マイル換算率

むすひ

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

昔の人達は全ての存在が『むすひ(霊産)』の力で産みだされると考えていました。「むすひ」で産み出された私たちがひとつに繋がり素晴らしい地球にしていくことができたらいいですね

 

白山比咩神社参拝セミナー (石川県・岐阜県) 平成29年7月22日(土)~23日(日) 

Posted on  2017/05/27 Sat. 12:24   
日時  平成29年7月22日(土)~23日(日) 



集合地と集合時間  トランブレーみゆき宅  午前3時 (みゆき宅に前泊も可) 



参拝ルート 

氣多大社➡石浦神社➡石川護国神社➡金澤神社➡兼六園➡ランチ➡水戸明神➡白山比咩神社➡船岡山➡飛騨高山天然温泉 ひだまりの湯泊(^^♪➡飛騨総社➡桜山八幡宮➡古い町並みをブラブラ(^^♪➡日枝神社➡水無神社➡恵那神社➡血洗神社(血統神社)





定員 4名




参加費  20000円





※遠方からご参加の方は、前日みゆき宅に宿泊も可です。(宿泊希望の方は、その旨をお知らせください)駅へのお迎え時間はまた後日お伝えします。(最寄り駅は、名鉄本宿駅)翌朝の出発は朝3時となります。(宿泊費用は不要。参拝終了後、また愛知県のみゆき宅に宿泊してから翌日帰宅希望の方は、どうぞお泊り下さい。その場合も宿泊費用は不要ですく\(^o^)/)


※お申込されてからのキャンセルについて
数日前は半額、当日は全額のお支払いをお願い致します。



兼六園でのランチ代と入園料、飛騨高山での宿泊料金は参加費に含まれます。



金沢白鳥路ホテル山楽  加賀料理まほろば (⇦ クリック)

金沢の郷土料理”治部煮”ご膳(2800円)をいただきます。



飛騨高山 ひだまりの湯 

源泉かけ流し 天然アルカリ温泉





丹生津の神(菊理姫)

「天照皇大御神」は生命を誕生させるために、太陽に「丹」と「芒種のエネルギー」を練り阿弥生み出させ、太陽の周りの日輪界に留め置き、太陽の光をもろに受け留めさせ、お互いに激しく照り輝き返し合わせ激しく高まり来る熱氣をもって日輪太陽界を熱い田(でん)とされました。この世界を「金剛蔵王界」と言います。そして、生命遺伝子の源となる根を創り出すために、たぎりくる太陽の「真光」を「丹(に)」と「芒種のエネルギー」とで更に激しく反応させて、吸着し合い、渾然一体となって「親光(しんこう)となり、「丹」がなんどきでもどこでも吸収吸着する事が出来る「亢進状態」を創られました。この亢進状態の中で、「丹」が「親光」に導かれて、十一次元界を回転し乗り越えて、宇宙十三次元界の最果てにある宇宙産迂迦の障壁賀に運ばれるのです。そして、そこに集う「生(しょう)」と所為愛(しょいあい=神聖な慈しみ合う愛)によって結ばれ「丹生(にしょう)」となって天王平(てんのうびら=宇宙の子ノ宮)に降り「丹生丹生魂遺伝子(にしょうにゅうこんいでんし)」が誕生して、植物・動物・人間の元姿(霊命)が顕現されました。この「所為愛」が生命界の全ての生氣物に授けられて、生命が尽きることないようにお仕組みになりました。

「不動明王」は、生命を御創造になるこの十三次元の中心にある「日輪太陽界の御神理氣」熱田の神を現わされ、「愛染明王」は、宇宙迂迦の世界で霊命遺伝子が誕生する「菊理(氣繰 き く り・括理 く く り)の御神理氣」を現わされました。

障壁賀は、日輪太陽界から放出された「丹」をお受け留めになり、「丹生丹生魂遺伝子」をうみだされる丹生津(にゅうつ)の世界にあるお目出度い処です。
生命の仕組みを良く御存知の空海さまと繋がりがあった嵯峨天皇の離宮(大覚寺)に、障壁賀が遺されています。また二条城にも在り、徳川将軍が京都にお出でになった時、奥方と寝食を共にされたお部屋に遺されています。



水無神社
 「武内宿禰(たけのうちすくね)」は「位山(くらいやま)」の麓に位無き皇祖皇宗の御霊魂をお祀りする「位無(みなし)神社」を造営なさいました。この地域に住んでいた「飛騨丹生家」は、特に最後まで大和の誇りを持った民族でしたが、神武権力によって大切な大和の歴史消されていく中、所詮かなわぬ身ではあるが、大規模な一揆を起こして立ち上がったのです。しかし、処刑されたり自害された方々が、最後の集会場所とされたのが、この「位無(みなし)神社」でした。そのような中で最後まで抵抗した方々は差別の部落にされました。これより前に、この地を逃れて他に移った人々が「八幡神社」をそれぞれがお祀りして遺されたのが「大八ケ村」だそうです。




御縁ある参加者様と一緒に時間を過ごすことができること、心から楽しみにしています(^^)


お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)





白山頂上からの眺め
/
2009_09_18_201.jpg
Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

竹生島参拝セミナー (滋賀県) 平成29年7月16日(日) 

Posted on  2017/05/25 Thu. 15:37   
日時   平成29年7月16日(日)  



集合地 ・集合時間    トランブレーみゆき宅 午前4時50集合(みゆき宅に前泊も可)。 または滋賀県 多賀大社前駅 7時、または多賀大社参拝後 竹生島への船乗り場に向かう時(8:00)に彦根駅でのピックアップも可能です。




参拝ルート 

多賀大社➡琵琶湖汽船観光船のりば  長浜港➡竹生島➡長浜港➡ランチ➡向源寺➡白髭神社➡近江神宮➡佐久奈度神社



定員 4名



参加費  15000円



※乗船料 3070円と竹生島での拝観料400円と向源寺での拝観料500円は参加費に含まれます。

※集合地と解散希望地をお申込み時にお知らせください。

※竹生島での滞在時間はゆっくり2時間35分とっています。

※解散は佐久奈度神社の最寄り駅である石山寺駅に19時頃となる予定です。または、愛知県のみゆき宅で解散となります。(21時半頃到着予定。)みゆき宅に一泊してから翌日御帰宅も可。その場合、最寄り駅である名鉄 本宿駅までお送り致します(宿泊費不要)






辨天(べんてん)さま

童女さま(伊邪那身さま)は琵琶湖に在ります竹生島(乳首島)に、方位と行く道先を見定めるためにお登りになりました。その時、、初潮をお迎えになり、女性として子供を生産(うむ)ことが出来る慎みの生身「辨天」の神体霊魂(たましい)となられました。唯一人だけ許すことの出来る男性と、我が子への真実潔白のため、疑わしき意志霊魂(こころたましい)を近づけず、避け退け生氣(いき)る「辨天」の生身・子生産(うみ)の霊魂(たましい)を嶋に囲い守り、嗣子孫々(ししそんそん)に至るまで生命界の弥栄(いやさか)を続けていました。それ以来「辨天さま」を嶋へお祀りして、その霊魂(たましい)をお伝え下さるとともに、嶋でなければ生命は成熟しないことをお示し下さいました。

こうした太古の神姿をそのまま遺せましたのも、嶋国であったからです。しかし、現在の日本は悲しいことに、このような嗜(たしな)みが崩れ、各家庭にこの精神が薄れつつあります事が、今問題になっております幼児虐待というような、あるまじき状況を生んでいるようです。そのために「初代」伊邪那身命さまが「辨天」として示し置かれました。

今、日本の人々は我が国が人祖の国である事が解らなくなり、嶋へお祀りされている「辨天さま」の真意も消えて、こうした神の御意志(みこころ)を受け継ぐ女性の霊魂(たましい)が少なくなったところから、日本列島の滅びが始まったようです。女性は子孫にいろいろな事を忠実に伝え遺していく役目があり、これらの役を「初代」伊邪那身命さまが担ってお出でになります。女性には「命(みこと)」という字を使っていますように、自らの生身を分けて命を継承していくのですが、この新たな生命(いのち)を生産(うみ)出す時、女性の霊魂(たましい)は純粋でなけらばならず、新しい生命をお宿し下さいました神と、夫への感謝と、子供を授かった喜びに溢れていてこそ、身を分けた新しい生命(いのち)が心身ともに健全であれるのでしょう。女性にこの精神がなくなる時、親子の信頼が崩れ断絶となっていくのでしょう。

「辨天」(女性として子供を生産(うむ)ことの出来る期間の身)の生身が、この事を確と心に留めておかねば、世が乱れて生命界の危機を招くことになると仰せです。  (by  加古藤市氏)


向源寺

泰澄作と伝わる十一面観音像が安置されていますが、湖北に残る観音の中で最も古い、平安時代初期に作られた尊像とされています。国宝の十一面観音像は、日本全国に七体あります。その中の一体ですが、その中でも最も美しいとされる日本彫刻史上の最高傑作といわれています。



お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)



御縁ある参加者様とご一緒できることを、心から楽しみにしています(^^)/




RIMG4789.jpg
Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

お好み焼パーティー (愛知県)  平成29年7月9日(日) 

Posted on  2017/05/20 Sat. 12:58   
日時       平成29年7月9日(日) 11:000~17:00 


会場       愛知県岡崎市(トランブレーみゆき宅)


参加費     3000円



たまにはみんなでお好み焼パーティーもいいですね
気楽にかる~い話、情報交換、真剣に弥勒の世創りの話、人としての在り方について、日本中の聖地について、神々についてなど、みんなが互いに学び合え、光に導かれる話ならなんでもOKです。集った御縁ある方々が皆楽しみ、学び、有意義な時間を過ごせたらと思います。

お会いできますこと楽しみにしています(^^)/




お申し込み   
トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)


023_201705201240282d9.jpg


~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ * ~ * ~* ~ ~* ~
出張による会の講師や神社参拝セミナー企画・講師依頼なども承っております。


日本各地からの主催依頼ありがとうございます! 主催される方のお仲間だけでお部屋がいっぱいになる場合はブログでのお知らせをしていませんが、あちこち行かせていただく機会が多くなっています。
これからも 会を日本の各地で開催出来たらと思っています。

《主催にあたって》

その際の『不可条件』

・主旨を御理解頂けない環境であったり、あまりにも波動の悪い環境
・時間的・距離的・金銭的に難しい場合
・政治団体・右 左翼団体・暴力団関係者等の企画
・天候不順等で交通機関が動かない場合

☆主催者様からは参加費はいただきません。そして、主催者様とは茶話会の当日の午前中または次の日か前日、開催地近辺の神社などを一緒に参拝できればと思っています。(主催者様の御都合がつき希望がある場合は)

☆遠くの地の場合、交通費などを考慮した上で参加費設定をお願いしたいと思っています。

これらを考慮いただきました上で、茶話会主催をして下さるという方は、お手数ですが以下までメールをいただけたらと思います。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp  トランブレーみゆき

(☆を@に変えてください)

茶話会のお申し込み 及び 会のお問い合わせのお返事は、都合により、5日前後のお返事となりますことをご了承ください。

出会った人たち皆がお互い学び合い、光を引き出し合い、楽しい場となればと思っています。
御縁ある皆様にお会いできますことを心から楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します。


Check

カテゴリ: 茶話会

[edit]

TB: --    CM: --

熱田神宮参拝セミナー (愛知県) 平成29年7月2日(日) 

Posted on  2017/05/20 Sat. 11:55   
日時       平成29年7月2日(日) 9:00~17:30

集合地と集合時間   熱田神宮  正門  9時




会場     

熱田神宮 名古屋市熱田区神宮一丁目一番一号  


境内案内




コース

熱田神宮➡境外摂社  氷上姉子神社➡境外摂社 高座結御子神社➡御器所八幡宮➡洲崎神社➡白龍神社


※午後のコースについては、参加者様により、流れにより、神の導きにより必要な地へ変更となる可能性があります。



参加費     5000円




定員  4名まで




講師       トランブレーみゆき (Tremblay Miyuki)






    




\(^o^)/***\(^o^)/***\(^o^)/***\(^o^)/***\(^o^)/***\(^o^)/***\(^o^)/*




熱田の大神の導きにより、熱田神宮で会をさせていただくことになりました。神宮を詣でながら熱田の大神の本当の意味・神仕組みなどを熱田の地でお伝えしたいと思います。

セミナー4では、過去で行ってきた神事や現在取り組んでいる神事について、また神々や人々や様々な事から学ばせていただいたことなどをお話ししたり、神の歴史について触れたり、人としての在り方、感情に振り回されることなく自分の軸をしっかりさせるには?、地場の調整の仕方などについてもお話したり、弥勒の世創りについて一緒に考える場としたいと考えています。

私が一方的にお話しするのではなく、皆様の質問・意見などを交えながら参加者様と共に会を進め、集った人全てがお互いに学び合い、楽しく有意義な会としたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。




※お昼は熱田神宮で(混雑し無理な場合は他のお食事処になります)美味しいきしめんでも食べましょう\(^o^)/

※17時半頃 金山駅または名古屋駅で解散となります。


お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)


~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ * ~ * ~* ~ ~* ~
出張による会の講師や神社参拝セミナー企画・講師依頼なども承っております。

日本各地からの主催依頼ありがとうございます! 主催される方のお仲間だけでお部屋がいっぱいになる場合はブログでのお知らせをしていませんが、あちこち行かせていただく機会が多くなっています。
これからも 会を日本の各地で開催出来たらと思っています。

《主催にあたって》

その際の『不可条件』

・主旨を御理解頂けない環境であったり、あまりにも波動の悪い環境
・時間的・距離的・金銭的に難しい場合
・政治団体・右 左翼団体・暴力団関係者等の企画
・天候不順等で交通機関が動かない場合

☆主催者様からは参加費はいただきません。そして、主催者様とは茶話会の当日の午前中または次の日か前日、開催地近辺の神社などを一緒に参拝できればと思っています。(主催者様の御都合がつき希望がある場合は)

☆遠くの地の場合、交通費などを考慮した上で参加費設定をお願いしたいと思っています。

これらを考慮いただきました上で、茶話会主催をして下さるという方は、お手数ですが以下までメールをいただけたらと思います。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp  トランブレーみゆき

(☆を@に変えてください)

茶話会のお申し込み 及び 会のお問い合わせのお返事は、都合により、5日前後のお返事となりますことをご了承ください。

出会った人たち皆がお互い学び合い、光を引き出し合い、楽しい場となればと思っています。
御縁ある皆様にお会いできますことを心から楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します。
image1 (12)

Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

三輪参拝セミナー (奈良県) 平成29年6月25(日) 

Posted on  2017/05/20 Sat. 11:16   
日時  平成29年6月25日(日) 9時00分~18時頃

場所 大神神社 (おおみわじんじゃ) 奈良県桜井市三輪

集合 9:00   二の鳥居(←クリック)

交通アクセス(←クリック)


コース  
祓戸社➡本殿➡巳の神杉➡神宝社➡天皇社➡日向神社➡素佐男神社➡若宮社➡➡狭井神社➡貴船神社➡龍神社➡ランチ 三輪そうめん(^^)/➡ここから先の地は車で移動するので駐車場へ➡玉列神社➡聖林寺(十一面観音)➡箸墓古墳➡檜原神社➡笠山荒神社➡駅で解散


※大神神社にも、古代から近世にかけて、神仏習合により神宮寺が設けられ、大神(おおみわ)寺と言われていました。(鎌倉時代後半に大御輪寺となる)近代初期の廃仏により大神神社の神宮寺は全て廃されましたが、大御輪寺の遺構として、本堂が大神神社の摂社であるオオタタネコ神社の社殿として現存し、大御輪寺の御本尊である十一面観音像は聖林寺に移されています。


参加費  6000円 *当日にお持ちください。(2回目以降の参加者様は、1000円。)


定員 4名



講師  トランブレーみゆき (Tremblay Miyuki)   



コースについては、参加者により、流れにより、神の導きにより変更になる可能性があります。


◎参拝セミナー内容
大神神社を詣でながら、セミナーを行います。
日ノ本の歴史 ・ 参拝の仕方 ・  神々から伝えられている事や学ばせていただいたこと ・ 人としての在り方 ・ この地の神様や龍神様や地域の方々が関係し合い、現実世界で今現在起こっている事など、その場に御案内しながらお伝えしたいと思っています。
平成28年3月に事が起こり (事は数十年前から起こっているのですが、私が知らされたのがこの時) 数カ月に渡り何度もこの地に足を運ぶことになり、調査・奈良県の神職の方々や地域住民との話し合いに入らせていただき全力を尽くしたのですが、力不足でいまだ解決せずで、・・・そして再度、神様からメッセージをいただきましたことから、この地で学びの会をさせていただくことを決めました。たくさんの方のお力が必要なのですが、たくさんの方々が関係していて事情が複雑で、ブログに載せるとご迷惑をおかけする可能性があるので、御縁ある方々に直接お伝えしたいと思います。


皆さまからいただいた参加費や御寄付の一部を、7月に行われる龍神社祭事の祝詞代・玉串料・お供え物代として、代表である区長様にお届けさせていただくことにしました。皆さまの御理解・祈り・応援のお蔭で確実により良き方向へと事が動いています。
本当にありがとうございます! 大神神社の総務部長様や関係者である他の地域の宮司様たちとも連絡や話し合いをしながら、関係者が和の力で事を進めています。
まだ時間がかかりますが、私も全力を尽くします。どうかお力を貸していただけますようお願い致します。


※ランチは美味しい三輪そうめん・にゅうめんのお店に行きましょう♪

※聖林寺出の拝観料(400円)は参加費に含まれています。

※この日は、三輪山登山はいたしませんが、あちこち歩くので歩きやすい靴でお願いします。

※集合時刻に間に合わない方は遅れてのご参加可能。早いお帰りの方のご参加も可能です。

※参加者様の希望により、神の導きによりコース変更する場合があります。

※雨天の場合は、傘をご用意ください。

※お申込みされてその後キャンセルする場合、お手数ですが必ずご連絡下さい。

※東日本から参加される方で、愛知県のみゆき宅で一泊してから一緒に現地に向かいたいという方は、どうぞお泊り下さい。(申し込み時、その旨お知らせください。宿泊費不要。最寄り駅への送迎致します。)




お申し込み powerful_tremblay☆yahoo.co.jp  トランブレーみゆき (☆を@に変えてください)



006_20170516115352902.jpg
Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

諏訪参拝&温泉ゆったりセミナー (長野県) 平成29年6月18日(日) 

Posted on  2017/05/13 Sat. 11:57   
日時   平成29年6月18日(日)  



集合地 ・集合時間    トランブレーみゆき宅 午前4時半集合、または、みゆき宅に前泊可。長野県岡谷市岡谷駅周辺ホテルに宿泊される方は、ホテルへのピックアップも可能です。ピックアップの時間は、午前7時半頃となります。




参拝ルート 

洩矢神社➡諏訪湖➡諏訪大社 下社 春宮➡諏訪大社 下宮 秋宮➡諏訪大社 上社 本宮➡諏訪大社 上社 前宮➡前宮の裏山 水源地➡ランチ➡温泉

 ※現地解散希望の方は、16時30分~17時ぐらいに温泉からの最寄り駅(中央本線 すずらんの里駅)で解散となります。愛知県岡崎市で解散の方は19時30分の予定です。

※ランチは、美味しい信州そばをいただきましょう♪

ゆ~とろん水神温泉
魂と心と体を癒してくれる大地の恵みである温泉でゆったりしましょう♪
100%源泉かけ流し、PH10.4のアルカリ性単純硫黄泉でとろ~んとした感触(^^♪
◎温泉セットを忘れないように! 温泉代は参加費に含まれます。

※諏訪大社 前宮の裏山の水源地に入らせていただきます。(入山の際に要る許可は、市と関係者からいただいています)往復1時間半ぐらいかけてゆっくり歩きますのでそれほどハードではありませんが、歩きやすい靴でお願いします。雨天の場合は中止です。

 

定員 4名(1名キャンセルがありましたので、も1席あります。)



参加費  10000円




お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)



御縁ある参加者様とご一緒できることを、心から楽しみにしています(^^)/



018_20170513112508b9c.jpg




Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

三河聖地参拝セミナー (愛知県) 

Posted on  2017/05/13 Sat. 11:55   
日時  平成29年6月10日(土)



集合地・集合時間
名鉄 本宿駅  8:30 (または みゆき宅  8:00)




参拝ルート 

 めのうづ社(乙川八大龍王)➡鏡山弁財天(天河大弁財天社の摂社)➡三六堂➡ 砥鹿神社 奥宮(愛知三河一ノ宮)  岩戸神社(境外末社)➡石巻山 石巻神社➡竹島  八百富神社(日本七弁財天の中の一つ)・宇賀神社・大黒天神社・八大龍神社




※鏡山弁財天

由緒書きより


鏡山弁財天は正面のお社には天照大御神を、右手には瑞之御霊大神を、左手には鏡山弁財天(八臀弁財天)をお祀りしています。天照大御神は昭和51年7月、開祖・蜂須賀弘澄が弥仙山参拝の折り「汝、我の元の石を持って行け」との神の声を聞き御神体として御霊石を授かったのが始まりです。
瑞之御霊大神は昭和53年に弘澄が「天川へ行け」との神の声で天河大辨財天社へ赴いた折り、宮司より授かった紫水晶の御神体に「この御神体を何とお呼びいたしましょうか?」と尋ねると「瑞之御霊大神」と告げられたのが始まりです。「瑞之御霊」は水神様の総称です。八臀弁財天は昭和58年、これも天河大辨財天社のご神縁にて奉安された像です。一説には鎌倉時代の由緒ある御神体と伝えられています。八臀弁財天は勝運守護の神様として広く信仰を集めています。境内地の月精観音像は昭和55年旧暦8月15日の満月の夜8時、月の精霊が鏡山に御降臨遊ばされるとの御神示が弘澄にあり八尺八寸の観世音に入魂された立像です。無限の慈悲の心と子どもの成長・未来を見守る優しい観音様です。境内地の摂社にお祀りされている伏見神宝は天照大御神を主祭神とし、伏見稲荷を配祀しています。ご眷属は龍神です。霊力を高めると言われる「十種神宝(とくさのかんだから)の霊験あらたかな御利益が伝えられています。

昭和55年の開祖の啓示に『昭和46年大峰八界よりいただいた玉手箱を竜宮の宮に収め、神の鍵をかけたぞ、38年たったら「幸福の神」「寿命の神」として鏡山に祀るべし』とありました。平成23年6月に玉手箱が発見され、開祖の神示で「玉祖之大神」と命名され鏡山弁財天のお社に相殿として鎮座されています。




※お昼は三河の五平餅をいただきましょう(^^)/お代は参加費に含まれます。

※石巻山は中央構造線上に位置する聖地です。渦を巻くようなエネルギーを感じる方が多いです。今回は頂上まで登りますので歩きやすい靴でいらしてください。(頂上までは20分~30分ぐらい)




定員 4名  (定員に達しましたので締め切らせていただきます。ありがとうございます。)




参加費  5000円





お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)




御縁ある参加者様とご一緒できることを、心から楽しみにしています(^^)/

035_20170512233037303.jpg
Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

最近の出来事(^^♪ 

Posted on  2017/05/12 Fri. 14:08   
以前、『微妙事』に事を感じ取り行動することがいかに大事かということについて記しましたが(平成26年7月21日)、あっ!っと思う事がありましたので記しておきたいと思います。

数日前のこと

『あっ 家の中に蛇がいる('_')』 って視えて感じたのです。理由は何もありません。ただ わかるし視えるのです。
人類皆が持っている直感というやつです。私には特別な能力もないし、霊感などもありません。昔から、池の中の鯉の数がわかるとか、あっ ここで人が死んで埋まってるとか(母に伝えたその一年後ぐらいに白骨化した方が発見されて新聞に載りました)」・・・父が死ぬ日が半年以上前の元気な時に既にわかるとか、そのぐらいの程度のふつ~のわかる程度です。

いつも思い浮かぶことが現実になったり、未来を視せられたりする時がありますが、まさかこれは(蛇が家の中にいるということ)現実のわけがない!あ~ヤダヤダ、気のせい 気のせいと打ち消してました。

ところが、その夜

娘が私の寝ている部屋のドアを開け『ねえママ~なんか蛇みたいなものが猫部屋にいるみたいなんだけど・・・しっぽがとかげより長いような・・・ちょっと来て~~(・・;)』

『マジ~~~~~~~!? あの感覚はやっぱり現実だったの~~~~~~~~~!? やばいやばい!!』 眠気もぶっ飛び、飛び起きる。恐る恐る猫部屋へ。
そこには蛇と遊ぶ猫たちがいたのです(@_@)
『キャ~~~~~蛇だ 蛇だ~! 猫たち離れろ~~~~~~!』 赤ちゃんの小さな蛇ではありましたが、それでも30センチ以上はあるし、やっぱりニョロニョロはちょっと苦手。外ならどうも思わないのだけど、家の中となるとちょっと逃がすわけにはいかない。最近猫に網戸を破られたから隙間から入られてしまったのかも?夜中に大騒ぎしながら、蛇さんを傷つけないように、捕獲し、無事お山に返しました。眠気ぶっ飛び~~~~~~~(*_*;交感神経働き過ぎて、その後寝れないかと思ったけど、事が終わったらパタっと寝てしまった(笑)
まっ、基本的に蛇さんくいつかないし、悪い事しないから大丈夫なのよね(^^♪マムシさんならちょっと怖いけど・・・今回のはあおだいしょうさんでした~~~~(#^.^#)



ってことで、微妙事に感じ取ったことは、その時点で早めに調査し、解決した方がいいですね(^^)/


以下、平成26年7月21日の記事です


一大事の前の大事。大事の前の小事。小事の前の小々事。小々事の前の小小々事。小小々事の前の・・・の前の・・・の前の・・・の前の微妙事(みみょうじ)。まだ、事が起こる前です。「なんとなく」とか「予兆」とか「虫の知らせ」とか「直感」とも言える「微妙事」。微妙事の段階で感じ取れるか? それとも、一大事になってから、初めてわかるのか? 時は待たない・・・どちらでわかるかで、「まにあう」の意味が違ってくる。「間に合う」のか「魔に逢う」のか。

知ることは力である。
ミツバチも同様ですが、知識を得るには、原則として3通りありますよね。
1.生来の知識は遺伝物質に書きこまれている(本能)
2.知識は、自分自身の経験によって獲得される(学習)
3.高度な段階として、同じ種の仲間が経験した情報を伝え合う(情報交換)

学習と情報交換のために、感覚器官は外界と結びついています。感覚器官は、外界に対する受信的な窓としてでなく、中枢神経系の感覚統合系と連携して、生物学的に重要ではありますが、現実には、物理学的には存在しない情報を能動的に解釈し自分のものとしています。ミツバチは、生まれつきの能力・経験を通して学習する能力・そして情報交換をするという能力を最大限に活かして賢さの基盤となっています。人間も同じですよね。

ここ数日、「無生法忍」とう言霊が頭にずっと浮かんでいるのですが、この世の中の本当の在り方を認知し、悟る時、本当の安らぎを感じることができると思います。全てのものは、不生不滅であるという真実の理(ことわり)をさとった境地が「無生法忍」。真理は、綺麗な光の珠。真実の理とは、というと難しく聞こえるかもしれませんが、きっとシンプル。「理(ことわり)」とは・・・素直にそうしてみると、自分の心が爽やかで、明るく、清々しくなり、綺麗な光の珠になることを感じ取れる事(^^) もちろん、自らの心の赴くままに従えども則(のり)を超えず!です。この世とあの世の規則である理法に従いながら、他者を生かす真実の世界観を持つこと! 真実の素晴らしさをハッキリ・しっかり示すこと!自ら、囚われを無くし、明るくなり、軽くなり、楽になり、笑い、愉しみ・・・廻りにも同じ事を教えてあげる! つまり、『仁』です。
儒教の五常。五つの徳。人の守るべき五つの道「仁」「義」「礼」「智」「信」。この中の「仁」です。「仁」は「親しむ」こと。大系漢字明解には、以下のように記されてます。「人・二の二人が親しむ。一方の人に慈愛があるから、二人は三人となり、三人は萬人となる」
「仁」は「したしむ・いつくしむ」とも読みますよね。愛であり、恵みであり、思いやりです。人間だれしもが持っている素晴らしい資質です。以前、ダライ・ラマのお話を聞きに行った時、彼はこう仰ってました。『人間価値を促進して、人間の資質を高めて下さい。』って。この「仁」を廻りに響かせ、二人から三人へ、三人から萬人へと光の珠が繋がり大きな愛の輪ができるといいですよね(^^) 

難しいことは考えず、「明るくなり、軽くなり、楽になり、笑い、愉しみ・・・」これです! ということで、今日も楽しい一日を過ごしましょう~~♪♪♪\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


image1 (20)
長谷寺のボタン、5月2日は満開で綺麗でした~(^^♪母の日のプレゼントとして、長谷寺&温泉&お食事に奈良県まで行ってきました。母は十一面観音様が大好きなんです。
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

吉野参拝セミナー (奈良県) 

Posted on  2017/05/10 Wed. 11:05   
日時   平成29年6月4日(日)  



集合地 ・集合時間    トランブレーみゆき宅 午前3時集合、または、みゆき宅に前泊も可。現地集合の方は、奈良県橿原神宮前駅に7時30分にお迎え、または橿原市?桜井市?天理市?あたりで宿泊の方はお宿までお迎え致します。



参拝ルート 

橿原神宮➡丹生川上神社  中社➡吉野山 吉野神宮➡金峯山寺蔵王堂➡吉水神社➡水分神社➡如意輪寺  後醍醐天皇御陵➡丹生川上神社  下社➡天河大弁財天社




 定員 4名 (キャンセルが出ましたので、もう1席あります。)




参加費  10000円




お申し込み   トランブレーみゆきまでお願いします。

powerful_tremblay☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)

image1 (19)



※解散は橿原神宮前駅19時ぐらいとなります。または、愛知県みゆき宅で解散。

※みゆき宅、前泊&後泊OKです(宿泊費不要)。電車でお越しの方は最寄り駅まで送迎いたします(最寄り駅 名鉄 本宿駅)。

※金峯山寺 蔵王堂と吉水神社の拝観料は参加費に含まれます。

※今回は天河大弁財天社の奥宮がある弥山登山は致しませんが、奥宮まで!と御希望の方がいらっしゃいましたら、メールください。機会改め企画、ナビゲートさせていただきます。標高1895mなのでそれほど高い山ではないし、上級者の山ではありませんが、普段全く山登りも運動もしたことがないという方にとってはかなりきつい山で、途中で体調を崩す可能性大であり、ギブアップしたくなるかもしれません。山や自然を甘く見ていると怪我をしたり、運悪ければ死に至ることになりかねないので、軽い気持ちで登らない方がいいです。水分補給の仕方(トイレは登山口にありますが、その後は頂上にしかありませんので、水分の取り方を間違えると、途中でトイレに行きたくなったり、または、取らなさ過ぎても脱水症状をおこしますので要注意)、歩くペース、歩き方(歩き方が悪いと膝を痛めます)、装備、万全の状態で臨まなければなりません。山に慣れた速いペースの人であれば、4時間もあれば往復できると思いますが、ゆっくりの方になると7時間8時間はかかると思います。

ちょっとマラソンと比較していみたいと思います。マラソンは速い人で2時間半前後。消費カロリーでいうと、2000~2500キロカロリーです。たとえば、登山で8時間歩くとすると約3000キロカロリーを必要とします。時間比でみると、もちろんマラソンのがハードなのですが、総合的にみるとマラソンよりエネルギーを消費します。3000キロカロリーは御飯に置き換えると約12杯です。御飯をほとんど食べなくても動けるような体創りの修行をしている方は大丈夫ですが、そうでない方はヘロヘロになるかも。これだけのエネルギーを消費する間筋肉を使って歩き続けなければならないわけですから、ある程度のトレーニングは必要でしょうね。

現在の弥山頂上の状態は(平成29年5月5日に登らせて7いただきました)、少し雪が残っていました。頂上の一部は雪の上を歩くことになりますし、溶け始めているので、ぬかるみになっており、かなり滑りやすい状態ですので、行かれる方は気を付けてくださいね。

大峰山系、高野・吉野・熊野がどういう場所なのか、どういう意味を持つのかは、セミナーの中でも説明しますが、本当はどこの地でもそれぞれの地を踏みしめ歩き、実際に魂と心と体で感じるのが一番です。車でピューンと頂上まで行くのもそれはそれでいいのですが、下から数十キロ山の中を歩いたり、何日も山にこもったりすると、また感じるじることも違ってきます。




御縁ある参加者様と一緒に過ごせる時間を、心から楽しみにしています(^^)/



image1 (18)
弥山山頂   奥宮


Check

カテゴリ: セミナー

[edit]

TB: --    CM: --

人と地球は一心同体 

Posted on  2017/04/20 Thu. 09:58   
皆さんもポカポカの春を楽しんでますか?
あちこちで咲き乱れるお花の美しさに癒され、毎朝小鳥の声で目を覚まし、柔らかな風に吹かれ太陽の光を浴びながらゆっくりと庭掃除をやったり、猫や犬たちと戯れながら春を満喫しています(^^)/
 
生活に四季を取り入れ愛でることは、とても大切ですよね。旬の食を取り入れることで体内の循環も整えることができるし、宇宙の中を巡る氣を感じ、宇宙法則を感じることもできます。
己は宇宙そのものであり、四季を愛でることは、己を愛でることにほかならぬ! って感じですよね(#^.^#)


己の循環正すには足るを知ること。

足りたるを知れば、今命あり 生かされているだけで感謝できます。
神仏 先祖 両親 周りの人たちにも素直に感謝できます。

自然界も人間の体も 全てのものは五つの要素、 木 火 土 金 水、五行に分けられるという考え方がありますが
「木」は、草や樹木のことで、茎や枝葉がどんどん伸びる様子から、柔軟に広がる伸びやかさの象徴。
「火」は、熱や暑さや勢いがあり、上昇する性質。
「土」は、土の持つ豊かさや濃厚さ、そこから様々な物が生み出されたり作られたりすることの象徴。
「金」は、鉱物や金属の性質である鋭さや乾燥や透明感、清らかさなどの象徴。
「水」は、下方に流れ、潤いを与え全てを養い、育み、冷たさや静けさを象徴。
体について言えば、木 火 土 金 水 は、肝 心 脾 肺 腎の5つに対応しますが、東洋医学では単なる臓器を表すのではなく、体の機能を示し、これらと感情は密接な関係があります。
怒りが強いと肝を痛め、いつも余裕のない焦った状態であれば心を痛め、悩みがあったりストレスが多いと脾を痛め、悲しみが強いと肺を痛め、恐れは腎を痛めてしまいます。
人の負の感情は免疫を落とす大きな因。
足るを知り常に中庸の状態でいることができれば、どんなことにも感謝できるし、周りで起こることの全てが学びなので感情に振り回されることもありません。そして、体内の循環も正され、体内に溜まっている毒も排出され免疫力も高まります。
この世の様々なものは、複雑に絡み合い、自分の目に見える関係だけで動いているのではありません。五行思想はそんな大切なことを私たちに教えてくれてますよね。

そして、人は先祖や両親や前世の自分から受け継いだものや、負の波動が潜在意識に溜まっています。この人生の中で溜め込んだその負が膨らめば、負の運を引き寄せます。自分を浄化し家系の氣を清めるのは、私たち人類の役割です。自己浄化をしっかりし、子孫にも次の自分にも負の波動を残さないようにしたいですね。

人と地球は一心同体。
自己浄化は地球浄化。
あちこちに出向いての地場調整もとても大切なことではありますが、毎日を愛で生きること、そして純粋に真っ直ぐな心で笑顔で生きることが何よりも大切。どこまでもどこまでも美しい心で生き、自己浄化し、地球の傷を治し癒し、本来の美しい姿を取り戻したいですね


2010_05_12_101.jpg
Check

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: --

 | 

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

最新記事

月別アーカイブ

むすひの本 完成    \(^o^)/

ブログ内検索フォーム

文字サイズ変更

PopUp Wikipedia Ⅱ

メールフォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

カウンター

pictlayer

うちのピーちゃん