マイル換算率

むすひ

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

皆神山(みなかみやま) 

Posted on  2012/06/25 Mon. 10:09   
だいたい毎週約1000キロ~1500キロ走り日本のあちこちで神事やらせていただいてますが、昨日は長野県と新潟県に行っていました。

先日、『カゴメ紋』についての日記を書きましたが、無事にカゴメ紋を授かることができ、神事が済んだこと御報告しておきます。神事前であると、邪魔をされたりする可能性があるので、過去の日記では、山の名前を○○と空白にして言葉を入れずに神のメッセージを載せましたが、無事に済みましたので、○○の部分に言葉を入れ、再度書いておきたいと思います。

『カゴメ紋・・・これは聖なる紋の一つなり。いろいろな意味をもっておるが、天と地・宇宙と地球が一つに一体にした(調和)姿を顕していると今は理解しておけばよい。いよいよ、そなたはカゴメ紋を使う時きたぞ。これよりはカゴメ紋を使い神事を行っていくのじゃ。そなたが申しておりた件(中央構造線)、繋がってはおるが確かに結びつきが弱いようじゃのう。
皆神山へ参れ。そこにてカゴメ紋をそなたに授ける。その後その場にて、カゴメ紋を使い(中央構造線)強化の神事を行いなされ。皆神山は地教山なるゆえ、地球特に日本国に関しての大元がそこにあるぞ。カゴメ紋はイメージすればよいぞ。その中で神事を行えよ。さすればより強力・強化される。また、地球はもとより宇宙にも響かせる事となるぞ。』

今回初めてネットで皆神山のことを調べてみたのですが、驚きました。過去にも同じような啓示を受けている方がいるのですね。皆神山は日本国の大元であること、地教山であること、そしてカゴメ紋・・・同じメッセージです。そして、この地は「カゴメ」と縁深き地であること。

カゴメ紋を授けるから皆神山へ参れ・・・という啓示を受け、足を運ぶことになったのですが、朝日と共に神事をやるためにはやはり夜中に高速走るしかなく、今回も土曜日お仕事が夜終わってから、お風呂に入り、9時に出発。真夜中の2時に到着。
出かける前に母が「また真夜中に山に入り込み人気のないところで寝ちゃダメだよ!誰も来ないような山奥深くは怖いから・・・山の手前の人がいるようなところで仮眠とりなさいよ!」と忠告。
しかし、そのアドバイスはスル―です(笑)
現地到着して、山の中にどんどん入り込む。もちろん真っ暗、車一台しか通れないような森に囲まれた静かな道路。頂上到着、もちろん誰も人はいない。よっぽどの物好きしか真夜中のこんなところには来ないでしょう。神社横の駐車場で仮眠をとろうとするのですが、強烈な波動にワクワクしてハイテンションで眠れない(笑)多分、普通の人間の感覚をお持ちの方はこんな真っ暗な山の中にひとりでいると不気味で怖くて眠れないのでしょうが・・・真夜中の闇の中は見えない存在である邪なものもうようよしているので、精神ブレていると大きな影響を受けますので、絶対に精神ブレさせない状態を作ってから行き、気を抜かないようにして下さい。

皆神山は2度目なのでしたが、1回目は数年前、仲間と7人で行きました。神々の強烈な波動と磁場が普通でないみたいで、7人のうちの5人は強烈な波動に耐えられず頭痛、しばらく動けませんでした。その後も、元に戻るのにしばらくかかりました。
私は?というと・・・鈍感するぎるのか?強烈な波動が嬉しくてワクワクし過ぎて超絶好調(笑)でした。
その時から皆神山は私の大好きな地、ベスト3にランクイン(^^)

ワクワク感で興奮し過ぎて寝るどころじゃなかったのですが、少し体を休めておいた方がいいかな・・・
って感じで、おとなしく後部座席に移動して毛布をかぶって目を閉じることに。
でもね、目を閉じたはいいのですが、強烈な波動と磁場が普通じゃないので、寝ててもクルクル回ってる感じ。
きっと、皆神山はエネルギーが渦を巻いているのでしょうね。(しばらくしたら慣れましたが)
渦の中、スティッチのまくらでうとうと、皆神山のエネルギーに慣れながら朝を待ちました~(#^.^#)


数年前にいただいた枡。普通は「寿」とか「祝」と書いてあるのでしょうけど、「カゴメ紋」がついている枡だったので、強烈だな~って思ってました。まさか、皆神山でカゴメの神事に使うことになるとは想像もしませんでした。偶然自分の元にきたようにみえてましたが、やっぱり偶然はないですね。この枡、6月24日の昨日デビューでした(*^^)v下さった方に感謝です。
003.jpg

これも数年前、あなたに差し上げます・・・と渡されました
002_20120625104030.jpg

車中泊の時、いつも一緒に旅してくれる、まくらのスティッチちゃん
004.jpg


つづく
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

皆神山でお掃除 

Posted on  2012/06/25 Mon. 14:20   
皆神山での神事を4時にスタートしたのですが、全てが終了し下山する時は既に7時半になっていました。
今朝、友達が「カゴメ紋を授かるってどんな物をいただくのですか?」とうい質問をしてきたのですが、
私の答えは以下です「光のカゴメ紋って感じ。その細かい粒子に合わなければ通り抜けてしまうというか、受け止め浸透させ同調させることができない。当たり前ですが、形ある物質ではないです。」と。カゴメ紋は神の細かい粒子というか光と感じています。剣を授かった時も同じです。

神事がスタートして1時間がたった時のこと、御年配の男性が現れ頂上の祠の前で一緒になりました。
一瞬で純粋な御心の方であることがわかり、自然に御挨拶、会話が始まりました。
話が進むにつれ私が皆神山の深い話に触れたのですが、私の話を聞きながら自分の(その方の)状況が深くわかり感極まってしまったようで、その方が突然涙を流し始めたのです。私が話をすると、よく人が涙を流すのですが、純粋な御心が私の話を通して神々の光に触れた時、人は涙を流すようです。
ポロポロ涙を流す60代の男性。とってもきれいな涙でした。
数十分話をしていたのですが、彼が突然「あなたを宮司さんに紹介したい!」と仰るではないですか。
とういことで、宮司さん宅に連れていかれることに(・_・)
内心「なんだ?この流れは?」と思いつつも、まっ いっか~これも流れよね?流れに任せよう・・・と彼について行きました。
玄関前に立ったのはいいのですが、よく考えてみれば、まだ朝の6時。人のお宅を訪問するにはいくらなんでもちょっと早すぎますよね!?
そこで「まだ6時ですよ。早過ぎで迷惑だからやめときましょう」と言ったのですが「いいの、いいの宮司さん起きてるし、僕の知り合いだから、大丈夫 大丈夫!」って仰ってピンポーンって(#^.^#)
最初のピンポーンで出ていらっしゃらなくて、「あれ?おかしいな~???起きてるはずなのにな~」と。
「やっぱり寝ていらっしゃるんじゃないですか?やめときましょうよ~」と。
すると、窓のカーテンを開ける宮司さまがこちらを見てニコッと(#^.^#)するではないですか。
「あっ やっぱり起きてた~」とおじさまニコニコ嬉しそう。
こんなに朝早くからいいのかしら?とドキドキしている私の不安な気持ちは宮司さまにお会いした途端吹き飛びました。優しい笑顔で接して下さり、おじさまの予定通り私は宮司さまに紹介されることに(・_・)
おじさま、私が祠前で彼に話していたこともペラペラと話してしまいました。実は、聖域が汚されていてとても気になっていたのです。このエネルギー状態よくないよな~何気ない人間の行為で場を汚してしまってたのです。それを聞いた宮司さまの反応は・・・「私もそう思っていました。ただ、体調悪くて、そこの聖域のお掃除ができないでいました。」と。確かに、不自然な態勢をとらないとそこの掃除はできないのです。杖をついた御年配の方にはちょっと無理がある場所です。
宮司さまのお応えを聞くと同時にこう言ってました。「じゃあ~私が宮司さまのかわりに今からお掃除します!私は元気ですし・・・もし、聖域に触れることを許されるのならお手伝いしますが・・・」って(^o^)/
(あはっ、やっぱ私は日本のあちこちでお掃除することになってるんですよね?(笑))
宮司さま、満面笑み。「やってくれるかね!?ありがたい」と許可を下さったのです。(カゴメ紋授けたんだから、掃除ぐらいやっていきなさい!って神さまがインスピレーションで送ってたのかも(笑))
そのやりとりを横でみていたおじさまもニコニコしながら「私も一緒にやらせて下さい!」と。
ということで、急遽、おじさまと私はお掃除部隊結成で水も汲んで皆神山でお掃除することになったのです。
なんだかよくわからないけど、長野県でもお掃除することになり皆神山の神々が繋いで下さった御縁のおじさまと一緒に楽しくお掃除したのです。
お掃除後、聖域は見違えるようにピッカピカに(^^)
二人の気持ちもより繋がり、エネルギーもピカピカに(^^)
これからもこの聖域が守られるためには、やはりお掃除は欠かせないけど、5時間もかかりこの地にはそう頻繁には通えない・・・という私の想いを感じて下さったこのおじさまなのですが、嬉しいことに、これからここのお掃除を宮司さまと私の代わりにやって下さると約束して下さいました。私は地元の人間だし、聖域をお掃除させていただけるという御役目をやらせていただけ、自分が役に立てるのならそんな嬉しいことはないと仰っていただけたのです。いつものことなのですが、やはりこの出逢い偶然とは思えません。
このおじさま、これほど早い時間に参拝に来たことはないそうなのですが、「不思議ですけど、なぜか今日は初めてこんなに早く来たのです。」と。
皆神山の神々が繋いで下さったこの御縁に感謝します。


皆神山の神さまから御褒美いただいちゃいました(#^.^#)食糧庁長官賞受賞の『長野県松代せんぺい』。皆神山は松代町にあるので、松代せんべいです。
062.jpg

つづく
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん