マイル換算率

むすひ

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

福島県・新潟県・群馬県への旅  その1  沼奈川姫命様のメッセージ 

Posted on  2012/11/14 Wed. 09:46   
あれは、先月の10月20日娘の小学校の学芸会の日のこと。真っ暗な体育館の中に座りうとうとしていました。
突然「佐渡島!」と響いてきたのです。次の瞬間、「能登半島 須須神社・上越 居多神社・佐渡島のエネルギーを繋がなければならない!」と響いてきました。そんなメッセージが入ってくると、もう学芸会どころではありません。私の頭の中はもう佐渡島のことでいっぱい。早く家に帰って、地図を拡げて確認したくて。そして、その佐渡の繋がなければならない神社とはどこなのか?を調べたくて。メッセージが届いたその瞬間に佐渡島行きは決定でした。
学芸会終わり、家に帰って地図を眺めてみたらすぐにどこに行かなければならないのかがわかりました。
佐渡国一之宮 度津神社(わたつじんじゃ)です。

ということで、今回の祈りの旅、福島県⇒新潟県⇒群馬県というコースで行ってきました。学芸会の時に受けたメッセージからスタートして、全ての事が終わるまでいろいろありました。神の意思を形にするまでの流れを御報告していきたいと思います。

まずは・・・同時に同じようなメッセージを受け、私と同じく頭の中が「佐渡島 佐渡島・・・」となっていた友と私に10月20日の夜降ろされたメッセージです。



『我は そなたたちの思いに届くようにと思っていました

日本の為に 心を尽くし 体を尽くしてくれて ありがとうございます

日本の地を強くすることを 共に出来ること 嬉しく思います

これから大変な動きになるであろう

どうか 体に負担にならないように 力を尽くして欲しいです

我も力を貸します

大きな力となるように がんばってください

神の思いを言葉として降ろすもの

神の思いを動きとして行うもの

それぞれの力が重なり 大きな神の力となってくれるのです

神の力となっていることに 邪心を持たず これからも共に歩んでください

正しい道に進んでいるときは 神の導きの通り進んでいます

自分たちの感もお互いに同じはずです

これからも よろしくお願いします


沼奈川姫命より』
↑(通常使われている「奴奈川姫」という文字ではなく「沼奈川姫」です)



学芸会の時には、どの神様から届けられたメッセージなのか?と特に考えもしなかったのですが・・・後程のメッセージで、新潟県に御縁深き神様であることがわかりました。日本海側を守りたい!という強い想いが届いてきました。

055_20121114101136.jpg


つづく
Check

カテゴリ: 佐渡島 度津神社

[edit]

TB: --    CM: --

福島県・新潟県・群馬県への旅  その2 大国主命様・沼奈川姫命様 

Posted on  2012/11/14 Wed. 10:32   
10月20日 友の元に降ろされたメッセージです。

『みゆき氏に伝えてください
佐渡に行かれるのであれば、行って欲しいです
なぜなら、佐渡の依り代には 神がいないのです
佐渡を守るために いそのたける命は 海にいます

祠も破損して そこにはいません

そなたが佐渡に行かれたときは いそのたける命を呼んでください
いそのたける命の思いを感じてください

どうか いそのたける命の力となり 日本海側をより強くしてください

佐渡は度津神社  居多神社  須須神社

この三ヶ所を繋ぎ より強くしてください

日本海側 共に力を合わせて より強い日本を目指しましょう


大国主命より』



『手を生かし 足を生かし 心を生かし
神の思い 動きとなります
我の思いを受け取っていただきありがとうございます

沼奈川姫命より』


※最初に私がャッチした『度津神社  居多神社  須須神社を繋がなければならない!』というメッセージと友の降ろしたメッセージは完全一致してました。


066.jpg

つづく
Check

カテゴリ: 佐渡島 度津神社

[edit]

TB: --    CM: --

福島県 新潟県 群馬県  その3  大国主命様・五十猛命様 

Posted on  2012/11/14 Wed. 22:26   
祠が破損? 依り代となる石がない? いったいどうなってるのかしら?
毎日朝から晩まで祠のことが頭から離れない状態で20日間が過ぎました。そして、新潟県出発数日前、佐渡国一ノ宮 度津神社に電話し、宮司様とお話しました。『神社敷地内に祠がないですか? 摂社? 末社? または度津神社に縁深き社が敷地内か近くにないですか? そこに祠がないですか?』と質問してました。度津神社は、住古の社地は東にあり、羽茂川の洪水で社殿が流失したので、八幡宮に合祀したようですが、神社敷地内のどこにも祠はないとのことでした。よくわからないまま出発するのかな~と思っていたのですが、家を出発する数時間前にメッセージいただきました。以下、そのメッセージです。


『度津神社の中にある弁才天の祠が欠けているのだ(谷にある)

いそのたけるの命も心配してる

欠けていると

神の力 合い合わさらない

どうか、日本海側の地を守る力となるよう 力を貸してくだされ

これから 寒さも厳しくなるが

体と心に余裕を持ち

神々の力となって欲しい』

大国主命より




『我 海を守る いそのたけるの命なり

大国主命がいう祠は

度津神社の中の八幡宮のこと

八幡宮には 他の神々がおる

その中に大国主命の依り代となるものがないのだ

行けばわかってくれるだろう

我は 大国主命の力と合わせ

佐渡から守りたいのだ

そなたに用を頼み 申し訳ない

度津神社に来た時に 大国主命の依り代となる石を 八幡宮に置いて欲しい

祠を神社の中に設置してもよい

どちらが良いかは 来た時にわかるはず

祈り以外の用事を申してすまないが

そなたの力を貸して欲しい

欠けてる祠は そこにはない

神社の近くに 処分された祠などがあるところに その祠があるのだ

新しいものでなくてよい

古くてもかまわない

石の置き場となれば 欠けていてもかまわない

いくつもある中で そなたの感でよい

大国主命の依り代となる祠 見つけて欲しい』

いそのたけるの命より



佐渡の地から、日本を守りたい!という神々の強い想いが伝わってきました。しかし、祠とか石を・・・と言っても簡単ではありません。祠や石が増えるということは、神が増えるということで(当たり前ですが、ただ石を置いておくだけではダメです。神降ろしの祈りをしなければ神は御降臨されませんが・・・)それはとんでもなく、大きなこと。全く見知らぬ人が突然現れて、「祠を増やしたいのですが・・・」と言っても、そんな簡単に許可が降りるわけありません。しかも一之宮です。神様が増えるということは神社の歴史が変わるということです。いつものことですが、無理と言ったら無理でしょう。無理だと決めつけずに、こうだと思ったらなんでもトライするのが私です。たとえダメだったとしても、精一杯やった後なら納得も行きます。神々の想いと自分の想いを精一杯伝えるのみです(出発前はまだ宮司様にはこのことを全く伝えていませんでした)日本にとって本当に必要なことであれば必ず上手く事が運ぶはず!と信じてました。



039_20121115000437.jpg

つづく
Check

カテゴリ: 佐渡島 度津神社

[edit]

TB: --    CM: --

福島県 新潟県 群馬県へ  その4 飯豊連峰・弥彦山・度津神社 

Posted on  2012/11/15 Thu. 10:35   
前置きが長くなりました。やっと、旅の出発のところまで話がきました\(^o^)/出発前にこんなやりとりやメッセージがあったので、私の中では「佐渡島&祠 」という感じで旅をスタート。普通は「佐渡島&トキ」でしょうが(笑)
土曜日お仕事終わってから、いつものようにまた真夜中に車走らせ、横浜で友をピックアップして、そのまま福島県へ。東北でやり残し、気になっていた山がありました。細かいことを言えば、まだまだたくさん残っているのですが、今は先に日本列島の骨格をやらなければならないので、細かいところに足を運んでいる時間がありません。
福島県で気になっていた地は飯豊(いいで)連峰です。福島県 山形県 新潟県にまたがる連峰です。2105メートルもあるので、既に雪が降っていて登れない状態であるということを聞いていましたが、行けることろまで行こう!と。しかし、調べたところ、登山口まで行く道路が工事のため通行止めになっているということがわかり、結局、行くこと断念せざるを得ませんでした。
それでも、神社だけは行かせていただき御神体に向かってお祈りさせていただきました。行くことができて良かったです。

008_20121115104405.jpg

飯豊連峰の次は、新潟県の弥彦山へ(越後国一宮である弥彦神社があります)



弥彦山からパチリ
015_20121115110121.jpg


弥彦山に登った後は新潟港へ。本当は2時間半かけてフェリーで渡るはずだったのですが、待ち時間を無駄にしないため、ちょっと高くはなりましたが、ジェットフォイルで1時間かけてピューンと佐渡島へ渡ることに。ジェットフォイルやっぱり凄いですね~飛行機に乗ってるみたいで、ほとんど揺れない。船酔いすることもないので、安心です\(^o^)/自分の車をフェリーに乗せて行くと3万円以上かかるので、レンタカーを借りることにしました。ジェットフォイルにしたため、時間にちょっと余裕ができたので、さっそく佐渡国一宮 度津神社に御挨拶に行くことにしました。でも、思ったより遠くて、到着したときは暗くなりかけてました。暗くてよく見えなかったのですが、敷地内をうろうろチェック、そして神々にご挨拶を。その後、社務所に行き、お話しをすることに。
宮司様は不在でしたので、対応して下さった方に、神々のメッセージと私が感じていることをそのままストレートにお伝えしました。いきなり来た人が、神々のメッセージを伝え、御神体になる石を納めることを許可いただけないですか!?と言うわけですから、相手は戸惑うのも無理ないです。たぶん、本気であることだけはしっかり伝わったと思います。対応して下さった方は、事情を説明するため、その場で電話を取り宮司様に電話をされました。
事情説明していたのですが、もう直接話した方がいいと判断され「直接お話して下さい・・・」と電話を渡されました。そして、数日前に電話した者ですと伝え、神々のメッセージもお伝えしました。「大国主命さま」に御降臨していただく祈りをしますので、石を(場所を見たら祠より『石』のがいいと感じたので)お社に納めることを許可していただけないでしょうか?とお聞きしました。
宮司様はどのような判断をなされるのか?祈るような気持ちでお話しました。宮司様が「無理です」と仰ったら、それ以上何もできないのです。全ての権限を握っていらっしゃるのが宮司様。想いが伝わり、真に神様と繋がっていらっしゃるのであれば、「許可します」と仰って下さるはずだと思いました。

そして・・・

電話の向こうで宮司様が「許可します」と仰ってくださいました。宮司様のお言葉がどんなに嬉しかったことか・・・神々も同じです。宮司様の御理解に深く深く感謝しました。
気づくとあたりは真っ暗。
「明日は、朝からあちこちの石材店に走らなければならないネ!」と
満面笑みの友と喜び合いながら神社を後にしました。

045_20121115121824.jpg


つづく
Check

カテゴリ: 佐渡島 度津神社

[edit]

TB: --    CM: --

福島県 新潟県 群馬県へ  その5  佐渡島(度津神社) 

Posted on  2012/11/16 Fri. 10:21   
次の日・・・

佐渡島 度津神社敷地内にある八幡宮に『大国主命』さまが御鎮座される依り代となる石を納めることが決定したので、次は石材店です! 佐渡島にある石材店をネットや電話帳で調べ、電話して事情を話し、神の依り代となるような石がある石材店を探しました。そして、まずは、社務所でお名前が上がった野口石材店に行くことに。会社の社長様と庭に置いてある石をいろいろ見たのですが、ピンとくる石がなくて・・・「う~~ん、次の石材店に行って探さなければならないかな・・・」と思っていたその時、その社長様が「そのぐらいのサイズなら、家にひとつ石があるけど、見る?」と仰って下さったのです。とういうことで、社長様の御自宅へ行くことに。自宅到着、石を拝見。「わぁ~~~~~~~! 素晴らしい石じゃないですか~~~~!! これがいい! サイズもピッタリな感じしますね! 」宮司様が仰ったサイズは、高さ『30センチ』だったのですが(お社に納まるサイズにするため)、メジャーで測ってみたら、なんと! 数ミリの狂いもなく30センチの高さでした。「お~~~~!」と皆驚き。表側は、既に研磨されピカピカの状態でいい感じ。厚さはちょっと厚い感じしたので、切っていただくことにしました。ここに『大国主命』と文字を入れたら、とっても素敵なものに仕上がるはず。この石、社長様のお宅にずっとあったようで、何に使われるでもなく置かれていたようなのです。たぶん、この石はずっとこの時を待っていたのかもしれません(^^)社長様曰く、「普通、30センチの高さの石を見つけるのは難しい、なかなかないよ。どこの石材店に行ってもまず見つからないでしょう。」本当にラッキーでした。神様が導いて下さったとしか思えませんでしたね。社長様のインスピレーションで見つかった石。お忙しいのに丁寧に応対して下さりわざわざ御自宅まで案内して下さったことに感謝 感謝でした。石が決定したところで、文字入れの話になったのですが、私はてっきり、この社長様が文字を書いて彫って下さると勘違いしてました。この時、初めてわかったのですが、文字入れはプロの書道家さんとか書の達人に頼み、まず紙に書いてもらってからそれを石にあてて彫り込むということみたいで(・_・)「え? そうなの? じゃあ~やっぱり、今日1日では無理なのかしら?」ガクって感じでした('_')まっ、でも、どう考えても普通は無理ですよね? 1日で、石を購入し、切ってもらい、書の達人に字を書いてもらい、字を彫ってもらうなんて(・_・)ところが・・・この社長様がいつも石に彫る字を書いて下さる方の御自宅まで案内して下さるということを仰って下さり連れて行って下さることに。忙しいのに、またまた時間をさいて下さいました。
書道家の御自宅に行く途中、前を走っている社長様の車が停止。
「ん??? 何?」車を降りてみると、社長様が「あそこにトキが居るよ!」と遠くを指すではありませんか。
「え、トキ!? どこどこ?」「キャ~~~~~~~~~~~~~~トキだ~~~~~~~~!!!!!」
「今回、トキを見る時間はないな・・・私は祠だから(笑)」と諦めていました。
佐渡トキ保護センターに行けば見ることはできるのですが、そこに行く時間もないし・・・と。
保護センターに電話して聞いたのですが、現在、保護センターでは108羽のトキがいるそうです。佐渡島での野生のトキはたったの78羽とされてます。一旦は絶滅したトキなので、随分増えたのでしょうが、まだまだ少ないです。社長様も保護センターの方も仰ってましたが、野生のトキが見れることはめったにないそうです。よっぽどラッキーでないと見れないそうです。それが、なんと2羽も見ることができて、感動でしたね。しかも、石が見つかった直後のこと。もしかしたら、神様からの御褒美だったのかも(#^.^#)やけに嬉しかったです。

あっ そういえば・・・この石材店の社長様、なんと、愛知県岡崎市に(私は岡崎市に住んでます)数年住んでいたそうです! 岡崎市は石の町で石材店だらけなんですよ。共通部分がありローカルな話もできて嬉しかった(#^.^#)です。



かなりピンボケでトキだかなんだかわからない写真ですが(笑)雰囲気だけでも伝わりますか?
021_20121116103220.jpg


社長様が彫ったトキの記念碑です。素晴らしいですね!
055_20121116103406.jpg
056_20121116103442.jpg

※佐渡市羽茂飯岡  「木戸」のバス停を左手に見て、100メートル程先に行った所の左側にあります。ここのあたりによく野生のトキが居るそうです。


つづく
Check

カテゴリ: 佐渡島 度津神社

[edit]

TB: --    CM: --

福島県 新潟県 群馬県へ  その6 佐渡島(度津神社) 

Posted on  2012/11/18 Sun. 15:11   
社長様が教えて下さらなかったらトキの姿も見ることはなかったでしょうに・・・「佐渡島にせっかく来たのだから・・・」というお気持ちで、わざわざ車を停めてまで教えて下さった、その温かい御心に触れたことで、私たちの心もとっても温かくなりました。

素敵な時間を過ごした後は、書を書いて下さる方の御自宅へ。
突然の訪問でしたので、まずはその方が御在宅なのか?ドキドキ。ピンポーンのチャイムに女性の方が出ていらして、その後、ご主人様が!
「わぁ! いらっしゃった~!\(^o^)/」そして、事情説明。
すると・・・
「今から書いてもいいよ」という御返事。
「キャホ~~~~~~~~~!!」と叫びたい気分でしたが(笑)そこは、抑えて叫ばないように大人しく(#^.^#)書いている間お部屋でコーヒーをいただきながらその方の書をいろいろ見せていただいたりしてました。
30分程たって『大国主命』と書かれた書を持っておじいちゃま登場~~~~ジャジャ~~~ン!です。
「お~~~~~凄い 凄~~~~い!」嬉しさと感動でちょっと叫んじゃったかも(笑)
嬉しかった 嬉しかった 本当に嬉しかった\(^o^)/
おじいちゃまにお礼を言って、その書を社長様に託し、出来上がるまでの時間、度津神社に行き神々と社務所の方に経過報告を。そしてあちこちの他の神社参拝・ちょっとお茶して待つことに。
そして・・・15時。出来上がったとの電話。
出来上がった石を見て、またまた感動。「わぁ~~~~~~~すてき~~~~~~!!!」みんなニコニコ大満足。


こんなに素晴らしい石に仕上げていただきました。(お清め前です)
utf-8R0015021.jpg

その後・・・

石を持って再度、度津神社へ。日本・世界の聖地100ヶ所以上からの御神水で清め、お社の御扉を開いていただき、奥に納められました。そして、大国主命様に意識を繋ぎ御鎮座していただけるようにお祈りしました。感無量('_')

石材店探しからスタートして、石を見つけ、文字を書いていただき、石を加工していただき、社に奉納し、神降ろしの祈りをし全てが終了するまでの時間は、なんと約8時間。普通だったら、こんな短い時間ではできなかったことだと思います。何もかもがスムーズに行き、見事な流れでした。
今回、このように事が上手く行ったのは、たくさんの力が結集したためです。神々の導き、野口石材店と書を書いて下さった方の深い御理解、度津神社の方々の深い御理解、一緒に行ってくれた友の力、そしていつも応援して下さり祈りを届けて下さってる皆様方のお力。これらのどれひとつ欠けても事が進まなかったことでしょう。
関わった全ての方々のお陰であると心から感謝しています。本当にありがとうございました。

神々様からいただいたメッセージは次の日記に。




つづく
Check

カテゴリ: 佐渡島 度津神社

[edit]

TB: --    CM: --

福島県 新潟県 群馬県  その7 大国主命様・五十猛命様 

Posted on  2012/11/18 Sun. 19:56   
佐渡島で事を終え、19時30分のフェリーに乗り新潟港へ。新潟港到着した時、友達からメールが入りました。以下、そのメッセージです。



トランブレーみゆき氏に伝えて欲しい

我の為に 時間を作り 石を見定め 祀りてくれた事 本当に有難きこと

我の喜び 伝わっておるか

我の願い叶えてくれて有難い

小さな願いも叶うということ

我と同じように そなたも 人々も叶うということ

神の導きあれば

事は その時に合わせ、事の進みは早いもの

希望を持ち 日々 生きていくが良い

これから 共に力を合わせ

未来ある日本にしよう

未来の子供たちにも 希望が持てるよう

共に力を尽くそう

今日は 本当にありがとう

たくさんの者たちに 感謝しています


大国主命より






みゆき氏に伝えよ

我 いそのたけるの命より

我も喜びで満ち溢れ

そなたたちに 感謝している

大国主命も我も、どんなに待ち望んでいたことか…

宮司たちの心 有難きこと

これからは 大国主命と 他の神々と力を合わせ

日本海側から日本を守りいたす

介入してくれたものたちにも 感謝いたす

小さな場所でも

我らは 大切な場所なのだ

神への小さな祈りも 大切なのだ

どんなに小さなことも

心こもれば 大きなものとなる

どんな事もだ

これからも 神と共に 歩んで欲しい


いそのたけるの命より




やはり、皆さまのお陰です。再度、皆様に感謝の言葉を言わせて下さい。「皆さま ありがとうございました!」


その後・・・

新潟港に22時到着。次なる地は、群馬県と新潟県の県境にある、「三国山(1636メートル)」。真夜中到着、眠りに落ちたのは2時半過ぎだったのですが、次の日の起床は4時半でしたので、ちょっと寝たらすぐ活動開始、寝たような・・・寝ないような・・・って感じでした。その二日前も徹夜でしたので、ちょっと睡眠不足気味でしたが、無事登頂、下山(^^)
三国山、登山口の気温は2℃。さむ~~~~~って感じで、上の方はやはり凍ってたので、ツルツル滑りながらの登山でした。
三国山は午前中で終了でしたので、午後は次の地。群馬県のほぼ中央に位置する「赤城山(最高峰である黒檜山(くろびさん)1828メートル)」へ。
赤城山も無事に登頂 下山でき、今回の旅の全てを終了し、14日の午前2時半家に帰宅でした。数日寝てなかったので、眠~~~~って感じ。でも、その後4日間きちんと寝たので回復しました\(^o^)/ということで、今晩もまた運転、次なる地へ。

これで、11日~13日の旅日記は終了です。今回もあちこちの地(神々)のエネルギーが繋がったことに感謝です。皆さまありがとうございました(^^)

049_20121118200305.jpg


Check

カテゴリ: 佐渡島 度津神社

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん