マイル換算率

むすひ

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

うちのピーちゃん 

Posted on  2012/06/08 Fri. 23:30   
娘が学校帰りにツバメのヒナを拾ってきました(・_・)
高い所に作った巣から落っこちたようで・・・
親元に返したいと思ったのですが、一度人間の匂いがついてしまったヒナを戻しても、親は面倒をみないとか、巣から落っことすとか聞いたことがあったので「う~~ん、どうしたらいいんだろう?」って。
とりあえずしばらく保護することにして、次の日ペットショップで鳥のえさ(いもむし)を買ってきました。
いもむしを見せると口を大きく開けピーピー鳴くのがなんともかわいい。まだ飛ぶこともできなくて、ピーチクパーチク鳴いてえさをねだり、お腹がいっぱいになると目を閉じてお昼寝するの繰り返し。このままだと、人間に慣れ過ぎて南に飛んで行けなくなるな~と心配。仲間もいないし。
外の空気に触れさせ飛ぶ練習を少しづつさせていたのですが、数日前から外の塀の上にワラを敷いてそこにで自由にさせておくことにしました。
まだあまり飛べないピーちゃんは、塀の上でピーピー鳴いていました。すると、どこからともなくツバメが飛んできてピーちゃんの近くを低空飛行。何度も何度もピーちゃんスレスレのところを飛んで行く。
しばらくしたら行っちゃったのですが、次に現れた時は2羽。その次に現れた時は3羽、次は4羽、今日は5羽来て、低空飛行ピーちゃんの側を行ったりきたり。時には真横にずっとい居続け、空中で羽をパタパタさせながら「こうやって飛ぶんだよ。おいで」って誘っているようでびっくり。
何度も何度も、5羽のツバメが遊びにきました。ピーちゃん、最初は仲間の飛ぶ姿を見ていただけなのですが、
何度も見るうちピーちゃんが飛び立ったのです(*_*)
最初は少ししか飛べなかったけど、どんどん、遠くまで飛べるようになりました。
「ピーちゃん、凄い!凄い!」って、感動。
しばらくすると遠く行きすぎて姿が全く見えなくなってしまいました。お仲間と飛んで行ってしまったピーちゃんにホッとするやら、寂しいやら。
「あ~あ、行っちゃった」って。
ところが、1時間後帰ってきたのです。
「あれ~~~~~ピーちゃん帰ってきたの~~~~!?」
今日は、これを何度も繰り返していました。仲間が迎えにきて一緒に飛んでいっては、また1時間後ぐらいに帰宅。また1時間ほど遊びに行って帰宅。帰ってくると窓をツンツンって口ばしでたたき「帰ってきたよ~~~~」ってピーピー鳴いて合図するんです。窓が開いていると勝手に入ってきます。まるでうちの子供みたいです(笑)
今日はお買い物から帰ってきて車から降りると、遠くから私の方に向かって飛んできて頭の上に(^^)
ちょこんと座ったの。かわいいわ~~~~(^^)
かわいいピーちゃんいつかは南の国に旅立つ日が来るのですが、行っちゃったらきっと寂しいですよね~~
しかし、ツバメのセンサーって凄いですね~。ひとりぼっちのピーちゃんを見つけるなんて。親子でもないのに お迎えに来てくれて仲間に入れてくれてホントに感謝 感謝です。
ピーちゃん 良かったね~~~って感じ(^^)
人間もツバメのように み~んな仲良くしたいですね(^^)



庭のバラのお花の前で。
015_20120608233930.jpg

あじさいも今とってもきれいです
019_20120608234054.jpg


ピンク色のあじさいの前でもパチリ
025_20120608234247.jpg


027_20120608234437.jpg

Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

コケのように 

Posted on  2012/06/12 Tue. 13:10   
娘が帰宅して話をした後の私のコメントです。
「コケみたいに生きるといいよ」「え? コケみたいに???」「そう、コケみたいに生きたらなんにも気にならない・・・」

植物が乾燥に対応するやり方は大きく二つに別けられます。ひとつは、積極的な「適応」(これは回避も含みます)それと、もうひとつは「受容」です。葉の表面に厚いクチクラ層が発達した照葉樹、葉を落として蒸散量を抑えて生きる落葉樹。植物体は枯れてしまい種子の形で生き残る一年草、葉っぱがトゲに変形して蒸散を抑え貯蔵組織を発達させているサボテン類、夜中に葉っぱの気孔を開き呼吸に伴う水分消失を最小限に抑えるCAM植物。組織が複雑に分化している高等植物は、適応能力が発達しています。
それに対して、コケ植物のような下等植物は表面には水分の蒸散を防ぐクチクラ層も発達してないし、深い土の中から水分を吸い上げる根もないし、貯蔵組織もない。何もないコケのような下等植物は空気が乾燥すると水分が急速に蒸発して失われますが、全ての生命活動を一時的に停止して休眠することで乾燥に耐え抜くのです。コケが選択した生き方は、周囲の状況をあるがままに受け入れるという「受容」のスタイル。これを専門用語では「変水性」と呼び、この性質故、他の植物が定着できないような高山や極地など非常に気温の低い場所でも逞しく生きていけるようなのです。
コケみたいに、周囲の状況をあるがまま受け入れる・・・人間はこれができないから苦しむのですよね。
周りの人が言ったことにいちいち反応しこだわるし、いろいろなことに執着するから心が苦しい。
私はコケが大好きで、どこに行ってもコケ鑑賞しているのですが、コケを見るたびに、コケって素敵だな~~~って思うんです。単純なのですが、周りのあるがままをいつも受け入れて素直に生きている姿に感動するのです。コケ植物は陸上植物の中では最も下等(起源が古い)なので、学ぶこと多いです。



コケの上のピーちゃん。今日も仲間がお迎えに来てくれて遊んでいたようで・・・帰宅した時、5羽程がピュンピュン飛んでいました。遠くを飛んでいるとどれがピーちゃんなのかわからなかったのですが、大きな声で「ピ~~~~~~ちゃ~~~~~~~~ん!」って叫んだら、一羽こちら目指して飛んできて私の頭にちょこんと着地。かわいいわ~~~

006_20120613003013.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

最近のいろいろ 

Posted on  2012/09/20 Thu. 10:39   
久しぶりの日記になってしまいました。日曜日(16日)から、また活動再開で、あちこち行ってました。「体を休めよ!」とのことで、ストップがかかり活動完全ストップになってしまったのですが、そう休んでばかりいられません。

今回の祈りの旅の報告を・・・と思いますが、それ以前に行った地の報告もまだできてないし、神事以外のことなど書いてなかったので、今日はちょっといろいろ書いてみます。


☆東北の旅から帰ってきて、数日後、神奈川県と静岡県に日帰りで行ってました。朝3時半頃、静岡県で関東の友と合流。
三島大社⇒天城山⇒葛城山⇒駒ケ岳⇒神山というコース。
天城山は眺めはよくないのですが、湿度が高く、苔がいっぱい。苔好きの私にとっては最高でしたね\(^o^)/苔を眺めているだけで幸せいっぱいでした。だいたい往復4時間のコースです。
朝3時半のスタートではあったのですが、最後の山を(神山)下山するのに、完全にロープウェイ間に合わないことわかっていましたが、それでも強行突破。ギリギリ明るいうちに下山できるのでは・・・ということで、登ることに。下山時に薄暗くなり始めてはいたのですが、ギリギリセーフでした。でも、車道に出てからが長かった(*_*)道を間違えて(どう見ても駐車場はそちらの方角に見えたので、そちらに向かったのですが、かなり遠回りのルートでして)結局、歩くこと、また1時間。日は沈み、周りは真っ暗、雨も降りだす。朝から歩きっぱなしの1日で駐車場に着いた時は、ちょっとぐったり(-_-;)帰宅途中、疲れきってサービスエリアでバタって感じで、帰宅は午前3時でした。疲れた~~~~~~(・_・)でも、あちこちエネルギーを繋ぐお祈りできてよかったです。

020_20120920104603.jpg


☆つばめのピーちゃん、仲間と飛び立って行きました~(^^)飛び立つ前に、プロのカメラマンが家に撮影にいらっしゃったのですが、記念に!と写真をプレゼントして下さいました。ホンワカした柔らか~~~なエネルギーのとっても素敵なカメラマンさんがピーちゃんを撮ってくださいました。

041_20120920104354.jpg

☆次から次にいただく御縁で、山の活動の合い間でたくさんの方々に会っています。民族歴史研究会の会長・文化財保護審議会会長・警察官・植物を育てている会社の社長さんとか・・・とにかくいろいろな分野の方々。
どの方もとっても素敵な方。世の中には素敵な方がいっぱいいますネ(^^)


植物を育てている社長さまから「ハートツリー」のプレゼント。赤いハートの実がなってるんですよ。
愛を届けたい時のプレゼントには、とってもいいですよね。
この「ハートツリー」を通して、温かい心を届け、日本中を愛で満たしたい!という、とっても温かくきれいな御心を持った方が社長さまです。東北の震災の復興支援などもなされている方です。
031_20120920105541.jpg

気温が下がるとより赤みを増して鮮やかなハートになるそうです。
030_20120920110704.jpg

☆愛知県豊橋市にある石巻山でのお掃除も毎月ずっと続けています。(2008年から)
石巻山復興しよ~~~~!って始めたお掃除。最近は忙しすぎで、1日に行けない日もありますが、行けない時は、1日前後に、時間も午前中に行けない時は午後に・・・って感じで、水場(奥の院)中心にやってます。

☆和歌山県川辺市の善女龍王尊の地も「復興しよ~~~!」ってお掃除毎月通っているのですが、ここ2カ月あまりの忙しさで行けてません。でも、和歌山県の、心のきれ~~~な素晴らしい女性が毎月の掃除お祈りして守ってくれてます。本当にありがたいことと感謝しています。京都からもわざわざお掃除来て下さる方がいるんですよ。この方もとっても素敵な方です。

☆過去ブログの本の件。活動の合い間で、編集やっているのですが、やっとまとまってきました。600以上の記事から250程を抜き出し、いろいろな修正を。本を作るってこんなに大変な作業なんだって初めて知りました。
編集を手伝ってくれてる友がいるのですが、この方なしには絶対にここまでできなかったって感じ。
2012年に入ってすぐ、本を出しなさい・・・というようなメッセージを受け、そのうち「桜の咲く頃清書せよ。木の葉散る頃人の役に立つ。紙(=神)に残しなさい。長く残る大切な書となる、神の言葉のみを綴りなさい。今年中に仕上げよ。早ければ早い程良い・・・」こんな感じのメッセージでした。
でも、メッセージをいただいたのはいいんだけど、本???いったい何書くの???私には書くこと何もないんだけど、本を書くようなネタもないし、そんな文章力もない。さっぱりわからない状態で・・・でも、本のデザインも天から降ってきて(・_・)本のタイトルも与えられ。それでも、私にはよくわからなかった(-_-;)
何も書くことがないのに、本出すってどういうことよ!?って感じでした。ところが、突然ブログ閉鎖することになり、気づいたら、本にまとめていました。「神の言葉のみ綴れ」ということでしたので、活動記録は全部外して、道徳的な日記のみ、そして神様の言葉のみにしました。
本屋さんで出版という形ではないのですが、なんか本という形に仕上がってきました。あと、もう少しです(^^)

☆愛知県岡崎市の龍城神社(徳川家康が生まれた時、金龍が現れたということで金龍様が祀られている井戸があるのですが、井戸には水が全くなく井戸を掘るという計画もなく(宮司様にはお話ししたのですが、数年前にも掘ったのですが、水は出なかったと。水脈が変わってしまったのか?神社側も水が出たらいいな・・・という想いはあるようなのですが、掘るのに資金もいるし・・・だから、どうにもならない状態でストップしています。しかし、西日本の要の地のひとつであるここの金龍様の力を出しなさいとの神様からのメッセージを受け、なんとかしたいのですが、なんともならず・・・で。でも、何もできないわけではないので、私が行く地、全部の御神水をひたすら井戸に運び祈っています(エネルギーを整えるため)毎週か2週間に1度は足を運び、日本中の水を井戸に入れています。もちろん、宮司様の許可はいただいています。往復1時間、活動の合間で通うのは大変ではありますが、それでも、できることを精一杯やり続けたいです(^^)

☆これ、みゆきさんに似てるからプレゼントさせて!と友達が送ってくれました。風に乗って日本全国を飛び回っている姿が重なるそうで・・・風ちゃんと言う名前だそうです。
038_20120920123124.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

うちの神様たち=*^-^*= 

Posted on  2013/05/05 Sun. 14:05   
初めて、ごぼうの種を撒きました。かわいい芽が出てきたよ(o^-^o)

013_20130505133535.jpg

今年もブルーベリーの花が咲きました。ブルーベリーができるの楽しみ(o^-^o)

014_20130505133705.jpg

家に新しい仲間が加わりました。かわいいサボテンです(o^-^o)

006_20130505133939.jpg

家のかわいい もみじたちです(o^-^o)

006_20130505134115.jpg

庭木の手入れをしていたら、はとさん はっけ~~~~~~ん!(o^-^o)
お父さんとお母さんに抱かれた卵ちゃんも。赤ちゃん生まれるの楽しみだ~~~(o^-^o) 昨年は、つばめのピーちゃんだったけど(今年は来てません)、今年は、新しい仲間が家にやってきました~。八幡の神の使いと言われている鳩さん、大事にします(o^-^o) 脚立に登って目の前で見れるのよ(o^-^o) ウフッ。かわいいでしょう!?

002_20130505134930.jpg

数日前の神々のメッセージの一部をみなさまにも・・・

神仏には、不動明王のように像があるが、本当は、天や自然が神仏なんだぞ・・・人は、強くならなくてはならない 昔は、天と地と自然と動物と鳥と虫と会話が出来た それは、敬う心があったから  聞きましょうという心があったから・・・神仏が望む世界は、人がそれぞれを思いやり、助け合い、支え合い、心も生活も豊かな毎日を、争いや憎しみなどなく、世界中のみんなが穏やかに過ごすこと 感謝の思いを伝えあう そんな姿を見ていたい・・・

ごぼうも、ブルーベリーも、サボテンも、もみじも、はとぽっぽも、全ての命がみ~~んな 神様ですよね(o^-^o)
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

元気ですか~? 

Posted on  2015/08/17 Mon. 11:37   
皆様お元気ですか~?
お盆休みはどのように過ごされたのかな?
お客様、旅行、お買いもの、海・山・川へ、ゆっくり身体を休める、お仕事、実家へ・・・いろいろですよね。
私もいろいろ(^.^) お墓参り、セッション、勉強会、新しい御縁をいただいたり、身内が集ったり、実家にお泊まりに行ったり、韓国からのファミリーが来て一緒に過ごしたり・・・私は韓国語が全く喋れないのですが、お友達は、ロシア語、英語、日本語、韓国語の4カ国語がペラペラなので、通訳してもらいコミュニケーションをとりました。楽しかったわ♪

娘のあいちゃんへのお見舞いメッセージもありがとうございます! 相変わらず熱は続いていて、37.5~38度が当たり前の毎日。もうかれこれ、半年です。市民病院ではあらゆる検査をして異常なし! しかし、高熱が続くこの状態にお医者様は変だな~?と頭をひねりつつも、原因がわからないから治療のしようもなく、経過だけみさせて下さいということで、時々血液検査だけしています。そして、東洋医学の先生に2週間に1回治療をしていただいてます。氣の達人や霊能者の意見は皆一致で、「基本的に巫女・霊媒体質という体質の上、みゆきさんの影響も大きい」とのお言葉。地球や人々の負の念やらエネルギーやらをスポンジのように吸い取ってしまい、自分の体で浄化をするために熱を上げて対処する。自分の許容範囲を超えている状態。
娘が昨日「映画を見に行きたい」と言うので、「まっ たまにはいいっか~」と思い、許可したのですが、帰ってくるなり「頭いた~い」と('_')
映画館の中の濁った空気を吸い取り帰宅、浄化のために熱急上昇。38度を遥か超えてしまった~(-_-;)
やっぱ人混みはちょっと無理だったか~
ということで、二人三脚で地球の浄化活動頑張っていますが、、あいちゃんに負担かけすぎないため、御霊上げなどあまりやりすぎないようにとか、神事も、ポイントポイントの軸になるものだけ、どうしても!ということのみに絞ってやるというように私も自粛しています。というか・・・神々からは「御霊上げなどやってる場合ではない・・・ 御霊上げは他の者に任せよ! そなたには他にやることがあるとわかっておろうが・・・」と厳しいお言葉をいただいてしまってます。元々御霊上げは私の役目じゃない・・・とわかっちゃいるんだけどね・・・出会うとほかっていられない性格でして(-_-;)

あっ 8月は、原爆記念日や終戦記念日やお盆などで祈ることが多いですよね。そういえば・・・お昼寝していた時、突然 『国常立尊』という文字がズドーンと天から眼前に降りてきて私の中に溶け込みびっくりして飛び起きたことがありました(・_・) で、それがどうした!?って感じですが(笑)別にど~ってことないですけど、あまりにド迫力でインパクトあり過ぎ鮮明な夢で、それ以来私の中に焼きついていて離れなくて(^.^)

国常立尊様と言うと・・・『とこしえ(床石上)』という言葉を思い出しますよね。「岩の上にあって不変というところから永久の意味。または、「常(とこ)+形容語尾+へ(方)」という解釈。「床(とこ)=常(とこ)+立つ」。「タツ」は見えなかったもの存在しなかったものが、下から上に姿を現し、動き出すということ。風がタツ、煙がタツ、虹がタツ、音がタツとか言いますよね。だから、トコタチというのは「土台(大地)が姿を現し、動き出す」ってことよね。神話の中の最初に出現した神様に「国常立」という名前をつけたということは、昔の人は「トコタチ」という語が、永久、安定ということをわかっていて、この日ノ本がそうなりますように! という深い願いも込めて、そう名付け祈っていたのでしょう。

「祈る」・・・「い」とは「命也(いのちなり)」
「い」を着ることが「生きる」
「い」をギュッと絞めることが「いじめる」
「い」を貸す事が、「生かす」
「い」を削がれるから「急ぐ」
「魔」を絞めだすことが「戒める」
「い」とは、私たちを生かす根源にある、「命の素」である。
「い」が身体の中に入ると「血」になる(「ち」は母音の i  を含む)。
「いい」は御飯のこと。
空気・磁気・氣・地など、私たちを生かす要素「い」を含んだ存在を示す言葉には「い」の音がある。「い」という音は、自分の命の要素そのものを現している。

「祈る」とは、「斎(イ)」と「宣(ノリ)・告(ノリ)・法(ノリ)」の複合語だとも解釈されてます(by 日本語源大辞典)。「斎」は「神聖なるもの」、「宣・告・法」は「みだりに口に出すべきでない言葉を口にだす」という意味。つまり、「神聖なことばを告(ノ)ることが「祈る」の原義。

究極の真の祈りとは、「行為・言葉・想い」全てにおいて、この「意・命」が「乗る」こと。呼吸にも、自分の発する氣にも全てにおいて。究極の光に少しでも近づけるように努力し続けたいですね(^.^)



この鳩さんは最近毎日お庭に遊びに来るの(^.^)網戸を開けて覗き込んでも逃げなくなったわ。もうすぐ手にのってくれるかも(*^_^*)
004_201508171044355c4.jpg

昔うちに居たむささびの む~君。夜になると屋根や塀の上を走ったり、高いところから飛んで来たりして、手や頭にちょこんと乗るのよね。かわい~い(*^_^*)
402.jpg

昔庭に放し飼いしてたきなこちゃん。猫と犬と庭を走り回って一緒に遊んでたんだけど、ある日穴を掘って山に脱出して帰らず。数日後帰宅したのですが、また穴を掘って脱出、2度目は帰宅しませんでした('_')
1092.jpg

昔おうちに居たつばめのピーちゃん
ピ~ちゃ~ん! って呼ぶと、手にのったり、帰宅して車のドアを開けると遠くのお空からピュ~ンって飛んできて頭にとまったり、ドア開けておくと部屋の中に入ってきて飛んでました。かわいかった~(^.^)
012_201508171102336fb.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん

FC2 Management