マイル換算率

むすひ

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

東北へ  その2 

Posted on  2012/08/06 Mon. 19:58   
東北の続きです。
「宮城と江ノ島を繋いでほしい」というメッセージを天から受け、東北行きを決めたのですが、宮城県と言っても広い!宮城県のどこがポイントなのか最初はさっぱり???でした。具体的に○○と、地名や、ポイントを指示して下さればわかりやすいのですが、いつものごとく、神の意思を感じ取れ!ってことみたいで、答えは下さいませんでした。地図を開き、天と地を感じ取る作業。毎日 地図ばかり見てました。江ノ島と繋がなければならない地は、大島 龍舞崎の乙姫窟。そして金華山にも行かなければ!と感じ、二つを中心に行くことに。あと気になっていた地は神室山。この三ヶ所は行くと決めて出発。あとは何も決めてなくて、現地に行って、感じて、神々に導いていただくってことに。今回は、関西の友、氣の達人が同行、手伝ってくれるということになり、大阪伊丹空港からと中部国際空港からそれぞれ飛び、仙台空港で合流しました。4日間いろいろな地を訪れ、いろいろな事有り、いろいろ面白いことも有り、いろいろな事を感じながらの旅で、全部を書いたら数十ページになりそうなので、凝縮して重要なポイントだけを書きます。
流れとしては、塩竈神社→石巻市・金華山→気仙沼大島(乙姫窟)→神室山地・神室山→鳥海月山両所宮→蔵王山→蔵王権現神社 です。
鳥海山や月山は時間の関係で、今回は諦めていたのですが、偶然、両山の神々が祀られている神社に神々が導いて下さり、しかも、その日は大祭。これには驚きでした。両山に印をつけていたのですが、まさか、ふたつの神社が合体した両所宮があるとは・・・やはり神々は導いて下さいますね。

金華山は、震災前は70人乗りのフェリーがあったのですが、震災で船着き場が破壊されてしまい、まだ修復されてなくて、船をチャーターするしか方法がありません。今回、どうしても行かなければならない!と感じていたので、もちろん、チャーターです。ひとり往復1万円かかり、かなりお高いのですが、これも仕方ない。1万円かかろうが、2万円かかろうが、3万円かかろうが、必要とあれば、何が何でも行きます。さすがに観光客は誰もいませんでした。宮城と江ノ島がしっかりと繋がるように、東北の地・東北の人々が守られるようにとお祈りしてきました。気仙沼大島の乙姫窟で祈る時は、関東の仲間が力を貸してくれました(ありがとうございます!)。宮城の地で私たち2人、江ノ島に4人の人が集まってくれ、あちらとこちらで同時刻に祈りを捧げたのです。乙姫窟に光が溢れるのがわかりました。江ノ島と繋がり、光が押し寄せる。神々も力を貸して下さいました。江ノ島で祈っていた友も光が押し寄せるのがわかり、「繋がった!」と力強い言葉がズドンと届いてきたそうです。
しかし、二人が感じたものは同じでした。「まだ 弱い!」。
乙姫窟で祈りながら、繋がった!とわかったのですが、弱い!と感じ、その瞬間、また決めてました。東北から帰ったらまたすぐに神奈川県に足を運び、再度反対側から宮城県に向かって祈る!と。・・・ということで、昨日また神奈川県に行って江ノ島で祈ってました。(神奈川県以外にも行くところ有りで、神奈川県の方々とお茶する時間なくてごめんなさい。ブログに江ノ島のことを書いたら日本のあちこちから、特に神奈川県の方々からたくさんのメールあって、お手伝いして下さるとか、祈って下さっているとか、こちらに来た際はお声をかけて下さいとか・・・本当にありがとうございます。感謝しています。)神奈川県にままだまだ通いますので、またゆっくりお茶したいと思います。(昨日のことについては、またの日記に記します)


天からのメッセージ

『蜘蛛の糸のように、天とも地とも繋がった  その繋がりは、とても強いもの  これからも繋がっている
これからも繋がりあり  己の感じたまま 動いてよい   間違えあらば正す  導きに従え  日本には、三角になる場所が幾つもある  その三角形に気づけよ  気づいたならば その三角形の場所が大事なのもわかるだろう  そこを強くせよ   ラインだけではなく三角もだ  かごめはこれから開く  開きは始まった  心せよ』

『蜘蛛の糸のように  風が吹けば風に吹かれるままでよい  雨が降れば雨に濡れるままでよい   何が起ころうとも次に繋ぐ為と思え   蜘蛛の糸を束ねればどんなに強いものとなるものか   天と繋がれ   地と繋がれ   その力 偉大なり』

『天と地は神でもあり宇宙でもある  繋がれ!  天と地の結びとなれ   天と地を括(くく)れ   時は進めど
己を信じ 前へ進め・・・己の勘を信じよ   己の行動に自信をもて  その祈りの時は 私たちも力を与える   繋げ   繋げ   繋ぐことが一番の強み   地球を頼むぞ』


今回、東北の地に行き、祈り、いろいろな事が視えてきました。どこに行き何をしなければならないのか?を視させられました。
東北の地に居る4日の間に感じたこと。「また 東北に帰ってこなければならない!」
ということで、今月(19日頃から)また東北に行くこと決定(笑)
今度は愛知県から東北まで自分の車で運転、山形県、秋田県、青森県、岩手県の7ヶ所~10ヶ所のポイントに行きます。距離が距離、愛知県から東北までひとりで運転というだけで、かなりのもの。全部、山の頂上まで登り祈るし、与えられた時間内にこなしてこないといけないので(娘の小学校の親子ふれあいバーベキューには絶対に間に合わせなければならない(#^.^#))、かなり厳しい旅になりそうです。東北と関東を結ぶ一番の軸となるラインもわかりました。ここをしっかりと繋げ強化しなければならないです。東北の重要な地に足を運び、その地と天を繋ぎ、それぞれの地を繋ぎます。神々も力を貸して下さいます。やるとなったら徹底的にやります。妥協はなし!です。全力でやらせていただきます。


乙姫窟 祈る前はこんな感じです
043_20120806200313.jpg

お祈りすると いろんな光入ってきました
045.jpg

035.jpg


048_20120806200624.jpg


051_20120806200908.jpg

天も地も繋がり、素晴らしい日本・地球になっていくといいですね\(^o^)/
Check

カテゴリ: 東北

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん