マイル換算率

むすひ

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

東北  その10 (早池峰山) 

Posted on  2012/09/09 Sun. 18:08   
岩手山の次は同じく岩手県の早池峰山(はやちねさん)。
前日の夜までに移動したいので、夜中にまた車を走らせました。登山口到着して「え???」って感じでした。
一応登山口となってはいるのですが、駐車場はなし(・_・)明らかにメインルートの登山口には見えない(・_・)「いったいどういうこと???」と思いました。登山口のことも東北出発前に調べていたのですが、市役所だったか?地元に問い合わせた時、2ヶ所教えてくれたのです(最短ルートで行ける登山口を教えて下さいってお願いしたのです)現地に着いてみて「え!? ここから登ったらちょっとまずいんじゃないの?」と感じるような場所で「う~~~ん、これは登山口変えた方がよさそうだ・・・」と感じ、もう一ヶ所の登山口に変更することに(家に帰ってきて、最初に行った登山口を調べてみたら、なんと11時間ぐらいかかるコースであることがわかりました)ナビ設定したら、山を超え反対側に行かなければならないようで、なんとそこから1時間半かかるとナビは言う。「え~~~~~~~~そんなに時間かかるのぉ~~~~~(-_-;)12時到着になっちゃう~」でも、仕方ない・・・と諦め、また真夜中の山道を運転。到着した時は、ぐったり(-_-;)次の朝はまた4時起きだから、3時間半ぐらいで体を回復させなければなりませんが、だんだん疲れが積み重なってきてるのを感じていました。
8月26日朝4時起床。体が重い。起きた時点で体の異変を感じていました。思うように動かない(-_-;)
力を振り絞って気合い入れ登山開始しましたが、最初から体が疲れていて足が重くいつもよりかなりペースが遅い。往復5時間半のコースなので、そんなにハードなコースではないのですが、疲れ切った体にはちょっと負担。それでも、頑張りました。
早池峰山は沢に沿って水の流れを聞きながら登れる、非常に気持ちのいい癒される山です。でも、途中から岩がゴツゴツでちょっとハードですね。
東北の旅最後の山で疲れがピーク、ペース遅く5時間かかってしまいましたがなんとか無事に頂上まで登り下山もできました。よかったです(^^)
非常にきつい想いをして登っている時、体の有り難さが身にしみました。体がありこの世に生きることができるからこそ、バランスのとり方を私たちは学ぶことができる。体を通して、肉体と精神のバランスのとり方、そしてこの地球の全てのバランスのとり方も学ばせていただいている。私たちの体は小宇宙ですよね。体のバランスを上手くとることは、地球のバランスも上手くとることに繋がります。体内の水の浄化をすることが地球の水の浄化をすることになるし、逆に、地球の水を浄化することが体内の水の浄化にも繋がります。山に登りながら、この体があることやこの体をくれた両親、そして御先祖様に感謝の想いが溢れてました。

月山⇒鳥海山⇒岩木山⇒八甲田山⇒恐山(大尽山)⇒岩手山⇒早池峰山 と連続7つの山を登って東北終了。
終わったとき、神様からメッセージが。


繋がった

よく頑張った

でも、これからぞ

繋がりは出来ても それを強くしなくてはならない

神々の力を借りよ

その土地の神々に頼めよ

そなたが何度も行かなくても 神々同士が繋いでくれる

そなたは 要点を押さえ、繋げよ

今回 行く先々で 神々がついたのがわかるか?

これからも神は共に動く

繋げよ


関東と東北をしっかり繋げよ

繋ぐ場所まだまだあるぞ

まだまだ 耐えることいくらでもあるぞ

神がつく場所もまだまだあるぞ




こんな感じの沢に沿って登っていきます
254.jpg


前日に登った岩手山が見えました
252.jpg


つづく
Check

カテゴリ: 東北

[edit]

TB: --    CM: --

木花咲耶姫( このはなさくやひめ) 

Posted on  2012/09/09 Sun. 19:12   
汚れなき道へゆけ

人を疑う道なかれ

争う道なかれ

人を痛める道なかれ

みな、人に寄り添う道をゆけ

人を助ける道をゆけ

愛を与える道をゆけ

涙を流す道をゆけ

風が吹いてる道をゆけ

どうか、和を大切に

あなたが笑顔でいられるように

あなたから 笑顔を見せなさい

嫌な思いは 伝わるもの

争いは 伝わる思いから始まるもの

人を愛するのです

自然を愛するのです

全てを愛するのです

それが たくさんの和になります

人や動物、植物など

命あるものが あなたの近くにいるだけで 助けられているのです

目に見えないもの

慈しみの心

あなたの全てですよ

私たちの光を感じ

助け合って生きてください

和の道をゆくのです

そして、心さ迷う人々へ、伝えてください

この世は 愛に溢れた世界だということを

己に愛はないと思っても

己は愛されていないと思っても

どんなものにも 愛があり 愛が届いているのです

もう 悲しむのはやめましょう

もう 人を憎むのはやめましょう

もう 人を妬むのはやめましょう

人を羨むのはやめましょう

あなたがあなたを愛してください

あなたは この世に必要なのです

母となる意味

父となる意味

子となる意味があるのです

家族にとって 母となるだけでなく

家族にとって 父となるだけでなく

友や 父や母や 誰かの 母となり 父となりなさい

もとは繋がり

もとは1つなのです

みな 家族なのですよ

愛を否定し

愛を拒むことは

己を否定すること

誰かの愛を感じるように

あなたの愛を感じるものが必ず、いるのです

愛の中にいるあなたは

愛に溢れているのですよ


2010_12_16_101.jpg



Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

木花咲耶姫(このはなさくやひめ) 

Posted on  2012/09/09 Sun. 19:22   
※以下のメッセージは、ある友達と私の二人へと降ろされたメッセージですが、これは、私たちだけでなく地球の立て直しをやっている仲間全員へあてられてたメッセージだと二人とも感じましたので、ここに公開させていただきます。
祈って下さる方々、応援して下さる方々、それぞれの地でそれぞれのやり方で良い地球になるように!と精一杯動いて下さってる方々全てに感謝します。




あなた方には 人々を救う使命があります

あなた方には 地球を立て直す使命があります

神と共に動くもの

神からの力添えと 神からの助けがあります

でも、神と共に動くもの

数々の難題や 幾度となる気苦労もあろう

体を酷使し 辛かろう

でも、それをどうか、犠牲と思わず 使命の1つと思ってください

富士がいつまでも そこに残るように

富士からの眺めが変わらぬように

水を清め

気を清め

土を清め

人を清め

全てのものが生きる上で 苦が喜びとなるよう

共に 歩み

共に 変えてゆきましょう

神に選ばしもの

力を託し

希を託す

どうか 花々を枯らさずに

樹木の命を奪わずに

愛の世の中で人々が生きていけるように

これからもずっと、神の力となってくれる事を望みます



001_20120909193810.jpg




Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

国常立尊(くにとこたちのみこと) 

Posted on  2012/09/09 Sun. 21:30   
※これは、トランブレーみゆきへの個人的なメッセージですが、皆さまにも全く関係ないというわけではないと思いましたので、公開します。「邪魔が入る」というのは、誰でも同じことです。何かをやろうとしたとき、生きた人間を使って、または見えない存在が直接邪魔をしてくる場合があります。生きた人間の場合、邪魔をしようとは本人は全く思ってなくて自覚してない場合も多々有りで、でも結果 邪魔をするということになることも。神事をやっていると邪魔はいくらでも入ってきます。しかし、縁なき者は自然と離れていきます。選択を誤ると神様の仰る通り「一寸先は闇」奈落の底であったり、命さえ落としかねない。
私が選択を誤らないように・・・闇に巻き込まれないように・・・との神様の温かい愛から警告がきました。



神となった天皇のとこに参れ

そこで 何かを感じ 何かを得るはず

感じてみよ

山は 己の感覚に従うこと(どの山に行くべきなのか?具体的に教えて下さいってお願いしてたのですが、何度聞いても答えは同じ。)

神の思いが そなたを呼ぶ

邪魔が入るぞ

気をつけよ

惑わされるな

己の感覚 信じよ

神は導くぞ

負けるでない

一寸先は闇ぞ

吊り橋のようだぞ

でも 渡れる

信じよ


032_20120909214544.jpg


Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん