マイル換算率

むすひ

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

長野県諏訪へ  その1 

Posted on  2012/06/07 Thu. 22:14   
毎日いろいろあり過ぎで一週間があっと言う間に過ぎます。あちこちでの神事やいろいろなことで何かと忙しい毎日。昨日はまた長野県諏訪に行ってきました。
メッセージを受け、突然行くことに。
今回は中央構造線沿い一般道で愛知県から長野県へ北上。行く!と決め、そのルートを思い描いた瞬間から頭痛スタート。その夜中寝てても頭痛、次の日も1日中頭痛、出かける時も頭痛、帰宅してぐったり、今日は午後は寝てたので少し回復。ハードだとは思っていたけど、やぱりハードな旅でした。

出発して運転し始め、諏訪湖の龍神さまからお呼びがかってるのはわかっていたのですが、今回は諏訪湖は行く予定はなかったし、出発時間もいつもより遅かったので(子供を学校に送り出してから出発したかったから)諏訪湖に行くのは勘弁していただき、「諏訪湖に繋がっているところで祈ることにさせていただきます」とメッセージに対して応えていました。
ところがです・・・龍神さまのメッセージに従わなかった私、その後どうなったと思いますか?
その後、私が通るつもりだった道を通らせてもらえず、違う道に大きく引っ張られてしまい「あれれ?どうしてこの道を通らなければならないの?この道じゃないのに~こっち行ったら遠回りになっちゃうよ~」ナビから大きくそれて、違う道に誘導されてしまいました。仕方ないのでその道をずっと運転していたのですが、ちょっと停まって、この道を通って行くとどこに出るのかをチェックしました。地図を見て仰天。その道を真っすぐ行った先は、なんと諏訪湖!(*_*)
「やっぱり呼ばれてるな~諏訪湖行かなくちゃいけないみたいだな~」と思いつつも、私はまたそのメッセージを無視してしまいました。そして、誘導された道から再度元の道に戻るため無理やり方向転換してしまったのです。
龍神さまに強く呼ばれているのはわかっていたし、何故諏訪湖に行かなければならないのかの理由もわかっていました。しかし、一般道で行くため片道約6時間もの時間がかかり到着時間は午後の13時予定、しかもそこから山に入らなければならないわけだから、他でゆっくりしている時間はなかったわけです。メッセージを無視するという大変失礼なことはしたくなかったのですが、お許し願いたかったのです。
しかし・・・
龍神さまのメッセージを無視した私は、その後諏訪湖に強制連行されることに(*_*)


056.jpg

つづく
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

長野県諏訪へ  その2 

Posted on  2012/06/07 Thu. 23:00   
大きく方向を変えて元の道に戻ったのですが、あと40分ぐらいで目的地に到着するという所まで辿りついた時のこと・・・
な ん と 突然タイヤがパンクしちゃったのです。
なんか、急にタイヤの音が変になりハンドルがきれなくなったのです。車をとめてタイヤを見てみたら、空気が完全になくなりタイヤがぺしゃんこ。「え~~~~~~~~~こんなところでパンク~~~~~!?あり得~~~~~~ん!!!」何も踏んだ覚えもないし、ふつ~~~の一般道でですよ。どうしよ~~~(・_・)
道でこんなふうにパンクしたことないから、ちょっとパニック。諏訪行きは断念かしら・・・と諦めモード。
とにかく誰かに助けを求めよう・・・と民家のあるところまでゆっくりバック。おばあちゃんがいたので自動車屋さんがどこにあるのかを聞いたところ、家の中から娘さんか?60代ぐらいの女性が出てきました。その方曰く、「スペアタイヤが車に積んでない?普通スペアタイヤ積んでると思うけど・・・」って仰り
「え???スペアタイヤ積んであるの?(・_・)」車のトランクの底を開けてみたら「あ~~~~~~~あった あった!!ありました~~~~~!!\(^o^)/」
こんなところにスペアタイヤが入っていたのネ!?知らなかった~~車の底を開けたこともなく、こんなところにスペアタイヤが入っていることも知らずに数十年運転していたアホな自分に苦笑。タイヤの上には開封されていない洗車グッズがいくつかのっかっていて感動~~~~。「お~~~~こんなところにスポンジやスプレーやいろいろのってたのね~~~!」って。スペアタイヤはのってたのですが、タイヤの交換の仕方を私は知らない(・_・)
しかし、このおばさま、ジャッキで車を持ち上げさっさかタイヤを外しスペアタイヤに交換。その手際の良さ慣れた手つきに感動~~~おばさま素敵~~~(笑)って感じで眺めていました。
短い時間で車復活(^o^)/
親切な素敵なおばさまに感謝 感謝でお礼を言ってその場を去りました。
しかし・・・よく今までスペアタイヤのありかも知らず、タイヤの交換の仕方も知らずに山ばかりを運転していたな~と自分のアホさにあきれてしまいました。携帯も使えないような、しかも人が全然来ないような山ばかりひとりで入ってるので、もしタイヤパンクしたらアウト!です。何キロも歩いて助けを呼ばなければならないところばかりです。今まで山の中でタイヤパンクしたことなくてよかった~~~~~ってつくづく思いましたね。民家のあるところでセーフでした(^^)もし、山の中だったら私はひとり途方に暮れてました(笑)
アホな私に、母からも忠告がきます。「あんたは死んだら発見されないような所ばかりひとりで行くから、どこで死んでも大丈夫なように、行く前に行き先を詳しく書いてってね~」だそうです(笑)

あっ そうそう、そういえばね・・・
タイヤ、先週、新しいのに換えたところだったのですよ~1週間以内にパンクするとは思いませんでした。ガクって感じですね。

019_20120607230350.jpg

つづく
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

長野県諏訪へ  その3 

Posted on  2012/06/07 Thu. 23:33   
タイヤを交換してくれたおばさまが最後に一言。
「ちょっと心配だから、峠を越えたら、一番にガソリンスタンドに行ってネジとか空気圧とかチェックしてもらってね。」って。ということで、目的地変更、一番にガソリンスタンドへってことになりました。
言われた通り、ガソリンスタンドで空気圧を調べて欲しいとお願いすると、「すみません。このガソリンスタンドには空気圧調べる機械置いてないんです」と仰ったのです。「次のガソリンスタンドはどこにありますか?」って聞いたら数キロ先にあるということで、次はそこに向かうことに。その時、ハッとしました。
その方向は諏訪湖だったのです。ガソリンスタンドの方に聞いてみると、そのガソリンスタンドは諏訪湖の目の前。ここで、初めて全てがわかりました。私が龍神さまの言う事に従わなかった結果、こういうことになったということを。どう足掻いても諏訪湖に行かなければならなかったようです。強制的に目の前までつれて行かれましたが、それも全て神の愛。日本列島を救いたいという神々がパンクをさせてまで導いて下さいました。神様のメッセージ重く受け止めなくてはいけません。
その後、山にも登らせていただき、茨城県から九州までの中央構造線を意識で繋ぎ祈らせていただきました。日本列島が守られることを心から祈っています。
要の地である諏訪は先月も行きましたが、まだまだ通わなければなりませんね。


日本列島の要の地である水源です
041_20120607234153.jpg


水ってきれですね~
042_20120607234323.jpg

たまたま水質を調べるために、この地を訪れている専門家と出くわしましたが、水質最高ですと仰ってました。
049_20120607234400.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

うちのピーちゃん 

Posted on  2012/06/08 Fri. 23:30   
娘が学校帰りにツバメのヒナを拾ってきました(・_・)
高い所に作った巣から落っこちたようで・・・
親元に返したいと思ったのですが、一度人間の匂いがついてしまったヒナを戻しても、親は面倒をみないとか、巣から落っことすとか聞いたことがあったので「う~~ん、どうしたらいいんだろう?」って。
とりあえずしばらく保護することにして、次の日ペットショップで鳥のえさ(いもむし)を買ってきました。
いもむしを見せると口を大きく開けピーピー鳴くのがなんともかわいい。まだ飛ぶこともできなくて、ピーチクパーチク鳴いてえさをねだり、お腹がいっぱいになると目を閉じてお昼寝するの繰り返し。このままだと、人間に慣れ過ぎて南に飛んで行けなくなるな~と心配。仲間もいないし。
外の空気に触れさせ飛ぶ練習を少しづつさせていたのですが、数日前から外の塀の上にワラを敷いてそこにで自由にさせておくことにしました。
まだあまり飛べないピーちゃんは、塀の上でピーピー鳴いていました。すると、どこからともなくツバメが飛んできてピーちゃんの近くを低空飛行。何度も何度もピーちゃんスレスレのところを飛んで行く。
しばらくしたら行っちゃったのですが、次に現れた時は2羽。その次に現れた時は3羽、次は4羽、今日は5羽来て、低空飛行ピーちゃんの側を行ったりきたり。時には真横にずっとい居続け、空中で羽をパタパタさせながら「こうやって飛ぶんだよ。おいで」って誘っているようでびっくり。
何度も何度も、5羽のツバメが遊びにきました。ピーちゃん、最初は仲間の飛ぶ姿を見ていただけなのですが、
何度も見るうちピーちゃんが飛び立ったのです(*_*)
最初は少ししか飛べなかったけど、どんどん、遠くまで飛べるようになりました。
「ピーちゃん、凄い!凄い!」って、感動。
しばらくすると遠く行きすぎて姿が全く見えなくなってしまいました。お仲間と飛んで行ってしまったピーちゃんにホッとするやら、寂しいやら。
「あ~あ、行っちゃった」って。
ところが、1時間後帰ってきたのです。
「あれ~~~~~ピーちゃん帰ってきたの~~~~!?」
今日は、これを何度も繰り返していました。仲間が迎えにきて一緒に飛んでいっては、また1時間後ぐらいに帰宅。また1時間ほど遊びに行って帰宅。帰ってくると窓をツンツンって口ばしでたたき「帰ってきたよ~~~~」ってピーピー鳴いて合図するんです。窓が開いていると勝手に入ってきます。まるでうちの子供みたいです(笑)
今日はお買い物から帰ってきて車から降りると、遠くから私の方に向かって飛んできて頭の上に(^^)
ちょこんと座ったの。かわいいわ~~~~(^^)
かわいいピーちゃんいつかは南の国に旅立つ日が来るのですが、行っちゃったらきっと寂しいですよね~~
しかし、ツバメのセンサーって凄いですね~。ひとりぼっちのピーちゃんを見つけるなんて。親子でもないのに お迎えに来てくれて仲間に入れてくれてホントに感謝 感謝です。
ピーちゃん 良かったね~~~って感じ(^^)
人間もツバメのように み~んな仲良くしたいですね(^^)



庭のバラのお花の前で。
015_20120608233930.jpg

あじさいも今とってもきれいです
019_20120608234054.jpg


ピンク色のあじさいの前でもパチリ
025_20120608234247.jpg


027_20120608234437.jpg

Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

コケのように 

Posted on  2012/06/12 Tue. 13:10   
娘が帰宅して話をした後の私のコメントです。
「コケみたいに生きるといいよ」「え? コケみたいに???」「そう、コケみたいに生きたらなんにも気にならない・・・」

植物が乾燥に対応するやり方は大きく二つに別けられます。ひとつは、積極的な「適応」(これは回避も含みます)それと、もうひとつは「受容」です。葉の表面に厚いクチクラ層が発達した照葉樹、葉を落として蒸散量を抑えて生きる落葉樹。植物体は枯れてしまい種子の形で生き残る一年草、葉っぱがトゲに変形して蒸散を抑え貯蔵組織を発達させているサボテン類、夜中に葉っぱの気孔を開き呼吸に伴う水分消失を最小限に抑えるCAM植物。組織が複雑に分化している高等植物は、適応能力が発達しています。
それに対して、コケ植物のような下等植物は表面には水分の蒸散を防ぐクチクラ層も発達してないし、深い土の中から水分を吸い上げる根もないし、貯蔵組織もない。何もないコケのような下等植物は空気が乾燥すると水分が急速に蒸発して失われますが、全ての生命活動を一時的に停止して休眠することで乾燥に耐え抜くのです。コケが選択した生き方は、周囲の状況をあるがままに受け入れるという「受容」のスタイル。これを専門用語では「変水性」と呼び、この性質故、他の植物が定着できないような高山や極地など非常に気温の低い場所でも逞しく生きていけるようなのです。
コケみたいに、周囲の状況をあるがまま受け入れる・・・人間はこれができないから苦しむのですよね。
周りの人が言ったことにいちいち反応しこだわるし、いろいろなことに執着するから心が苦しい。
私はコケが大好きで、どこに行ってもコケ鑑賞しているのですが、コケを見るたびに、コケって素敵だな~~~って思うんです。単純なのですが、周りのあるがままをいつも受け入れて素直に生きている姿に感動するのです。コケ植物は陸上植物の中では最も下等(起源が古い)なので、学ぶこと多いです。



コケの上のピーちゃん。今日も仲間がお迎えに来てくれて遊んでいたようで・・・帰宅した時、5羽程がピュンピュン飛んでいました。遠くを飛んでいるとどれがピーちゃんなのかわからなかったのですが、大きな声で「ピ~~~~~~ちゃ~~~~~~~~ん!」って叫んだら、一羽こちら目指して飛んできて私の頭にちょこんと着地。かわいいわ~~~

006_20120613003013.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

母びっくり(*_*) 

Posted on  2012/06/13 Wed. 10:43   
そういえば、数日前のこと・・・
約2年前に高速道路で激突して救急車で運ばれたこと、母にばれたぁぁぁ~~~(笑)
車はグチャグチャ、その場で廃車の状態でしたので、言わざるを得ませでしたが、救急車に乗せられ怪我をし全治数カ月であることは内緒にしていたのです。意識を失いそうになって救急車で運ばれ大怪我したことなんか伝えたら、パニックになり禁止令が出ますから(子供たちは皆知っていました)。
ひょんなことから、母が知ることに・・・
先日、友達が家に来ていたのですが、たまたまその場に母も居合わせたのです。そこで交通事故の話を友達が突然話し出し「あのとき、みゆきさん大変だったよね~」と交通事故の時のことをペラペラと話したのです。大変な状況の話を聞きながら、母は沈黙、目が点(・_・)私は、彼女が話すのを止めもせず、うん、うん とニコニコして聞きながら、母と友達がパニクっている様子を見守っていました。しばらくして母が一言「やっぱり、怪我したんだね!? あんなひどい事故やって何もなく済むわけないと思ってたよ。でも、どうもない様子だったけど、それだけの怪我してたのに動きまわってたの???あんたはいったいどうなってるの~!?ホントにもう~!」ってな感じで、母、あきれ果ててる顔。
私は、数カ月以内に母に伝えるつもりでいたので(本の編集をしているのですが、その中に交通事故に関する記事も入っているので)何もあわてることもなく、ちょ~どよかった・・・ぐらいに思っていたのですが(笑)
2年たっても、母には衝撃だったようで・・・
交通事故直後に伝えていたら、ひっくり返っていたかもしれません(#^.^#)
それほど、大したことでもないのにね~それに、死んでもおかしくないような遊びなどしたり、激しく動く姿は小さい頃から見ているので、免疫がついてるはずなのですが・・・神経か細い?母には、おとなしい姿を見せておかないと、外出禁止令が出そうです(外出禁止令なんて、とんでもない。私がおとなしくしてるわけないでしょ。死ぬまで動き続けます(*^^)v)

あっ、新しくブログ始めたので過去ブログで交通事故の様子を読んでない方もいらっしゃるようなので、再掲します。


<2010.7.19の日記>


実は・・・神戸の高速道路で

交通事故、激突して 救急車で運ばれてしまったのです(*_*)

車はグチャグチャ、ドアも押し潰されて開かない。私は中に閉じ込められたまま 

ノックダウン 動けない状態(*_*)

ぶつかった瞬間 「いた〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!」

凄い衝撃に、体がおもいっきりガクンときました。

しばらくすると、吐き気と共に意識が薄れていき、目が回り 前がみえなくなってきました。

ヤバイ! 衝撃で頭の血管が切れたかも・・・このまま死ぬかもしれない・・・

死を覚悟しました。

薄れていく意識の中で

「あ〜〜〜〜〜〜明日の神事ができないわ〜〜〜〜〜どうしよ〜〜〜〜('_')

死ぬ時って確かこんな感じで意識が遠のいていくのよね〜〜〜〜」

なんて考えていました。

そのまま意識がなくなると覚悟していたのですが、しばらくすると 意識がはっきり

してきて・・・復活。

でも、痛みで う〜〜〜〜〜〜〜って感じで、やはり起き上がれない。

そのうち 兵庫県高速道路交通警察隊が到着、救急車も到着。

私は車の中で 

「あ〜あ〜救急車来ちゃったよ〜神戸で入院ってことになるのかしら・・・困ったな〜仕事

できないし・・・8月の神事も全部できないのかな・・・う〜ん、それだけは避けたい・・・

入院なんかしてる暇ないんだけどなあ・・・」

心の中でブツブツ。

病院に運び込まれた私はCTにMRIにレントゲンを撮り治療を。

診断は ”頸椎捻挫”全治数カ月。

入院するほどの怪我ではなく 

やったぁ〜〜〜〜〜〜!ばんざ〜〜〜〜〜〜〜〜〜い! キャッホ〜〜〜〜!

もう満面笑み

湿布をもらいコルセットで首を固定。

あはっ 〜〜〜〜〜〜〜動きがロボットみた〜〜〜〜い。おもしろ(笑)

って感じで病院を後にし 警察署へ。

いろいろな手続きをして 次はレッカー車の手続き。

車はグチャグチャで もう完全にダメでして廃車に。

車とのお別れは突然きました。

愛するものとの別れはこうして突然くるのよね〜

レッカー車に引っ張られて行く私の車を見送りました。

なんだか寂しかったわ〜

16万キロも走ってくれたことに感謝 感謝でお別れでした。

首は痛かったけど、入院する必要はないとわかったら、即 レンタカー手配。



早くしないとレンタカー会社が閉まってしまう・・・と警察署からレンタカー会社を探し、車を

1台持ってきてもらえるように手配しました。

祈りの旅は続行です\(^o^)/

そのまま徳島県へLet's GO!

死ななくて、入院もしなくてよくて 動けるのなら 当然旅は続く。

数時間のロスをしたので ちょっと予定は狂ったけど、旅再開。

首が痛くて後方確認は体ごと向きを変えないと後ろが見れませんがなんとか

運転もできる(*^_^*)

まだ明るいうちに淡路島へ行けたので 予定通りにイザナギ神宮で参拝。

首が曲がらず2礼ができず、神様許してちょ〜だい・・・って感じでした(笑)

命があったこと感謝 感謝の祈りになりました(*^_^*)

そして徳島県の宿には予定時刻大きくズレて9時過ぎに到着。

自分の不注意で事故を起こしてしまい深く深く反省した夜でした。たくさんの方々にご迷惑

をおかけしたことを深くお詫びしたいです。



その夜ふと思ったのですが・・・

「神戸の発動は事が大きいから 一人でやると 命と引き換えだよ。十分注意してね」と言

われていたことを思いだしました。

実は前も祈りの直後に交通事故にあいそうだったのです。

見えない存在に猛攻撃も受けました。

油断しすぎてたかも・・・

今回の事故 こういう見えないことも絡んでいたのかも・・・

霊能者のお友達は「見えない存在に邪魔されたね」って言ってました。

命をとられないようにもっと気を引き締めていかなければなりませんね。

2日たった今の首の状態は・・・

首とその付け根が腫れていて まだ痛いけど大丈夫です。

まっ 1カ月もすれば治るでしょう。

生かされていることに感謝 感謝です(^^)/



<2010.7.20の日記>

たくさんの心配メール 応援メールありがとうございます!

今の状態は・・・まだ首と首の付け根全体に痛みがあり あくびをするだけで

痛いという状態。

でも 大丈夫ですので(^^)

交通事故をしたその夜、布団に体を横たえるのも痛くて、もちろん寝がえりなどできない。

動くたびに 痛たた~って感じで。

結局 痛みで朝まで寝ることができませんでした(-_-;)



交通事故後も命があったので そのまま旅を続け徳島県へ行ったのですが、

交通事故を起こした瞬間 「あ〜神様との約束が果たせないわ〜どうしよ〜」って思って

いました。でも、頸椎捻挫だけで、 怪我は大したことなかったので嬉しかったです。

そして 次の朝 高知県から来たお友達と合流。

高越山は1123メートル 往復10キロ。

多分 修験のお山じゃないかな〜って思っていましたが、実際登ってみたら

やっぱり修験のエネルギー充満したようなお山でした。

景色を楽しみたい人は登っても何もおもしろくない山です。

全く景色は見えないし、ただただ 登るって感じ。

行場の岩もすごかったです。

絶壁になっており あれを降りるのはかなりの勇気がいります。

首を痛めていたので いつもと違ってゆっくりの登山

日曜日だというのに あまり人と行き会うこともなく なんだか寂しい感じのする山でした。

でも、頂上についたら違ってたわ(・。・)

立派な建物がいくつもあり(仏関係は大事にされてる感じでしたが、神のお社は掃除が行

き届いておらず あまりいい感じではなかったです) 人々に大事にされているって印象。

8月18日に護摩焚きの祈りがあるということで たくさんの行者様たちが作業していまし

た。その中の何人かが側に来て建物などについて説明をして下さり、法螺貝での祈りを私

たちに見せて下さいました。 お茶も飲んで行きなさいと言って下さりお言葉に甘えてしまい

ました。多分、この山は1300年程前はかなり修験者とかいっぱいいて修行をしていたり 

していたのではないでしょうか。

役小角が開山、空海もここで修行していたようです。

なるほどなるほどって感じの山でした。

日本列島を通る神の線上にあるこの山 重要地点であることは間違いないです。

この山のエネルギーを強化し、 剣山にも繋げば剣山ももっともっと整うと感じます\(^o^)/

もし 高越山に行くと言う方は 頂上の奥の院も行って下さいね。

一緒に行った女性はとっても素敵な方で いい時間を一緒に過ごせて 

楽しかったわ〜

そういえば、”高越山を守る会”っていうグループがあるみたいで その方と頂上で知り合

いになり 「今度来るときは連絡下さいね。いろいろ御案内しますから」って言われまし

た。この御縁にも感謝です。

帰りは神戸までレンタカー、そして そこから新幹線。

久しぶりの新幹線にワクワク新幹線大好きなんです〜新幹線で毎月 神戸は通っ

てましたので懐かしかったです家に帰って事故のことを家族に報告。

娘たちの反応は皆同じで「また ドジやったの!?」って笑われた。

母だけが真剣な顔で青ざめてた(・。・)心配かけて申し訳ありません・・・って感じでした。

青ざめるのはわかっていたのですが、車廃車だし、本当のこと言うしかないですよね。



さて・・・明日の夜お仕事終わってから 真夜中に島根県に走ります

本当は四国から島根県に行くと近いのですが、母親業とお仕事のため家に一旦帰ってこ

なければならなかったので・・・

また事故しないように気をつけますね

ドジが多すぎるのですが・・・そういえば・・・

ホテルでレンタカーの鍵を落っことして出発前に 

「ない、ない、ない・・・鍵がな〜〜〜〜い!」ってあわててました。

2時間後フロントの方から届けられました(^^)/

そして・・・家に帰ってきて・・・メガネをケースから出したら なんと・・・

「 レンズの片方が ない、ない、ない、な〜〜〜〜〜い!どこ〜〜〜〜!?」

ケースにないということはホテルの洗面所に違いないので 即電話したのですが、結局出

てきませんでした。

あ〜あ、なくなっちゃった〜

ということで 今日はメガネ屋さんでレンズ注文。

家にいても どこに行ってもドジばかり、気をつけててもこの調子です。

人生まだまだいろいろ起こりそうです(笑)




最近、おからにハマってる(#^.^#)
おから黒糖ジンジャーケーキ作ってみました~。ジンジャ―の香りがとってもいい感じ、おいしいよ~。
020.jpg







Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

カゴメ紋 

Posted on  2012/06/19 Tue. 14:24   
相変わらず、いろいろな用事・神事で日本のあちこちの県を走り回っている日々です。
寝る時間がない日々を過ごすこともありますが、なんとかバランスをとりながら頑張っています(^^)
ここ1週間で重いメッセージが4回来続け、頭にその言葉が響き続けており、ただ事ではないな・・・と思っていたのですが、今朝、具体的なメッセージを神様からいただきました。
以下、メッセージの一部です。

『カゴメ紋・・・これは聖なる紋の一つなり。いろいろな意味をもっておるが、天と地・宇宙と地球が一つに一体にした(調和)姿を顕していると今は理解しておけばよい。いよいよ、そなたはカゴメ紋を使う時きたぞ。これよりはカゴメ紋を使い神事を行っていくのじゃ。そなたが申しておりた件(中央構造線)、繋がってはおるが確かに結びつきが弱いようじゃのう。
○○へ参れ。そこにてカゴメ紋をそなたに授ける。その後その場にて、カゴメ紋を使い(中央構造線)強化の神事を行いなされ。○○は○○なるゆえ、地球特に日本国に関しての大元がそこにあるぞ。カゴメ紋はイメージすればよいぞ。その中で神事を行えよ。さすればより強力・強化される。また、地球はもとより宇宙にも響かせる事となるぞ。』

中央構造線上を走り続け祈るここ数年。しかし、まだまだ弱い、十分ではない・・・と感じていました。だから、今の日本列島がいったいどのような状態なのか?事実を知りたい!必要なのならば、再度日本中を駆け回ります!と宣言し、神様に問いかけていました。
そして、上のようなメッセージいただきました。そして、今から7年程前のこと、ある神能者から何度も言われた言葉が今ここに来てしっくり来ます。「何か物凄く古く重要なものを伝授されます。」と。

再度日本中を走り祈ることになります。
日本列島が真っ二つにならないように、守られるように、神々と一体となり精一杯動きたいと思います。


032_20120619143544.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

天の道 

Posted on  2012/06/22 Fri. 13:47   
うちのアジサイたちです(^^)

034.jpg
008_20120622135906.jpg
036.jpg
010_20120622135716.jpg
007.jpg

庭のアジサイが満開です。
アジサイの学名は『Hydrangea』(ハイドレインジア)。
ギリシア語の hydro (水)と angeion (容器)に由来するのですが、さすが「水の容器」と言うだけのことはあります。雨が降ると水をたっぷり吸収し生き生きとなり、それがなんとも美しくてその美しさ・瑞々しさに引き込まれてしまいます。
水とアジサイが一体となり、その美しさを宇宙に響かせている姿を見せられ、「調和・ハーモニー」、この世の「陰陽」、私たちの在るべき姿を示してくれているように感じます。
「水」は植物・動物・人間・全ての命を生かし、養います。天の道・神の道(カンナガラの道)に一番近いのが、「水」なのかもしれません。
「決して出しゃばらず、争うこともせず、全てに浸透し、全てを生かす柔らかな生き方」
水のように柔らかに生きたいですね(^^)







Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

幸せいっぱいいただいてます(^^) 

Posted on  2012/06/22 Fri. 15:16   
昨日は、絹織物一反をいただきました。
アマテラスさまの御衣になる絹糸を紡ぎ毎年伊勢神宮へ奉献している神社なのですが(明治神宮・砥鹿神社・橿原神宮へも奉献)お祭りの準備ということでお手伝いに。
神宮司庁からアマテラスさまの掛け軸をいただいたことから始まった御縁なのですが、その後もここの神々から多大なお力をいただくことになり、通うことに(^^)

お掃除終わり、お土産にどうぞ・・・と、渡された絹織物。
着物が大好きで、たくさんの織物がいっぱいあるけど、もう全部処分したいから・・・もらってくれない?座布団カバー作ってもいいし、何作ってもいいよ・・・と仰りながら渡されました。
絹の神様が祀られている地からいただいた素敵な生地の絹織物で座布団カバー作ったら素敵ですよね(^^)

ところで・・・大人の着物を1着作るのに必要な和服地の量を、1反と言いますよね。
その1反の和服地を作るのには、繭がどのくらい必要なのか知ってますか?
 

桑の葉 98kg→ → →蚕 約2700頭→ → →繭 4.9kg(約2600粒)
→ → →生糸 900g→ → →絹織物一反

だそうです。蚕飼ったことあるのですが、桑の葉を食べる姿はそれはそれはかわいいんですよ。2700頭分の繭です。御蚕さんに感謝しながら座布団に座らなくっちゃネ。素敵な座布団想像するだけで幸せな気分(^^)

038.jpg


この前の日曜日・・・家から30分ぐらいのところに五平餅を買いに行き、ふと目にした看板。この駅で降りたら、幸せな気分になりそうですよね~(^^)この看板を眺めているだけで ほんわか幸せ気分になりました(^^)

025_20120622152511.jpg


ペアー湯呑みのプレゼント。
湯呑みが届いたとき、娘とワクワクして開ける楽しみ♪ 作品について娘と一緒に話をする楽しみ♪ 娘と一緒にお茶を飲む楽しみ♪ 夏のイメージの優しい色合い、作家の優しく柔らかな波動の入った湯呑みで飲むお茶は本当に美味しいです。幸せをプレゼントしてくれたお友達に感謝です。
040_20120622153143.jpg

8個の作品が茶だなに並んでいます。
031.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

五重の塔の『5』とは? 

Posted on  2012/06/23 Sat. 10:38   
039.jpg

先日、母が私の友人に聞いていました。
「なんで五重の塔は5なんですか?」と。
「そういうことは、みゆきさんに聞いて下さい」と答える友(・_・)
「え? なんで私なの? 知らないよ~」とその場では答えたものの、知っていましたので、ここにも記録として残しておきたいと思います。

ミロク(三六)の神力氣を持つ天照皇大御神。

『三』は植物・動物・人間。
『六』は雄蕊(おしべ)と雌蕊(めしべ)・雄と雌・男と女。

『三』と『六』、弥勒(ミロク)の神仕組み。

総監督である天照皇大御神さまと絶対5神を合わせて6神となる。

以前、加古藤市氏からその5神について教えていただきました。

『その5神とは・・・
①息津(おきつ)・・・息を吹きかける神父の精子・日光菩薩の世界。
②湍津(たぎつ)・・・息を受けとめる神母の卵子・阿弥陀如来の世界
③東生(とうう)・・・東生まれ出る遺伝子誕生を観音菩薩の世界
④卯根(うこん)・・・遺伝子がくくられ母体に入った時から月が暦を数える月光菩薩の世界
⑤邊津(へつ)・・・約十月十日の予定で地球上に母体より誕生する』である・・・と。

この6神により植物・動物・人間の神々が御降臨されたようです。

この5神が仏教では五輪塔・五重の塔・五色で現されているってことですね。



神道も佛道も同じですね(^^)

カゴメ紋の『三』と『六』。
『静』の世界を司る 植物の雄蕊と雌蕊の元親神様。
『動』の世界を司る 動物の雄と雌もの元親神様。
『理』の世界を司る 人間の男と女の元親神様。

『六根』・・・眼・耳・鼻・舌・身・意。
『六津』・・・雄蕊と雌蕊・雄と雌・男と女。
『六大海』・・・南太平洋・北太平洋・南大西洋・北大西洋・インド洋・北極海
『六大陸』・・・ユーラシア大陸・オーストラリア大陸・北アメリカ大陸・南アメリカ大陸・アフリカ大陸・南極        大陸。


ミロクの神力氣を現わす御神紋であるカゴメ紋、奥が深いです。



 



Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

皆神山(みなかみやま) 

Posted on  2012/06/25 Mon. 10:09   
だいたい毎週約1000キロ~1500キロ走り日本のあちこちで神事やらせていただいてますが、昨日は長野県と新潟県に行っていました。

先日、『カゴメ紋』についての日記を書きましたが、無事にカゴメ紋を授かることができ、神事が済んだこと御報告しておきます。神事前であると、邪魔をされたりする可能性があるので、過去の日記では、山の名前を○○と空白にして言葉を入れずに神のメッセージを載せましたが、無事に済みましたので、○○の部分に言葉を入れ、再度書いておきたいと思います。

『カゴメ紋・・・これは聖なる紋の一つなり。いろいろな意味をもっておるが、天と地・宇宙と地球が一つに一体にした(調和)姿を顕していると今は理解しておけばよい。いよいよ、そなたはカゴメ紋を使う時きたぞ。これよりはカゴメ紋を使い神事を行っていくのじゃ。そなたが申しておりた件(中央構造線)、繋がってはおるが確かに結びつきが弱いようじゃのう。
皆神山へ参れ。そこにてカゴメ紋をそなたに授ける。その後その場にて、カゴメ紋を使い(中央構造線)強化の神事を行いなされ。皆神山は地教山なるゆえ、地球特に日本国に関しての大元がそこにあるぞ。カゴメ紋はイメージすればよいぞ。その中で神事を行えよ。さすればより強力・強化される。また、地球はもとより宇宙にも響かせる事となるぞ。』

今回初めてネットで皆神山のことを調べてみたのですが、驚きました。過去にも同じような啓示を受けている方がいるのですね。皆神山は日本国の大元であること、地教山であること、そしてカゴメ紋・・・同じメッセージです。そして、この地は「カゴメ」と縁深き地であること。

カゴメ紋を授けるから皆神山へ参れ・・・という啓示を受け、足を運ぶことになったのですが、朝日と共に神事をやるためにはやはり夜中に高速走るしかなく、今回も土曜日お仕事が夜終わってから、お風呂に入り、9時に出発。真夜中の2時に到着。
出かける前に母が「また真夜中に山に入り込み人気のないところで寝ちゃダメだよ!誰も来ないような山奥深くは怖いから・・・山の手前の人がいるようなところで仮眠とりなさいよ!」と忠告。
しかし、そのアドバイスはスル―です(笑)
現地到着して、山の中にどんどん入り込む。もちろん真っ暗、車一台しか通れないような森に囲まれた静かな道路。頂上到着、もちろん誰も人はいない。よっぽどの物好きしか真夜中のこんなところには来ないでしょう。神社横の駐車場で仮眠をとろうとするのですが、強烈な波動にワクワクしてハイテンションで眠れない(笑)多分、普通の人間の感覚をお持ちの方はこんな真っ暗な山の中にひとりでいると不気味で怖くて眠れないのでしょうが・・・真夜中の闇の中は見えない存在である邪なものもうようよしているので、精神ブレていると大きな影響を受けますので、絶対に精神ブレさせない状態を作ってから行き、気を抜かないようにして下さい。

皆神山は2度目なのでしたが、1回目は数年前、仲間と7人で行きました。神々の強烈な波動と磁場が普通でないみたいで、7人のうちの5人は強烈な波動に耐えられず頭痛、しばらく動けませんでした。その後も、元に戻るのにしばらくかかりました。
私は?というと・・・鈍感するぎるのか?強烈な波動が嬉しくてワクワクし過ぎて超絶好調(笑)でした。
その時から皆神山は私の大好きな地、ベスト3にランクイン(^^)

ワクワク感で興奮し過ぎて寝るどころじゃなかったのですが、少し体を休めておいた方がいいかな・・・
って感じで、おとなしく後部座席に移動して毛布をかぶって目を閉じることに。
でもね、目を閉じたはいいのですが、強烈な波動と磁場が普通じゃないので、寝ててもクルクル回ってる感じ。
きっと、皆神山はエネルギーが渦を巻いているのでしょうね。(しばらくしたら慣れましたが)
渦の中、スティッチのまくらでうとうと、皆神山のエネルギーに慣れながら朝を待ちました~(#^.^#)


数年前にいただいた枡。普通は「寿」とか「祝」と書いてあるのでしょうけど、「カゴメ紋」がついている枡だったので、強烈だな~って思ってました。まさか、皆神山でカゴメの神事に使うことになるとは想像もしませんでした。偶然自分の元にきたようにみえてましたが、やっぱり偶然はないですね。この枡、6月24日の昨日デビューでした(*^^)v下さった方に感謝です。
003.jpg

これも数年前、あなたに差し上げます・・・と渡されました
002_20120625104030.jpg

車中泊の時、いつも一緒に旅してくれる、まくらのスティッチちゃん
004.jpg


つづく
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

皆神山でお掃除 

Posted on  2012/06/25 Mon. 14:20   
皆神山での神事を4時にスタートしたのですが、全てが終了し下山する時は既に7時半になっていました。
今朝、友達が「カゴメ紋を授かるってどんな物をいただくのですか?」とうい質問をしてきたのですが、
私の答えは以下です「光のカゴメ紋って感じ。その細かい粒子に合わなければ通り抜けてしまうというか、受け止め浸透させ同調させることができない。当たり前ですが、形ある物質ではないです。」と。カゴメ紋は神の細かい粒子というか光と感じています。剣を授かった時も同じです。

神事がスタートして1時間がたった時のこと、御年配の男性が現れ頂上の祠の前で一緒になりました。
一瞬で純粋な御心の方であることがわかり、自然に御挨拶、会話が始まりました。
話が進むにつれ私が皆神山の深い話に触れたのですが、私の話を聞きながら自分の(その方の)状況が深くわかり感極まってしまったようで、その方が突然涙を流し始めたのです。私が話をすると、よく人が涙を流すのですが、純粋な御心が私の話を通して神々の光に触れた時、人は涙を流すようです。
ポロポロ涙を流す60代の男性。とってもきれいな涙でした。
数十分話をしていたのですが、彼が突然「あなたを宮司さんに紹介したい!」と仰るではないですか。
とういことで、宮司さん宅に連れていかれることに(・_・)
内心「なんだ?この流れは?」と思いつつも、まっ いっか~これも流れよね?流れに任せよう・・・と彼について行きました。
玄関前に立ったのはいいのですが、よく考えてみれば、まだ朝の6時。人のお宅を訪問するにはいくらなんでもちょっと早すぎますよね!?
そこで「まだ6時ですよ。早過ぎで迷惑だからやめときましょう」と言ったのですが「いいの、いいの宮司さん起きてるし、僕の知り合いだから、大丈夫 大丈夫!」って仰ってピンポーンって(#^.^#)
最初のピンポーンで出ていらっしゃらなくて、「あれ?おかしいな~???起きてるはずなのにな~」と。
「やっぱり寝ていらっしゃるんじゃないですか?やめときましょうよ~」と。
すると、窓のカーテンを開ける宮司さまがこちらを見てニコッと(#^.^#)するではないですか。
「あっ やっぱり起きてた~」とおじさまニコニコ嬉しそう。
こんなに朝早くからいいのかしら?とドキドキしている私の不安な気持ちは宮司さまにお会いした途端吹き飛びました。優しい笑顔で接して下さり、おじさまの予定通り私は宮司さまに紹介されることに(・_・)
おじさま、私が祠前で彼に話していたこともペラペラと話してしまいました。実は、聖域が汚されていてとても気になっていたのです。このエネルギー状態よくないよな~何気ない人間の行為で場を汚してしまってたのです。それを聞いた宮司さまの反応は・・・「私もそう思っていました。ただ、体調悪くて、そこの聖域のお掃除ができないでいました。」と。確かに、不自然な態勢をとらないとそこの掃除はできないのです。杖をついた御年配の方にはちょっと無理がある場所です。
宮司さまのお応えを聞くと同時にこう言ってました。「じゃあ~私が宮司さまのかわりに今からお掃除します!私は元気ですし・・・もし、聖域に触れることを許されるのならお手伝いしますが・・・」って(^o^)/
(あはっ、やっぱ私は日本のあちこちでお掃除することになってるんですよね?(笑))
宮司さま、満面笑み。「やってくれるかね!?ありがたい」と許可を下さったのです。(カゴメ紋授けたんだから、掃除ぐらいやっていきなさい!って神さまがインスピレーションで送ってたのかも(笑))
そのやりとりを横でみていたおじさまもニコニコしながら「私も一緒にやらせて下さい!」と。
ということで、急遽、おじさまと私はお掃除部隊結成で水も汲んで皆神山でお掃除することになったのです。
なんだかよくわからないけど、長野県でもお掃除することになり皆神山の神々が繋いで下さった御縁のおじさまと一緒に楽しくお掃除したのです。
お掃除後、聖域は見違えるようにピッカピカに(^^)
二人の気持ちもより繋がり、エネルギーもピカピカに(^^)
これからもこの聖域が守られるためには、やはりお掃除は欠かせないけど、5時間もかかりこの地にはそう頻繁には通えない・・・という私の想いを感じて下さったこのおじさまなのですが、嬉しいことに、これからここのお掃除を宮司さまと私の代わりにやって下さると約束して下さいました。私は地元の人間だし、聖域をお掃除させていただけるという御役目をやらせていただけ、自分が役に立てるのならそんな嬉しいことはないと仰っていただけたのです。いつものことなのですが、やはりこの出逢い偶然とは思えません。
このおじさま、これほど早い時間に参拝に来たことはないそうなのですが、「不思議ですけど、なぜか今日は初めてこんなに早く来たのです。」と。
皆神山の神々が繋いで下さったこの御縁に感謝します。


皆神山の神さまから御褒美いただいちゃいました(#^.^#)食糧庁長官賞受賞の『長野県松代せんぺい』。皆神山は松代町にあるので、松代せんべいです。
062.jpg

つづく
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

皆神山の御神水 

Posted on  2012/06/28 Thu. 16:29   
神事とお掃除終了して「皆神山って御神水いただける場所ありますか?」と宮司さまにお聞きしたら
「ありますよ」っていうお返事。場所を説明されるのですが、山の反対側になるようで、ちょっとわかりにくい。しかし、頂上で出逢った地元のおじさまが大体の位置がわかるので案内して下さるということに・・・
おじさまの車の後ろからついて行き、山の反対側に辿りついたのですが、道に迷ってしまい場所がわからない。
ウロウロしている時、畑で作業をしている御夫婦発見\(^o^)/ここは地元の方に聞いた方がよさそうだ・・・ってことで、車を降りて聞くことに。
すると・・・
「知ってますよ(^^)ちょう~どよかった!私を家まで乗せて行ってちょ~だい。御神水は私の家のすぐそばなのよ。」と。彼女は御主人より一足先に家に帰りたかったようで(歩いて帰るのもちょっと距離があるから大変だったようなのです)そこにちょうど私たちが現れたものだからありがとう!ありがとう!ってことで、道を聞いた私たちのがお礼を言われてしまいました。もちろん、私たちも御神水の場所まで案内していただき感謝 感謝でした。ということで、皆神山の波動入りの御神水 無事にいただきました。
いつものことですが、行く先々で案内人が現れ、力を貸して下さる。本当にありがたいことです。

皆神山で過ごした5時間半、神々さまや地元の方たちと交流もできとってもいい時間を過ごす事ができ、感謝の想いで皆神山にさようならしました。

皆神山でカゴメ紋を授かったのですが・・・このことを私はとても重く受け止めています。
授かるからには半端な動きや気持ちでは許されないと思っています。今まで以上に自分に厳しく、そして何事もひとつひとつを丁寧にと思っています。任されたお役目がきちんと果たせるように頑張りたいです。


皆神山の頂上からの眺め
016_20120628171444.jpg

つづく
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

戸隠神社・天津神社 

Posted on  2012/06/28 Thu. 17:03   
今回、神さまから「皆神山に参れ」とメッセージいただいたのと同時にもう二ヶ所の地が自分の中に強く湧き上がってきていて、一瞬で行く地が決定しました。その二ヶ所の地は「戸隠」と「糸魚川市」です。
静岡県安倍川から北上し、諏訪湖を通って新潟県糸魚川に至る大断層線である糸魚川静岡構造線のエネルギーを整える祈りをするために新潟県まで足を運ばなければ!と強く感じていたところへ、このメッセージでしたので、今回がタイミングということだったみたいです。
そういうことで、皆神山から戸隠へと旅は続きました。

戸隠では宝光社、火之御子社、中社、九頭龍社、奥社の5社で参拝。
訪れたことがある方は、ここの参道の素晴らしさを知っていると思いますが、私も数年前初めて訪れた時は、なんて素敵な参道なの!って感動しました。両側には百数十本の見事な杉の大木があり、素晴らしい御神気を感じられます。参道はかなり長いのですが、清々しいエネルギーに触れながら奥社までの道を歩くだけで自分の中の光が増す様な感じがします。
戸隠のエネルギー、非常に力強く、大きな力をいただけます。

052.jpg


そういえば・・・
参道入り口に大きな無料の駐車場があるのですが、なぜかその駐車場が全く目に入らず、通り過ぎてしまいました。右手に小さな無料駐車場があったのですが、空きスペースはなしで、満車。
そこで、たまたま目の前にあった竹細工のお土産屋さんに入って聞くことに。無料駐車場は全部満車であることを伝え、他にも駐車場がないですか?と聞いたところ「もう少し先に有料駐車場ならあるけど、よかったらうちの駐車場に停めていってもいいですよ」と仰ってくださいました。
同じお金を払うなら、有料駐車場に停めるより、お店屋さんに停めて帰りに何かお土産でも買って行く方がいいかな・・・と思い停めさせていただくことにしました。お土産は一切買って帰るつもりなかったのですが、自動的にお土産を買う事になってしまいました。
参拝終了後、竹細工のお店に入り御挨拶。素敵な竹細工の商品をいろいろ見ながら、なににしよっかな~って。
たくさんある竹細工の商品の中で私が手にしたのは、菓子器(^o^)/
竹でできてるなんて、なんかかわいいな~と、何気なく大きいの一つと小さめのを二つ手にして買って帰りました。帰宅して娘に見せたところ、娘が一言。
「ママ、カゴメ紋買ったんだネ!?」と。
「は??? カゴメ紋?」
「うん、これカゴメ紋じゃない!?ほら!」
「え!?」
よ~く見ると、娘の言う通り、カゴメ紋でした。
網目がたくさんあるから店では気付かなかったのですが、網目のひとつひとつを見ると、確かにカゴメ紋。
しっかり眺めていたのに全く気付かずに買ってくるこのアホさ(-_-;)相変わらずボケています。
カゴメ紋を使い神事をせよ!との神のメッセージをいただき、いかせていただいた旅でゲットしたのはやはりカゴメ紋。見落としようがない程の大きな駐車場が見えず通り過ぎてしまい、仕方なく停めることになった竹細工のお店、なんとなく手にして買ってきたものは籠目の菓子器。娘に言われて菓子器をみながら、うふふ(#^.^#)って感じでした。

005_20120628231414.jpg


戸隠の後は新潟県糸魚川市の天津神社へ。ここも数年前に訪れたことがあり、今回が二度目でした。
天津神社。ここのエネルギー強すぎで、本殿の前に立つと、グググと後ろに押される感じで倒れそう(・_・)
ここでも、ロウソク立ててカゴメ紋のついた枡に御神酒を入れてお供え物して、糸魚川静岡構造線を守っていただけますよう~にって一生懸命お祈りしました。その後、日本海に行き、そこでもお祈りしました。

今回の祈りの旅はこれで終了。さあ~帰ろう~とナビを設定して驚き(*_*)な ん と・・・ナビが『369キロ=ミロク』ピッタリを示したのです。
「お~~~糸魚川市から家までは『369キロか~!こりゃ~凄いわ~」
ミロクの世界を作りたいと思い、いつも動いている私にとっては最高の締めくくりです。
てっきり帰りも長野県経由で帰ると思い込んでいた私でしたが、369キロ見た途端、『富山県・岐阜県経由369コース』に決定(笑)(*^^)vということで、ルンルン気分で♪旅を終えたのでした。

報告おしま~~~い(^o^)/

Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

かわいいエプロン 

Posted on  2012/06/29 Fri. 14:17   
数日前、あるところに招待されました。
招待客ではあったのですが、女性の手が足りなかったため、お客様よりう~~んと早く行き裏方でも動くことに。
エプロンを持っていなかった私を見て、そこのおばあちゃまが「このエプロンあげるから使うといいよ。まだ一回も使ってない新しいのよ。あげるから使い終わったら家に持って帰りなさい。」と仰り、かわいいエプロンを下さったのです。
ふ~~~んエプロンつけるのかぁ~~~(・_・)とキョトン。
実は、私、家でエプロンつけたことないのです(笑)
普通、主婦は服が汚れるからエプロンつけて炊事をするのが当たり前なのでしょが、私はつけたことなくて・・・
もちろん、毎日お料理もするのですが、どうせいつもTシャツかポロシャツとジーンズという汚れても全く気にならない服しか持ってないので、エプロンも必要なくてつけたことないのです。
全く主婦らしくないですよね?(笑)
だから、エプロンつけなさいね、と言われた時の反応が、キョトン、へ~~~~~~~~エプロンつけるの???でした(#^.^#)
でも、そこはおばあちゃまのご好意を素直に受けて、エプロンをはめてみることに。
で、つけてみたら、「キャ~~~~~かわい~~~~~~~~~~~い(笑)(笑)(笑)
ちょっと見て、見て、見て~~~~。と周りの人にアピール(笑)
周りの人も褒めてくれました。エプロンごときでハイテンションになってるアホな私にも優しい周りの人(笑)
やけに気分よくなり、裏方のお仕事頑張りました(*^^)vエプロン一枚で頑張れる単純な性格です(笑)
お客様がおみえになったらエプロンはずし、お迎えしてご挨拶しお茶を出すというお仕事もあるのですが、これがまたちょっと緊張するんですよね~。お客様は20名程しかいらっしゃらないのですが、伊勢神宮や明治神宮や橿原神宮という神宮と名のつく所の大宮司さまたちもいらしゃいます。私が恥をかくのはど~ってことないけど、この家の方に恥をかかすわけにはいかない。お迎えしてご挨拶しお茶を出すということは、ここの顔になるということだから。慌て者の私だから粗相のないようにって感じで動くのですよ。
数年前までは、招待客として宮司様たちと同じ席に座ってゆっくりしていたのですが、何がどうなったのか???裏方もやることになってしまったので、頑張ってます。まっ 裏方もおもしろいのですが(笑)

あっ、エプロンの話に戻ります。
エプロンいただき、娘たちにその姿を見せよぅ~~!と張り切って帰宅。
3人娘の反応を予測しワクワクしながら運転(#^.^#)

予測は以下です。
☆一番上の21歳の娘の反応・・・「キャ~~~ママちゃん、かわい~~~い!」 と思いっきり褒めてくれる。
☆二番目の17歳の娘の反応・・・無言でニタニタしながら、プッププと笑う。
☆三番目の11歳の娘の反応・・・見た途端「キモ~~~~~~」と冷ややかな眼差しで言う。

早く帰ってこないかな~~~~と首を長~~くして、それぞれの娘の帰宅を待ち続けるワクワク♪ルンルン♪の母。



で、結果はどうだったかって?


以下、が結果です。


☆一番上の21歳の娘の反応・・・「キャ~~~ママちゃん、かわい~~~い!」 と思いっきり褒めてくれました。
☆二番目の17歳の娘の反応・・・無言でニタニタしながら、プッププと笑った。
☆三番目の11歳の娘の反応・・・見た途端「キモ~~~~~~」と冷ややかな眼差しで言った(-_-;)

見事に全員大当たり(笑)

生まれてこのかた、母のエプロン姿を一度も見たことない娘たちには、新鮮でよかったかもです(笑)


幼稚園の子が着るようなエプロンでかわいいでしょ?
003_20120629142309.jpg

後ろにもこんなかわいいポッケがついてるの
002_20120629142432.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

今日もとってもいい日です 

Posted on  2012/06/30 Sat. 14:43   
朝、『大地賛頌』を久しぶりに聞いたのですが、魂に響き涙がポロ。
感謝の想い溢れます。


何度聞いてもいい曲ですね。


心の中で「大地賛頌」を歌い、大地・土に感謝しながら、今日はジャガイモ掘り頑張りました(*^^)v
恵みに感謝です。


いっぱいジャガイモ収穫できました(^o^)/
アンデス原産のアンデスレッド。中は黄色でホックホクでおいしいから、今年はアンデスレッドをたくさん作りました。
017_20120630145158.jpg


オクラはまだ小さいです
015_20120630145514.jpg


トマトも大きくなりつつあります
010_20120630145543.jpg

ミニトマトイエローキャロルも甘くておいしいです
011_20120630145625.jpg

ブルーベリーも少しずづ大きくなり色づいてきました
007_20120630145726.jpg

他にも、ナス・ピーマン・コーン・キュウリ・アスパラ・ネギ・サトイモ・大根などを育てています。
こんなにたくさんのものを育ててくれる土や太陽や水ってやっぱり凄いですね!


今日は、午前中はお百姓さんとなり畑仕事、午後は庭師となり木々の剪定、夕方は英語を教えま~す(^o^)/

では、では またの日記で(^o^)/




Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん