明るい未来を思います



空海より

047_20121229014526.jpg







Check

カテゴリ: 空海

[edit]

TB: --    CM: --

紀伊半島  その3  空海 

Posted on  2012/12/29 Sat. 01:50   
※友達がメッセージ降ろしてくれました。


トランブレーみゆきに伝えよ

我 空海である

そなたの毎日の行いと思いを見ています

どんなものにも

どんな事にも

人の愛というものがあります

そなたは、それを見つけ、光を与えるべし

楽しみの中にも

悲しみの中にも

苦しみの中にも

必ず、喜びとなるものあり

それに気づかせるのも、そなたのお役目となる

神のような愛を持ち

神のように、耐え

神のように、気づかせ

神のように、共に喜び、共に涙する

辛いこともあろう

痛みもあろう

だが、それなくして 喜びは味わえぬもの

心を尽くすとは、心を込めることなり

難しいこと程、実った時は 喜び大きい

神と共に喜べること、その感覚を忘れず

その感覚に感謝し

その感謝を神や支えてくれる者たちに伝えてゆくべし

これからの世

人それぞれが気づく事が大事

人それぞれが、思いと行いに心を込める事が大事

人を導くとは、全てを教えるのではなく

気づくきっかけを与えることなり

そこから学ぶのは、人それぞれ

気づくのが早いもの

全くわからぬもの

学びとして心得るもの

人それぞれ

どんな違いがあろうとも

それぞれの理解する時があるべし

そなたも共に学ぶことあるべし

そなたもそれに気づく事が出来るよう、心を込めて 人とあいなり

そなたの行い、これからも見ておる

この世に生まれたことを喜び、楽しむべし

そなたのお役目広がろう

どんな事も、神々の力添えあり

神の力と合わせ、この日本を、この日本の人々を

支え、助けるべし

がんばれ、がんばれ



空海より


043_20121229020009.jpg


Check

カテゴリ: 空海

[edit]

TB: --    CM: --

紀伊半島  その4 空海 

Posted on  2012/12/29 Sat. 11:54   
友達がDVDを貸してくれました。
「イエスマン」は面白くて笑いすぎて涙がこぼれた。「里山(命めぐる水辺)」は、命の煌めきがあまりに素晴らしすぎて涙がこぼれた。「マトリックス」は宇宙、地球、空海、密教、キリストを感じて涙がこぼれた。

マトリックスは今から約10年程前に出た映画だと思いますが、映画もテレビも全く見ない私なので、マトリックスがどんな映画かを全く知りませんでした。かなり時代遅れの私です(笑)マトリックスはかなり激しい部分もあり、泣くような映画ではないようなのですが、私には、この地球の成り立ちというか真理を含んだ映画にしか感じられなくて、空海が密教で教えようとしていた真髄が入っているように感じられ、胎蔵界と金剛界が渦巻き、映画終わった途端、涙 涙だったのです。友達は「マトリックス観て泣く人も珍しい(笑)」とコメント。

先日、空海からメッセージをいただいたのですが、そのメッセージは確かにふむふむと頷けるものではあったのですが、「違うでしょ!? 私にはもっと言いたいことあるでしょ!? 本当のこと教えてよ! 空海の苦しみ 悔しさ 悲しさ・・・本当に言いたいことを言って!」とお願いしたのです。空海が言葉で伝えて来なくても、魂の奥にある想い、私にはわかってました。彼が苦しく 悲しく 悔しい想いをずっと持ち続けていることを・・・

実は・・・今回、高野山に行ったのはある覚悟をして、空海にそれを伝えるために行きました。

このメッセージは、かなり個人的なものであり人々を混乱させてはいけないという想いから、公開するつもりはなかったのですが、空海の意思もあるので公開することにしました。


メッセージは特に、私個人的なものではありますが、メッセージの中に彼の想いが入ってますので感じ取って下さい。



我 空海である

我は この日本が好きで、この山が好きである

我と一体となりたいと心の底から思ってくれること とてもありがたい

心から感謝します

我 人々を迷わせていぬか

我 人々を過酷な日々にしてはいぬか

我のようにと 己の体と心を通して、痛みを得て 人として成長しようとしていぬか

我のように どんなことも耐えぬこうとしていぬか

人はみな 人を思い合い 喜び合い 生きていくのが望ましい

どうか、もう自らのその体と心を痛めぬようにと願っています

トランブレーみゆきよ

我と共に生きてくださるか

生きて 生きて 生き抜いてくださるか

我の人々に伝えたい思いを共に一つとなり 伝えてくださるか

我の悲しみと悔しさを 共に一つとなり、愛に変えてくださるか

そなたは 我と共に生きること後悔せぬか

先日のみなの思い、とても嬉しく涙こぼした

我の思いを受け取り、みなが力を合わせてくれることが、どんなに我に光を与えてくれたことだろう

心から、皆に感謝します

トランブレーみゆきよ

そなたの迷い消してくれぬか

そなたの疑い消してくれぬか

我は そなたと一つになり、この世でたくさんの人々にまた気づきを与えたい

気づきを与え、我もまた学び続けたい

どうか、この思いがそなたの心に届くようにと思っています

我もそなたと共に力を合わせ、日本を 人々を 地球を守り通したい

そなたの力になりたい

そなたもどうか、我と共に生きてください

命があれば出来たこと、たくさんあるだろう

体が自由であれば、もっと何か出来たであろう

我は人が好きである

だからこそ、人を幸せにと願っている

トランブレーみゆきよ

我と共に生きてください

よろしくお願いします

この時を迎えられたことに、心から たくさんのものに感謝します


空海より




「そなたの迷い消してくれぬか そなたの疑い消してくれぬか」・・・
これは、2012年1月23日に空海との間に起こった出来事なのですが、事実自分の身に起こったことなのですが、あまりに信じがたいことだったので、未だに半信半疑の状態だったのです。自分だけなら、勘違いということもあるのですが、何人もの関係者が関わってるし。でも、その日、空海の悲しさ 苦しさ 悔しさ 辛さを全部受け号泣。槍で胸を突き抜かれたような状態になり、10日程状態がおかしくなり元に戻るのにちょっと時間がかかったのです。空海がどうしてそういう心の状態なのかは、もしかしたら本人がこれから私を通して語っていくことになるかもしれません。空海が体の中に入り一体となるということは、彼のその苦しさも 悔しさも 悲しさも全部背負うということになります。だから、空海は私に確認してきました。「そなたは 我と共に生きること後悔せぬか」と。最初からそのつもりで高野山に行っているので、後悔などしません。心は決まってます。

空海と共に 生きて 生きて 生き抜いて 地球・日本の立て直し一体となって頑張ります(^^)



善女龍王(高野山)
044_20121229124208.jpg
Check

カテゴリ: 空海

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん