マイル換算率

むすひ

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

結婚式&神事 in ハワイ  その1 

Posted on  2014/07/01 Tue. 08:11   
ただいま~~(#^.^#) 無事に帰国しました。随分前に帰国していたのですが、ブログ書く暇全くなしで。体調を気遣うメッセージいつもありがとうございます! で、体調の方は?というと・・・帰国してからも休む間もなく、神事・人に会ったり朝から晩まで動きまわることばかりで、でもだいぶ元に戻ってきたような?って感じ。出国前も寝る時間なく運転で移動してたり、次は時差ボケ、あちらでも真夜中に突然起こされるハップニング、で、また日本タイムに切り替わり頭がボ~っとして、体内時計が狂ってしまってました。帰国してからも、いろいろなエネルギーに触れる状況になり、念の凄さ恐ろしさを実感してました。生き霊の憎しみや怒りというネガティブな念が数千超えるとやっぱ凄いですね。人を壊して行く姿は凄まじい。触れたエネルギーで3日間凄い頭痛で寝れなかった(-_-;)人を破壊して行く負のエネルギーは発しないようにしたいですね。純粋であることの重要さを学ばせていただいてます。

あっ、話を戻します。タイトルのように、今回の行き先は、ハワイでした~~(*^^)v 一番上の娘の結婚式\(^o^)/
一年半前に入籍はして既に嫁いではいたのですが、式はやっておらず、ある日 『ハワイで結婚式やるから 来てね~~~(#^.^#)』って娘から連絡があったのです。『え~~~~!? ハワイ!? (・_・) 』 確かに、いつかハワイで式やりたい・・・とは言っていたけど、まさかホントにやるとは・・・このお金のない状況でハワイ? どうしよう?行くお金ないんだけど・・・(・_・)って感じでした。半年前に知らされた時はこんな状況だったのですが、なんとか行かせていただく流れとなり感謝しています。

海外はあちこち何度も行ったり住んだりしているのですが、アメリカだけでカウントすると今回は8度目の渡米です。初めての渡米は、19歳の時のカリフォルニア州 一ヶ月間。その後、アイダホ州、ワシントン州・・・ハワイは、10年前に2週間行ったことがあるから2回目でした。7回目は、数年前の横須賀の米軍基地。

米軍基地について(ウィキペディアより)

基地内は通常部外者には公開されておらず、部外者はアメリカ海軍から入場許可を受けた者(基地内に勤務する者の紹介など)でないと入場できないが、基地ゲート脇にある「CLUB ALLIANCE」ビル1階に、基地住民と地元住民との交流を目的に設置されている「日米文化交流センター」には入場許可なしで入館できる。なお同センターは、日本国内のアメリカ軍基地で初めて入場許可なしで自由に出入りできる場所となっている。

一般公開

また、近隣住人をはじめとする日本人との親善と理解促進を目的に、年4回「日米親善ベース歴史ツアー」が開催されている。さらに毎年夏に「ネイビーフレンドシップデー」が開催され、基地内の一部や艦艇が一般公開されているほか、年に2-3回程度、基地内外でのイベントが行われる際に基地内の一部が一般公開されている。

なおこれらの一般公開の際は、日本及びアメリカ国籍の者はパスポートなどの国籍が分かる写真付き身分証明書を所持、提示することが求められている。また、防衛機密上、治安上の観点から、日米国籍以外の者は入場時に必ず外国人登録証を提示することが求められている上、提示を拒否した場合には入場が拒否される。なお「日米親善ベース歴史ツアー」も、日本国籍以外のものは参加できない。(抜粋終了)

ということです。私の場合は、海軍中枢部で働いているアメリカ人の友がいるため、アメリカ海軍の入場許可をいただき入らせていただきました。

さて、ハワイの話しに戻します。私がハワイと聞いた時、もちろん真っ先に考えたことは神事!どこに行ってもどんな状況でも神事です(笑) ただ今回は、何よりも結婚式がメインでしたし、両家の家族がいること、自由な時間がほとんどないという状況。だから、神事であちこち行くことは完全に諦めていました。和を乱してまでやるべきことではないですよね。ということで、何も計画も立てずおとなしくしていました。私にしては珍しいことです(#^.^#)

あっ そうそう 結婚式に着る服は、両家とも女性はムームー(muumuu)=(ハワイで女性の正装とされているゆったりとしているドレス)、男性はアロハシャツに揃えました。いつもジーンズにマウンテンブーツのみゆきもかわいいドレス。うふふ(#^.^#)って感じ。たまにはかわいい格好しなくっちゃね~♪

JALに乗って行きました~♪
008_20140701090725820.jpg
Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in  ハワイ  その2 

Posted on  2014/07/01 Tue. 20:45   
ハワイに行くことが決まってしばらくしてからのこと。 『大国主命様が来て! って言ってるよ』と 仲間から伝えられました。『え!? 大国主命様ってハワイにもいるの? 』 『わかんないけど、そう言ってるよ』
二人でキョトンでした(・_・) ふ~~ん、大国主命様がそう言うのなら、そうなんだろうね~??? でもどこにいるんだろう? そして、出発1カ月前ぐらいになり、そろそろ調査しなくちゃいけないな~と思いながら地図を眺めていました。すると、あった~~~~! 「ハワイ出雲大社」というのが\(^o^)/やっぱり神様が言う事はホントでした。ということで、出雲大社だけは合間を見て行かせていただくことになりました。

そして、出発数日前のこと。
たった一日の自由時間をどう過ごそうか?と思い、みんなに聞いてみたのです。真ん中の娘は、一人で気ままに思う存分ショッピングしたいからほかっといていいよ~♪という答え(・_・) 一番下の娘はパパとあちこち行くから(元旦那様も行きました。離婚して夫婦の縁は切れているけど、娘との親子の縁は切れていないし、やっぱり娘の花嫁姿は見たいはず・・・ということで一緒に式参加ということに(#^.^#)) ほかっといていいよ~~~♪という答え(・_・) じゃ~母と兄のガイドは私がしてあちこち案内するのかな?と思ってたら、なんと! 『もう 私たちはオプショナルツアー申し込んだよ~♪ みゆきはどうせ ひとりでどっかに行くんでしょ!? 』 『え!? (*_*) マジで!? もしかして私ひとりだけ取り残されたってこと!?』 どうやら そのようで・・・まさか まさかの展開に驚き。一日中ひとり自由の身? これは、とんでもなく嬉しい展開?そうと決まったら即行動! ネットで調査 調査。出発までに残された時間が数十時間しかない。で、私の目にとまったのは、ジャジャ~~~ン! 富士山より高い聖なる山、ハワイ島のマウナケア! 4205メートルのお山の頂上に登る!と焦点を定めました。みゆきは、ハワイで娘の結婚式に行っても 山に登るのか!? と皆さん、これ読んで爆笑していることでしょう。あはは~ですよね(#^.^#) ネットで調べたり、現地に連絡して調査したり、旅行会社にも電話して手を尽くしました。しかし、諦めざるを得ないことに。ガクっです。一日では、どう頑張っても無理なこと判明、時間が足りない。星空を見るナイトツアーや朝日を見るツアーなど一泊のツアーが多いし、レンタカーは規制されているし、チャーターしても離島からの場合は、前日入りしてないと受け入れ不可というのばかり。せっかくのチャンスだったのですが、諦めるしかありませんでした。登る気満々だったのですがネ(笑) そういえば、出発当日空港で、兄が『みゆき また なんかとんでもないこと考えてた?』 『え!? (・_・)なんで? 』 『旅行会社の人から電話があって、一緒に行かれる方が、ハワイ島日帰りで4205メートルの火山に登るから車をチャーターしたらいくらかかりますか? 行くこと可能ですか?という問い合わせが来てますが、お調べしてもよろしいでしょうか?って電話きたよ。』と。やはり代表者に確認が行くんですね。『あっ いつものことだから、大丈夫です。調べて下さいって言っといたよ』 数十年の付き合いだから私のことをよくわかってるよね、お兄ちゃんは(笑)

003_20140701115105d50.jpg


Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in  ハワイ  その3 

Posted on  2014/07/02 Wed. 09:14   
で、山はやめたかって?
もちろんやめません(笑) マウナケア火山は行く時間がないってわかったけど、ちょっと低いお山のキラウエア火山のツアーはいっぱいあります(#^.^#) 実は・・・マウナケア火山に行けないとわかった時、ガクッとして仲間にその事を連絡してたのです。すると、『みゆきちゃん、手を尽くしたけど、マウナケアに行けないって言ってますが、どうしたらいいですか?』って、神様に聞いてくれたみたいで。返ってきた答えは
『我のところで一緒に祈りたまえ・・・』とペレ様が言ってると。そして、キラウエア火山にマウナケア火山の神様が来て下さるって。え~~~~~~~~~!? わざわざ来て下さるの~~~!?(*_*)それは凄い!! キラウエア火山でマウナケア火山の神さまとも一緒になれるとは なんとありがたいこと('_')
確かに、ハワイに行くことが決まった時点でペレ様の名前は出ていました。そうと決まったら、今度はキラウエア火山に焦点を絞ってネット検索。一日しかないので、飛行機のチケットも含まれたツアーのがお得だし、ガイド付きで案内してもらった方が楽なので、あるツアーを見つけて申し込みを済ませました。よっし、完了! しかし、ちょっとマイナーな感じのツアーだったけど、大丈夫かな~?もしかしたら、このツアーに参加する人、私しかいないかもしれない・・・ちょっと心配はあったものの、まっいいっか~って感じでお返事を待つことに。そして、次の日 旅行会社からお返事が。『申し訳ございませんが、他に参加者がいないため催行されません。』と。
やっぱり(-_-;) だと思った。やっぱ物好きは私しかいなかったか~と、そのツアーは諦めることに。残された時間はあまりない。また またネット検索。旅行会社にも電話して聞き申し込み完了! あまり時間がないため、飛行機のチケットが取れるかどうかもわからないという状態でまた待ち時間は24時間。何かを計画立てるって楽じゃないですね。ふぅ~~ホントに行けるかしら? という感じでした。そんなバタバタした中で、神奈川県・山梨県・静岡県での神事へピュ~ンって行くことに。そして、静岡県に居る時、旅行会社から『チケット取れました』との連絡が入り、やった~~~~~~\(^o^)/めでたくハワイ島へ飛べることになったのです。キャホ~~~\(^o^)/ひとりハワイ島気分で盛り上がり。結婚式気分はどこに行ったのでしょう?って感じ(笑)
ハワイに行く前に随分いろいろあり、既にハワイ満喫って感じ(*^^)v

022_2014070209513901d.jpg
Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in ハワイ  その4 

Posted on  2014/07/03 Thu. 14:20   
前置き長くなりました。そろそろ出発しないとね(笑)
やっぱり旅行はみんなワクワクモードです。中学生の娘も、ハワイに行く日は学校休んでもいいんでしょ? ダメ~~~出発時間は夜の10時だから学校は余裕で行って来れる。休む気満々の娘、ガクっ(笑)真ん中の娘は、私が出発日を一日間違えて伝えたため一日余分に休みをとってしまい、ガ~~ン。もう一日働けたのに~とガクっ。心配性の母は、当日落ち着かずウロウロ、ちゃんと空港に辿りつけるのかを心配している。でも、実は、私も毎回ドキドキなのよ。出国できなかった経験と(娘と元旦那様が。でも、2日後めでたく出国できました。)飛行機乗り間違えた経験がある私は、出国できるか?できないか?きちんと飛行機に乗れるか?乗れないか?と不安になってしまうのです(笑)出国手続きが終わると、マジでホッとするのです。飛行機間違って滑走路に向かい始めててそれを止めて降ろしてもらうという恐ろしい?経験をしていると、何度も確かめるようになるのですよね~確認 確認って(笑)実は、もっといろいろアホな経験があるのですが、あまりに多すぎて皆さんがあきれるのでやめときます。それを知っている母は、私が何をやらかすかわからん、と一緒に旅をするのを恐れている(爆)まっ 珍しい経験ができるから面白くていいでしょ?って言うと、う~ん、後となっては笑い話しになるけど、その瞬間は、血圧が上がって死にそうになる って言います(・_・)そうでしょうかね~おもしろいこと満載でワクワクって感じなのですが\(^o^)/

はい、そんなワクワクモードで中部国際空港に無事到着。一番上の娘と旦那様(花嫁花婿です)も一足先に到着。元旦那様はなぜか?お昼に着いており(早っ!(・_・))空港で飛行機見ながら温泉に入ってたそうで(笑)あちらさまの御家族も到着していると聞くが姿見えず。皆で一緒に食事することもなく、空港内にバラバラに散って、食べたい食堂にそれぞれ入り、バラバラに行動している。我が道を行くという個性的なものたちがそろうと一緒に行動ということにはならないみたいですね。でも、時間になったら皆搭乗口に集まってきました~~~\(^o^)/

いよいよ 離陸。私、飛行機大好きなんですよね~。ハワイに行かなくても飛行機に乗ってるだけで十分幸せなのです。体が疲れていたし、夜の便なので飛行機の中では寝ようと思っていたのですが、後ろから誰かがツンツンと突く。『ママ~「アナと雪の女王」が見れるから今から見て! 絶対見てよ!』という指示が(・_・) 彼女は既に映画館で見てて感動しており、それを見て共感してもらいたいと思っていたのです。ここは素直に娘の言う事をきいて見るしかない。子供が見てる世界を見るのも勉強ですよね。ということで映画鑑賞をすることに。これで話についていけます。車でいつもかかっている歌も意味がよくわかりましたし。真ん中の娘も、これフランス語で見るのが一番いいんだよね~と、登場人物のひとつひとつ会話を取りだし、フランス語での表現のかわいさを説明しだす。ひとつのことについてこうやって語り合えるのはやっぱいいですね~(#^.^#)

映画鑑賞したり、本を読んだり、歌を聞いたり うとうとしているうちに、ハワイ到着~~~♪ 着陸と同時に『到着しました。数日間よろしくお願い致します』と 自己紹介もしてハワイ諸島の全ての神々にご挨拶。飛行機降りても周りは日本人だらけでしたが、イミグレーションから一気にアメリカン。いきなりジョークの嵐で爆笑 爆笑。係官がおもしろいジョーク連発で笑わしてくれる。これぞアメリカ! こちらもアメリカモードに合わせなくっちゃネ。その後もトイレに行ってもお掃除係がジョーク、ここでも うふふ。現地の人 やっぱおもしろいわ♪

037_20140702183524642.jpg
Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in  ハワイ  その5 

Posted on  2014/07/04 Fri. 12:55   
イミグレーション通過、現地案内係の方から貝殻でできたレイ(頭・首・肩などにかける装飾品で、ハワイにやってきた記念に観光客にかけてくれたり、結婚式・誕生日・卒業式・葬式などにも贈られる。)を首にかけてもらい気分はとってもハワイアン(*^^)バスに乗り込み街で降ろされました。みんなキョトン(・_・) ここはどこだ?状態。スーツケースは、ホテルに直行しているしチェックインにはまだ時間あるとガイドは言う。ということは、ここで解散~~だね。娘たちはショッピング ショッピング~~っと言ったと思った瞬間目の前からいなくなってました(-_-;)母は兄と一緒にウロウロするからと、『みゆきも行きたところ行っておいでよ』 と言われ 『え? 行ってもいいの?』 てっきり私は、ガイドをやると思い込んでいたので、思いがけず自由時間を与えられ、やった~~!って感じ。そうと決まったら、即行動。さよ~なら~~(^o^)/バスに乗って出雲大社へGO!です。場所はざっくりと調べているだけで、あとは現地についてから現地の人に聞けばわかるだろうと軽く考えていたのですが、これが甘かった。現地の人全然知らないんですね~(-_-;)誰に聞いても知らないって言うのよ。近くには来てるはずだし詳しく説明するのですが、それでも知ってる人がいない。だいたいの場所でバスを降りて散歩しながら見つけようと思い、お花や草や木の写真をパチリパチリ撮りながら随分歩いたのですが、見つからな~~~い。方向音痴の私はいったいどこ歩いてるのかさっぱりわからなくなってきた(-_-;)街から随分離れているので、観光客らしき人は全くいなくて現地の人しかいないエリアのようで。でも、まっ こういうところって結構面白いのですが、危ないエリアもあるので、暗くなってからは歩かない方がいいですね。

あっ 出雲大社は無事辿りつきました。日本と同じように鳥居があってお社があって。でも、ちょっと笑っちゃったのは、手水舎のところに紙タオルが取り付けてあったこと。アメリカでしか見ることできないでしょう。そして、狛犬を見た時も、うふふって笑っちゃいました。狛犬ちゃんがレイを首にかけてた(笑)さすがハワイの狛犬、かわい~~い。

以下、由緒書きから抜粋

御祭神 大國主大神  ハワイ産土神  
      (合祀)沖縄神社・波上宮・普天満宮の御分霊  
      恵美須神社(以前はアイエア地区に鎮座)
      ワイアナエ氏神(以前はワイアナエ地区に鎮座していた出雲大社の講社
      稲荷神社(以前はケエアウモク地区とモイリイリ地区に鎮座)
      祖霊社

由緒 出雲大社(島根県出雲市鎮座)の分社。出雲大社ハワイ分院とも称す。1906年(明治39年)広島県の神職であった宮王勝良初代宮司によって日系移民への神道布教を目的とした出雲大社教会所が開設されたことに始まる。ハワイ準州政府より正式な法人許可を受けた後、出雲信仰の積極的な布教活動を展開。1922年(大正11年)には現在の大社造りの社殿が完成し、日本からも出雲大社教管長一行が来布して盛大な祝祭が執り行われた。日本文化の象徴的存在として発展を見るも、1941年(昭和16年)の日米開戦により全活動の停止、財産の没収、神職の身柄拘束など甚大な被害を被った。戦後、収容所より帰布した宮王重丸二代宮司は仮社殿での神明奉仕の傍ら約10年間に及ぶ長い法廷闘争を続け、勝訴返還された社殿を現在地に移築修理、1969年(昭和44年)には竣工大祭を賑々しく奉仕し、ハワイの風土に溶け込んだ神社として教勢を復興させた。2006年(平成18年)には100周年記念大祭執り行い、2014年(平成26年)には鎮座108年を迎えた。

日本の神さまとハワイの神さまにしっかりお祈りしてきました(^o^)

さて帰ろう バス停は?と探すのですが、バス停見つからず、ウロウロ。 そこに警察官発見! 警察官ならわかるよね!? と思ったのですが、「実は、このエリアは私の担当じゃないから私もよくわからないのよ・・・う~ん、バス停どこかしらね?」と仰る。「え~~担当エリアだからここで働いてるなじゃないの~?」って感じですが。「じゃ~○○通りと○○通りの交差点はどこかわかりますか?」と聞くが(そこらへんで私はバスを降りたから)それもわからない。う~~ん、と二人うなりながら、最後は「頑張って探してね~見つかること祈ってるわ~」とか言われちゃってさよ~なら~って。まあいいっかぁ~そのうち辿りつくだろう~と、お気楽な私♪ どこ歩いているのかさっぱりわからなくて彷徨うのもいいですよね♪

と まあ こんな感じで到着当日の午後は、観光地から遠く離れてテクテク歩き、道端の花を見たり 草を見たり 木を見たりしながらハワイの植物にありがとうをいっぱい伝るお祈りをしながら素敵な時間を過ごしました♪



027_20140703160547d18.jpg

ペーパータオルのある手水舎
028_20140703160623392.jpg

029_20140703161327249.jpg


夕方6時半頃、ホテルに辿りつきチェックイン。しかし・・・誰もお部屋にいない(・_・)みんなどこに行ったのか? きっと夜中にならないと帰って来ないのよね? ということで、今度は、ビーチに行ってみよ~~♪ってことに。ビーチの側でハワイアンの歌とダンスをやっている人たちがいたので、座り込んで見ることに。お~~やっぱいいな~現地の方々の歌と踊りに癒されるぅ~。素敵 素敵! ゆったりとした歌声にゆったりとした踊りでこちらもホンワカなる( ^^) ハワイアンに癒された後は、ビーチへ。たまたま出逢った日本人のおばさまとちょっとお喋り。その後も現地の人たちとお喋り。こうやって旅人や現地の人たちと話すのが楽しいのよね~♪水辺でもしっかりお祈りしました。

049_201407031607412e6.jpg

047_20140703161237d0e.jpg


Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in  ハワイ  その6 

Posted on  2014/07/05 Sat. 13:15   
前回ハワイを訪れた時は、3部屋ついていたコンドミニアムタイプのとっても広いお部屋を借りて、みんな同じお部屋だったのですが、今回は、2人ずつのお部屋を兄が手配してくれました。兄と母、元旦那様と一番下の娘、私と真ん中の娘で、一部屋ずつ。花嫁花婿は、もっと素敵なホテルで、ビーチの目の前。お金のない私たちはビーチも見えないしビーチから歩いて5分というお安いホテルでした~(#^.^#)

ハワイ到着当日は、半日しかなかったのですが、それでも夜までウロウロそれぞれ思う存分楽しんだ一日となりました。どっと疲れた状態だったので枕に頭がついた途端パタンと寝てしまいました。

そして真夜中のこと・・・

突然 物凄い音が部屋中に鳴り響き飛び起きることに(*_*) 『なんだ なんだ!?』 いったい自分の身に何が起こっているのか全くわからずキョトン(・_・)隣に寝ていた娘も飛び起きてキョトン(・_・)目覚ましにしては、音が大きすぎるが、とっさに目覚ましのアラームのスイッチを切ろうとしてバンバンたたくが・・・あれ? そういえばアラームはセットしてなかったなぁ~と(・_・) いったいなんなんだ~!? もしかして、火災報知機が鳴ってる??? と真っ暗なお部屋で火災報知機を探す。これだ! これだ! うるさ~~~~い! なんで鳴るんだ~~~! 止まれ~~~! と言いながら、二人で爆笑。また、ママなんかやったの!? と言う娘(笑) その時ふと冷静に夢を思いだしていたのですが、その瞬間、ヤバい!自分で鳴らしたかもしれない・・・そういえば・・・夢の中で、神事をやってて、エネルギーを集中させて 気合い入れて、えぃ!!ってやった まさにその瞬間に、火災報知機が鳴ったことを思い出したのです。夢と現実が重なり現象を起こしていることに愕然。そんなことを思いだしながら、フロント フロント・・・とにかくフロントに電話しよう。めちゃくちゃうるさくて耳がおかしくなりそうな音量で鳴り続ける中、受話器を取りフロントに電話。繋がった途端 『何が起こったんです!? タバコ吸ったのですか?』 『いや 寝ていたら突然火災報知系が鳴り始めたのです。何もしてません。タバコも吸ってませんが・・・』 『今すぐ行きます』 と。どの部屋で火災報知機が鳴っているのかを向うは既に把握していました。

警備員到着。パスポート提示を求められ、いろいろな質問を受けながら状況説明をしましたが、夢の話はしませんでした(笑)タバコも吸っていないし、火も使ってないし、何か特別に変なことをやったわけではない?ということはわかってもらえました。警備員も音を止めることができず、修理人がかけつけることになり、しばらくそのまま待つしかない状態。あまりにうるさいので、廊下に出て待ちましょうか?と警備員に言われ、廊下で待つことになったのですが、他の宿泊客も、びっくりして何事? 非難しなくちゃいけないの?と廊下に出てきてました。修理人が到着するまで30分ぐらいかかるのでということで、真夜中に警備員と世間話という流れに。私が日本出身だとわかり、福島原発のことや地震災害のこと、日本のあれこれお話ししました。うちの娘を見た警備員は、『彼女、日本人に全く見えないね~』 という話も。そうなんです。真ん中の娘は、完全にパパ似で、生まれた時から金髪にちょっとグリーンというか青い目をしているし、肌も白人系、体感温度もあちらの方のようで、真冬でもタンクトップに短パンで過ごしている。見かけは、丸で西洋人。私とは親子に見られたことがないのです。ホームステーに来てるの?ってよく言われます(笑)3人とも違う色の目や髪やお顔をしているのですが、一番上の娘が私に似てるって言われます。

あっ 修理人到着 到着。一応、音は止めて応急処置はしてくれましたが、原因はわからないです・・・と言い残し次の日にきちんと修理し直すということで帰られました。とんだハップニング終了でホッです。まっ でも、現地の警備員と世間話できたし楽しい?時間を過ごせたのでよかったです♪

『こんなことよく起こるのですか?』と警備員に聞いたのですが、『いや 全然起こりませんよ。珍しいことです』と言われてしまいました。

今ふと思いだしました。私が初めて霊能者に出逢ったのは今から十数年前。米国在住のイギリス人だったのですが、イギリスの意識工学および超常現象の科学的解明、研究機関の先駆者で、サイコメトリー・チャネリング・透視など様々な能力を用いて国内外で活躍しており、ユニバーサル・クライスト・チャーチ牧師・教育指導・理事、サイキック教育センター設立し、イギリス国際サイキックフォーラム共同創立という方。この方と一緒にお話ししたことがあるのですが、この方からいきなり 『あなた地球にいて違和感があるでしょう? その感覚信じていいのよ・・・。』 地球にいて違和感があることをわかってくれる方がいて心底ホッとしたのを覚えています。そして それに続く言葉は『あなた物質移動ができるでしょ!? 必要ないからやってないと思うけど・・・でも、見えないことを信じない人にはそういうことを見せることも必要になってくるかもしれないわネ(^^)・・・でも、どちらかと言うとあなた物音たてる方のが得意よね( ^^) あなたの周りで音がよくしない?』 って言ったのでした。そういえば、そんな感じで・・・その時、なぜ私の周りでよく音がするのかが判明したのです。ガビ~ン(*_*;自分のせいだったのか~~~それ以来、鳴らさないようにしてます(#^.^#)その後も(一般的には)ぶっ飛んだ話が続いたのですが、今となっては全て納得できることばかりです(笑)
音をたてるのは、私の特技?というか個性?と言った彼女、まっ そんな感じのようですが、意味なく音を鳴らすのにエネルギー使っても仕方ないしね~。もっといいことにエネルギー使いたいですよね。
今回の火災報知機事件、いったいなんだったのでしょうね?えぃ! っとやった瞬間に鳴ったのは単なる偶然?(#^.^#)

051_2014070410394653a.jpg
Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in  ハワイ  その7 

Posted on  2014/07/06 Sun. 10:59   
その7 に来てようやく結婚式の朝に辿りつきました。結婚式がメインなのに、結婚式の話はどこに行ったんだ!?って感じですよね。前置きが長い!って?(笑) ちょっと詳しく書き過ぎたかしら? 

当日の朝・・・集合時間は知っていたのですが、誰一人として集合場所を知らなくて皆爆笑。いったいどこに集まるの???皆キョトンという感じ(笑) 「シェラトンホテル」ということだけはわかっていたのですが、シェラトンと言ってもだだっ広い。シェラトンのいったいどこに集合なの? ホントにのん気な家族で、笑っちゃいました。誰も直前まで確かめようともしない。あわてて娘に連絡とり確認、ホッです(#^.^#)
そして、シェラトン到着~~(*^^)v さすが、リッチなホテルで、玄関には真っ白で大きなリムジンが停まっている。いったい誰がこんなのに乗るんだ?と思っていたら、向こうから花嫁花婿が。え~~~~うちの娘じゃないのぉ~~~! キャ~~~綺麗~~~素敵~~~!! 私、まだ娘のウエディングドレス姿見てなかったのです。日本で試着してウエディングドレスを決める時、ママ来る~~?って言われたから時間空けてたのですが、あちら様のお母様が、娘がドレスをいろいろ試着して選ぶのを見たくて見たて、もうワクワク状態♪でも私に遠慮してて、行きたいけどどうしよう?私が行ったらせっかくの親子で選ぶ楽しみを奪ってしまうのではないか?ととても心配されてたのです。でも、当の私も娘も全然気にしてなくてOK~~~って感じでしたのでよろしく~~~ってお願いしちゃいました(*^^)vお母様は、私よりはるかにファッショナブルでセンスいいし(しかも、めっちゃきれいでかわいい女性。とっても素敵なのです)ドレス選びをとっても楽しみにしてくれてたし、何よりも、娘を我が子のように大切にしてくださってるから、こんな嬉しいことないですよね! ということで、ここは彼女にお任せすることになったのです。

あっ さっき見たリムジンは娘たちのために用意されたものでした(#^.^#)へ~~~リムジンに乗るなんて知らなかったわ~~って感じ。 写真撮影とかでそのままリムジンに乗ってどっかに行っちゃいました。偶然にもグッドタイミングで出くわし、お見送りができてよかったです(^^)/~~~数分ずれたら、お見送りできなかったから。

053_20140706114821707.jpg

皆 幸せな光に包まれたまま集合場所のリリーポンドで待つことに。

076_2014070612005621a.jpg

私、こ~~んな感じ(#^.^#)
078_20140706120145ed1.jpg

初対面の人から 『あっ 普通の人間だったのですね!? あはは~』 ってよく笑われるのです(笑) 山にガンガン登る修験者のイメージがあるせいか? 普通の人間と思われてないようで(・_・)『もっと背が高くてガッチリしてると思ってました。こんな細い身体で登ってたんですね?』と多くの人から言われます。身長 158センチ、体重 47キロ、実際は体力もないのですよ。体力ないから気力でカバーしてるの。
070.jpg


娘が3ヶ月の時
006_20140706120657b51.jpg

月日のたつのは本当早い! こんな小さな娘があっと言う間にお嫁にいくのですから。霊媒体質で、視えないものが視えすぎる故の苦しみをたくさん経験してきた子です。子育てを通したくさんのことを私も学ばせてもらったし、たくさんの幸せをもらいました。小さい頃から 『ママってママじゃないよね。ママって感じたことないもん・・・』 『うん、よくわかってるね( ^^) 一応この世界ではママっていう役割をやってるけどネ。』と言ってました(笑)彼女は魂でわかってましたね。幸せをいっぱいくれた娘に心から感謝しています。
Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in ハワイ  その8 

Posted on  2014/07/07 Mon. 09:29   
集合場所であるリリーポンドの前で待っていたら、娘婿の御家族がいらっしゃいました。御両親にはもちろんお会いしたことあったのですが、他の親戚の方々は初対面。このお父様の笑顔なのですが、最高なのです! とにかくいつもニコニコしてて( ^^) 心の純粋さが笑顔に現れている。とにかく素晴らしい笑顔。たぶん、誰が見てもその笑顔に癒されこちらも自然に笑顔になる。こうしていつも笑顔で生きると幸せだよ!って自分の姿を見せながら教えて下さってる素晴らしいい方です。彼は怒ったことあるんだろうか?と思ったのですが、息子ちゃん曰く、『怒った姿は見たことない。いつも笑ってる。』と。だから、その息子ちゃんもいつも笑顔でニコニコなんです。ホントに素敵な親子に囲まれうちの娘は幸せ者です。
そして、牧師様が登場。これまたとびっきりの笑顔で。なんていい笑顔なんだろう!作った笑顔でなく心から溢れる笑顔。素敵だな~~~~と、感動の連続。人をこれほどまで幸せエネルギーに包める笑顔ってやっぱりいいですね~。いつもハッピーを周りに振りまくことができるように心からの笑顔が溢れる生き方をしたいって思いました(#^.^#)

その後、チャペルに移動。

娘さんのお父様とお母様にはちょっと説明がありますのでということで、先に控室へ。父親は娘の手をとり新郎のところまで連れていく流れ、母親の私は、娘が入ってきたらヴェールを降ろしてあげるという御役目を説明してくれました。でも、説明されている時、既に私は感無量になってしまい涙ウルウル、泣きそうになってしまい('_')こらえるのに必死。本人たちはまだいないのに、練習しただけで泣けてしまう。心落ち着いたところで、チャペルに案内されたのですが、扉が開かれたところで仰天。わ~~~~~素敵~~~~~! なんと素晴らしい景色! あまりの素晴らしい景色に感動して、またウルウル。

チャペルからの景色です 
084.jpg


086_20140707093455881.jpg

控室で娘のヴェールを降ろしながら 『おめでとう。幸せにね( ^^) 』と声をかけました。両家が先に部屋に入り、新郎新婦が入場するのを待つ。

用意されたプログラムにはこう記されてました。
本日は誠におめでとうございます。結婚式、それはおふたりにとっても、おふたりを見守るご両親、ご家族、ご友人にとっても大切な時間。「贈り物」と名付けられた、このザ・マカナチャペルは、その時をやさしさに包まれながら過ごして頂きたいと考え誕生した特別な空間です。
シェルをあしらったシャンデリアはやわらかな輝きでチャペルを包込み、バージンロードを囲むように配されたラウンドソファーとあいまって、ハワイの自然の恵みとゲストの笑顔に包まれる最上のセレモニーを演出します。海の上へとせり出すオープンテラスでは、笑顔にあふれた幸せなアフターヌーンセレモニーのひとときを。まるで海と空の中に浮かんでいるかのような絶景の中で、ワイキキの自然をご体感頂けます。今日の良き日がおふたりとゲストの皆様にとって想い出に残る素敵な1ページとなるますように・・・

PROCESSIONAL(新郎新婦入場)

EXCHANGE OF VOWS(誓いの言葉)

EXCHANGE OF RINGS(指輪の交換)

SINGING OF THE MARRIAGE CERTIFICATE(署名)

THE KISS(誓いのキス)

RESESSIONAL(新郎新婦退場)

このような流れで式が行われました。生の演奏と生の歌声、素晴らしい自然と幸せな光に包まれた素敵な時間でした。

094.jpg


099_20140707141014d84.jpg


102_20140707141102a22.jpg


113_201407071411449cb.jpg


127.jpg
Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in  ハワイ  その9 

Posted on  2014/07/08 Tue. 15:25   
素晴らしい時をチャペルで過ごした後は、皆で語らいお食事できるお部屋に移動。
welcomeドリンクをいただきながら新郎新婦を待つ。そして、彼らが到着したところで、ケーキも登場。あ~~そういえば、結婚式には結婚式後初めての共同作業を象徴する演出、ケーキ入刀イベントがあったのよね?すっかり忘れてたわって感じ(*^_^*)ニコニコの二人を見て、うふふ素敵! って思いながらこちらも嬉しくなる(*^_^*)
そして、ケーキ入刀~~~♪(^o^)/♪ 周りの視線がケーキと二人に集中する。おめでとう~~~パチパチパチパチ~~♪二人の幸せのお裾分けは、後ほどデザートとしていただきました♪

137_20140708111318a80.jpg

138.jpg

139.jpg


ケーキ入刀で盛り上がった後は
新郎新婦から両家ご両親にプレゼントがあります・・・と。 『えっ!? そんなのあるの?(・_・)』
全く予期してなかったので、もうそれだけで、なんかワクワク気分♪
小声で花嫁が『準備いい?』と言い、真ん中の娘が、横で動画を撮るスタンバイをしてました。『へ~~こんな場面を撮影するんだ~』と思いながら横目で眺める私。
花嫁花婿の前に4人が立ったところで、小さな小さな紙袋を両家に渡されました。『なんだ、これ?』あまりに小さな紙袋だったので、こんな小さな紙袋の中にいったい何が入っているのかしら???全くわからない4人。
中から何か布みたいなのが出てきたのですが、折りたたまれていたのでそれが何なのか最初はわからず、皆???(・_・)『なんだ これ?』

4人が同時に全部広げたところで、皆絶叫~~~~~~(*_*)

きゃ~~~~~~~~!!

もしかして~~~~~!?

あかちゃ~~~~~ん!?

えっ! ホントに!? ホントに!?

マジで~~~~!?

おめでとぉ~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!

もうみんなでキャ~~~~キャ~~~~大騒ぎ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

あまりに嬉しくて感動して、4人とも涙ポロポロ。溢れる涙を止めることができませんでした。

袋から出て来たのは、おもちゃサイズの青と赤の赤ちゃんの服と超音波検診の画像コピーだったのです。

予定日は12月だそうです。

なんという素晴らしいサプライズプレゼントでしょう。これほどのプレゼントはありません。

142_20140708111555b12.jpg

幸せな二人を囲み、両家皆が光の中に溶け合いながら幸せなひと時を過ごしました☆☆☆

Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in  ハワイ  その10 

Posted on  2014/07/09 Wed. 19:10   
素敵な結婚式が終わり、その日の夕方、皆どうやって過ごすのかしら?と思っていたら、娘たちはやはりあちこちウロウロしたいようでショッピング~~~♪ 母と兄は、既に日本でサンセットクルーズに申し込んでたそうで・・・ん? またしても、私は一人取り残された?(笑)私の性格をよ~~く知ってる母と兄なので、「どうせみゆきはひとりでどこかにガンガンいってしまうに違いない」と思ったみたいで、私はカウントされてませんでした。じゃ~ひとりでこどこかに祈りに行こうかなって思ってたら、『一緒にサンセットクルーズ行こうよ~~(*^_^*)』と誘ってくるではないですか。せっかくのお誘いだしなあ~と思った時、「これだ! 今度は海側から祈ろう!」と閃き(何をやってても祈りの私は、サンセットクルーズも祈りです) 『うん、行く 行く!(*^_^*)』 となり、申し込むことに。直前申し込みだったのですが、席空いてました~~(*^^)v 飛び入り参加滑り込みセーフでした。ということで、めでたくサンセットクルーズへお出かけ♪ 

ハワイに行ってどうしてもやりたかったことのひとつに、「たくさんの命を失った真珠湾で祈ること」というのがあったのです。戦争で命を失われた御霊たちに対して、怪我をされた方々に対して、ご家族に対して、ハワイの神々やハワイを大切に護ってきた全ての人々に対して祈りを捧げたかった。日本人として謝罪したかったし、彼らの死を絶対に無駄にすることなく平和な世を創って行くこと誓いたかった。真珠湾に行く時間なかったので、出雲大社でも、水辺でも、ホテルでも、歩きながらも、シャワーを浴びながらも、想いが届きますよう~に!と、何度も何度も真珠湾に向けて祈ってました。だから、私にとって、サンセットクルーズは、お食事やハワイアンダンスや歌やサンセットを楽しむというより、ただ ただ、祈り続けるクルーズでした。もちろん、ダンスも歌もサンセットも家族やお隣に座った方との会話も楽しみましたが。

窓越しに見える景色があまりに美し過ぎて、「この地球はなんて美しいのだろう・・・」と涙が溢れてきてしまい、こらえるのに必死。神々から何度も言われてる「日本を護れ! 地球を護れ!」という想いが魂に響き、この美しい地球を護りたいって心底思いました。私が、ハワイに行って一番強く感じることは、「平和の大切さ」。1941年の真珠湾攻撃、そして日本は世界三分の一の地域へと及ぶ戦争を開始し、何百万という軍人および民間人に影響を及ぼしました。ハワイを訪れることは、私にとって、楽しいな~ショッピング~と浮かれている地ではないのです。今回、娘がハワイを選んだことも偶然ではないのでしょう。地球の歴史に向きあうことで、日本や地球を護る!という意識をさらに強めるために、その機会を与えられたとありがたく受け止めています。

集団的自衛権を閣議決定されましたが、憲法を破壊したかのようです。昭和天皇は、戦争で亡くなった全ての御霊の声をお聞きになり、その御霊たちの死を無駄にすることなく、彼らが最も安らぐことができるようにと不戦の誓いをし、二度とこのようなことが起こらないで欲しいという願いを込めて、その誓いを形として現わしたのが憲法第九条です。「戦争に殉死して逝く勇士たちがなんと言って息絶えて逝ったのかを知るがよい!」との神の御詞を受け止めになられ、形となったのです。憲法第九条は、戦争で亡くなった全ての方々の御霊そのものです。私たちは、戦地から、人々から、日本・地球の動きから・・・いろいろな方面から学び、平和について考えていかなければならないと思います。私も、学び続け、自分に何ができるのかを考え行動に移していきたいと思います。

172.jpg

190_20140709101548614.jpg


Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in ハワイ  その11 

Posted on  2014/07/10 Thu. 17:07   
次の日は皆自由時間。私だけ朝5時、ホテルを出発、空港へ。娘たちと元旦那様は、好きなところにあちこちウロウロすることに、母と兄は一日ツアーに申し込んでいたようです。時間がたっぷりあるのなら、レンタカーでも借りて自由気ままに動き回りたいところですが、海外は、交通規則が違うし、運転するのがこわ~~~い(-_-;)って感じで運転する気になれないのです。それに、日帰りとなるとやはり余分な手間が省けるツア―のが断然お得だし楽。海外旅行でツアーには参加したことないのですが、今回はツアーということになりました。ホテルにもバスがお迎えに来てくれたし、ガイドさんが丁寧に説明してくれるし楽チン楽チン♪ でも、空港に着いて、ハワイ島に行くお客様はたくさんいるようなのですが、いったいどなたが、私と同じツアーに参加するのかが全くわからない?まっ いいっか~現地に着いたらわかるのかしらね?って感じで飛行機に搭乗。ここでも、飛行機乗り間違えないように確認 確認(笑)そういえば・・・なんで乗り間違えたのか? あの時は、係の方が誰も私のチケットをチェックしなかったのです。ギリギリの時間だったため(余裕を持ちすぎて随分前に到着していたためコーヒー飲んでゆっくりしてたら、時間忘れて大慌て)、係の方も慌てていて、チケットを機械に入れるという動作を省略してしまったのです。そして、階段降りて、そこでも案内されるまま目の前に居た飛行機に乗ってしまいました。で、偶然にも同じ席が空いていたのですよね~~。違う飛行機に搭乗しているわけですから、席が空いてなければ、その時点であれ?って気づくのでしょうが、偶然にもその席が空いていたのですよね~(ほぼ満席だったのに(-_-;)笑)違う飛行機に乗ってるのに気づき降ろしてくれたのですが(チェックをしなかったという向うのミスだと謝られて、降ろしてくれました。でも、確認をしなかった自分の責任だと思っています。)よかった~~~♪\(^o^)/と喜んだのもつかの間。バタバタしている間に、私の乗る飛行機は行っちゃいました~~あ~あ('_')  これがね、電車じゃないから待ち時間が長い! 確か次の飛行機まで5時間ぐらい待ったような。あはは~~だよね(*^_^*)後でチェックしたら、○○行きという案内が二つ同じところに書かれていて、搭乗口は同じ。あちら側とこちら側に飛行機が停まってたようなのです。

飛行機大好きな私、ハワイ島へのフライトにとってもワクワク♪ ところが、搭乗してたまたまお隣になった方にご挨拶したところから完全に二人の世界に突入。人種が違おうがなんだろうが、人見知りがを全くない私は、すぐにその場の状況とか人に馴染んでしまうのです(*^_^*)結局、離陸したのも着陸したのも知らず、気づいた時はハワイ島に着いてました(笑)あれ~~~?もう着いちゃったの?って感じ。いろいろ話している間に、悩み相談をされてカウンセリング状態。ハワイ島には着いちゃいましたが、その方がスッキリすることのが大事ですから、よかったです(^.^)

320.jpg


さて、ツアーガイドさんはどこだ どこだ?と探すが、見つからない。ちょっと不安になりつつある私ですが・・・何かすれ違いがあって出会えないとか? 急に催行されなくなったとか? そうなってしまったとしても、まあなんとかなります。というより、なんとかします!って感じ。ハワイ島に辿りついているのだから、なんとしてでも自力で行きたいところに辿りつくぐらいの逞しさは持ってます(笑)
想定外のことに遭遇しても、落ち込むことなくそこから這い上がり、自分で切り開く! 転んでも転んでも立ちあがり前に進むという諦めない精神。日本や地球を良き所にするのも同じですよね。絶対に諦めずにやり続ける。神々からも、そう言われているのでやり続けます。

あっ、ガイドさんには会えました。大きなバスにたくさんの人が乗ってのツアーだと思っていたのですが、参加者はたったの7名、ガイドは(機関車?)トーマスさん。覚えやすい名前です(笑)こんな車に乗り込みツアースタート。

301.jpg

ツアーに参加して初めて知ったことがいっぱいで。まず・・・どこの空港に着くのか?は知っていたのですが、その後、どういうルートでハワイ島をまわり最終的にどこの空港から飛び立つか?さえ知りませんでした(・_・)パンフレットもらって、初めて、ほ~~~西の空港に着陸して、東の空港から飛び立つのか~って(笑)他にも、申し込み時に、訪れる地にビックアイランドキャンディーっていうのがあったけど、いったいなんなんだ?地名か?それともキャンディーがいっぱい売ってるお店なのか?まぁ、キャンディーかなんかだろう?と予想してたので調べることも聞くこともなくハワイ島に来てしまってたのです。私には、キラウエア火山で祈ることが大事で、あとはどこを走ろうがどこでも祈るつもりでいたので、どこに行こうが全く構わなかったのです。

御存知のように、ハワイ島は、ほかの全てのハワイの島々を合わせた面積よりも大きいのですが、他の島々は何百年もかけて浸食されて、全く消えてしまったり、小さくなって鳥やアザラシたちの住みかになる砂州や小さなてっぺんが残るだけになっていたりする中、ハワイ島は、今も成長し続けてます。地球のダイナミックな活動は、地殻の下のマグマの動きによるところが大きいですが、これを端的に示しているひとつの例が、ハワイ諸島ですよね。マントルからマグマが噴き出す裂け目の部分をホットスポットと言いますが、海底火山が爆発し溶岩が固まって島ができ、その島が地球上で最大の太平洋プレートに乗っかって移動し、次々に島を造りました。こうしてできあがった島々がハワイ諸島。太平洋プレートは不動ではなく、ゆっくりと北西へ移動し続け、それぞれの島が形成されると、ホットスポットから移動し、また別の島がそれぞれの場所にできあがる。ハワイ島の南には、まだ頂上は海面下にあるけど、新しい火山が作られて、約1万年後には海面から顔を出すと予想されています。ハワイ島は約50万年前に誕生した島です。地球は、生きているといいますが、地殻の下まで意識を広げ、生きている姿を身近に感じられるところがハワイ諸島だと思います。感じられるからこそ、この地球を大切にしたいという想いも強くなります。

020_201407101650401f1.jpg
Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in ハワイ  その12 

Posted on  2014/07/12 Sat. 13:51   
ハワイ島で私が参加したツアーは「日帰りキラウエア火山と溶岩ウォークツアー」。
「最初の訪問先は、コーヒー専門店です」・・・と機関車トーマスさん(*^_^*)が仰る。へ~~知らなかった~~コーヒ屋さんにも行くんだね?そういえば、ハワイ島は、コーヒー豆いっぱい作ってるのよね。いろいろなコーヒーの試飲だけで満足してしまった私、お土産買わなくてごめんなさいでした。コーヒーも大好きなのですが、お外に咲いてるお花や草や木に心惹かれ、植物と時間を過ごしてしまいました。でも、コーヒーについても少しだけ学んできました。コーヒーにとっては溶岩が一番いいそうなのですが、ハワイ島は溶岩でできた島なので、とてもコーヒー栽培に適した地だそうです。ハワイ島のコーヒー畑は斜面にあるので機械が使えなくて全て手作業で行われるそうです。コーヒーの収穫は7月に始まり10月と11月の間を最も忙しい時期とし2月または3月まで続くそうです。コーヒー農家の人たちは、100ポンド(約45キロg)入る麻袋にチェリーを詰め込むそうなのですが、初心者の人は1日に1袋が限界、ベテランになると5袋ぐらい詰め込むことができるそうです。1日4000円ぐらい稼げるけど、来る?って言われましたが、う~~ん、もっと若くて自由な身だったらしばらく働いてもいいけど、今はやめとく(・_・)って感じですね。で、豆の続き・・・チェリーは皮と果肉を取り除き、一晩水に浸し発酵させる水作業の工場に移されるそうです。発酵された豆は次の日に完全に洗い流されます。そして、乾燥甲板に広げられ太陽の下で乾燥されます。その後も、表皮を取り除いたり、等級に分けたりと色々な作業があるみたいです。あっ、コーヒー豆は、標高300~700メートルの地で育てられるそうです。700メートル以上は寒すぎ、300メートル以下は暑すぎでダメだそうです。どんな物もそうですが、手間暇かけて自分の手元に来るのよね~コーヒーの木の豆たちを眺めながらしみじみ。

217_20140711114204c48.jpg

216_20140711114259e40.jpg

215.jpg

次に行った地は、黒砂海岸。黒い溶岩が砕けて細かくなり、黒砂になりビーチとなっています。こんな黒砂ビーチは初めて。海亀さんが見られる有名な所だったみたいですが、一匹も見ることが出来なくてツアー客はがっかり。私は、ラッキーなことにオアフ島で何匹も姿を見せてもらってたのですが、何度も何度も亀さん水面に上がってくるのですが、すぐにまた水の中にもぐってしまうので写真は上手く撮れませんでした。ほぼ100%見ることができると断言した機関車トーマスさん、あれ???いない いないと探しまわってました(笑)

ビーチの砂はこんな感じです。きれいに細かくなった溶岩を見ながら、自然の力・素晴らしさを感じますね
222_20140711120358339.jpg

219.jpg

その後・・・
バスに乗りゆられてちょっとウトウト。機関車トーマスさんの声が子守唄に(笑)

しばらくして、頭痛で目覚めた。いたたた~~~~なんなんだ~!? 頭が痛い~~ここはどこだ?と思ったら、キラウエア火山に来てました(・_・)エネルギー強すぎるのでしょうね? キラウエア火山にいる間はずっと痛かったです。 ホットスポットの真上にあるハワイ島の中でもキラウエア火山は、その中心。現在活発な火山活動をしていますので、近づけば身体にも大きく影響するのでしょう。

ところで「活火山とは?」ですが・・・
今後噴火する可能性のある火山という意味で使われ,現在は「休火山」や「死火山」という言葉は使われていません。
日本では、歴史時代(約2000年)に噴火したことのある火山を「活火山」と呼ぶという方式を長くとってきたようなのですが、火山の寿命は長く、数千年の休止期間をおいてから噴火する火山も多く、この定義に対しては改善する必要があると考えられてきたそうです。火山噴火予知連絡会は、平成15年1月21日に、これまでの「過去およそ2000年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動がある火山」としてきた活火山の定義を、国際的な標準に合わせ、「過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動がある火山」というように見直し、108の活火山を選定しました(それまでは86火山)。キラウエア火山は、活動度 レベルA。日本でレベルAは、13火山あるようです。(十勝岳,樽前山,有珠山,北海道駒ケ岳,浅間山,伊豆大島,三宅島,伊豆鳥島,阿蘇山,雲仙岳,桜島,薩摩硫黄島,諏訪之瀬島)

熱い溶岩は地下水を温め、それが水蒸気となり地表へと立ち昇りますが、その様子もあちこちで見ることができます。
285.jpg


亜熱帯のジャングルのような所も歩きます
264.jpg


1959年、キラウエア・イキが噴火した時に形成されたラバ・チューブ(溶岩トンネル)。彷徨う御霊さんたちが集まってました(・_・)
272.jpg

溶岩ウォークツアーですからこいう所を歩くんです
240.jpg

温度や成分によってマグマの粘り気は違いますが、玄武岩をつくるマグマのように粘性が小さいと、火口からゆるやかに流れたり噴泉のように吹き上げたりして出てきますが、キラウエア火山や三原山火山の噴火はその代表的なもので、粘性が小さいので、長く裾を引いた平らな山体を形成しています。
237_20140712111809dde.jpg

その後・・・
ビッグアイランドキャンディーに行きましたが、チョコレート&クッキーの工場でした~~(*^_^*)マシュマロ入りチョコを試食させてくれました。美味しかった~~♪ 試食だけで満足してしまった私♪ お外で鳩ぽっぽと遊んでました~(*^_^*)
お外に咲いているお花もこ~んなに綺麗
288.jpg

ハワイ島の全てに意識を拡げ、全てとひとつになり、祈りを捧げた素敵な一日を過ごせたことに感謝しています。帰りの飛行機の中でも、マウイ島、カホオラヴェ島、モロカイ島、ラナイ島、オアフ島と窓から見える島々に順番に意識を拡げ、空からも祈りました。(カウアイ島とニイハウ島は、通過しませんが、意識はハワイ諸島全部に)

ハワイ諸島の人々にとっての神というのは、先祖のスピリットと定義されるようで、中でも、最も偉大なスピリットは、一番遠い先祖たちで、全ての生き物に命を与え、全ての自然の力を動かし、人々に美徳、強さ、才能を与える究極の源と捉えているようです。厳格なタブー制度は、この根元の力の流れを護るため創られており法律や社会組織の基盤となっているみたいです。彼らの世界では、物も人も神も全てが自然であり、全体を構成する絶対に必要な一部であり、成功とは、その自然を敬いながら共に調和して暮らしていくことであると捉えています。信仰が生活のあらゆる面に深く浸透しているポリネシア、日本と似ています。
Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

結婚式&神事 in ハワイ  その13 

Posted on  2014/07/13 Sun. 15:15   
帰国の飛行機の中、8時間ずっと読書とビデオ鑑賞。

お土産として三冊だけ本を買ったのですが、オバマ大統領についての本の最後に、アロハの意味と精神が書かれていました。(オバマ大統領の本・ハワイの神さまについての本・日系二世の視点から見たアメリカ人の精神という本を購入)
アロハ州と呼ばれるハワイで、シンボルともいえる「アロハ」という言葉を何度も聞き、アロハで対応されましたが、
アロハの直訳としては、「生命の息」を意味し、生きていく過程、人生、お互いに愛と敬意の心を持つことを現す言葉だそうです。自分も愛し他も愛する。自他の愛と精神を理解し、愛のエネルギーのやり取りすること、そして調和も意味するそうです。前向きな生き方や精神を示し、それが周りに大きく広がって行くということがアロハの精神だそうです。

以下が、ハワイ出身のオバマ大統領の本「 A President from HAWAII 」に記されていたことです。(自分流ではありますが、横に日本語訳を載せておきます)

A  Akahai,  meaning kindness, to be expressed with tenderness, (アカハイ  親切  優しさの表現)

L  Lokahi,  meaning unity, to be expressed with harmony, (ロカヒ  一致  調和の表現)

O  Oluolu,  meaning agreeable, to be expressed with pleasantness, (オルオル  賛成  楽しさの表現)

H  Haahaa,  meaning humility, to be expressed with modesty, (ハアハア  謙遜  控えめさの表現)

A  Ahonui,  meaning patience, to be expressed with perseverance. (アホヌイ 我慢 忍耐の表現)

アロハは、お互いへの愛や配慮や思いやりの心が込められているとても温かい言霊。アロハの精神、素敵ですね(*^_^*)



もう一冊の本 「Japanese Eyes  American Heart 」という本に載っていたことにも、なるほど~と思ったことがあります。原文で読んでもらった方のがしっくりいくと思うので、英語で載せますね。

When I think of the strength and spirit of the Nisei's soul, I am reminded of a katana, a Japanese sword. The
Japanese sword is made through a special porocess of fusing metals. The center of the blade is made of malleable metal while the outer blade is made of steel. The two metals are pounded hundreds of times and fired thousands of times to create an extraordinarily strong blade. The cross-section of the Japanese sword revealing the fusion of
the two metals-one hard and strong and the other malleable and resilient-is like the strength and spirit of the Nisei. The character values that the Nisei learned from their parents, teachers, in Sunday schools and even in
Japanese language schools are the malleable part of the sword. Values such as gambari, to persevere against all
odd; on, a debt of gratitude in the deepest sense; okagesama de, acknowledgment and gratitude for the good that
one has benefited from as a result of others, were lessons that Japanese immigrant parents consciously instilled
in their American-born children. The part of the sword that is hard as steel are the lessons the Nisei learned in
their American schools
(一応、自己流ですが、訳も載せておきます。)
二世の強さと精神を考える時、日本刀を思い起こさせます。日本刀は、二つの金属と融合させる特別なプロセスを経てできます。刃の外側が硬い金属でできているのに対して、中央部は、打ち伸ばされやすい柔らかな金属でできています。二つの金属は、特別に強い刃をを創りあげるため、数百回たたかれ、数百回火にくべられます。二つの金属の融合を示す日本刀の断面はーーーひとつは硬く強い、そしてもうひとつは柔らかく弾力があるーーー二世の強さと精神のようです。二世が、両親、先生、日曜学校や日本語学校からでさえも学んだ国民性は、刃の柔らかで弾力がある部分です。全ての不平等に耐えるためのガンバリという特性、深い恩義や義理、他の人のお陰で得た恩恵への感謝や感謝の言葉は、日本人の移民の両親たちが意識してアメリカ生まれの子供たちに浸み込ませた教えでした。鋼のように硬い刃の部分は二世がアメリカの学校で学んだことです。


なるほどね~~日系二世は、日本刀のようだ・・・と。柔らかな部分と硬い部分を同時に持ち合わせた精神。私も以前、日本の国民性を現す「オキシモロン」について日記に記したことがあるのですが、それを思い出しました。ちょっとその時の日記も再掲しますね。

2009年7月30日  ≪オキシモロンの国   日本≫
外国人が「日本人はよくわからない」って言いますが、本当にこの日本 人の精神を理解するのは難しいみたいです。
私に御縁ある外国人は皆理解するのに苦労 していました。 日本はオキシモロンの国かな。
オキシモロンというのは、ギリシャ語から来た修辞学用語ですが、たと えば「ゆっくり急げ」とか「大きな小犬」とか「欠点のないのが欠点」 とか・・・パッと見たとき「ありえな〜い」っていうような 反対概念 の共存を示します。
「菊」というのは日本人にとって特別なお花でしょうが、同時に戦時中の外国人にとっては敵意と 嫌悪の対象だった日本の皇室のシンボでもあります。刀も殺人の道具であり、同時 に美術品です。こういう感じのオキシモロンが一つに重なって日本という国を作り日本人の精神を作っているような気がします。 あちらの方、Yes Noがはっきりしていて あいまいさがないような気が します。仏教でもキリスト教でも神道でもなんでも受け入れる、このオ キシモロン的な精神性を持っている日本人だからこそ 人に寛大で相手 の立場にたって物事みることができる。 実際外国人と生活してみるとよ〜くわかります。いかに日本人と違うか ってことが。このオキシモロン的な感覚が彼らにはないような。どちら がいいとか悪いということではないんです。ただ 違う! って感じざ るをえない。自分はどちらも好きです。違ってるからお互い学びあ える。でも、このオキシモロン的な精神性を持ってる日本人がだ〜〜〜〜い好きです。これって神道の世界ですよね。 自然の中に深く神性をみようとする宇宙的な捉え方。 国際フォーラムでダライ・ラマも仰ってました。 「神道は日本人の一部であり自分の中に存在しているものであり 日本人の遺産である」って。 神道は自然に対する畏敬の念や尊敬の念を呼び起こし、私たちがその一 部であることを思い出させてくれ、自然の搾取者であってはならないという感覚を湧きあがらせる宇宙的な次元のものですよね。 この神道的考え オキシモロン的感覚に世の人がなったとき世界はもっと平和になるでしょう。
日本人として生まれ 日本にいるからにはみなこの精神性を世に広げ世界平和に繋げる役割があると思います。
日本人として生れてよかったわ。民族性の違いを考えると・・・日本の縄文時代の墳墓の方位は太陽光線のもっとも衰えた時期に射し昇る朝日の方角に向けられていて 魂の再生や復活を願う信仰の現れだと言ってる人もいます。自然界の蘇りと魂の蘇りがひとつの連続した事象であることを示しているのかも。他にも自然界の生命の根源的な形態である渦巻きは再生する魂の象徴で、太陽も海も川も魂も渦巻きのパタ ーンを持っています。こ〜いった魂の再生や自然崇拝を基層信仰に持つ民族は全ては「元ひとつ」というのを知っていて、だからこそオキシモロン的な考え方ができるのではないでしょうか。 キリスト教では魂の再生 自然崇拝という信仰ではないですよね。だからなんでも切り離して考えるという精神性を持っているのかも。 う〜〜〜ん、日本人って素晴らしい!全ては元ひとつ。肉体がはずれれば誰だって全ての存在が繋がっていることを知っている。地球の人が、早くこれに気づき、争いのない、愛溢れる地球になることを願っています。(終了)

国が違えば国民性も違う。他の民族や文化に接し学ぶことは我が国・国民を見つめることでもあります。お互いの良きところを学び合い、それぞれの持ち味を活かし、尊重し合い、みんなで良き地球にしていくことができたらと思います。

ハワイ編を書いている間に、たくさんの方々から娘へのお祝メッセージをいただきました。ありがとうございました! その1~その13まで続いたハワイ編は、これで終了です。アロハ~~の精神で、これからも縁ある方々と共に人生楽しみながら精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくお願い致します

296.jpg


163_20140713150244b81.jpg
Check

カテゴリ: 結婚式&神事 in ハワイ

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん