マイル換算率

むすひ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

最近のいろいろ 

Posted on  2012/09/20 Thu. 10:39   
久しぶりの日記になってしまいました。日曜日(16日)から、また活動再開で、あちこち行ってました。「体を休めよ!」とのことで、ストップがかかり活動完全ストップになってしまったのですが、そう休んでばかりいられません。

今回の祈りの旅の報告を・・・と思いますが、それ以前に行った地の報告もまだできてないし、神事以外のことなど書いてなかったので、今日はちょっといろいろ書いてみます。


☆東北の旅から帰ってきて、数日後、神奈川県と静岡県に日帰りで行ってました。朝3時半頃、静岡県で関東の友と合流。
三島大社⇒天城山⇒葛城山⇒駒ケ岳⇒神山というコース。
天城山は眺めはよくないのですが、湿度が高く、苔がいっぱい。苔好きの私にとっては最高でしたね\(^o^)/苔を眺めているだけで幸せいっぱいでした。だいたい往復4時間のコースです。
朝3時半のスタートではあったのですが、最後の山を(神山)下山するのに、完全にロープウェイ間に合わないことわかっていましたが、それでも強行突破。ギリギリ明るいうちに下山できるのでは・・・ということで、登ることに。下山時に薄暗くなり始めてはいたのですが、ギリギリセーフでした。でも、車道に出てからが長かった(*_*)道を間違えて(どう見ても駐車場はそちらの方角に見えたので、そちらに向かったのですが、かなり遠回りのルートでして)結局、歩くこと、また1時間。日は沈み、周りは真っ暗、雨も降りだす。朝から歩きっぱなしの1日で駐車場に着いた時は、ちょっとぐったり(-_-;)帰宅途中、疲れきってサービスエリアでバタって感じで、帰宅は午前3時でした。疲れた~~~~~~(・_・)でも、あちこちエネルギーを繋ぐお祈りできてよかったです。

020_20120920104603.jpg


☆つばめのピーちゃん、仲間と飛び立って行きました~(^^)飛び立つ前に、プロのカメラマンが家に撮影にいらっしゃったのですが、記念に!と写真をプレゼントして下さいました。ホンワカした柔らか~~~なエネルギーのとっても素敵なカメラマンさんがピーちゃんを撮ってくださいました。

041_20120920104354.jpg

☆次から次にいただく御縁で、山の活動の合い間でたくさんの方々に会っています。民族歴史研究会の会長・文化財保護審議会会長・警察官・植物を育てている会社の社長さんとか・・・とにかくいろいろな分野の方々。
どの方もとっても素敵な方。世の中には素敵な方がいっぱいいますネ(^^)


植物を育てている社長さまから「ハートツリー」のプレゼント。赤いハートの実がなってるんですよ。
愛を届けたい時のプレゼントには、とってもいいですよね。
この「ハートツリー」を通して、温かい心を届け、日本中を愛で満たしたい!という、とっても温かくきれいな御心を持った方が社長さまです。東北の震災の復興支援などもなされている方です。
031_20120920105541.jpg

気温が下がるとより赤みを増して鮮やかなハートになるそうです。
030_20120920110704.jpg

☆愛知県豊橋市にある石巻山でのお掃除も毎月ずっと続けています。(2008年から)
石巻山復興しよ~~~~!って始めたお掃除。最近は忙しすぎで、1日に行けない日もありますが、行けない時は、1日前後に、時間も午前中に行けない時は午後に・・・って感じで、水場(奥の院)中心にやってます。

☆和歌山県川辺市の善女龍王尊の地も「復興しよ~~~!」ってお掃除毎月通っているのですが、ここ2カ月あまりの忙しさで行けてません。でも、和歌山県の、心のきれ~~~な素晴らしい女性が毎月の掃除お祈りして守ってくれてます。本当にありがたいことと感謝しています。京都からもわざわざお掃除来て下さる方がいるんですよ。この方もとっても素敵な方です。

☆過去ブログの本の件。活動の合い間で、編集やっているのですが、やっとまとまってきました。600以上の記事から250程を抜き出し、いろいろな修正を。本を作るってこんなに大変な作業なんだって初めて知りました。
編集を手伝ってくれてる友がいるのですが、この方なしには絶対にここまでできなかったって感じ。
2012年に入ってすぐ、本を出しなさい・・・というようなメッセージを受け、そのうち「桜の咲く頃清書せよ。木の葉散る頃人の役に立つ。紙(=神)に残しなさい。長く残る大切な書となる、神の言葉のみを綴りなさい。今年中に仕上げよ。早ければ早い程良い・・・」こんな感じのメッセージでした。
でも、メッセージをいただいたのはいいんだけど、本???いったい何書くの???私には書くこと何もないんだけど、本を書くようなネタもないし、そんな文章力もない。さっぱりわからない状態で・・・でも、本のデザインも天から降ってきて(・_・)本のタイトルも与えられ。それでも、私にはよくわからなかった(-_-;)
何も書くことがないのに、本出すってどういうことよ!?って感じでした。ところが、突然ブログ閉鎖することになり、気づいたら、本にまとめていました。「神の言葉のみ綴れ」ということでしたので、活動記録は全部外して、道徳的な日記のみ、そして神様の言葉のみにしました。
本屋さんで出版という形ではないのですが、なんか本という形に仕上がってきました。あと、もう少しです(^^)

☆愛知県岡崎市の龍城神社(徳川家康が生まれた時、金龍が現れたということで金龍様が祀られている井戸があるのですが、井戸には水が全くなく井戸を掘るという計画もなく(宮司様にはお話ししたのですが、数年前にも掘ったのですが、水は出なかったと。水脈が変わってしまったのか?神社側も水が出たらいいな・・・という想いはあるようなのですが、掘るのに資金もいるし・・・だから、どうにもならない状態でストップしています。しかし、西日本の要の地のひとつであるここの金龍様の力を出しなさいとの神様からのメッセージを受け、なんとかしたいのですが、なんともならず・・・で。でも、何もできないわけではないので、私が行く地、全部の御神水をひたすら井戸に運び祈っています(エネルギーを整えるため)毎週か2週間に1度は足を運び、日本中の水を井戸に入れています。もちろん、宮司様の許可はいただいています。往復1時間、活動の合間で通うのは大変ではありますが、それでも、できることを精一杯やり続けたいです(^^)

☆これ、みゆきさんに似てるからプレゼントさせて!と友達が送ってくれました。風に乗って日本全国を飛び回っている姿が重なるそうで・・・風ちゃんと言う名前だそうです。
038_20120920123124.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

皆神山(みなかみやま) 

Posted on  2012/09/20 Thu. 13:12   
活動再開! ここ数日、長野県・新潟県・富山県に行ってました。
今回の旅の最初は『皆神山』。
『皆神山は地教山なる故、地球、特に日本国に関しての大元がそこにあるぞ。』とメッセージいただき(メッセージの全文は過去の日記に載せてあります)6月に足を運んだのですが、再度呼ばれ、行くことになりました。
そこで、ある方々に出くわしたのですが「まただわ! どうして、この方々にばかり出逢わせられるんだろう?神様はいったい、この方々と何をせよ?と仰っているのか?」日本の重要な聖地でばかり会わせられる、この不思議。今現在、お互いに全く必要としていないのだが、神様(クニトコタチ)のお導きで引き合わされていることだけははっきりわかる。
今回、また感じることがあり、国常立尊さまからのメッセージもあり、再度足を運ばなければならなくなりました。



皆神山に神が宿っているのは そなたも存じておるな

そこで 出会うという事は 神が揃うということ

縁あれば 繋がり 互いに力を合わせる事になる

ただ それは 相互に相手を必要としないと和(輪)は出来ない

相手を必要と思うかどうかという事

今すぐ 互いに何かを実行するのではなく、縁を繋いでおくことも大事

後に 互いに必要となるだろう

(皆神山でいただいたメッセージ)



皆神山

それは 神の山

幾つもの神がいる山

白と黒がいる山

すべる(統べる) 1つにせよ

(皆神山に行ったその夜にいただいたメッセージ)




皆神山は 1日で 統べる事は出来ない

ここは 白と黒

統べるには、時が必要ぞ

必要な時に また導かれる

その時に 他の神たちと 1つにせよ

(次の日、戸隠山に登っている時にいただいたメッセージ)


 
その後も、天からメッセージいただいたのですが、私が感じていることと一致していましたし、具体的に皆神山の今の神々の状態がどうなっているのか?ひとつに統べるにはどうやるのか?などは、クニトコタチノミコトさまのメッセージも含め、事を終えてからここで公開します。

009_20120920132832.jpg


Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

沓島(くつじま) 

Posted on  2012/09/20 Thu. 19:56   
※今回皆神山で、ある方に引き合わされたのですが、その方を見た瞬間「沓島(くつじま)」と浮かんだので、突然ではありましたが、沓島の話をしてみました。突然、沓島の話をしたから驚いていたのですが、やはり沓島と深き御縁ある方でした。その後、国常立尊(クニトコタチノミコト)様からのメッセージいただきました。
沓島は、昨年から呼ばれている島で、つい先月も再度メッセージ来てるのですが、まだ行けておらずで(-_-;)
近いうちに行かなければ!と思っています。

私個人へのメッセージの中に人々へのメッセージも入ってます。


沓島(くつじま)は 鳥の島

鳥の思いをそこで感じとれるか

鳥も思いを伝えているぞ

海の守り神として働いているのだ

神社に行って 何かを感じよ

海の大切さ

海があって陸があるという意味を感じよ

島は何故 島なのか

日本は 島でもあるが 大陸なのだ

神々が宿る日本の地

島は海に囲まれ守られているのだぞ

日本も同じなのにな…

海の神の力を与えて貰えよ

それが後に 海との繋がりに大きな力となる

頼むぞ

(皆神山の頂上に居る時いただいたメッセージ)




沓島には 海の神あり

鳥は 神の遣いとして働き、島を守るものたち

島 ― 日本

我が国土は 海に囲まれ、山も川もあり、四季もある

花も草も 四季を教えてくれるように

海も 四季を教えてくれる

四季を狂わせてはならぬ

四季は大事ぞ

昔… 昔 大陸だった頃

人は神でもあった

神の心があった

全てが神であった

山を削り 川を埋め、海も埋め立て 何が欲しい

与えた恵みを粗末にし

バチが当たると思わぬか

小さな島ほど 山も海も川も 大切にしておるぞ

日本 小さく小さくなってしまうぞ

1つの大陸のように成り立つ大きな島が どんどんどんどん小さくなる

山を大切にし

川を大切にし

海を大切にし

草や花も 動物も、全て 大切にしてこそ

人が生きてく意味があるのだぞ

感じよ

己の愚かさを感じよ

正しい生き方を感じよ

全てを愛し

この地球に返せよ

地球の全てが そなたたちだけのものじゃないと

わかるものが どれだけいるのか

何かあって、わかってたなどと 言い訳いらぬ

遅かったと落胆するなかれ

変われよ

皆で変わらねば 景色は変わらぬ

(皆神山に行った、その夜にいただいたメッセージ)

2010_03_13_104.jpg






Check

カテゴリ: 冠島・沓島・真名井

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん